« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

明日から6月

早いナァ・・・ 

もう6月になるのか

                  

6月は夏至

1年でもっとも日が長く夜が短いとき。

夜8時近くになっても西の空に色が残り

午前3時を過ぎたころにはもう

薄明が始まり星が姿を消していきます。

 そして暗いうちからホトトギスが

テッペンハゲタカ あるいはテッペンカケタカと

鳴きだし夜が明けることを告げます。

6月は梅雨入り

ここのところ日本の天気は

寒かったり暑くなったり

雨が降らないと思えば集中的に降ったり

日本特有の「いい案配」とか「頃合」を

忘れてしまったのかと思うような

極端な天気になっているように思いますが

今年の梅雨はいい案配になるのかどうか。

去年の仙台は、梅雨入り直後は空梅雨なれど

梅雨明けは記録的に遅くなってしまいました。

100517046  

100517052  

「大井沢峠からの眺め」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

緑の空気ブナの森

峠を下り出すと道は急に狭くなり

走る路肩に雪が残っているのに

辺りは新緑真っ盛り

100517018  

ブナの森は端から見ると鬱蒼として

寄せ付けない雰囲気をもっていたりしますが

実際はそんなことはなくて

クヌギやクリなどの雑木林などよりも

はるかに広々として開放感があったりします。

 何百年という樹齢の大きなブナの森は

陽射しが届かず他の植物の成長を許さず

落葉を繰り返した地面はふかふかの絨毯の

ようになっているところもあります。

 真夏でも涼しくブナの森の空気は

覆われた葉で黄緑色の空気が充満し

深呼吸をすると体の中まで新緑に

染まるかのようで

どんなクスリよりもこの空気を吸うと

体の具合が良くなりそうな効果がありそう・・・

                   

 よくブナの森でギンリョウソウという

すべてが真っ白な小さな植物を見たものです

地域によってはその姿からユウレイグサなどと

呼ばれているそうです。

100517020  

ブナ林を散策し

たっぷり癒された後

大井沢トンネルを抜けて行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

左沢から大井沢へ

山形県の左沢(あてらざわ)から

大井沢へ抜ける県道27号線を

初めて走ったのはもう30年前になります

 当時は車で27号線沿いを流れる月布川と

その支流での渓流釣りが目的でした。

春、ウグイスが鳴き土手には福寿草

そんな里の風景を眺めつつのんびりと

竿を出しヤマメや岩魚を釣ったものです

 まだ柳川温泉がなかったころの徳沢は

尺物が多く釣れ、それにあじをしめて

毎週末通ったときもありました

100517040  

柳川温泉を過ぎるとほどなく

高度を上げて山道になりますが

いまは峠まですっかり立派な2車線になり

難なく走れるようになりました

 ところどころに雪が残っていたり

芽吹いたばかりの木々と

足元にはまだツクシが生えていました

もう5月後半というのに。

100517041  

冬は何メートルも雪が積もるところです

斜面の木は雪の重みでひしゃげ

ガードレールも雪のせいで歪んでしまって

いるのでしょう。

雪の深さ、冬の厳しさをそんなところから

感じとることが出来ました

100517043  

明らかに紫外線が強そうな陽射しだけど

空気が乾いていて清々しく

この時期でもすでに夏山の雰囲気もありました。

 道はこの先からは以前のままの狭い旧道ですが

ブナの森のなかを走ることができます

                   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月28日 (金)

こんなもの必要ないべ(朝顔日記1)

道路工事現場でよく見かけますねコレ

可愛くないカエル

100423000  

日本はどうもこういう子供じみたことに

金を掛けたりますよね。

カエルに「SORRY!」と言われても嬉しくない

もしろ渋滞でイライラしているときはムッとなりそう。

「ご迷惑おかけしてます」看板にこれ一言でいい。

いや、工事していることはわかるから

別に何も書かなくたっていい。

そんなことに労力や金を掛けるのであれば

1日も早く工事を終わらせることに費やしてほしい

                           

そして仕分け事業で削減になったのが

免許証の更新の際にいただくコレ

100520000   

毎回貰うが読む人がいるのだろうか

私は持って帰っても読んだことはありません。

 これに毎年1500万部 30億円以上の

税金を使っているのだそうだ。

読まないベストセラー ・・・

はっきり言ってこれぞまさしく無駄使い

 どうしても読みたいという人がいるなら

その人だけお金を出して買えばいい。

 仕分け人が言ったように

この無駄使いをやめて更新手続きの

料金を安くしてほしいものだ。

更新のたびに3千円ほどのお金が掛かるのは

納得がいかない。

・・・・・ 朝顔日記 ・・・・・

4年前にホームセンターの園芸コーナーで

買った朝顔の種は大輪の花を咲かせ

秋には種を収穫。

そして翌年また芽が出て・・・

その代々受け継がれている朝顔の種から

今年も芽が出ました

100527000  

100527001  

年々増えていく大量の種から

ころころと太って大きい粒の種だけを選んで

プランターと鉢に蒔き

先週あたりからポコポコと顔を出してきました。

 今年は時々こうして成長の記録を

綴ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

あつめてはやし最上川

山形県村山市を走る347号線

尾花沢から河北町までの区間は

広々とした風景を満喫できる道で好きです

とくに今の時期がお気に入り。

梅雨を過ぎると肩に喰いこむ灼熱の陽射しになり

走るには過酷になり

路面からユラユラと蜃気楼・・・

100517013  

道路沿いにはサクランボ畑がつづいていますが

今年は4月の低温が影響しているのか

まだ花が咲いている木々がありました

100517015  

この日の最上川は濁りが入ってました。

 米沢の奥から日本海は酒田へ流れていく川で

今は観光船舟下りで有名ですが

昔は紅花などが京都へ運ばれたりしていて

多くの船が行き来していたのでしょうね。

                  

天気もバイクも、そして私も

快晴、快調 好調の三拍子

このままの勢いで月山方面へ

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

芭蕉が越えた山刃伐峠

赤倉温泉をあとに

東北ではスイカの産地で有名な尾花沢方向へ

進んで行くとすぐに赤倉スキー場があり

そこも通過していくと

さほど長くはありませんがトンネルがあります。

100517012  

この左手には松尾芭蕉が歩いた

山刃伐峠へと通じる山道が今も尚

当時の雰囲気をとどめています。

山刃伐はナタギリと読みますが

この文字を一発で「ナタギリ」と読める人は

そういないのではないか。

ナタとは読めたとしても伐をギリとは

なかなか読めないわ・・・

 芭蕉が歩いた当時は山賊が居て

ここを通る人は頻繁に襲われ恐れられたそうで

芭蕉の一計を案じ屈強なガードマンを護衛に

この峠を越えたとか。

100517010  

このトンネル付近は標高というほど

高い位置にはないと思うのですが

いまだ雪が路肩に残っていました。

さすがスキー場があるくらいのことはると

妙な感心をしてみたり・・・

 X4で山刃伐峠は越えられないので

素直にトンネルをくぐることにしました。

山賊もコワイし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

山形県 赤倉温泉

・・・・・ 昨日 雨 雨 雨 ・・・・・

雨が降りつづいています。

久しぶりの本格的な雨で大雨注意報が

県内では出ていますが西日本は被害が

出ているようです。

気温も15℃ほどしか上がらず

エアコンを入れ、飼い猫みゅうは

ホットカーペットでぬくぬく・・・

100524000  

・・・・・ 本   文 ・・・・・

宮城県の鳴子温泉から

山形県新庄へ行く47号線の

ちょうど中間あたりに赤倉温泉があります

 正確には県道28号線へ左折してしばし行くと

赤倉温泉街はあります

100517006

もう20数年前に慰安旅行を兼ねて

この温泉に宿泊したことがあります

「兼ねて」というのは渓流釣りも兼ねていたからです

 温泉街を流れる小国川の奥で岩魚釣りをしました。

川沿いには林道が走り宮城の加美へ抜けられます。

 この日は天気が良くちょっと汗ばむくらいの陽気に

なり新緑が実に美しい山の風景でした

100517008  

100517005  

もう5月も後半になるというのに

八重桜だろうか満開は過ぎたものの花が咲き

山の中に点在する山桜は新緑の中にあって

まさに花を添えているようでした

                           

岩魚釣りをしたあの当時

「釣れる」という噂を聞きつけての温泉泊

 いま思い起こしても釣りの記憶が蘇ってこないのは

ほとんど釣れなかったからでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

目の保養にデスモセディッチ

いまタンポポ界は

西洋タンポポの勢力に押されて

国産タンポポは隅に追いやられ

肩身の狭い状況におかれているそうです

 我が家の庭のタンポポは国産か西洋か

調べてみましたが

100518004  

どうもすべて西洋タンポポばかりなり

がんばれニッポン

にっぽんチャチャ

これからはタンポポを見かけたら国産か否か

気をつけて見てみよ

                       

先日、あのドカティのデスモセディッチをまじまじと

拝見することが出来ました。

ネジひとつにいたるまで選び抜かれたパーツが

組み込まれていてある種オーラのようなものを感じましたね

 10年ほど前に見たMVアグスタ F4セリエオーロを

ガラス越しに舐めるように眺めたのを思い出しました。

そのF4とてこのデスモの前では霞んでみえてしまいます

なんてったって倍近い値段の差・・・

100505005  

高価なバイクに半端なパーツは似合いません

 このマフラー 100万円するそうな

思わず手を合わせてしまったではないですか

 貧乏性のワタクシとしては

乗るのに体が震えしまいそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

楽しいショートカット

・・・・・ 金曜 土曜 ・・・・・

暑くなりました。

とくに土曜は突然夏がやって来て

今年一番の暑さに。

100521003  

 これで春から初夏になったなぁ

と思いきや、どうも今週からまた

気温が下がるようです。

仙台では20℃を越えることはないとか・・・

・・・・・ 本  文 ・・・・・

仙台から鳴子や鬼首へ行く場合

国道4号か東北道を古川から347号線で

山形方面(新庄)へ向かうか

457号線を北上して岩出山を過ぎたところで

347号線に合流するか

たいがいこの二通りだと思います

100517003  

詳細な地図で見ると

県境と457号線のあいだに

347号線から岩出山や鳴子の手前の

川渡温泉に出る縦に走る道があります。

 峠あり農村部あり牧場あり

アップダウンと変化に富み

X4にはちょっとばかり狭い道もありますが

ブナが残る東北特有の自然林が残るところも

あるので平日など観光で混んでる国道を

走るよりもはるかに楽しく充実した気分に

してくれここ数年お気に入りな道になっています

100517030   

出かけたときはさすがにもう雪の姿は消え

コゴミが大きくホケてフキが出始めて

きていました。

ウグイスもすっかり饒舌にさえずり

小さな沢の水音が聞こえて初夏のような

雰囲気がありました。

100518005  

Dトラッカーに乗っていたとき

川渡温泉から薬來に出るルートを

何度か走ったことがあって

薄暗い林道を上って行くとスカーンと拓けた

牧場に出るのが気持ち良くて

今年は車で「あ・ら・伊達な道の駅」からの

帰り道は岩出山から牧場を抜けて帰ってきました。

でも途中、どっちへ曲がったら良いか迷ったりして

まだ完璧にルートを把握しておらず

それがまた新鮮でいいんですね

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

夕暮れのランデブー金星と月、ISSとシャトル

昨夕の西の空には新月から戻った細い月が

宵の明星 金星とランデブー。

ぶつかりそうなくらい接近して見えました。

100516000  

100516002  

そして更に暮れなずんできた空に

ISS国際宇宙ステーションと最後の飛行になる

スペースシャトル アトランティスが

ドッキング間近のランデブー飛行

 明るいふたつの光りが音もなく南東方向へ。

そして太陽光の届かない地球の影に

消えていきました。

100516003a

・・・・・ もう少し使えそう(タイヤ) ・・・・・

伊豆稲取ツーリング後にリアタイヤの交換かな

と思っていましたが

帰宅してタイヤを確認してみると

まだ・・・まだ使えそうです

100510002  

今回のツーリングの走行距離は

往復で約1100キロほどで

8割以上が高速道路。高速の連続走行は

タイヤの消費が早まるもの

D020の溝はめくれ上がってます。

 どんなタイヤでも多少の差はあれ

こんな感じになりますね。

マカダム90Xはもっと酷かった。

 なんにしてももう少しこのタイヤで走ってから

交換することにしました。

 フロントタイヤは中古ではあるものの

ついこのあいだ履き替えたばかりなので

まだまだ山は十分。

エスコ:ESCO 取扱/[18倍/50mm] 手ぶれ防止双眼鏡
エスコ:ESCO 取扱/[18倍/50mm] 手ぶれ防止双眼鏡

エスコ:ESCO 取扱/[10-30倍/28mm] ズーム双眼鏡
エスコ:ESCO 取扱/[10-30倍/28mm] ズーム双眼鏡

エスコ:ESCO 取扱/[7倍/50mm] 昼夜兼用 双眼鏡
エスコ:ESCO 取扱/[7倍/50mm] 昼夜兼用 双眼鏡

エスコ:ESCO 取扱/[10倍/25mm] 双眼鏡(カモフラージュ)
エスコ:ESCO 取扱/[10倍/25mm] 双眼鏡(カモフラージュ)

エスコ:ESCO 取扱/[25-140倍/50mm] ズーム双眼鏡
エスコ:ESCO 取扱/[25-140倍/50mm] ズーム双眼鏡

エスコ:ESCO 取扱/[8倍/21mm] 双眼鏡(カモフラージュ)
エスコ:ESCO 取扱/[8倍/21mm] 双眼鏡(カモフラージュ)

                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

帰宅の途(伊豆稲取ツーリング)

道の駅 伊東マリンタウンまでは

稲取に集まった皆で走る唯一の区間です。

100508012

100508014

135号は渋滞はなくさほど混んでるわけでは

ないですが観光地ゆえの遅いペースで進んで行きます

100508011  

100508013  

道の駅 伊東ではお約束のまんじゅう系和菓子を

物色しソフトクリームをば。

 毎年お約束土産ではありますが

遊びに行った見返りに差し出すので

ありますね。

                            

もう時間は11時

あまりのんびりもしていられません。

とんぼ返りです

またの再会を約束して1100XX、1200GS

そして関東組とお別れ。

海老名SAで給油を忘れ、東北道 蓮田SAまで

ペースダウンで到着。

道の駅を出るときに給油して蓮田SAまで

9リットル 燃費19キロ

おおっ どうしたことだ 中々いいではないか。

100508017  

昨日ほどではないけれど

帰路も風がありましたが

順調なペースで進み

最後の休憩地 安達太良SAに着いたときは

だいぶ陽も傾き肌寒さを感じるようになっていました。

 疲労感はありますが

もうひと踏ん張りという気持ちが湧いてきます。

 X4は燃料タンクが小さいことを除けば

高速などを巡航する長距離ツーリングに

向いているバイクでした。

 ビキニカウルの有無も大きかったかもしれません

小ぶりながらも胸から首あたりの風当たりが

弱く疲労度は軽減されていると思いました。

                      

午後6時ちょうど 帰宅

行くときより早く帰って来れたように感じました。

 行ったら帰る

そんな時間に制約のある伊豆稲取ツーリングですが

走ることの面白さを認識させてくれた

今回のツーリングでした。

教訓

もう少し早めに発てればいいかもね

来年は関東組に鎌倉で集合だ

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/SSサイドバッグ
ROUGH&ROAD ラフ&ロード/SSサイドバッグ

バグスター:BAGSTER/サドルバッグ
バグスター:BAGSTER/サドルバッグ

GOLDWIN ゴールドウイン /スポーツシェイプサイドバッグ 24
GOLDWIN ゴールドウイン /スポーツシェイプサイドバッグ 24

GIVI ジビ/E460 モノキーケース(ベース無し)
GIVI ジビ/E460 モノキーケース(ベース無し) E460

GIVI ジビ/V46 モノキーケース(ベース無し)
GIVI ジビ/V46 モノキーケース(ベース無し) V46

COOCASE クーケース/トップケース フォーカス(FOCUS) 29L
COOCASE クーケース/トップケース フォーカス(FOCUS) 29L

COOCASE クーケース/トップケース リフレクッス(REFLEX) 50L
COOCASE クーケース/トップケース リフレクッス(REFLEX) 50L

COOCASE クーケース/テールボックス S48 アストラ(ASTRA) Spec-F
COOCASE クーケース/テールボックス S48 アストラ(ASTRA) Spec-F

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

9日 翌日も好天

・・・・・・ 伊豆稲取ツーリング ・・・・・・

朝5時半に目覚めてしまった。

 うーむ 歳だろうか

疲れていても目が覚めてしまうのだ。

100508035  

そのかわりに、朝の清々しい空気と

大海原を眺めることはできますけどね。

                         

 ヨロヨロと起きだしてお風呂へ行く者

テーブルの上にある食べかけの柿の種を

ポリポリ食べ始める者

二度寝する者・・・

それでも9時にはしっかり朝食

100508007  

お茶を啜りつつテレビを見て

ぼちぼちと帰宅の準備をするべく

重~い腰を無理やり上げます

100508036  

駐車場で荷造り

キャンプでもないのにデカイリアBOXを積んで

仰々しい様子の我がX4。

お土産はいっぱい買えるからいいのだ。

恒例の記念撮影を終えて

道の駅 伊東 マリンタウンまで皆で移動です。

100508009  

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

無事に到着 伊豆稲取

・・・・・・ 8日 伊豆稲取ツーリング ・・・・・・

18時 宿泊地であるリゾートマンションに到着。

 バイクでどこへ行った時でも

ヘルメットを脱いでバイクから降りたときの

安堵感というのは深い溜息と

達成感のようなものを感じずにはいられません。

 いちおうナビの電源を入れて走行してました。

道案内というよりバイク自体の走行距離と

ナビの走行距離とどの程度誤差があるもの

なのか。

実際の誤差は16キロでした 許容範囲?

100508032  

「明るいうちに来たぁ!」

素直に褒めらたことにしよう。

神奈川4人 栃木1人 名古屋1人 兵庫1人

そして仙台3人

まづはお風呂に浸かって汗を流します

思わず湯船でうとうとしてしまいそうになった。

「かんぱい!」

年の差を越えた無礼講・・・

いや、鉄壁なまでの縦社会か・・・

 お約束のバイク談義

己のバイク自慢などはなくて

ブレーキ周りのオーバーホールに8諭吉掛かるだの

オレは10諭吉だもんねと

年齢とともに年式も古くなり

まるで病院の待合室でじっちゃんばっちゃんの

病気自慢井戸端会議にも似たものを感じるが

もしかしたらこれはやっぱり自慢かもしれない。

 こういう自慢は聞いていて羨ましくはないが

じつに楽しく、そして次ぎは我が身という切実な

気持ちにもなってしまうのでした

100508033  

話は尽きぬが時間は尽きる

そして体力にも限界が尽きて

ひとり・・・またひとりと崩れ落ち

夜は更けていきました

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

仙台から伊豆稲取

・・・・・ 恒例 伊豆ツーリング ・・・・・

関東組 四番清原 「西伊豆で昼飯中」

100508000  

このメールが届いたのはまだ安達太良SAでした

 昼飯なしで走り続けた仙台組が東名高速

大井松田を降り小田原を抜け早川に出て

135号線を海岸線に沿って走り出したのは

もう17時近くになってました。

 渋滞はないものの狭い道ゆえ

高速のように行かないところが下道。

100508004  

空腹よりもバイクで走り続けてきて

足腰に疲れが溜まってきた感じ。

同じバイク乗り、後姿やバックミラー越しに

仲間を見ているとそんな様子が伝わってきます。

 これがX4でなくてDトラッカーだったら

お尻は瀕死の状態になり涙目で相模湾は

見えなかったことでしょう。

あぁ、想像するとゾッとする。

小さいタンクに燃費の悪いバイクなれど

ここまで来れたのはX4のお陰・・・かな。

 ポジションのきついRSV

ミラーシールドの向こうで目が血走っているのが

見えてくるような・・・

しかも 「遺憾  空腹なり」@RSV

 私X4は楽勝ポジションに

東名高速で睡魔の誘惑を退け

倦怠の135号を黙々と走るのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

東京スカイツリー見物

・・・・・・・ 伊豆稲取ツーリング ・・・・・・・

どうせ首都高速を走るんだから

東京スカイツリーを見ようよ

ということで湾岸線 駒形PAにて見物。

 だけど目の前の建物が邪魔で全貌は望めず。

100508025  

でもここまで来る間の走行中

様々な角度から眺められました。

 すでに東京タワーを抜いて

ほんと高いわねぇ・・・

100508026  

仙台組改めおのぼりさんチームは

無邪気にその姿に喜びパチパチカメラに

納めナットクーッ

「中山の観音様よりデガイんでねえべか」・・・

100508029  

東京スカイツリーに空には飛行船が漂って

今宵、穏やかな天気にマッチした眺めでありました

 っさ、いつまでもツリー見物もしていられません。

伊豆へ向けて都内を抜けなくては

RSV@しろもげら「お腹空きません?」

X4&カタナ 「却下」

100508030  

                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

ひたすら高速道路(コメントあり)

・・・・・ 伊豆稲取ツーリング ・・・・・

ライトスモークのシールドでは眩しい陽射し。

 走っていて暑くもなく寒くもなく

ちょっと風が強く横風で煽られるけど

贅沢を言ってはいけません

100508023

東北自動車道 安達太良SA

自宅から130キロほど走って給油

 うっそ 9.23㍑ リッター約14キロ

先が思いやられる燃費の悪さ

 気を取り直して

毎年お約束の玉こんにゃく

RSVしろもげら氏は、牛タン各種を

伊豆へのお土産に。

                        

100508003  

給油2回目は佐野SA

っまっまじ  13.61㍑

危なねぇ 残り1.4㍑

1回目より燃費悪くないか・・・

まあ燃費以外はこのX4

ポジションも楽だしシートも大きくて

長時間走行でもお尻が痛むことはなく

むしろ同じ姿勢でいることで腰に負担を

感じるくらい

Dトラッカーの連続走行を思えば極楽

                    

浦和でガンマ@けんじ君と合流

例年だとTL1000でやって来るので

400ガンマを見て「まだ持ってたんだ」と。

100508005  

怪しいな けんじ君

しかし彼らしいと言えば彼らしい

 ・・・・・・・ コメント ・・・・・・・

《四番清原》さん、コメントありがとうございます。

 毎年お世話になってます

気持ちだけはお昼には到着している仙台組ですw

 眺めの良いベランダからの眺めに

癒されております

            

                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

伊豆稲取ツーリング

今年もこの季節がやってきた

そんな気持ちになる伊豆稲取ツーリング。

 8日土曜 9日日曜の一泊

100508000  

「ウソのように」というのはこういうときに

使うという見本のような

あれだけ降っていた雨がピーカンになりました

                    

RSV「出発は何時にしましょう」

X4 「ここはやっぱり8時でしょ」

RSV「了解」

カタナ「あっ9時にしませんか」

RSV「えーと、朝一仕事することになりまして・・・

    9時30分ということでひとつ・・・」

RSV「10時・・・」

X4 「・・・」

メールのやりとりを繰り返していくたびに

稲取が遠のいていくような。

100508001  

本当にぴったり10時に出発と相成りました。

 X4でロングツーリングは今回が初

実力は如何に

楽しみである

100508002  

それではさっさと高速に乗ってしまいましょ

                

おっとその前に給油を

じつに段取りが悪い

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

マフラー脱着とオイル交換

X4に装着されているスーパーコンバット

 冬から濡れた路面などまったく気にせずに

せっせと走ってきて

だいぶ車体の底の部分の汚れが溜まって

きたようなので本腰を入れてきれいにしてやろうと

マフラーを外してみました。

左右出しの左パイプとサイレンサーは外したことが

ありましたが

エキパイからすべてを外したことはありませんでした。

100502001

まずはマフラー自体の汚れを落としました。

パイプとパイプの隙間に小石が

けっこう詰まってました。

100502000  

次ぎはエンジン周り。

 マフラーがあると手の届かない部分を

入念に拭いてやりました。

 ラヂエーターコアが汚れていることに

いま画像を見て気がついた・・・。

                          

何でもそうですが

外すことは簡単ですが

取り付けることは一苦労することが多々ありますね。

 このマフラーもそうでした。

まづラヂエーターが邪魔なのです

もちろんラヂエーター固定ボルトは外しいるのですが

ホースが付いてるので自由度に限度があり

それで強制的に紐でコアをずらしました。

 難度の高いことを何度もトライするより

最初からこうすれば結果として時間がかかりませんね

 どうもムキになってしまうからいけない・・・

100502002  

無事にマフラーを取り付けて

最後はオイル交換。

オイルのみの交換で3.7リットル

フィルター交換をすると約4リットルだから

4リットル缶を買って使い切ることを考えると

フィルター交換もした方がいいかもしれない。

 300cc余らせても使い道がないのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご近所さんもオイル交換です。

100505003   

今日 8日は今年初のロングツーリングなので

オイル交換とともにパワーフィルターの掃除やら

やることやってツーリングへ。

X4、カタナ、RSVミッレ

凸凹トリオで伊豆稲取へ

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

山の思い出

仙台の桜は葉桜に変わりつつあります。

 北へ行けは行くほど開花が遅いように

標高の高いところにある桜は開花が遅いです。

また湖の周りの桜も湖水の温度が低くいためか

開花が遅いようです

100426005  

100501004  

渓流釣りに夢中になり山の奥へ奥へ

岩魚を求めて遊びまわっていたころのはなし。

 ゴールデンウィーク中の山はその年に降った雪

の量にも左右されるのですが

たいていはまだ雪がたっぷり残っているものです。

 お気に入りだった月山周辺というのはそうで

夏スキー真っ盛りだけあって半端ではありません。

 でも里は春の気配が濃厚で

雪代が入り白く濁った本流は増水気味ですが

目覚めて腹を空かせた岩魚が

流れの強い本流筋を避けて岸っ端に寄ってきていて

まさかここに、というような足元で釣れたりしたものです

100130002  

渓流と山歩きの大先輩に連れて行ってもらい

「あそこまで行くよ」

雪を被った雪山を指差して言ったその言葉に

絶句した初心者の私は

岩魚を釣る前から気持ちが萎えたものでした。

しかし不思議なもので

あれほど辛い思いをしたというのに

「また行きたいなぁ」と

出来上がった写真を見ては

次回の岩魚釣りに思いを馳せるのでした

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

牛野の桜

仙台から北へ30,40分ほど行った山沿い

 南川ダムは有名ですが更に北にある

牛野ダムはあまり知られていない桜の

見事なところです。

100426003  

平年ならもうとっくに満開になっているだろう

先週に行ってみると、牛野ダムの桜は

咲いていなくて好天だったその日は

青空と青い湖面に船形山の白い雪が

眩しく春一歩手前という様相でした。

100501002  

ところが今週に入り

気温も盛り返してきたせいか

桜は一気に咲きだして

昭和の日の29日は8分から

ところによっては9分咲きの桜もあり

先週までの牛野とはまったく別な

狐につままれたような気分になるほどの

春爛漫

100426013  

これはまさにゴールデンウィークが

ドンピャのジャストミート!

私が行ったその日も家族連れのキャンパーらの

テントが桜の下に並んでいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »