« 三陸の海岸線に | トップページ | 黒崎キャンプ場の夜 »

2009年10月11日 (日)

三陸の黒崎キャンプ場

09 D-Tracker Touring

                      

普代村まであと少しというところにある

〈黒崎キャンプ場〉に到着。

また降り出した雨から逃げ込むように

駐車場にあった休憩所に飛び込む。

 時計をみると16時をまわったくらいで

まだ少し早い時間でしたが

徹夜の出発で寝不足がたたり

精神的にもお疲れ気味。

誰も居ないことをいいことにベンチに

ゴロリと横になるとあっさり眠ってしまい

15分ほどで目覚めました。

090928059          

          

          

           

                        

管理棟へ行くと張り紙が。

管理人不在の場合、「好き勝手に

テントを張って構わんよ。あとで見回りに

行くからね」

というようなことが書いてあったので

それでは勝手にテントを張らしてもらうことに。

 っとその前に食料の買出しをせねば。

ここに来るまで店らしい店がなかったから

普代駅の方へ行ってみると小さな商店を発見

ガラス戸を開けてみると

店内はガラ~ン・・・棚がすっかすか・・・

 「どうもすみませんねぇ  何もなくって」。

おばちゃんが申し訳なさそうに言うが

そんなふうに言われると

こちらも気の毒に感じてしまうではないか。

「んじゃ、クランキーチョコととんがりコーンを・・・」。

いくらなんでもこれでは晩飯にならんよなぁ。

 気を取り直して

このあたりにスーパーはないか尋ねると

ちょっと行ったところにあると。

 あるのか・・・

090928058             

            

             

             

                             

買出しを無事済ませてキャンプ場に戻り

どこにしようかなぁ(テント設営)とウロウロし

吹き始めた風を避けられそうな区画を見つけ

 「本日の寝床はココとする」 と高らかに宣言して

さっさと荷を解きテント設営。

だーれも居ないので場内の炊事場、トレイ

テーブル、イスはすべて私の使い放題です。

 テントの中に荷物を放り込み、シュラフに

潜り込むと瞬く間に眠りにつき

つぎに目を覚ましたのは

見回りに来た管理人の声であった。

 サイト使用料300円也

その管理人さんから

すぐそこにある〈くろさき荘〉で

お風呂に入れるよというので

雨で冷えた体を温め人心地つく。

午後3時から9時まで 入浴料400円也

 090928061                                                

             

            

             

                

                           

スノーピーク:Snow Peak/スノーピーク ソロテーブル BAJA400
スノーピーク:Snow Peak/スノーピーク ソロテーブル BAJA400

スノーピーク:Snow Peak/スノーピーク Myテーブル竹
スノーピーク:Snow Peak/スノーピーク Myテーブル竹

コールマン:COLEMAN/ミニアルミテーブル
コールマン:COLEMAN/ミニアルミテーブル

コールマン:COLEMAN/フォールディングテーブル 90
コールマン:COLEMAN/フォールディングテーブル 90

ロゴス:LOGOS/CHABU-DAI60X30ケース付
ロゴス:LOGOS/CHABU-DAI60X30ケース付

ロゴス:LOGOS/ロールタフテーブル
ロゴス:LOGOS/ロールタフテーブル

スノーピーク:Snow Peak/スノーピーク ギガパワー2WAYランタン
スノーピーク:Snow Peak/スノーピーク ギガパワー2WAYランタン

コールマン:COLEMAN/LEDコラプシブルランタン
コールマン:COLEMAN/LEDコラプシブルランタン

« 三陸の海岸線に | トップページ | 黒崎キャンプ場の夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三陸の黒崎キャンプ場:

« 三陸の海岸線に | トップページ | 黒崎キャンプ場の夜 »