« 相次ぐ老舗ホテルの閉館(コメント) | トップページ | 明日から梅雨の六月 »

2011年5月30日 (月)

誰でも出来る簡単ブレーキオイル交換

昨日から雨が降り続き

5月としては記録的な降雨量になりました

 台風から低気圧に変わったものの

前線を刺激して大雨に。

 土砂災害警戒情報が発令されて

地震で地盤が緩んでいる地区

地盤沈下した沿岸部では

十分な警戒が必要と呼びかけています

110529000a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仙台市の北部にある県民の森は

東日本大震災の被害で

いまだ通行止めになっています。

110525000

看板には「当面のあいだ」

通行は無理だと書いてありました。

徒歩で入って行く人が多いようで

それもダメと記してあります

 おそらく、舗装路だけでなく

遊歩道なども被害が出ていて

危険な状態なのかもしれません

・・・・・・・ 本    文 ・・・・・・・

ブレーキオイルが濁って汚れてきたら

オイル交換。

やっぱりオイルが劣化すると利きが甘く

なるんですね。

そこでブレーキオイルを交換するわけですが

正直言ってこんな簡単な作業を

わざわざバイク屋に工賃払って頼むんてのは

私には考えられない。

前後連動とかいうバイクは例外として

通常の場合は

誰でも一から丁寧にやっても20分ほどで

出来るものです

110522000

特殊な工具などいりません

ブリーダーに合うレンチ(スパナ)と

ブリーダーからこぼさず汚さぬための

ゴムホース、それに抜いたオイルを溜めておく

空き缶、これだけ

そうそう、マスターシリンダーのタンクキャップを

外す+ドライバーも。

110522001  

作業は、ブレーキを握った状態で

ブリーダーをスパナで緩めて締める

ブレーキレバーを数回握って(ポンピング)

またスパナを緩めて締める。

オイルが徐々に抜けてオイルタンクの

汚れたオイルが減っていく。

減ったらそこへ新しいオイルを足す。

そしてまたレバーにぎにぎスパナ緩めて締めて

レバーにぎにぎ・・・

これを繰り返していくと

最終的に新しいオイルに入れ替わるのです。

これが出来れば油圧クラッチも同じ要領で

オイル交換作業が出来ます。

 気をつけることは

オイルをバイクのボディーなどにこぼさないこと。

エンジンオイルと違って

ブレーキフルードは塗装面や金属を腐食させます。

クーラントなどと同じで取り扱いは

けっこうシビアです。

付着させた時はただちに水洗いです

 この作業、本当に簡単なので

覚えて損はないかと。

レバーのタッチを保てるし

シーズンになると案外ブレーキオイルの

劣化は早いです。

とくに近頃のレプリカなどはレーシングキャリパーに

見まごうもので

オイルタンク容量が小さく

峠で遊びすぎると汚れもてきめん。

そもそもレーシングパーツは

1回のレース毎にメンテをするのが

前提なので当然といえば当然。

« 相次ぐ老舗ホテルの閉館(コメント) | トップページ | 明日から梅雨の六月 »

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰でも出来る簡単ブレーキオイル交換:

« 相次ぐ老舗ホテルの閉館(コメント) | トップページ | 明日から梅雨の六月 »