« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

ツーリング仕様その2

ちょっと遊んでみました。

Dトラッカーのライトカウルにスクリーン。

09091601 

 

 

 

 

 

 

 

これジェットヘルのシールドでございます。

 使わなくなったスワンのもので

シールドの左右を少しカットしてカウルに

差し込んでみたら案外きれいにハマりました。

これは使えそうなので

今回のツーリングで試すことに。

09091602 

 

 

 

 

このスクリーンの役目は

体に当たる風圧を防ぐ・・・つもりはまったくなくて

ライトカウル内側に設けているシガーソケットや

ナビなどから少しでも雨に当たらぬようにと

思いつきました。

ナビは雨天の場合、防水ケースに収めますが

降り出してきた際の手助け。

09092000 

 

 

 

 

スクリーンの長さは調整出来て

ボルト固定しているのでガタはありません

09092001 

 

 

 

 

一番伸ばした状態であると

走行中の雨はまづ問題はないかと。

唯一、欠点を挙げるのであれば

防水ケースが装着されていると

メインキーの操作がタイヘン・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

ツーリング仕様

ただいまツーリングへ出かけています。

 このエントリーから1週間ほどは

時間指定投稿になり、コメントがあった場合

すぐに返信することが出来なくなりますので

ご勘弁ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は東北を巡ります。

地元東北、バイクのみならず

様々なところへ出かけましたが

見ていないところ、もういちど行ってみたい

ところはたくさんあります。

 そういう意味で東北を見直す旅に

なればいいと思います。

 そして、来年計画している旅の予行練習という

意味もあるのです。

 その旅はまだ行けるかどうかも未定なのですが

このツーリングで確実なものにしたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バイクを旅仕様に。

09092102 

 

 

 

 

 

 

 

予てから準備していたように

キャリアを加工して荷台面積を拡大し

そのキャリアに載せるリアボックスも

去年の収納ボックスよりも丈夫で

すこしばかり大型にしました。

09092103 

 

 

 

 

キャリアとリアボックスは4箇所でボルト固定。

当初の6ミリ径から8ミリのクランプボルトにし

ハンドルクランプなので工具なしで締め付け

取り外しが可能です。

 転倒などのトラブルに対処するため

ラチェット式タイダウンで二重の固定を。

 ラチェットなので締めたり緩めることは容易です

09092104 

 

 

 

 

 

 

 

リアボックス上部には

タンデムバッグを乗っけています。

 これにはカメラなど直ぐに取り出せる物を

仕舞ってあります。

 あとはリアボックス後部背面に

銀マットと三脚を固定します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

メーターキャンセラー

アクティブのデジタルスピードメーターに

交換して純正メーター用の

スピードセンサーは必要なくなったので

そのセンサーを取り外して

アントライオンのメーターキャンセラーを付けました

09092100 

 

 

 

 

外したセンサーの代わりに

そこへカラーを入れておくものです。

 取り付けは作業というほど大そうなことはなく

シャフトを抜いてセンサーを外し

キャンセラーに入れ替えるだけです。

フロントを浮かせることが出来れば

ものの10分ほどで終了。

09092101 

 

 

 

 

メーターケーブルがなくなり

いつもと雰囲気が違うかんじ。

 メーターキャンセラーの色は

選択したブルーのほかにレッドがありましたが

コレが目立っても困るので

無難にブルーにしました          

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

フレームガード

ことオフロード車やモタード車は

フレームガードがないと

フレームがブーツなどで擦れて塗装が剥げ

錆まで出て来てしまいます。

 オフロードブーツなどは最悪で

買って1週間で錆

ということも珍しくありません。

0903304 

 

 

 

 

 

 

 

0903305 

 

 

 

 

乗っていたKDXには

プラスチック製のフレームガードが

装着されていました。

それを外してみたら

見事にガリガリ傷で錆が出ていました。

そのときは見なかったことにして

再びガードを付け、二度と見ることは

ありませんでした。

悔しいのでバフ掛けしようと

スウィングアームやフォークのアウターなど

ピカピカのツンツルテンに磨き上げましたが

その大変さに気づかされ

フレームを磨くことは断念しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

土砂崩れで断念

緑のトンネルを抜けてひたすら登る。

 春は山菜採りで入る人も居るのだろうけれど

手入れもされなくなった杉林もあって

あまり山菜はないかもしれません。

 目を凝らしてみてもタラの芽やわらびといった

ものは見つけられませんでした。

 夏になるとタラの芽は枝を広げ小さな白い花を

たくさんつけて春先の雰囲気とはまるで違ってみえます

 ツタが絡まっているところではアケビ発見に

期待したのにまったく見つからず。

ただ山栗の木は何本もあって

小さなイガイガがたくさん生ってました

まだ黄緑色のイガイガで、採り頃は

あともう少し先のよう。

しかし山栗は小さいのがツライ・・・

09090602         

          

          

             

          

              

              

                          

日が射すところでバイクを止めて

歩いてあたりを散策したのち再び走り出して直ぐ

狭い道を覆っている土砂崩れで

行く手を阻まれてしまいました。

比較的新しい感じの土砂のように見えました。

09090603           

         

          

          

           

             

               

                          

小規模ではあるけれど

これでは先へは進むのは無理。

やむなく引き返すことにしました。

 さすがにここまで来ると

最後まで行きたかったという思いがあります。

 渓流釣りで沢を遡上するときなどは

このくらいの土砂はちょっと高巻けば

難なくクリアできるのですが

バイクではどうしようもなく。

 土砂は道を横断しガードレールを越えて

谷へ流れ落ちているようでした。

 夏の終わりの小さな探検でした

                 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月18日 (金)

木々のトンネル

廃道を登っていきました。

舗装されたままの道は

ところどころ盛り上がっています。

 張り出してきている木の根に

持ち上げられていて

木々の力強さを感じます。

09090604          

          

          

           

           

            

             

                         

松の細い葉が目立ちます。

 止めて眺めると、この濡れ松葉が

タイヤだけでなくバイクの下回りに

張り付いていました。

まだこの時期だからいいものの

落葉シーズンはそうとう落ち葉が積もって

それだけで走れないのではないか。

09090608          

         

           

          

           

          

        

                           

しばらくのこのこと進んで行くと

道が伸びた木々の枝葉で

完全に覆われた、まるでトンネルのように

なっているところへ出ました。

 いいなぁ・・・

何がいいのか私自身わからないのですが

思わず口に出てしまいました。

 こうやってどんどん侵食して朽ち

やがて埋もれるように消えてなくなっていって

しまうのだろうかと

しばし眺めつつ思うのでした。

                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

コケ生した道

廃道へと入って行きました

 渓谷沿いにはガードレールが

あります。

でも草木が生い茂りそのガードレールも

時々視界の端で見ることが出来る程度です。

09090606         

          

         

         

                          

ガードレールが顔出しだしたなぁと

思うと同時に明るさが戻って拓け

辺りの様子がうかがえます。

 バイクを止めると

かすかに下のほうから川の流れる音が

聞こえてきます。

 さほど水量はないのか

落ち着いた瀬音のように聞こえてきます。

 それよりも鳥の鳴き声が勝っていて

ときおり吹き上がる谷風が

ザーッと木々の葉を揺らすので

まったく水音はかき消されてしまいます。

09090605           

         

           

           

            

            

            

                         

道はちょっと広くなったり狭くなったり

まるで砂時計のくびれにも似た雰囲気。

舗装された道は

落ち葉やコケが生え、そんなところは

間違いなく濡れていて

トルクをかけて登っているときは

リアタイヤがグリップを失いズリッとなり

お尻を振ってしまい

それにビビッてアクセルを条件反射で戻すと

途端に路面に喰いつき

それでまた妙な挙動をバイクがするので

ドキドキしてしまいます。

でもこれがたまらなかったりして・・・

 もし引き返すことになったら

エンブレでもズリズリなりそうだなぁと

不安がよぎってしまうのでした。

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

使われなくなった道

廃道という言葉に妙に反応してしまいます。

 廃道などたくさんあるわけではなく

迂回するような立派な道路が出来て

それまであった道が使われなくなり

忘れ去られて年々朽ちていくものです。

09080309          

          

           

          

           

           

           

                         

見つけた廃道は偶然見つけたものではなくて

以前から知っている道です。

 まだこの道が現役だったころ

何度かバイクや車で走ったことがありました。

 当時から狭い道で

車同士の行き来は無理だろうと思われるほどで

要所にわずかな退避スペースがあったのを

覚えています。

09090601           

         

          

             

        

         

           

                           

現在は入り口に車止めがありますが

それを無視して入ったところで

車では走行出来ないほど草木が覆い

バイクでもところによっては

飛び出たツタにハンドルを取られて

おっとっと・・・

そんな道に入ってみました。

                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

Rubbermaid

― Action Packer ―

Rubbermaid 

ラバーメイドとは実に怪しい名前で

違う意味で惹かれるものがありますが

これはActionpacker アクションパッカーという

収納ボックスのブランド名です。

09090300 

 

 

 

 

これを買ったのはもう20年以上前のことで

当時3つ手に入れてキャンプ道具や

釣り道具を入れ、いざ出かけるときに

このボックスのまま車に積んでました。

 渓流ウェーダーやびっしょり汗をかいた衣類など

脱いだらこれに放り込めば匂いも漏れず重宝してました。

 いまでももちろん現役で

バイクの余っている外装やパーツを仕舞いこんで保管して

あります。

09090400 

 

 

 

 

アクションパッカーのひとつを

ツーリング用のリアボックスに活用しようと思います。

 その理由は、いまホームセンターなどで売られている

収納ボックスと比べて丈夫だろうということ。

基本的に四角い箱ではあるけれど

成型は複雑で分厚いこと。

いかにもそこがアメリカ製といったところでしょうか。

 そのぶんだけ自体重いのですが

積載ということを思うと頼もしさがあります。 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

各ボディーアース、まとめてみる

HID、グリップヒーター、電源ソケット・・・

えーとあとひとつ・・・何だったかな

 とにかくいつのまにか外部からの電源が

必要になり4つのボディーアースを

フレームから取るようになってしまいました。

 小さいバッテリーに大きな負担を掛けているのですが

いちどに複数の電気を使ってはいないので

今のところバッテリーが根を上げるような

状況には陥ってはいません。

09090100 

 

 

 

 

それにしてもアース端子が増えたので

すっきりとまとめることにしました。

 エーモンからアース用端子が出ていて

4つの端子をまとめられるので

これは丁度良いと使ってみました。

09090101 

 

 

 

 

各ボディー線を適度な長さにカットし

端子をかしめて差し込むだけ。

 アース用端子をフレームに固定して

あとはカウル内に仕舞って完了。

09090102 

 

 

 

 

端子本体はカバー裏に貼り付けて

モジャモジャの配線類に紛れないように。

 これでハーネスといっしょに引き込んでいた

4本のアース線は1本になり

見た目すっきりとなりました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »