« 能登半島の先っぽでキャンプ | トップページ | D-Tracker ツーリング/コメント »

2008年10月28日 (火)

能登/先っぽの夜

― D-Tracker ツーリング ―

     【 10月 1日 】

能登半島、禄剛崎(ろっこうざき)。

まさに能登半島の先端のところ

そこの山伏林間野営場で今宵はキャンプです。

 私意外誰もいないキャンプ場でのんびりと

日本海を望みつつ小さな火を焚いて

暮れ行く時間を過ごします。  贅沢

081001n41         

暮れる狼煙港  

           

            

                    

サスペンスドラマの最後、犯人が

追い詰められるような岸壁の上にある

このキャンプ場はこの日、コオロギの大合唱で

テントの中に居るとドルビーサラウンドで

耳に響いて聞こえてきます。

定期的に海から風が吹き上がってくるからか

蚊は寄ってこれず刺される心配はありません。

 狼煙港の灯りと灯台の光りがぽつりぽつり

見え始めました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

夜、テントの中で感度の悪いラジオで

ふわふわと動くノイズの向こうから聞こえてくる

野球中継を聞きながら横になりました。

 寝袋に包まると暑くなってきて、銀マットの上に

そのままゴロリ・・・

 深夜、用を足すためテントに出てみると

満天の星空に『 おおっ 』と声を漏らしてしまいました

081001n52            

狼煙港と灯台の灯り

 そして北斗七星

              

                       

西に傾いたこと座、はくちょう座あたりの

天の川がきっちりと、まるで立ち上る煙のように

カシオペア座、ペルセウス座へ流れていました。

 プレアデス(すばる)の若々しい青い光りが

キラキラと宝石のよう。

 アンドロメダ座のM31・アンドロメダ大星雲も

見えています。

 このM31やオリオンの大星雲M42など

肉眼で見ることの出来る数少ない星雲のひとつ。

 水平線の上を北斗七星が横たわっています。

北斗七星はおおぐま座の尻尾にあたる部分で

七星自体は星座ではないのですが

一年中見ることの出来る星座(北斗七星)は

そうないのです。

 用足しも忘れてしまいそうな久しぶりの見事な

星空に、しばしベンチに腰掛けて観望。

081001n56             

ピントがボケた・・・

 はくちょう座とこと座 

              

                        

一人で眺めるのが勿体無く思うのですが

ココには私一人しかいないのである・・・。

 もうこの時間になると冬の星座が東の空から

昇ってきていて、西の夏の星座、頂点の秋の星座

東の冬の星座とひとつの夜空で3つの季節の

星座が楽しめました

 

« 能登半島の先っぽでキャンプ | トップページ | D-Tracker ツーリング/コメント »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

このエントリは秀逸ですね!
何度も何度も読み返しました。
2枚目の画像も最高です。

都民ライダーのメッカ、奥多摩周遊道路は
夜間通行禁止なのですが、天体観測等を
する為のキャンプは許可されています。
来年は絶対奥多摩にキャンプツー行こうと、
このエントリを拝見させて頂いて決意しました!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登/先っぽの夜:

« 能登半島の先っぽでキャンプ | トップページ | D-Tracker ツーリング/コメント »