« 郡上二日目、宿で | トップページ | 御母衣ダム »

2007年9月27日 (木)

158号線 富山県へ

056cycle17 ―― 晩夏のツーリング ――

荷物が軽くなり、負担の少なくなったバイクの暖気を済ませ
小雨の中を富山へ向けて出発。

前日、早朝に発つことを宿に伝えていたので
受付カウンターに鍵を置いて黙って出て行きました

056cycle16 

雨はたいしたことはなくて
ノーマルフェンダーに交換したおかげで前輪から跳ね上がる飛沫もまったく気にならなず。
 バッグの中身が減ったことで、レインカバーがバッグを
スッポリと覆うことができて良かった
 バッグ自体が防水なのですが、やはりレインカバーがあるのと
ないとでは雲泥の差がある

あまり前車、特にトラックに近づきすぎると
トラックの後輪から跳ね上がる飛沫をもろに受けるので
車間距離は意識して離すよう心がけて丁寧に走って行きました

九頭竜川の流れをこの目で確かめたかったけど
パスしました
 あびる野高原周辺も散策してみたかった。
でも走り抜けた。

無意味に先を急ぐ悪い癖がでてきているようです
 それもこれもこの天気が悪いのだと愚痴るが
そもそも、八幡で2泊したのは私の決断なのだから
仕方がないこと。
 予定では昨日、富山の八尾に行く予定でいました。
『風の盆』で有名なところ。

飛騨高山や郡上八幡などの岐阜県と
富山とでは、土地や風土の違いを
感じ比較してみたかったのですが
その目論見もこの天気で流れてしまいました

ということで本日は多少長い道のり。
 魚津か黒部、出来れば宇奈月温泉まで行き
トロッコ列車に乗り日本屈指の黒部ダムも見たい

※ 2枚の画像は朝まだ早い時間で、フラッシュも三脚も
使用せずに手持ち撮影したもので、見事にブレた・・・

« 郡上二日目、宿で | トップページ | 御母衣ダム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 158号線 富山県へ:

« 郡上二日目、宿で | トップページ | 御母衣ダム »