« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

フロントタイヤ交換その3

0dscf1230 ――D253に入れ替え――

タイヤの方向『⇒』を注意して

 タイヤにホイールをザクッと

画像のように差し込みます

         ・

このままの状態でレバーを使わずとも

手だけではまり込みます

 ビードクリームを使わないと、滑りわるいので

しっかりとクリームを塗ります

         ・

やはりこのときもブレーキディスク側を先に

入れてしまって、反対側でタイヤレバーを使うように

しています

PB:ピービー/タイヤレバー (6675C)
PB:ピービー/タイヤレバー (6675C)

フロントタイヤ交換その2

0dscf1228 ―― ここでタイヤレバー登場 ――

両面ビードを落としたら

台座に移して脱着作業開始

         ・

リムプロテクターをリムにはめて

タイヤレバーを差し込みます。

 画像程度、リムからタイヤを出せば

あとは手で脱がすことが出来ます

         ・

片面を外したらチューブを抜き取って

逆面は、そのまま手で脱げますが

最初のきっかけとしてタイヤレバーを使うこともあります

         ・

タイヤ交換の際

 私は必ず、ディスク面とは逆の面から始めます。

それは、タイヤレバーなどでディスクを傷つけることが

あるかもしれないのが理由で

 新しいタイヤを交換するときもそうしています

PB:ピービー/タイヤレバー (6675C)
PB:ピービー/タイヤレバー (6675C)

フロントタイヤ交換 その1

0dscf1226

―――D253に交換―――

フロントタイヤもリアタイヤも

何ら作業の違いはありませんが
 モタ車やオフ車はリフトスタンドで両輪浮かせることができ
タイヤ交換などのメンテナンスには助かります
 しかし、その他のオンロードバイクなどでセンタースタンドが無い
バイクは、レーシングスタンドによってリアタイヤを交換出来ますが
フロントとなると、フロントスタンドを持っていない人が多く
そこでどうしようか問題になります

         ・

私はセンタースタンドを外していたので
 タイヤ交換するときだけ、パイプを差し込んでセンタースタンドを
付けていました

         ・

他には、エンジン下からジャッキアップしていましたが
 これにしてもフルカウルのバイクは、アンダーカウルを外さねば
ならないので面倒ですね

           ・
そんなこんなでフロントフォークからホイールを外します
 本来ならシャフトを抜くだけのことですが

ブレーキディスクを大径のものに交換したので
 ディスクとリムの間が狭くなり、固定したままのキャリパーでは
抜けません

内側のブレーキパッドを外して事なきを得ました

          ・

まづはビード落とし。
 ホイールを傷つけないようゴムマットを敷いての作業。

 アストロ製のビード落としは小さいためか
なかなかビードが落ちないことがありますが
 場所を変えつつ繰り返しているうちに落ちます

Jトリップ/ビートブレーカー
Jトリップ/ビートブレーカー

PB:ピービー/タイヤレバー (6675C)

PB:ピービー/タイヤレバー (6675C)

2007年5月30日 (水)

D253

0dscf0922 ―― フロントタイヤ交換 ――

リアは同じタイヤを交換済み

 いよいよフロントタイヤもD253に。

         ・

D208よりも、はるかにラウンドしている253

 グリップはもちろんこのラウンド形状は頼もしいの一言

         ・

実際、リアタイヤの端まで使い切っても

フロントは1センチ以上余っているほどの余裕

モタードのフロントタイヤは、リアに比べると

持ち(減り)がいいので助かります

 それに253は他のハイグリップタイヤよりも安いです…かね?

 

ダンロップ:DUNLOP/D253
ダンロップ:DUNLOP/D253

 

ダンロップ:DUNLOP/D253
ダンロップ:DUNLOP/D253

 

ダンロップ:DUNLOP/D253
ダンロップ:DUNLOP/D253

2007年5月20日 (日)

ニューサマーオレンジ

0dscf0901 ―― お土産 ――

ツーリング先の名産なんぞを

買って帰ります。

 たいがいが食べ物ということになります

先日の伊豆では、宿泊先のベランダから

見下ろすと、黄色い実が生っている木がいっぱい茂り

 帰りしなの道路沿いの店に『ニューサマーオレンジ』なる

張り紙を店先で見つけ

なるほどあれはニューサマーオレンジなる果物であったかと理解。

 さっそく道の駅でそれを購入しました

        ・

稲取周辺では、海産物の『ひらき』が

もっともお土産としてポプュラーのようで

仲間の一人も、ひらきの品定めにご執心でありました。

        ・

もちろん、静岡と言えばお茶なので

抹茶系お菓子などもお持ち帰りし

 帰宅後、お土産をひろげて、旅の記憶と共に舌鼓。

        ・

ニューサマーオレンジ

 ごつごつとした外観からは想像できない

酸っぱさ控えめで食べやすいオレンジでした

2007年5月14日 (月)

さすがに遠い一泊二日

0dscf0889 ―― 伊豆稲取 ――

悲しいかな、ワタクシは車での参加

 SBでここまで来る勇気もなく・・・

今回は、仙台、京都、名古屋と神奈川などから集合です

 終始風がありましたが天気よろしく

ツーリング日和でした

明け方、トイレに起きたときに

窓から外の様子をうかがうと、きれいな朝焼けに

腐りかけのココロが洗われてしまいました

身も心も膀胱もすっきりしたところで

もうひと眠り・・

0dscf0882

2007年5月 5日 (土)

RALLY591キャリア

0cari

―― Dトラ用に加工 ――

このキャリアはRMX用のRALLY591

  長らくガレージで保管していましたが

持ち主が乗り換えたため

正式にいただいた次第。

 もちろん、SB250にそのまま付くわけもないので

加工して何とかしました

画像は仮組みした様子です。

 リアフェンダーに2箇所穴を空けてネジ止めしなくては

なりませんが、車体側の加工はそれだけで済みました。

これでツーリングもOK・・・というよりも

 5リットル携帯缶をキャリアに積んで

林道へ行くという目的が大きいです

タンク容量を補うための苦肉の策。

 ビッグタンクはしらばらくお預けになりそうなので

せめて林道くらいは燃料を気にせず遊べるようにしました

新緑の季節、網の目のように入り組んだ林道を

楽しめそうです

ラフ&ロード/ラリー591 アルミキャリア
ラフ&ロード/ラリー591 アルミキャリア KLX250

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト