« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

キャリアの補強

―― 頑丈に ――

Dトラッカーに使っているキャリアは

RMX用の物です。

頂き物なのですが、これを使わない手は

ないので、加工してツーリングのときに

取り付けて使っています。

あるのとないのとでは雲泥の差があります。

08062011 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

今までは、前2箇所

後ろ1箇所の計3箇所で

キャリアを固定していて、これでも

重い荷物を載せても問題なく十分でしたが

後ろの固定がフレームではなくて

リアのフェンダーレス用のプレートを介して

いたため、今後の耐久性を考えると不安です。

そこで後ろ側の固定もフレームに固定しました。

08062012 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

左右のシートレールに固定して

計4箇所に。

パワーアングルという金属プレートを

クロスさせたのでかなり頑丈でびくともしません。

 トラブルがあるとすれば、シートレールが

曲がるだろうと・・・。

一応、フェンダー裏、左右のフレームを

繋ぐようにアングルを入れてありますが

曲がる曲がらないということでは無意味か・・・

ライディングスポット/ツーリングキャリア オフロードライン
ライディングスポット/ツーリングキャリア オフロードライン KLX250

ラフ&ロード/ラリー591 アルミキャリア
ラフ&ロード/ラリー591 アルミキャリア KLX250

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月25日 (水)

大間から震源を抜けて

―― 無事に帰宅 ――

※ ミラージュさんコメントありがとうございます。

 房総へツーリングですか。千葉には幕張にしか

行ったことがなくて・・・。

房総は冬でも温暖なところと聞いてます。

気をつけて楽しんで来てください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・本文 》

08061427 自然と目が覚めたのが

朝6時。

シュラフの中で惰眠を

貪ることなく抜け出して

すぐさま撤収。

キャンプ道具をリアボックスに詰め込み

身なりを整える

08061429 住まいが震源にちかい

KTM氏といっしょに帰ることになり

記念撮影をして帰路に。

ハイペースで進みむつ市までもはや

というところでKTMにトラブル発生。

リアホイールのベアリングが逝ってしまった・・・

 何とか下北縦貫道入り口まで来たところで

KTM氏が、私のことを思って『先に行ってくれ』と。

レンタカー屋でトラックを調達して運んで帰るということで

レンタカーを予約できたことを確認し

お言葉に甘え、そこで別れることになりました。

(後日談として、KTM氏は無事に帰宅)

08061432 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

八戸道にするか

青森中央道にするか

迷いましたが、来るときとは

別ルートの方が気分的に

新鮮なので青森道を選ぶことにしましたが

結果的に青森市内が快適に走れたので

東北道、青森ICから乗りました。

 岩手県内に入り盛岡を過ぎたころになると

上空をヘリコプターが盛んに飛び周り

作業員らしき人々を乗せたマイクロバスが

走っていました。

そして、夏らしい日差しが戻り

暑さも出てきたので、インナーを一枚脱ぎ

グローブも薄手のものに交換。

 あと1時間ほどで泉インター

3時までには帰れそうだ。

 今回は地震という天災が起きて

100%旅を楽しむことができなかったけれど

何があるかわからないというのも

旅の醍醐味でもあるし、これも後になれば

思い出のひとつとして記憶に残るに違いないと

ちょっと無理やり納得させて

最後のサービスエリアを後にするのでした。

モンベル:mont-bell/スペリオルシルクL.W. ラウンドネックシャツ メンズ
モンベル:mont-bell/スペリオルシルクL.W. ラウンドネックシャツ メンズ

ラフ&ロード/ATオートサーモ アンダーシャツ ヘビーウェイト
ラフ&ロード/ATオートサーモ アンダーシャツ ヘビーウェイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

大間の朝

―― 予定をキャンセル ――

08061417 弁天島の灯台。

 そしてその向こうには

北の大地が見えます。

ここからフェリーで1時間半から2時間で

行くことが出来る距離。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 夜、明日以降の予定をキャンセルして

仙台へ戻ることに決めました。

 地震の被害は出ていないようですが

のほほんとツーリングしているのが

何か申し訳ない気分というか・・・

 じつは、ツーリングの最終キャンプ地として

東成瀬にあるキャンプ場を予定していました。

そして、そのキャンプ地から天気が良ければ

栗駒山を越えて宮城県に入るか

一関側へ迂回するようなルートで

花山湖へ出るつもりでいました。

 もうこのルート、特に栗駒山越えは

この先数年間は無理でしょう。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

旨い刺身を食べつつ、明日は早い時間に

帰路につくことに決めました。

 徹夜での走行と地震で精神的にも

ちょっと疲れてしまったようで、お腹が

満たされると急速に眠気に襲われて

早めにシュラフに潜り込みました。

 バサバサと風でフライシートがバタつく

音を聞いていると、すぐにズブリと眠りに

ついてしまいました。

 何時だったか、トイレに目覚めたとき

月が沈んで星の輝きが戻った夜空を眺めました。

 残っていたペットボトルのお茶を一口。

 ラジオのスイッチを入れて見ましたが

地震情報はなく。

 寝坊しなければいいな・・・

 高速は地震による通行止めになっていければ

いいが・・・

パシフィックアウトドア:PACIFIC OUTDOOR/ベースチェアー
パシフィックアウトドア:PACIFIC OUTDOOR/ベースチェアー

コールマン:COLEMAN/マルチカーゴキャリー
コールマン:COLEMAN/マルチカーゴキャリー

ロゴス:LOGOS/コンプレッションテープ PP100(2pcs)
ロゴス:LOGOS/コンプレッションテープ PP100(2pcs)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

下北半島 大間崎

―― 今年も見事な大間の夕日 ――

ミラージュさんコメントどうもありがとうございます

 どこの海沿いに行ってもウミネコはいる

ものですが、観光客に餌でも貰っているから

なのでしょうか。近寄って来るかのようです。

 風が強いと自分の上空をホバーリング

状態なので爆弾(糞)の危険性大です。

 去年の6月にも大間に来ているので

よかったらその過去記事も読んでみてください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

08061418 ため息が出るような夕日。

 一日で見事な朝日と夕日を

拝むことができて運がいい。

あたりには誰もいなくて

夕日を独り占め。

申し訳ない気持ちになった。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

08061434 みちのく401で

キャンプ地を埋め尽くしたころ

ハーレー乗りがやって来ました。

 川崎から荷物満載のハーレーダビッドソン。

私の隣にテントを張ってしばし談笑

『こんなに(バイク)居るとは思わなかった』と。

 地震のことを聞くと

今日は青森県内を走っていたので

その影響もなかったとういうことで

たっぷりと時間をかけている旅のよう。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

管理棟で料理を作り、目の前の店で

刺身の出前。

びっくりするような超がつくほどの

刺身盛り合わせ。しかも信じがたいほどの

安さに二度びっくり。

これを食べに来るだけでも大間にくる価値が

あるのではないか・・・

 うまい料理に舌鼓をうち、酔いしれて

大間の夜は更けていく

エバニュー:EVERNEW/チタン ティーポット 800
エバニュー:EVERNEW/チタン ティーポット 800

エバニュー:EVERNEW/SA ナイフA6 (7徳)
エバニュー:EVERNEW/SA ナイフA6 (7徳)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月22日 (日)

大間の夕日

―― 本州最北の地 ――

08061416 夕暮れどきになり

続々とキャンプ地に

集まってきました。

オフ車からビッグバイクまで様々。

テントの花も広がってきたきた感じです。

08061423 キャンプ地から海辺まで

徒歩1分。

『本州最北の地』の碑に

マグロのオブジェ。

あいかわらずウミネコが

我が物顔で飛び回ってます。

ウミネコ爆弾に注意しつつレンズを向けパチリ。

人間をまったく怖がる様子がありません。

風が少し冷たく感じ、薄着では寒いです。

観光客もまばらになり

土産物屋もぼちぼち店じまい。

 寂しさがある大間崎ですが

お楽しみはこれから。

大間の幸が待っている・・・

モンベル:mont-bell/U.L.スーパーストレッチ ダウンハガー#4
モンベル:mont-bell/U.L.スーパーストレッチ ダウンハガー#4

イスカ:ISUKA/スーパースノートレック 1000 レギュラー
イスカ:ISUKA/スーパースノートレック 1000 レギュラー

スナグパック:Snugpak/スリーパーゼロ 寝袋
スナグパック:Snugpak/スリーパーゼロ 寝袋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

大間へ到着

―― 八戸で大間決行 ――

※ ミラージュさんコメントありがとうございます

 去年の6月も大間にツーリングへ

行ったのですが、今年はこの時期にしては

天気も良くてラッキーでした。

 地震さえなければ・・・

まあ、何が起きるかわからないというのも

旅の醍醐味なのかもしれませんね

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

陸中野田から八戸へ入り

すぐさまコンビニの駐車場で

電話をしラジオで被害の確認をする。

 我が家は被害のないことを

再度確認し、明日以降の旅の予定は

今晩決めることにして大間へ

行くことにしました。

08061433 ・ ・ ・ ・ ・ ・

道の駅・横浜に

13:30到着。

地震による停滞はあったものの

予定より30分遅れで

どうにかここまでこれた感じでした。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

すでにみちのく401の連中が集まって

いました。

 そして大間崎のキャンプ場に着いたのが

15:00過ぎで、まだまだ日が高い時間。

日差しが眩しい好天の本州最北端。

 さっさとテントを張って落ち着く。

みな一様に地震のことが話題になり

とくに岩手、宮城の連中が多いだけに

気になるところ。

この旅で、ツーリング用バッグから

リアケースに変更しました。

軽いし、雨の心配もないし、キャリアに

ボルト固定しさらにゴムバンドで固定したので

不安定感もまったくなし。

上蓋の上には、タンデムバッグを載せて

あります。カメラなどすぐに取り出せるように

してあるので、いちいちゴムバンドを解いて

蓋を開けるという面倒がないので

大変利便性がよく助かりました

モンベル:mont-bell/クロノスドーム 1型
モンベル:mont-bell/クロノスドーム 1型

コールマン:COLEMAN/コンパクトツーリングテントST
コールマン:COLEMAN/コンパクトツーリングテントST

ロゴス:LOGOS/クイックツーリングドームテント 200
ロゴス:LOGOS/クイックツーリングドームテント 200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

大間ツーリング

―― 地震情報 ――

駅と道の駅がいっしょになっている

陸中野田の公衆電話に

100円玉を入れ自宅へ

電話をしてみるとあっさり繋がった。

0dscf1200 ・ ・ ・ ・ ・ ・

我が家の被害はなし。

小物が落ちたり倒れた程度。

 道の駅のテレビで地震の報道を

しばらく見る。

 携帯も繋がるようになり

メール着信が相次ぐ。

 同じ仙台から高速を使って大間を目指す仲間は

岩手山付近で引き返したようである。

私はとりあえず八戸へ行き

そこでまた地震情報を確認し

八戸道で取って返すか、予定通り

大間を目指すか決めることにしました。

隣に駐車していたワゴン車の夫婦が

私の宮城ナンバーを見て

大きな地震のようだけど大丈夫かね

と心配してくれた。

ありがたいことではあるけれど

大丈夫かどうか、知りたいのは

私の方であるのだが ・・・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

45号線、八戸に近づくにつれて

道路が混みだしてきた。

 大きな街だが、道のりとしては

45号から4号に入るだけなので

地図を見ることなく進んで行き

目に留まったコンビニに。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年6月19日 (木)

普代村で地震知る

―― 大間へ ――

08061435 釜石を過ぎたあたりから

路面が濡れているところが

あったりなかったり。

そしてポツリと雨粒も。

(カッパ)『着るか・・・』

結果的にさほどの雨には当たらなかったものの

路面の轍に水が溜まっているほど濡れて

いる区間もあってレインウェアを着て良かった。

そんな状況で、普代村を走行中のときでした。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

電光掲示板に『大地震発生  注意』と

ただならぬ感じで点滅している文字が。

 『大地震?  まさか  ウソでしょ』

とにかくその先にあった駐車場にバイクを停める。

時間は8時50分くらいだったか

持参したトランジスタラジオのスイッチを入れ

横切るトラックや車の騒音を遮るように

耳に当てて聞いてみると

各地の震度を伝えている最中だった。

やっぱり来たのか(第二宮城県沖地震)。

 ところが、繰り返し伝えている情報は

マグニチュード7.0

岩手と宮城の県境の内陸が震源であると。

 仙台の私の住む地域は震度5弱

最も揺れの大きかった6強に比べたら

小さい揺れだったよう。

しかし、揺れは長く続いたというから

ちょっと心配である。

 携帯電話を取り出してみるが

『圏外』・・・

さてどうしたものか

ワイズギア(ヤマハ)/骨伝導イヤホンマイク話話(わわ)II
ワイズギア(ヤマハ)/骨伝導イヤホンマイク話話(わわ)II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

大間へ向けて

―― 地震発生前 ――

※ 悪代官コメントありがとうです。

徹夜明けで目が覚めるような日の出でした。

ちなみに画像の雲は地震雲ではありません・・・

※ ミラージュさんコメントありがとうございます。

 HIDについて少しでも参考になれば幸いです。

私の住む仙台は被害が軽微でしたが

県北部の被害は大きくて、地震の恐ろしさを

改めて実感しています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08061411 午前6時ころ気仙沼に入る。

ここからは海岸線の45号を

八戸までひたすら北上する。

 地図で見てもわかるように

岩手県は南北に長い。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

大船渡で日の出後初めての休憩。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 リアに積んだ荷物の重量で

バイクのバランスが崩れていて

直進性は問題ないのですが

コーナーでアクセルを戻したり

ギャップがあるとウネウネとうねる様な

挙動になるので神経を使う。

 リアスプリングを大目に締め付けたことが

原因かもしれません。

 ショック自体にあまり負担をかけたくない

ので仕方がない。

 日曜以後も数日キャンプツーリングを

する予定なので荷物も重くなってしまった。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

リアス線になってからというもの

雲に覆われてところどころに

重たそうな黒雲があって

いかにもその下では雨が

降っているような雰囲気です。

釜石、山田、宮古、田老と

順調に距離を延ばしていき

野田、久慈へと進んでいく

MOTO FIZZ:タナックス/カーゴベルト
MOTO FIZZ:タナックス/カーゴベルト

MOTO FIZZ:タナックス/ツーリングネット-V
MOTO FIZZ:タナックス/ツーリングネット-V

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

地震発生前の早朝

―― 大間へ向けて ――

 【宮城・岩手内陸地震】

0806141 青森県、大間へ向けて

走り出した30分後。

小牛田と佐沼の

あいだくらいだったか

夏至間近の早い夜明けから

日の出を迎えた瞬間です。

 朝焼けが雲を染め

そのグラデーションに目を奪われる

ほどの美しさでした。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 このときはまさか

この数時間後に地震が起きようとは。

つい数日前の6月12日は

78年の宮城県沖地震が起きた日

 ちょうど30年目で、地元では

災害訓練をはじめ、テレビでは

特番を放送して、30年以内に

第二宮城沖地震の発生する確率99%

に備えようと県民の意識は高いときでした

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

しかし、まさかその2日後に・・・

懸念されていた宮城沖地震では

ありませんでしたが

まさかの内陸の大地震に

多くのかたが驚かれたのではないでしょうか

そんな地震が起きることも知らず

旅は大間へ向けて進んでいくのでした

ラフ&ロード/ラリー591 アルミキャリア
ラフ&ロード/ラリー591 アルミキャリア KLX250

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

復活のイーハトーブ

―― 再び始動 ――

廃品回収行きだったところを

寸でのところで貰い手が決まり

復活とあいなりました

08052811

外してしまった

ハンドル

ウィンカー、ミラーなどを

再び取り付けて

キャブをオーバーホール。

そして見事エンジンは始動し

ととととと・・・・・・と動き出しました

0805281

タンクの中は

燃料を切らさずに

入れておいたので錆もなく。

ただ、6Vバッテリーは

もう終了しています。

でもキック始動なので問題はなくて

エンジンさえ回っていれば

ライトもウィンカーも点灯するので

とりあえずこの状態のまま。

Vesrah:ベスラ/純正仕様ブレーキシュー
Vesrah:ベスラ/純正仕様ブレーキシュー TL125

古河バッテリー/6V標準形バッテリー
古河バッテリー/6V標準形バッテリー イーハトブーブTL125S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »