« 雨、通行止め、九頭竜 | トップページ | 峠から峠へ »

2008年11月15日 (土)

再び岐阜(郡上)へ

― D-Tracker ツーリング ― 

   【 10月 6日 8日目 】  

カーテンを外の様子を伺うと雨が降っていました。

起きたばかりで気が重くなるも

テレビの天気予報では、確実に回復にむかって

いるようなので若干気を取り直しました

081006n10              

           

            

 パークホテル九頭竜

 煙るスキー場

            

             

             

                        

テラスに出て湿気のある朝の冷気を深く吸い

周りの景色を眺めてみると、目の前には

スキー場があり、林の中にはバーベキューが

出来る設備もあるので夏場、冬場とアウトドア

が楽しめるようになっているようです。

 ゆっくりとチェックアウト。

外に出ると雨は小降りになっていました。

 フロアの女性が見送りに出てくれて

誠にありがたいことではあるけれど

荷物をリアボックスにまとめたり、レインウェア

を着たりと車と違って時間がかかるので

なかなかさようならが出来ないので

お互い困ります。

『時間がかかるのでいいですよ』と言って

中へ戻ってもらう。

081006n17            

           

          

             

                          

まだ紅葉の色づきは始まったばかり

の九頭竜ダム周辺。

 ダムに流れ込む沢などを見ていると

気になってしようがなく、あの石の弛みに

居そうだ(岩魚)などと想像しては上流に

目がいってしまいます。

1週間ほど前に渓流は禁漁になったので

もうどこにも釣り人の姿はありませんが

新緑の頃はいい釣りが出来るのだろうと

羨ましく思いつつ走っていました。

 油坂峠を越えて岐阜県白鳥156号線へ。

081006n23          

         

         

            

        

古今伝授の里  

  やまと

             

                       

156号線、白鳥から郡上八幡へ向かって

いる最中、相変わらず雲が立ち込めている

ものの、昨日から降り続いた雨も

ようやく止みました。

 ホームセンターを見つけて立ち寄りました。

リアボックスを固定しているゴムバンドが

雨を吸って弱り、中で束ねてあるゴムの

数本が切れたのか

だいぶヤレてきたので新しい物に交換

しようと思ったのですが、ちゃっちい

自転車用のゴムバンドしかなく・・・。

 リアボックスはボルトとタイダウンで

固定しているものの、転んだりすると

最低でもボックスの上蓋は外れてしまう

だろうと思い、ゴムバンドでボックスを

巻いているのですが、実際に走って

みると、ゴムバンドの重要性はそれ以上

でした。

やはり上下のショックを吸収しているのは

このゴムバンドで、次回のツーリングは

見直さなければならない部分だと感じました。

バイク 車載時のラチェットタイダウンを

使ってみようかと考えています。

大きな地図で見る

« 雨、通行止め、九頭竜 | トップページ | 峠から峠へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び岐阜(郡上)へ:

« 雨、通行止め、九頭竜 | トップページ | 峠から峠へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト