« 板取を走る | トップページ | 郡上街道から馬瀬へ »

2008年11月25日 (火)

長良川風景 越美南線

― D-Tracker ツーリング ―

   【 10月 7日 9日目 】   

板取から戻る途中、長良川を渡らず

その手前、長良川沿いを美並へ方面へ

県道61号線をちょっと走ってみました。

0810071f22           

          

           

           

                            

長良川をちょっと高いところから望める

道路脇にバイクを止めて

のんびりと景色を眺めました。

 長良川の名は全国的に有名です。

鮎釣りやアマゴ釣りなど、渓流釣りをする人に

とって憧れにも似た感情を持っているかたも

いると思います。

それだけ豊かな川なのです。

0810071f17           

           

            

 長良川本流    

             

              

              

                          

この時期は落ち鮎のシーズンに入って

その落ち鮎を狙う釣り人の姿が多く見られました

 道端から川を見下ろすと、ときおり川面に

キラ・・・キラっと小さいな魚の姿が見えました。

 ハヤかな、もしかしてアマゴの稚魚?

と想像してみます。

0810071f14            

               

 越美南線    

             

                         

川向こうを一輌の越美南線が

コトコトと走っている姿。

 列車から見る長良川もいいだろうなぁと

遠くなっていく列車の姿を見つつ思いました。

 鉄橋を渡るときのあの音、なんとも懐かしく

感じるものがあり、子供のころの多摩川を渡る

シルバーの電車の記憶を思い出してしまいました

0810071f18            

            

            

           

                           

向こう岸に小さな木造船。

漁に使うものでしょうか。

小さなレジャーボートはよく見かけますが

こういう船は久しく見たことがなかったので

けっこう物珍しい。

 私の地元、宮城県の北上川、河口付近の

追波あたりでは似たような船を見たことが

あります。でも、この中流域で見る木船は

私にはとても珍しいものに見えてしまいます。

 そういえば、ここに来る途中にラフティングを

体験できるショップがあったけど

この付近を下るのだろうか。

 なんにしても、よそ者の私でも

川が生活に欠かせないものであることを

少しばかり感じたひと時でした

« 板取を走る | トップページ | 郡上街道から馬瀬へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長良川風景 越美南線:

« 板取を走る | トップページ | 郡上街道から馬瀬へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト