« 使われなくなった道 | トップページ | 木々のトンネル »

2009年9月17日 (木)

コケ生した道

廃道へと入って行きました

 渓谷沿いにはガードレールが

あります。

でも草木が生い茂りそのガードレールも

時々視界の端で見ることが出来る程度です。

09090606         

          

         

         

                          

ガードレールが顔出しだしたなぁと

思うと同時に明るさが戻って拓け

辺りの様子がうかがえます。

 バイクを止めると

かすかに下のほうから川の流れる音が

聞こえてきます。

 さほど水量はないのか

落ち着いた瀬音のように聞こえてきます。

 それよりも鳥の鳴き声が勝っていて

ときおり吹き上がる谷風が

ザーッと木々の葉を揺らすので

まったく水音はかき消されてしまいます。

09090605           

         

           

           

            

            

            

                         

道はちょっと広くなったり狭くなったり

まるで砂時計のくびれにも似た雰囲気。

舗装された道は

落ち葉やコケが生え、そんなところは

間違いなく濡れていて

トルクをかけて登っているときは

リアタイヤがグリップを失いズリッとなり

お尻を振ってしまい

それにビビッてアクセルを条件反射で戻すと

途端に路面に喰いつき

それでまた妙な挙動をバイクがするので

ドキドキしてしまいます。

でもこれがたまらなかったりして・・・

 もし引き返すことになったら

エンブレでもズリズリなりそうだなぁと

不安がよぎってしまうのでした。

             

« 使われなくなった道 | トップページ | 木々のトンネル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コケ生した道:

« 使われなくなった道 | トップページ | 木々のトンネル »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト