« 南由利 鳥海山の眺め | トップページ | バンガローの夜 »

2009年10月29日 (木)

南由利原高原青少年旅行村

うつくしいススキ原からナビで検索したキャンプ場は

南由利原高原青少年旅行村キャンプ場

ものの15分程度のところでしたが

名前はやたらと長い。

まだちょっと早いけどもうここに決めることにしました。

                               

受付にて「バンガロー 3060円」という料金表を見て

即座に「テントやめてバンガローにします」と。

「見てから決めますか?」の問いに

「けっこうです。屋根の下で寝たいから」

「はははっ・・・」

それではと軽トラのあとを追い目的のバンガローへ。

091001041           

            

             

             

             

              

              

               

                              

うひひ・・・ちょっと贅沢な気分になってしまった。

たかだかバンガローで・・・。

091001038              

           

              

             

              

               

               

               

                            

1人には十分な広さ、余裕で4,5人は

寝ることが出来そうな床板面積。

築何年だろう・・・

風光明媚な物件で

カメムシのおまけつきである。

 リアボックスの中身をすべてバンガローに

入れて干せるものは干してしまう。

ありがたいことにハンガーがあった。

 どうやら今宵のこのキャンプ場も

私一人のようです。

 №1と書かれたバンガローのすぐ目の前には

炊事場がありこれまた好都合。

091001045          

          

             

               

                        

                      

携帯に1200GS(すなもげら)から

返信メールが着ていた。

「由利本荘の何てキャンプ場ですか?

           近くにいるかもです」

残念、ここは圏外、返信出来ず・・・

 まあしかし、もう夕方近いから

岩手山方面へ行っていることだろう。

 たしか盛岡市内で泊ると言ってたし。

                             

テントとは違って完全に閉ざされた室内というのは

安心感があるもので

嵐でも鉄砲でもへっちゃらだもんね。

鍵もかかるんだもんね。

金縛りでも何でもござれだ・・・

 やたら気が大きくなってしまうところが

我ながら哀しくもハズカシイ

« 南由利 鳥海山の眺め | トップページ | バンガローの夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南由利原高原青少年旅行村:

« 南由利 鳥海山の眺め | トップページ | バンガローの夜 »