« 裏通りにて | トップページ | 国分寺 »

2007年9月19日 (水)

飛騨、国分寺

042hida13 ―― 晩夏のツーリング ――

高山駅を目指して進んで行くと
三重塔が目に入り、更にその向こうには
天高くそびえる巨木が

誘われるようにして山門をくぐりました
 鐘楼堂の後方にあるその巨木は大銀杏でした。

これほどのものは初めて見ました
 真下から見上げると、銀杏の葉が幾重にも重なって
空どころか光も射し込んできません

042hida14

仙台の上杉という所にも大きな銀杏が何本かあって
立派だなと思っていたのですが
それが束になっても適わない巨大さです

樹齢は1200年を越えているそうで
 根元の窪みにお地蔵さんがちょこんと鎮座している様子は
どこか愛くるしさがありました

秋の紅葉時には、葉が黄色く色づき
まさに黄金色に輝く塊のように、さぞ見事な眺めになるのだろうなぁ

« 裏通りにて | トップページ | 国分寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨、国分寺:

« 裏通りにて | トップページ | 国分寺 »