« 初冬の模様 | トップページ | とんがり塔で »

2010年12月 6日 (月)

明るい里山

昨晩は雨と強風のおかげか

すっきりと濁りのない夜空でした。

101204004_1_2

絞りに絞ってかぶらないようにして

15分ほどの露出

西の空で木星は下降中

 ・・・・・・・・ 本   文 ・・・・・・・・

村人が鎌持ってニコニコ手を振っていたり

若い娘が手招きをして呼んでいる

という妖しい農村ではなくて

単純に葉が落ちて鬱蒼としていた森の中も

陽射しが地面まで届いて明るい

清く正しい里山の風景を言っているので

勘違いしないでもらいたい。

101109000

「ここは夏、思わず頭を引っ込めてしまい

そうなほどの緑に覆われる道」

101119007  

「これに雪が積もると眩しくて目を開けて

いられなくなります>旗坂」

101119025

「東北を代表するブナも今年の夏は辟易した

ことだろうから、この冬はじっくりと鋭気を

養ってもらいましょ>船形山」

101125007  

「もう悲しくなるくらいの青空でした>七つ森」

« 初冬の模様 | トップページ | とんがり塔で »

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明るい里山:

« 初冬の模様 | トップページ | とんがり塔で »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト