« 大間の朝 | トップページ | キャリアの補強 »

2008年6月25日 (水)

大間から震源を抜けて

―― 無事に帰宅 ――

※ ミラージュさんコメントありがとうございます。

 房総へツーリングですか。千葉には幕張にしか

行ったことがなくて・・・。

房総は冬でも温暖なところと聞いてます。

気をつけて楽しんで来てください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・本文 》

08061427 自然と目が覚めたのが

朝6時。

シュラフの中で惰眠を

貪ることなく抜け出して

すぐさま撤収。

キャンプ道具をリアボックスに詰め込み

身なりを整える

08061429 住まいが震源にちかい

KTM氏といっしょに帰ることになり

記念撮影をして帰路に。

ハイペースで進みむつ市までもはや

というところでKTMにトラブル発生。

リアホイールのベアリングが逝ってしまった・・・

 何とか下北縦貫道入り口まで来たところで

KTM氏が、私のことを思って『先に行ってくれ』と。

レンタカー屋でトラックを調達して運んで帰るということで

レンタカーを予約できたことを確認し

お言葉に甘え、そこで別れることになりました。

(後日談として、KTM氏は無事に帰宅)

08061432 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

八戸道にするか

青森中央道にするか

迷いましたが、来るときとは

別ルートの方が気分的に

新鮮なので青森道を選ぶことにしましたが

結果的に青森市内が快適に走れたので

東北道、青森ICから乗りました。

 岩手県内に入り盛岡を過ぎたころになると

上空をヘリコプターが盛んに飛び周り

作業員らしき人々を乗せたマイクロバスが

走っていました。

そして、夏らしい日差しが戻り

暑さも出てきたので、インナーを一枚脱ぎ

グローブも薄手のものに交換。

 あと1時間ほどで泉インター

3時までには帰れそうだ。

 今回は地震という天災が起きて

100%旅を楽しむことができなかったけれど

何があるかわからないというのも

旅の醍醐味でもあるし、これも後になれば

思い出のひとつとして記憶に残るに違いないと

ちょっと無理やり納得させて

最後のサービスエリアを後にするのでした。

モンベル:mont-bell/スペリオルシルクL.W. ラウンドネックシャツ メンズ
モンベル:mont-bell/スペリオルシルクL.W. ラウンドネックシャツ メンズ

ラフ&ロード/ATオートサーモ アンダーシャツ ヘビーウェイト
ラフ&ロード/ATオートサーモ アンダーシャツ ヘビーウェイト

« 大間の朝 | トップページ | キャリアの補強 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大間から震源を抜けて:

« 大間の朝 | トップページ | キャリアの補強 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト