« ブレーキのエア抜き | トップページ | 初夏の陽気に似合う曲 »

2011年5月17日 (火)

宮農、加美農へ

東日本大震災、津波によって幼稚園から高校まで

いくつもの学校が押し流されて授業がままならい

状態がつづき、ゴールデンウィーク後

ようやく授業が再開したところも多いようです。

そのひとつが宮城農業高校で

生徒は専用のバスで高速道も使い

1時間半をかけて

加美農業高校へ通っているそうです。

加美農業といえば山の麓にあると言っても

いいようなところにあり

海沿いの宮農高校とはまったく環境が違い

生徒や先生もその違いに

しばらくは戸惑うのではないでしょうか。

 通学の行き帰りのバスの中も

一時限目と六時限目の授業を行っていると

聞きました。

110415005  

画像の場所は、お気に入りのひとつで

実は加美農業高校の敷地の中を

突っ切るように走っている道路です。

 両サイドを松の木が街路樹のように並び

雰囲気的にはちょっと海沿いを走る道のように

感じます。

渓流釣りを覚えた保野川へ行く時には

必ず通っている道で

今年もすでに2度ここを通っていて

そのときに撮った画像です

加美農の手前には数年前に出来た蕎麦屋さんが

あって休みの日の昼は

けっこうお客さんが入っているようです。

 春は桜も見事なところです。

110415004

岬めぐり 山本コータローとウィークエンド

« ブレーキのエア抜き | トップページ | 初夏の陽気に似合う曲 »

宮城県仙台」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮農、加美農へ:

« ブレーキのエア抜き | トップページ | 初夏の陽気に似合う曲 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト