« 危うく熱中症 | トップページ | アッチ!・・・ケツ焼ける »

2011年8月10日 (水)

緑の匂いと茶色いプードルくん

完璧に乾いている路面の上り道

タイトな左コーナーを抜けたら

完璧なウェットな路面に変わり

まるでそれは

ここで線を引いたような変わり様に

思わず笑ってしまうのでした。

 子供の頃、沼でフナ釣りをしていたとき

遠くの方から「ザー・・・」と音が迫ってきて

「何だベ?」と辺りをうかがっていると

向こう岸の方から湖面がザワつき

それがこっちに向かってきて間もなく

ドワーッと粒の大きい雨に呑まれたのでした

 そんな記憶が蘇ってきた「線を引いた雨」。

渓流釣りでは時々それに似た体験があって

森の向こうから雨がやってくる音を何度か

聞いています。

木々の葉に当たる雨粒がどんどん迫ってくる

ときの何とも言えない緊張感というか

「来るぞ来るぞ」と待ち構えるのは

ある意味面白かったりもします。

110808007a  

しっとりと水気を帯びた森というのは

日差しに蒸されると緑の匂いが立ちますね

 焼けたコンクリートに雨が降って

水蒸気が立ち上るときの匂いも大好きですが

この緑の匂いも好きです。

深い緑の盛夏のときの匂いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

被災犬の茶色いプードル略して「茶プー」

110723007a

初めて会ったときは体の毛を剃られて

みすぼらしい姿でした

でもいまはクリクリの縮れ毛がいっぱい

生えています。

 小っちゃいくせいに体力十分

多少暑かろうが散歩の足取りはしっかりしてます

110714008a

110802002

去勢の手術をしてちょっと凹んでる図

 自分にネッカーを首に付けて生活することを

想像するとツライだろうなぁと。

「もう少しの辛抱だぞ」と体をさすってやります

110728003a

そして無事にネッカーが取れ

今日も元気にてくてく散歩

ほんのちょっとだけ大人しくなった・・・かな

« 危うく熱中症 | トップページ | アッチ!・・・ケツ焼ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑の匂いと茶色いプードルくん:

« 危うく熱中症 | トップページ | アッチ!・・・ケツ焼ける »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト