« ロードタイヤはツライ | トップページ | 初春の鳴子・鬼首へ »

2009年4月19日 (日)

行き止まりで一服

暖かくなると気持ちが大きくなるというか

ゆとりが出てくるというか

どこまでも走りたい気分になってしまいます

 好天つづく暖かい日

ネットの地図で走ったことのない林道を探し

面白そうな道を見つけたら頭に入れて

さっそく走りに行ってみます

09040808          

           

         

          

          

           

            

                       

お目当ての林道を進み

さらに枝分かれしている細い林道へ。

ところどころぬかるんでいる轍(わだち)を

えっちらおっちら、いくつか抜けて更に奥へ

進んで行くと

唐突に行き止まり。

看板があるとか柵があるとか、そういう物ではなくて

いきなり林道が終わっていました。

09040811           

             

             

              

              

              

             

                        

崩れ落ちたというふうでもなく

とにかくここでお終い。

そこには沢が流れていました。

雪解けの濁りもなく、サラサラのザラ瀬で

日差しでキラキラと光ってました。

 その沢まで歩いて行こうか迷いましたが

ちょっと斜面がきつそうでやめました

 ひとつの林道の最終地点を確認できたという

達成感のようなものを味わえて嬉しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ下手っぴな鳴き声のウグイスと

ミソサザエという鳥の声が山を渡って

春近しを感じます

 お茶を飲んでしばし辺りを散策しました

          

    

« ロードタイヤはツライ | トップページ | 初春の鳴子・鬼首へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行き止まりで一服:

« ロードタイヤはツライ | トップページ | 初春の鳴子・鬼首へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト