« 東日本大震災 3月28日 仙台泉区 | トップページ | 東日本大震災 3月29日 仙台泉区 »

2011年3月28日 (月)

東日本大震災 18日目の夜 仙台市泉区から

村井宮城県知事の会見で

「ガソリン不足はしばらく続くかも」

ということでした。

その最大の原因がタンクローリー車の不足で

港に大型タンカーが入港できるようになっても

その大量の燃料を運ぶタンクローリー車が

少なければ意味が無いということです。

 これを受けて私も

今週中には給油に並ぶ覚悟をしなければと

思っています。

ネット上のガソリン給油情報などを調べても

どこも状況は変わっていません。

                          

今朝、大きな余震がありました。

宮城中部 震度5弱

まさに私の住む地域ですが

5弱もあったほどの揺れとは感じませんでした。

揺れている時間も本震に比べれば短く

11日の震度7(宮城中部6強)を経験してしまうと

よっぽど激しくない限りはカワイイもんです。

 あれ依頼、数え切れないほどの余震が

続いていますが

もう地震が来ても身構えることもなく

平然としている自分がある意味怖かったりします

「地震酔い」という言葉をこの震災で始めて聞きました。

目まいなどの症状は私にはありませんが

たしかに揺れてもいないのに揺れているような

錯覚に陥っているときがあります。

                       

世の中が 震災、被災 原発 放射線などの

言葉が飛び交っている中

東京で桜が開花のニュース見つけました

 例年なら中継が出たりして

春到来を大々的に伝えるメディアも

今年それどころではないぞという状況です

110316003

後ろの一段高い土地に建つ家のフェンスが

地震で落ちていました(11日)

Chiquitita    ABBA

« 東日本大震災 3月28日 仙台泉区 | トップページ | 東日本大震災 3月29日 仙台泉区 »

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災 18日目の夜 仙台市泉区から:

« 東日本大震災 3月28日 仙台泉区 | トップページ | 東日本大震災 3月29日 仙台泉区 »