« コメント | トップページ | 田子倉駅 »

2008年10月16日 (木)

越後山脈 六十里越え

― D ‐ Tracker ツーリング ―

【9月28日】

080929n25   

    

    

     

    

田子倉ダム、川沿いの穏やかな道から

ふいに山道になります。

越後三山只見国定公園『六十里越峠』

 タイトな道になり高度を一気に上げていき

スノーシェッドが多く、減ったとはいえ

崩落工事による片側交互通行の箇所もありました。

雪解けや大雨で小規模の崩落は常なのでしょうか。

道の傍らに立っていた『六十里越峠開道記念碑』

には昭和48年開通、内閣総理大臣 田中角栄

と書かれていました。山岳地帯なので

工事は長く険しい道のりではなかったのではないでしょうか。

080929n34      

      

      

     

      

     

      

      

                    

080929n27       

      

     

        

             

眼下には田子倉湖が望めますが

上空には蓋をするかのように雲が覆って

山は中腹までしか見ることが出来ませんでした。

 去年ここを通ったときもまったく似たような天気でした。

 心配した雨はなく、気温もさほど下がっては

いないようで、ジャケットの分厚いインナーによって

体はまったく問題なし。

 こうして見ると、まだこのあたりの紅葉は

始まったばかりで、見頃はあと数週間先の

ように感じました。

 バイクのバランスがちょっと悪いです。

荷物が重たいからというよりも

リアケースが後方にあるのが原因だと思われます。

 重たいと言っても人ひとり乗せているほどの

ことはないのですから。

リアシートに乗っているのと、リアフェンダー上に

載っているとではやはりずいぶんと違うものだと

実感します。

でも、キャリアはしっかりとリアボックスを支えてくれ

ボックス自体も補強を入れたので大丈夫そう。

 新潟県側に入ると登り道から下り道になり

開けていたアクセルもエンブレが多くなっていきます

 そして明らかに気温は上がってきていて

暑さが気になってきるのでした

大きな地図で見る

« コメント | トップページ | 田子倉駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 越後山脈 六十里越え:

« コメント | トップページ | 田子倉駅 »