« ゴールデンスランバーで全国区 | トップページ | 閑上の思い出 »

2010年2月24日 (水)

ハイポテンシャルXR

仲間のXR650Rは進化をつづけています

 そもそもがオフロードではパワーがあり過ぎて

林道ではかえって走りづらいシロモノ。

 本来レギュラーガソリンでもいけるエンジンが

高圧縮になりハイオクしか受け付けず

有り余るパワーを伝えるのはバーネットのみ。

100126002        

最高速は楽に200㌔を上回るのですが

ただ200㌔出る、ということではなくて

そのポテンシャルの高さ。

そのパワーを受け止める足回りもバランスが

取られ、チャタリングなど一切なく

安心して身を任せられる最高速なのです。

100126000        

                              

100126001          

                            

唯一の欠点は高いレベルのポテンシャルなので

それを維持するためのメンテナンスであり

ランニングコストでしょう。

 とあるツーリングクラブに参加したとき

モタードでは辛いですね

と高速に乗る前に言われたそうですが

高速を最初に下りたとか下りなかったとか・・・・

 飛ばしたんじゃなくてノンストップで

走り続けたのよね・・・きっと

                    

|

« ゴールデンスランバーで全国区 | トップページ | 閑上の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303882/33424077

この記事へのトラックバック一覧です: ハイポテンシャルXR:

« ゴールデンスランバーで全国区 | トップページ | 閑上の思い出 »