« 海岸線をジリジリと富来まで | トップページ | 能登、志賀町富来で海鮮ずくし »

2008年11月 1日 (土)

能登、富来 我山道

― D-Tracker ツーリング ―

    【 10月 2日 】

富来に到着したのは14時頃のこと。

別段ここには何がしかの目的があるわけでは

ないのですが、これ以上能登半島を南下しても

惰性で走ってしまいそうだったし

気分も『これ以上はいいかな』という気持ちに

なっていました。

 とはいうものの日が暮れるまでには時間が

あるので内陸部へ走ってみることにしました

3                    

                  

                     

                           

                        

                         

                            

                            

                                                                  

富来川沿いをどんどん走って行きました。

 もうすぐ八ヶ川ダムというところで

山の中へと潜り込んで行くような

細道を見つけてしまいました。

『我山道』と彫られた碑が入り口の傍らに。

4              

          

            

            

            

             

           

            

                           

近年、林道を舗装したとおぼしき道ですが

それほど交通量もないのか

一日中、日の当たらないところは

道自体がコケ生し、枯れ落ち葉も

散乱し、濡れているようなので慎重に

進んでいくことしばし。

 峠を抜け、山の向こう側に出ると

西日がゴーグルに射して眉をひそめるほど

 スモークレンズなのですが

まったく意味をもたず

ヘルメットを傾げて長いツバで光を遮るよに

しながら我山道を進みます。

すると、戸数数軒ほどの部落に出ました。

こんなところにも人が住んでいるんだと

雪国であれば『陸の孤島』と呼びそうなところです。

 ちょうど稲刈りが終わり、この細い道で稲を

束ねる作業中でどの家もその真っ最中。

 機械の音で、私のバイクの音が聞き取れないのか

それとも耳が遠いのか、腰の曲がったおばあちゃんは

もんぺのお尻をこちらに向けて黙々と作業を。

 どううしようか。 クラクションを鳴らすのを

ためらっていると、機械を動かしているおじいちゃんが

私に気づき、おばあちゃんに声をかけ、やっと私に

気づいてくれました。

そして狭い道いっぱいに広げた稲をせっせと束ねて

どかすと道を譲ってくれました。

 お2人とも笑顔だった。

私もヘルメットの頭をしっかりとわかるよう

丁寧に垂れそこを通過しました。

5             

             

               

                

                      

6             

             

              

               

                        

この部落を過ぎてしばらく道なりに行くと

二股の分岐に出会い、そこには

『↑ 小石3km   風原 → 』の標識が。

 ここはどのあたりだろうと地図を見るのですが

これには地名はおろか、道らしきものも

記載されていない。

おそらく志賀町から穴水町に

入っているかもしれません。

 エンジンを切ると、サワサワと木々の葉が

風になびいて擦れる音と下の方から

せせらぎが聞こえてきました。

 仙台の人間が、私以外ここに来たことが

あるだろうか。ふいにそんなことを

考えてしまいました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

富来からちょっと来過ぎたかもしれないと

時間が気にになってきて

 もと来た道を取って返します。

またあのおばあちゃんの部落を通って。

 

« 海岸線をジリジリと富来まで | トップページ | 能登、志賀町富来で海鮮ずくし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登、富来 我山道:

« 海岸線をジリジリと富来まで | トップページ | 能登、志賀町富来で海鮮ずくし »