« 郡上八幡と会津若松 | トップページ | 158号線 富山県へ »

2007年9月27日 (木)

郡上二日目、宿で

062yoshida12 ―― 晩夏のツーリング ――

宿に戻ると、タイミングを計ったかのように雨が降り出す
 すばらしい己の『感』の鋭さです・・・

この旅によって、鈍っていた感が蘇り
研ぎ澄まされてきたのかもしれないな
 しかし、人はこういう場合単なる偶然と言うのです

性格のいじわるな人になると
(雨にあたらず)惜しいと言う

雨は小降りであるけれど降り続きそうな気配
 間接的な台風9号の影響がいよいよ出てきたようです

この天気を見て、私は思い立ったように立ち上がり叫んだ

『やめた!』

向かい側にある小学校の子供たちが
一斉にこちらへ振り向く
(この件はフィクション・・・)

旅を終わりにするのではありません
 ここで終わらせても私のお尻の痛みは帰るのに2日かかってしまいます
 ※痔ではない。ツーリングには向かないシートによる痛み

もうこの旅でキャンプすることはやめることにしました
 諦めたのではなく、いさぎよく止めることにしたのです

宿に頼んでダンボールをわけていただき
 キャンプ道具の一切合財を詰め込み
ガムテープでぐるぐる巻きにして
その日の夕方、宅急便にて送り返してしまいました

宅急便のドライバーが、送り先の住所である宮城県の文字を見て
『明日届くかナァ』と独り言のようにつぶやく

台風9号は関東上陸後、そのまま東北へ北上する進路予想なのです

私はドライバーに言った
『1ヵ月後に届いても文句は言わない』と。

バッグの容量のうち半分を占拠していたキャンプ道具がなくなり
コンパクトかつだいぶ軽量になり
歯を喰いしばらなくても持ち歩けるようになった

追伸 荷物は雨にも負けず風にも負けず
翌日無事に着いていました。 さすがヤ○トさん

« 郡上八幡と会津若松 | トップページ | 158号線 富山県へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡上二日目、宿で:

« 郡上八幡と会津若松 | トップページ | 158号線 富山県へ »