« 芭蕉が越えた山刃伐峠 | トップページ | こんなもの必要ないべ(朝顔日記1) »

2010年5月27日 (木)

あつめてはやし最上川

山形県村山市を走る347号線

尾花沢から河北町までの区間は

広々とした風景を満喫できる道で好きです

とくに今の時期がお気に入り。

梅雨を過ぎると肩に喰いこむ灼熱の陽射しになり

走るには過酷になり

路面からユラユラと蜃気楼・・・

100517013  

道路沿いにはサクランボ畑がつづいていますが

今年は4月の低温が影響しているのか

まだ花が咲いている木々がありました

100517015  

この日の最上川は濁りが入ってました。

 米沢の奥から日本海は酒田へ流れていく川で

今は観光船舟下りで有名ですが

昔は紅花などが京都へ運ばれたりしていて

多くの船が行き来していたのでしょうね。

                  

天気もバイクも、そして私も

快晴、快調 好調の三拍子

このままの勢いで月山方面へ

           

« 芭蕉が越えた山刃伐峠 | トップページ | こんなもの必要ないべ(朝顔日記1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あつめてはやし最上川:

« 芭蕉が越えた山刃伐峠 | トップページ | こんなもの必要ないべ(朝顔日記1) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト