« 夏の子は死に物狂いで遊んだのだ(コメント) | トップページ | 台風去って夏もどりニャンと鳴く »

2011年7月24日 (日)

眠れぬ夜に読む本は

とうとうアナログ放送から

デジタル放送へと変わりましたね。

 その切り替わる決定的瞬間というのには

忘れていて立ち会えなかったのですが

私の住む仙台・宮城(と岩手福島)は

震災によって来年の3月までアナログ延長で

今日という日は別に何がどうしたのだという

他人事のようでピンとこないのが実際の

ところです。

まあそれに多くの人が

地デジに対応しているだろうから

「あっ!いまアナログが終わった!!すごーい」

という瞬間と言われても

大騒ぎすることもなかったのでしょうね

 むしろ長らく地デジだ地デジだと

宣伝がやたらうるさかったので

これで安心してスッキリしたテレビ画面を

見ることが出来るか

                         

・・・・・・・ 本     文 ・・・・・・・

日中の暑い時間に節電するのが肝心

というので何の用もないけど

ホームセンターをうろうろして涼んだ。

110714011a

とりあえずパーツクリーナーを買った。

まだガレージには数本ストックがあったけど

1本148円に惹かれて5本

カゴの中に。

これ、暑いときに腕などに吹き付けると

シーブリーズなどよりもはるかに涼しくなりますね

 いや、冷たくなるといった方が正しいかなw

バイクのパーツ洗浄

特に油ぎったものにはこれが一番

もったいぶらずじゃんじゃが遣わなければ

この安さの意味がない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホームセンターのつぎは

本屋で涼みに。

本屋さんに行くとまづ単行本の棚を漁りますが

読みたいと思わせるタイトルがなくて

専門書コーナーへ

そこで見つけたのがこれ

110716015s

「眠れなくなる宇宙のはなし」

佐藤勝彦 著 宝島社

どうせ暑苦しくて眠れないのなら

これを読んで徹夜してやろうかと思いました

実際に読んでみるとこれが面白くて

暑さも忘れて読みふけってしまいました。

 なかにはむづかしい話しもあるけど

なるべく読んでいる一般の人にわかるよう

くだけたわかりやすい文章表現なので

取説のような解読不能になる

ということはありません。

古代ギリシャ 古代ローマの宇宙観

神様と宇宙のつながり

現代宇宙科学がどこまで宇宙の解明に

至っているのかがわかります。

 宇宙の95%は正体不明だというから

まったくもって宇宙といのはわからない。

わからないから知りたいのですね。

 この本を読んで行く途中で

我が脳ミソをクールダウンさせるため

椎名 誠のエッセイ「ごっくん青空」で気分転換

「正義の小便ぐるんぐるん男」のはなしは

さすが椎名 誠の真骨頂といったところで

可笑しくそして納得するおもしろさ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

110713001a  

砂大好き 砂最高 砂LOVE

110722007a

最後のビーグルくんが里親のもとへ

行きました。

みんなで「ゲンキでねえ」とバイバイしました

« 夏の子は死に物狂いで遊んだのだ(コメント) | トップページ | 台風去って夏もどりニャンと鳴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眠れぬ夜に読む本は:

« 夏の子は死に物狂いで遊んだのだ(コメント) | トップページ | 台風去って夏もどりニャンと鳴く »