« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月 9日 (日)

デジタルメーターの取り付け

― アクティブ デジタルモニター ―

  ―― スピードメーター ――   

結線、設定、配線の取り回しも

一応終わらせたので

スピードメーター本体の取り付けを行いました

09073100 

 

 

 

 

取り付けるステーとして1.0ミリ厚の

アルミ板があったのですが

ガラクタ箱の中に、今年春にナンバープレートを

紛失したときの折れたプレートホルダーの残骸を

見つけ、これを加工した方が楽そうだと

ひらめきました・・・捨てなくてよかった。

 余分な部分をグラインダーで削り落としただけ。

このステーの固定場所はトップブリッジの

クランプを利用するので

8ミリの穴を開けました。

あとはこれに付属されていたマジックテープを

貼るだけで完了。

09073101 

 

 

 

 

モニター本体裏面にもマジックテープが

貼られているのでくっつけるだけです。

 マジックテープはけっこう厚みがあるし

付けたり剥がしたりを繰り返していくうちに

マジックテープが劣化して剥がれ易くなって

しまう恐れが出てくると思うので

両面テープで貼ってしまうかも。

 取り付け位置は、バーハンドルの右寄りを

考えていました。

しかし、スピードセンサーがフロントディスクのある

左側から配線しているので

あえて左寄りにしてみました。

それとメインキーに近くメーターが邪魔に

なるのではと思ったからです。

でも、 おそらくいづれは右寄りに・・・なるかと

アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)
アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)

 アクティブ:ACTIVE/デジタルモニター用 メーターステー(オプションパーツ)
アクティブ:ACTIVE/デジタルモニター用 メーターステー(オプションパーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

デジタルスピードメーターの配線 その3

― アクティブ デジタルモニター ―

最後はスピードセンサーの取り付けです。

 結線の必要ありません。

モニター本体と付属の延長ハーネス

 スピードセンサーをコネクターで接続するだけ。

ハーネスの取り回しには注意が必要で

フロントフォークの伸縮でハーネスが切れないように

余裕をもたせることを忘れないように。

 モニターからセンサーまでのハーネス長は

Dトラッカーでは余裕があったので

ほとんどのバイクで問題はないでしょう。

09072910_2 

 

 

 

 

スピードセンサーの検出物体は

フロントディスクのピボットにしました。

センサーは振動のないところへ固定しないと

エラーになる可能性があるので

さてどうしようかと悩んだのですが

現状ではフォークガードへ固定するしかありません。

 センサーと検出物体との距離は

鉄素材で3ミリ。

けっこうシビアそう。

そこでセンサーをフォークガードに直付けせず

微調整が出来るようアルミ板を加工して

ステーをつ作りました

09073000 

 

 

 

 

 

 

 

これで配線類の取り付けは完了です。

スピードセンサーは検出物体を感知すると

センサー本体に内蔵されているLEDが点灯するように

なっています

09073001 

 

 

 

 

 

 

 

最後に速度感知の調整をしなくてはなりません。

フロントタイヤの円周と

検出物体の数をモニターに入力します。

取説読みつつモニター画面とにらめっこ。

 ホイールの17インチにタイヤぶんの厚みを

含めた円周は…いま具体的な数値を忘れて

しまったのですが、円周60センチとすると

60×3.14=188.4で

この「188.4」をモニターに入力。

 私のDトラッカーはBRAKINGのディスクに

交換していて、このディスクのピボット数は9コ。

 ホイールが1回転する間にスピードセンサーが

9コの物体を検出させるように「9」を入力。

検出物体を9コ検知したところで1回転した

ということを覚えさせるということですね。

物体が2コだったら「2」と入力し

2コ検知して1周という設定にするわけです。

 センサー取り付け時間はステーを作った時間も

含めて1時間程度で、電源、インジケーターの

結線も含めて配線色など下調べを行っていれば

2時間ほどで出来ると思いますし

純正工具だけで取り付けられます。

 ただ、付属のワンタッチコネクターを使用して

作業したのですが、配線がゴチャッとして

気に入りません。

時間があればカプラー接続して見た目も

すっきりとさせたいです。

 SB250(Dトラ)は電気式メーターなので

純正のセンサーハーネスを使用することも

可能かと思いますが、取説の注意事項に

「保障外」と書いてあったので

トライするのは止めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モニター本体の取り付けや

ハーネスの取り回しなどは

また近いうちに記事にします。

 

アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)
アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

デジタルスピードメーターの配線 その2(コメントあり)

・・・・・・ コメント ・・・・・・

みらーじゅさん コメントありがとうございます。

>メーターの配置

さてどうなることか・・・

試行錯誤中ですが

 それとポッカリと空いたライトカウル内の処理に

これまた一苦労しそうなかんじです。

 このために小さいメーターにしたからには

なんとかせねば

・・・・・・ 本 文 ・・・・・・・

― アクティブ デジタルモニター ―

次はインジケーターランプの結線です。

電源類のハーネスと同じライトカウル内に

カプラーで繋がれたハーネスがあります。

09072804 

 

 

 

 

このカプラーとスピードセンサーのカプラーを

外し、メーター固定ボルトを緩めれば

純正メーターは外れます。

Dトラッカー(SB250)の配線色は

●右ウィンカー(灰)

●左ウィンカー(緑)

●ハイビーム(赤/黒)

●ニュートラルランプ

 N(+)(茶) N(-)(若草)

これにモニター本体のハーネス

ハイビーム  青

右ウィンカー 緑

左ウィンカー 黒

N(+) 白

N(-) 黄                  

これらにそれぞれ結線しました。

09072906 

 

(結線した図)          

 

 

この作業でちょっと悩んだのが

ニュートラルランプの結線でした。

どちらが+で-か、見た目ではわからなかったので

純正メーターのニュートラルランプの配線2本を

検電テスターで調べました。

この2本の配線色は

そのNランプに繋がっている根元のところで

確認できるので特定するのは容易でした。

09072902 

 

 

(ハイビーム動作OK)

 

09072903 

 

 

(左右ウィンカー動作OK)

 

09072905 

 

 

(Nランプも動作OK)

 

それぞれの結線を終える毎に

正常に作動するかどうか確認しつつ

インジケーターランプ類の結線終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※私のバイクはSB250ですので

Dトラッカーと配線色が同一かどうかは

定かではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでの作業は

ライトカウルを外すところから

電源類、ランプ類の配線までで

1時間くらいでした。

このあとは、スピードセンサー類の取り付けに

なります。

アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)
アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

デジタルスピードメーターの配線 その1

― アクティブ デジタルモニター ―

まづは電源を結線してみます。

 電源の配線は3つ

Dトラッカー側の配線色は

●バッテリー(+) (白/黒)           

●ACC(LCD)電源 (茶)         

●アース(-)(ボディー) (黒/黄)

09072803 

 

 

 

 

ライトカウルを外して出てくるのが

上の画像の、メインキーへ繋がっているハーネス。

この部分に付属のワンタッチカプラーで結線します

モニター本体の黄とDトラの白/黒。

本体の赤とDトラの茶

本体の黒とDトラの黒/黄

09072901 

 

 

(結線した画)      

 

これで電源の配線は終わり

さっそくキーをONにして作動するか確認

09072900 

 

 

 

 

無事点灯。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のDトラッカーは

OEMのスズキSB250ですので

配線色がカワサキのDトラッカーと共通か

どうかは確認していません。

たぶん同じかと思うのですが・・・。

 次回はインジケーターランプ類の結線です

 

アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)
アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

アクティブ デジタルモニター スピード

ナビなどを取り付けるためのスペースを

確保するため純正メーターを外して

アクティブのデジタルモニター・スピードメーターに

交換することにしました。 

純正メーターが気に入らないわけではなく

数値も見やすいし、ボタン操作なども

手間取らない程度のものなので使い勝手も

良かったです。

強いて言えば、給油した際にトリップメーターを

リセットするとき、ボタンを2秒以上の長押しが

しっかりと押していないとリセットされて

いなかったりすることがよくありました。

09072800_4                        

 

 

 

 

 

 

でも、ナビや電源ソケットのスペースを

確保するために小さなメーターに交換することに

しました。                           

 このアクティブ、スピードメーターの                   

中身はデジタルモニター本体の他に

スピードセンサー、スピードセンサー用ハーネス

 電源ハーネス、ライト&マーカーハーネス

ワンタッチカプラー、結束バンド、マジックテープ

 CR2032電池、取説が同梱。        

この電池は、モニター本体をバイクから(配線を)

外した際に時計のメモリーを

保持するためだそうです。

09072801_3  

 

 

 

 

09072802_2                  

 

 

 

 

モニター本体のサイズは小さいものですが

高さは思った以上に厚みがあるなぁと。

商品サイトや雑誌等の広告を見ると

正面からの画像しか見たことが

なかったのでそう感じました。 

 裏面には電池蓋がありそれ以外の

面はマジックテープが張ってあります。

コインなどで回して開け電池を納めるように

なっています

蓋はしっかりとした手ごたえで

緩んでしまったりすることはなさそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モニターをバイクに取り付けるための

ステーが別売で用意されていますが

今回はアルミ板があまっているので

それらは自作することにしました。

                          つづく

 

アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)
アクティブ:ACTIVE/デジタルモニターVer3 (スピードメーター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »