« 強引に秋の気配 | トップページ | おれおれ白プー朝顔すだれ(コメント) »

2011年8月18日 (木)

ナナホシジャノメアブラにジゴク

今日は曇っているのに

ものすごい蒸し暑さで

汗かきの私は立っているだけで

玉の汗が止まりませんでした。

 そんななか、仲間の奥さんが

子供連れで動物愛護センターの

「ふれあい広場」に遊びに来たので

被災したワンちゃん達も見てもらいました。

こちらはふれあうことは出来ないのですが

震災で飼い主が不在の動物が

こんなにいるのだよということを

実際に見てもらいました

                       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                

いつもの山神様にお参り

 そこを流れる小さな沢の水質調査で

飲料不適との看板が立てられていました。

 これは例の放射線量のことではなく

単純に水質が問題だったようです

110813032a

祠に向かいパンパンと手を叩くと

山の中に響きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年はセミの姿(鳴き声)がないな

っと思っていたところ

8月に入って「お待たせ」とばかり

一斉に鳴き出しました

110815005a

110815013a

アブラゼミがワシワシ頭上で泣きわめき

暑さを助長させてます

110813019aa

110813018aa

ベンチで鳴かなくたって・・・

110813001a

暑い日中はチョウも飛ぶのを遠慮してる

 チョウは羽を合わせ

ガは羽を広げている、と習ったことがあるが

これはすべてのチョウとガには

当てはまらないようで。

羽を閉じたり開いたりしているヤツもいるし。

110810002

地面に近いと暑いので

とにかく高みを目指しますアタシは。

忙しそうに動き回り最終的に飛んでった

110813020a

名前の知らないカミキリ虫

こやつもとにかく高いところへ行くのだと

キリキリ言いつつ上っていった。

110817002

コクワガタのメスかな。

けっこう大きかった

110814005

アリジゴクとは考えてみるとスゴイ名前だ。

 とにかく忍耐強い受身の姿勢。

一生アリにアリつけないアリ地獄も

いるだろうな。

子供のとき

あたりのアリジゴクを一網打尽にしたことがる

 巣に向かって息を吹きか掛けて砂を飛ばして

いくのだ。

するとアリジゴクが姿をあらわす

 おかげで吹き飛んだ砂に目をやられてしまった。

人間地獄というのが居なくて本当によかったと思う

« 強引に秋の気配 | トップページ | おれおれ白プー朝顔すだれ(コメント) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

今回はワンコではなくて昆虫の写真ですな
行く夏を惜しんでるカンジがありありです

娘がデジ一を購入しました、空いている時は貸してくれるそうです
楽しみだわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナナホシジャノメアブラにジゴク:

« 強引に秋の気配 | トップページ | おれおれ白プー朝顔すだれ(コメント) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
フォト