« 薬來山も暑かった | トップページ | 漆沢ダムと筒砂子ダム »

2010年9月 3日 (金)

鳴瀬川の水瓶 漆沢ダムへ(朝顔日記25)

薬來からもう少し山形よりの漆沢ダム方面へ足を

延ばして見ました。

ここを過ぎると347号線沿いは民家がなくなり

山形への山越え道になります。

冬はもちろん冬季閉鎖になる道です。

ダムへは347号線にある表示看板を左に

曲がれば一本道、直ぐにダムへ出ることができます。

 ただそれでは面白くないので

行ったことのないダム湖の向こう側へ行くことにしました

 ロックフィルの目の前、鳴瀬川に掛かる橋

100819021  

橋の途中でバイクを降りて見下ろしてみると

けっこうな落差があって腰がひけ

橋の手すりに掴まる手に力が入るのでした。

100819022   

放水されているのかいないのかわからない。

それとも時間放水をしているのか

水量少なく流れが緩い。

 時間放水とは、ある時間が来ると放水が

始まることなのですが

むかし、この鳴瀬川で渓流釣りをしたときに

どこからともなくサイレンが鳴り響き

それが放水開始の合図だということを知りました。

 放水するから水嵩が増すので気をつけれ

ということで

今でもそういう放水をしているのか定かでは

ありません。

100831004  

20年前のこと

12月、雪が積もり出した12月はじめ

山形への通行は来年春まで

冬季閉鎖の347号線

  ・・・・・・・ 朝顔日記25 ・・・・・・・・

朝起きてカーテンを開けてみたら

白い朝顔の花が目に入りました

100831002

薄ピンク色の花を咲かせていた朝顔に

突然白い大輪が。

こういうこともあるのですねぇ

赤、青、ピンクについで4色目の白でした。

とこの日の夜、NHKの番組の中で

突然違う色の朝顔の花が咲いたり

違う形の花がさくことは朝顔のDNA配列に

突然違う配列が割り込んで起こる

トランスポゾンという現象なのだと言っていました

 ほお・・・とすっかり感心してそのテレビ番組を

見ました。

« 薬來山も暑かった | トップページ | 漆沢ダムと筒砂子ダム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴瀬川の水瓶 漆沢ダムへ(朝顔日記25):

» 鮎釣り必釣3つの理由とは? [アユ釣りノウハウ満載!名人、辻行雄の鮎釣り必釣法]
アユ釣り初心者でも鮎がバンバン釣れてしまう、 鮎釣り名人直伝のアユ釣り必釣テクニックが限定公開中!!  >> http://www.ayu-fishing.com/jfa/other.htm [続きを読む]

» IP分散リンク [IP分散リンクサービス]
SEOの対策にかなり効果的なIP分散型被リンクを格安にて提供いたします。 [続きを読む]

« 薬來山も暑かった | トップページ | 漆沢ダムと筒砂子ダム »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト