« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月21日 (土)

スポーツデーモンに交換

― 手組み交換 ―

いよいよ新しいタイヤへ交換しますが

その前に少しでも交換し易くするために

車の中にタイヤを入れてヒーターを全開にし

しばし放置。

陽射しと車内温度で暖めます。

 こんなときタイヤフォーマーがあれば・・・w

0902120 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤが冷える前に即効交換し

無事に終了

さっそく空気を充填してビードを入れようと

したら隙間から抜けてしまうアクシデント。

 中古のタイヤだとよくあることなのですが

新品では初体験。

 もう一度車の中で暖めたあと

空気を入れたらポン!ポン!と

ビードが入ってくれました。

09021208 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dトラならばスポーツ走行も

ツーリングにも使用できそうです。

 純正よりも一回り大きいサイズの

150ですが(ホイール4.50)

国産タイヤと比べると若干幅は狭いようで

チェーンとのクリアランスは約10ミリあり

チェーン調整を怠らなければ

干渉も少ないはず

090212003 

 

 

 

 

このスポーツデーモン

相当長持ちしそうで

秋に交換済みのフロントタイヤ(同タイヤ)は

1000キロほど走りましたが

てっぺんのバリがまだ消えていません。

減りの遅いフロントということと

ハードブレーキングはあまりしていないことを

考えても驚きです。

 ただグリップと言う点では寒いこの時期

心配ではありますが

十分にタイヤを暖めてから

ということを頭に入れて走ることにしています。

 

 

ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON

 

ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

手組みタイヤ交換

ビードが落ちたらさっそく脱がせます

タイヤレバー2本を駆使して

タイヤをホイールから捲りあげていきます

09021205 

 

 

 

画像 : ここまでやれば十分で

あとは手で引っ張って片面は抜けます

09021206 

 

 

 

 

逆面は、暑い時期であれば

タイヤが柔らかくレバーなしでも脱げて

しまうのですが

冬の寒いときはタイヤレバーで最初の

きっかけを作ってからでないときついです。

私は今回、レバーを1本使い

もう片方の手でゴムハンマーで叩きながら

途中まで脱がせましたが

 いつもよりもビードクリームをたっぷり塗りました

  またピレリなどは国産スポーツタイヤに比べて

硬くて手組みしづらいように感じます。

 また、使ったタイヤをホイールから脱ぐのは

比較的簡単なのですが

新品タイヤを履かせるのは

柔軟性がないというか、新品特有の硬さがあるので

特に冬は終始タイヤレバーを使っての作業です。

 

 

KTC/タイヤレバー
KTC/タイヤレバー
             

 

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/ハーディータイヤレバーPRO
ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/ハーディータイヤレバーPRO

 

キタコ:KITACO/リムプロテクター
キタコ:KITACO/リムプロテクター

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月19日 (木)

手組みタイヤ交換 ビードブレーカー

― スポーツデーモン ―

XJR1200に乗っていたとき

このツーリングが終わったら

タイヤ交換をしようと思っていた矢先

そのツーリングの帰りに転倒して

しまったことがあり、それ以来

タイヤ交換はこまめに行うようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はフロントと同じピレリのスポーツデーモンに

交換します。

寒くてこの時期の交換は億劫なのですが

上記の経験から重たい腰をあげました。

 ビードブレーカーでタイヤのビードを落としますが

そのままではホイールを傷つけてしまうので

画像のようにマットを敷いて行っています

09021202 

 

 

 

 

マットは使わなくなった車の

フロアマットで、サイズ的にも丁度良くて

都合がいいですね。

09021204 

 

 

 

 

 

 

 

 

グイっと押し付けてもビードが

落ちないときはグイグイ落ちるまで

しつこくグイグイしますが

押し付けながらゴムハンマーで

叩いても効果あり。

こうして両側のビードを落としてしまいます。

このブレーカーがあれば瞬殺。

落ちづらくても1分とかかりません

 

Jトリップ/ビートブレーカー
Jトリップ/ビートブレーカー
         

 

Jトリップ/ビートブレーカー(小)
Jトリップ/ビートブレーカー(小)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

ガレージにて

ガレージの中で

仲間と会話しつつあれこれ作業をしたりするのは

楽しい時間でもあります。

 おしゃれでかっこいいガレージなら

テーブルなんかがあってお茶でも飲みつつ

バイク談義・・・てのが夢ですが

うちのガレージはおちこち触ると汚れるよ

っていう程度の車庫なのが惜しい・・・

09021106          

           

          

             

                            

カタナのマフラーを乾燥中

その本人と缶コーヒー飲みながら

夕闇迫る蛍光灯の明りのガレージで

他愛もない話が咲きました。

  今年はあれしたいこれしたいと

やりたいことは数あれど

それら実現するのはいいとこ一つか二つ・・・

 とりあえず3月になったら

いっしょに走ろうね

という案外実現可能にみえるお約束。

でもこれが意外とむづしかたりして

                         

コールマン:COLEMAN/ウィングテーブル
コールマン:COLEMAN/ウィングテーブル

                              

コールマン:COLEMAN/ガーデンウッドロールテーブル6
コールマン:COLEMAN/ガーデンウッドロールテーブル6

                       

コールマン:COLEMAN/ガーデンウッドテーブル&ベンチ
コールマン:COLEMAN/ガーデンウッドテーブル&ベンチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

塗装の乾燥

塗装を終えて手で触ってもOKになるまで

乾燥させてから車体へ取り付け。

 塗装仕立てのときはピカピカと光っていた

塗装面も乾くと半ツヤらしく沈み込んだマット系の

感じになりました。

 マスキングを取って丁寧に取り付けて行きました

09021104           

          

           

             

            

             

              

                             

サイレンサー部とエキパイ部を繋げてから

車体にセット。フランジ、サイレンサーバンドと

借り止めし、具合を確かめてから本締め。

 フランジは基本通り左右両方を繰り返し締め付けて

いき、ギギッと締めるのは禁物。

サイレンサーバンドも締め付けて終了

 さっそくエンジンを始動させて強制焼付け。

熱が加わってくるとエキゾースト全体から

煙が出てきて塗装が乾燥し締まってくるのが

わかります。

そして煙が納まってきますが

しばしそのままアイドリング

30、40分といったところでしょうか。

                     

                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

マフラー塗装へ 耐熱ブラック

GSX1100Sカタナのヨシムラマフラー

 年季は入っているもののまだまだ十分

使えるマフラー。

 塗装を落として塗装へ

寒いので塗装の乾燥に時間がかかりますが

耐熱やサフェーサーはけっこう短時間で

手で触れるくらいまで乾燥します。

でも、耐熱は基本的に焼きが必要なので

塗装後、車体に取り付けてエンジンを始動させて

強制的に乾燥を促します。

0902110               

           

           

           

                        

09021103           

          

           

            

            

             

                 

                           

塗装は、高温になるエキパイ部など

カーブしているところを意識してスプレーしました

 ほぼ2本のスプレー缶を使用して塗装しました。

乾燥させるためしばらく放置です

                    

           

デイトナ:DAYTONA/耐熱ペイント エキパイ用 ブラック
デイトナ:DAYTONA/耐熱ペイント エキパイ用 ブラック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

エキゾーストパイプ塗装

昨日までの暖かい気温から

比べると5℃も下がり

寒い建国記念日になりました。

 ご近所さんのバイク仲間である

カタナのマフラー塗装を。

09021101        

         

         

          

         

          

           

                       

電動ドリルに剥離用のビットを

取り付けて塗装を剥がしていきました。

 これだと作業ははかどりますが

細かい部分は無理なのでが残念。

 痒いところに手が届かないはがゆさ・・・

錆の激しいところを重点的に磨いてきました。

 剥がし終えたら油分を揮発性の高い

ブレーキクリーナーをふんだんに使って

落としていき、フランジ部分とサイレンサーを

マスキングして塗装へ。

                   

                 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

エキゾーストパイプの再塗装

友達のGSX1100Sカタナのヨシムラマフラー

 塗装の腐食、錆が出てきているので

塗装を落として再塗装することにしました。

0902091         

         

         

          

                         

0902092            

            

           

               

                          

剥離剤のストックがなくなったので

サンドペーパーとリューターで

塗装を落としていくことにしましたが

エキパイの部分は4本のパイプが

組み合わされているので隙間の

塗装を落とすのは至難の業で

やはり剥離剤があればと・・・

 0902094                             

            

           

             

               

                           

サンドペーパーで磨くときは

厚手のゴム板をベースに、そこにペーパーを

敷いて磨くとパイプのような曲面には

均等に力が入るのできれいに磨けますね

                        

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

ピレリ スポーツデーモン

タイヤは購入済みなのですが

この気温の低いときに交換する気になれず・・・

 手組みの最大の敵は温度だと思います。

気温が低いとタイヤは硬く

暑い時期と違って自由が利きません。

 いま履いているリアタイヤはツーリング後に

交換した中古でストックしておいたもので

そろそろ限界にきています。

0902071 

 

 

 

 

 

 

 

今回はピレリのバイアスタイヤ

『スポーツデーモン』150/70-120

 国産と比べて若干タイヤの幅が狭いように感じます

フロントタイヤは去年同じスポーツデーモンに交換済みで

これで前後共通になるわけですが

あとは本人のやる気次第・・・

 

0902072  

 

 

 

 

 

08111008  

 

 フロントは同タイヤに

 交換済み 

 

 

 

 

 

                                                  

ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
                              ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
       ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
ピレリ:PIRELLI/SPORT DEMON
                                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ご近所さんと車検

先日降った雪はだいぶ融けてなくなって

きています。

広い通りは除雪車が雪を掻いて行くのですが

問題は除雪した雪は道路の両際に溜まった

状態になるので、駐車場から車を

出せなかったりします。

0902011           

           

            

             

                           

そんな友達の家の前を

雪が降った翌日に通りかかると

子供のために「かまくら」を作っていました。

 湿った雪なので それは頑丈なかまくらが

作れたことでしょう。

 お手伝いしたいところだったのですが

野暮用山積みだったため

車窓からパチリ。

0812250            

          

            

            

            

           

            

                         

彼のガレージは、某有名な物置で

奥行きはないものの、横幅は長くて

バイクを保管、出し入れは楽そうです。

前回のこのカタナの車検のとき

いっしょにお付き合いしたのですが

もう今年車検で、あれからもう2年かぁ

ちょっと驚いてみたり。

 自分の考えで

バイクに車検はいらないと思うことがあります。

ショップなどで定期的な整備点検を

義務付ければそれで十分だろうにと。

 特に大不況のいま

消費税だ云々の前に購買意欲向上なのだ

 大型バイクのネックのひとつは

ランニングコストと車検費用

                           

シグネット:SIGNET/73PC メカニックツールセット
シグネット:SIGNET/73PC メカニックツールセット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »