« みゅうの憂鬱 | トップページ | 光明の滝とカタクリ »

2010年4月19日 (月)

電源ソケット+USBソケット+USBケーブル

ナビやETC車載器の電源を取り出すために

取り付けたDCステーションのダブルソケットは

ビキニカウルの内側に磁石を介して設置してます。

 磁石で固定しているので、電源プラグなどを

差し込む際にはダブルソケット本体をカウル内側から

取り出して行うことが出来るので便利です。

100414021  

カウル内に設置した理由は

ナビ、ETCなど盗難に遭わぬよう

バイクから離れる際、機器をプラグから抜いて

仕舞えるようにしたかったからです。

100414022

ダブルソケットをカウル内から出して

USBソケットを差し込んだ図(↑)。

ナビに付属されているUSBプラグは

長くて大きいので車での使用でも

邪魔になるようなものだったので

これ以上小さいものはないだろうと

思われたUSBプラグを購入して使ってます

100414023  

USBプラグにナビのUSBコードを繋いだ図。

接続後、カウル内の磁石にダブルソケットをぺタッ

 この磁石、数値的には磁力0.6キロから

6.0キロと強力なものに交換し、激しい振動でも

ダブルソケット本体が外れることは

まずないと思います。

外れたとしても外部に飛び出してしまうことはないので

何ら問題はありませんが。

 USBプラグはバイクの電源を入れると

緑色ランプが点灯して電気が来ていることを

知らせてくれます。

100414024  

USBコードのナビ本体への接続側は

AQUA RAM防水ケースの裏面に開けた

穴からナビ本体に繋いでいます。

100414009  

USBコードはナビ本体からダブルソケットまで

最短です。

ナビ本体は防水ケースで保護され

ダブルソケットはカウル内側に設置し

まず雨の心配はないと思うので

雨天時でも安心して使うことが出来ます。

 昨年は同じようにDトラッカーに使用

しましたが問題ありませんでしたが

Dトラのカウルは小さいので

カウル内に入り込む雨を完全に

シャットアウトすることは出来ず

応急措置としてビニールを被せた

ことがありました。

 ソケットから電源を取っていないときは

ソケットカバーで防水されているので

雨を被ろうが構わないけど

プラグを差し込んでいるときは無防備になるので

心配ですので、X4では万全にしてみました。

             

             

« みゅうの憂鬱 | トップページ | 光明の滝とカタクリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源ソケット+USBソケット+USBケーブル:

« みゅうの憂鬱 | トップページ | 光明の滝とカタクリ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト