« 能登半島にゴジラ岩 | トップページ | 能登半島 塩と千枚田、輪島市 »

2008年10月29日 (水)

D-Tracker ツーリング/コメント

今までTシャツ一枚で部屋の中をうろついて

いましたが、さすがに朝晩の涼しさから

その上にもう一枚着こむようになりました。

0810263         

        

          

           

                           

      【 コメント 】      

ミラージュさんいつもありがとうございます。

>奥多摩周遊

天体観測はキャンプオーケーですか

それはいいですね。

 私は星観望や撮影が目的でよく福島県の

吾妻山へ出かけていましたが、日によっては

いわゆるローリング族というのが出没するので

迷惑します。 ローリングそのものには目をつぶるとしても

煌々とヘッドライトを点けっぱなしにするので

それがとても邪魔になります。

たまにパトカーの巡回はありますが。。。

>D253というタイヤ

 グリップに関しては最高でしょう。でも

磨耗の点では最低です(w

 しかし、スポーツ走行(モタード)前提タイヤなので

磨耗云々は公道で履く以上文句は言えませんかね。

リアは去年5月頃履いて9月に終了しました。

ギリギリ持たせて3500キロくらいでしょうか。

フロントも今回のツーリングで賞味期限(磨耗)を

完全に過ぎましたが6000キロほど

 スリップサインが出たのはおそらく4500キロくらいかと。

ダートでも、空気圧を1.8キロほどにして走っていましたが

中々いいです。舗装路に若干の砂が浮いていても

粘着力のようなグリップで頼もしかったです。

 ツーリングとワインディングを両立させるなら

やはりGPR-100の方がいいと思います。

耐摩耗性とグリップ力のバランスは減りの早いと

言われるダンロップにあって最高かと。

 今回ピレリーにした理由は、やはり耐摩耗性と

グリップ力、そしてコスト(価格)の面で

本来昔から耐摩耗性の高いピレリーで

値段がバイアスタイヤということもあって

比較的安価で、コストパフォーマンスに期待しています

« 能登半島にゴジラ岩 | トップページ | 能登半島 塩と千枚田、輪島市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D-Tracker ツーリング/コメント:

« 能登半島にゴジラ岩 | トップページ | 能登半島 塩と千枚田、輪島市 »