« 鳴瀬川の水瓶 漆沢ダムへ(朝顔日記25) | トップページ | 荒沢湿原から船形山への道(朝顔日記28) »

2010年9月 4日 (土)

漆沢ダムと筒砂子ダム

昨日(金曜日)の仙台は

この夏いちばん暑い一日になりました。

 35.5℃の猛暑日

まさか9月に猛暑日になるとは・・・

救いだったのは湿度が40%まで下がり

ジットリムレムレの空気ではなかったので

不快感はありませんでした。

強めに吹いた風は乾いた熱風のようで

フェーン現象の暑さといった様子でした

 ・・・・・・・・ 本    分 ・・・・・・・・

橋を越えるときつい勾配の細い道

 しばし上って行くと急に雑木がなくなり

拓けた道になり間もなく漆沢ダムのロックフィル

その南端の広いスペースに出ました

100819026  

蒸し暑かったがダム湖を渡ってくるわずかな

風が爽やかな空気を運んできてくれます。

 100819025  

トンボが飛び跳ねるように上下に動き

ミラーにとまろうか迷ってます。

そのトンボが諦めてどこかへ行ってしまうと

違うトンボがやってきて同じような動きを

繰り返してました。

100819027

ダム湖から下流の方へ目を移してみると

さっき渡ってきた橋が見えました。

                  

漆沢という地名から、このあたりは漆の木が

多く生えていたのでしょうか

 地名の多くはその土地の地形や物から由来して

いることが多いと聞きます

「谷地」は谷になった所、「三本杉」は3本の杉が

あった、なんてことだそうです。

 その漆の多かったと勝手に想像するダムの

水源は2つで唐府沢と辻倉沢。

この2つの沢をせき止めたのが漆沢ダムで

ダムから下流が鳴瀬川本流ということになるようです

そして鳴瀬川は筒砂子川も抱きこんで

仙台平野へと流れていきます

Img_0006  

漆沢ダムよりも山形よりにある筒砂子ダム

« 鳴瀬川の水瓶 漆沢ダムへ(朝顔日記25) | トップページ | 荒沢湿原から船形山への道(朝顔日記28) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆沢ダムと筒砂子ダム:

« 鳴瀬川の水瓶 漆沢ダムへ(朝顔日記25) | トップページ | 荒沢湿原から船形山への道(朝顔日記28) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト