« IMSビッグタンクその2 | トップページ | ビッグタンクの取り付け② »

2008年1月29日 (火)

ビッグタンクの取り付け①

―― 電動ファンの取り外し ――

IMSビッグタンクで最も容量を稼いでいる部分が
腹(底部)です。
ノーマルタンクはフレームの上に乗っかって
いるだけなのに対して、ビッグタンクは
フレームのアッパーフレームとフレームの間に
その腹の部分を押し込むようになっています。

08012311          

画像        

赤線で囲んだ部分が容量を

稼いでいる部分

08012321

 

白線部分は

タンクが凹んでいて

そこにコイルが納まるようになります。

 

タンク自体の高さや幅も
見た目でわかるくらい大きいものです

                    

作業はまづ
シュラウド、サイドカバー、シート、タンクを外していまします。
そして電動ファンの撤去です
 これは固定しているネジ3本とカプラーを外すだけで
いたって簡単なものです。

0801261a

 

              
                 

 

 

右側ラヂエーターの後部に付いている小型ファンですが

これが無くなっただけラヂエーターとエンジンとの間が
ずいぶんと広々とした感じです。

 

0801261f

 

 

 

08012611

 

 

 

 

 

電動ファン用リレーはシートとフェンダーの

間にあります
 そのまま残しておいても構いませんが
外すことでちょっとしたスペースが生まれて
ウィンカーなどの配線がゴチャッとなっているところだけに
助かります          

IMS/ビックタンク
IMS/ビックタンク KLX250

« IMSビッグタンクその2 | トップページ | ビッグタンクの取り付け② »

Dトラッカーカスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグタンクの取り付け①:

« IMSビッグタンクその2 | トップページ | ビッグタンクの取り付け② »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト