« 南由利原高原青少年旅行村 | トップページ | 象潟の風景は松島だった »

2009年10月30日 (金)

バンガローの夜

09 D-Tracker Touring

091001048           

           

            

            

          

           

          

           

                        

暗くなるまでのあいだ

ここ南由利原高原のキャンプ場を散策。

木製のテーブルとイスは塗り替えてお色直しした

ばかりとみえてどれもきれい。

091001053           

          

           

           

                          

いくつもあるテーブルは今は誰も使うこがなく

どことなく淋しい眺めに見えてしまう。

 バンガローの他にログハウス風のケビンも

何棟かあったので見学

091001054          

          

         

        

                            

091001055           

            

           

           

                          

中はワンルームのようでしたが

キッチンやトイレが付いているので

家族連れや仲間同士では手軽でいいかもしれない。

テラスがあるので朝のコーヒーなんぞを啜りながら

鳥のさえずりを聞く、なんてのも乙よね。

                          

当たり前だけどバンガローの中には電灯があるから

ランタンは必要なくて

久しぶりに電気の下での晩御飯。

 地図を広げて明日のルートを眺める。

枝からドングリが落っこちてくるのか

時折屋根に、コツン・・・コロコロという音がします。

 ラジオの天気予報では

明日は昼頃から天気が崩れ雨が降り出すと

言っていました。

「雨か・・・明日もテントは止めようかなぁ」

すぐに弱気になってしまう。

                         

そろそろ秋の虫も終わりに近づき

鳴き声もまばらに。

 煌々と光る月が高層の薄雲に傘を被っていました。

天気が崩れる前触れ。

 ここは標高が高いところだけど

いまのところ冷え込みはなくフリース一枚で十分で

バンガローの中は快適そのもの。

シュラフに入ると暑いくらいでTシャツ姿が丁度良い。

 衣類を丸めるように畳んでピローバッグに入れて

寝床の準備。

フローリングの床は堅いけど

備えてあったゴザを2枚重ね、その上に銀マットを

敷くとちょっとだけマットレス感覚が生まれました。

 ラジオは相変わらず感度が悪いけど

ここは地元FM放送が聴けた。

 でも、ラジオの向きによってやっぱり

感度が落ちる。

もっと性能のいいラジオが欲しいなぁ

 そして今晩はゆっくり単行本が読めました。

持参した本はよせばいいのに怖い話。

 臨場感たっぷり

3Dなみの迫力なのである。

 コツン・・・コロコロ・・・

         

« 南由利原高原青少年旅行村 | トップページ | 象潟の風景は松島だった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンガローの夜:

» ジテツー [ジテツー]
ジテツー(自転車通勤)の良さは、身体の健康、心の健康、環境にやさしいの3つです。ジテツーの楽しみ方を紹介するブログです。 [続きを読む]

« 南由利原高原青少年旅行村 | トップページ | 象潟の風景は松島だった »