« しぶきにシットリウットリ | トップページ | ナナホシジャノメアブラにジゴク »

2011年8月17日 (水)

強引に秋の気配

連日の熱帯夜に

時間のわりに寝た気がしません。

 私はエアコンをあまり使はない理由は

二十歳の頃にDPE取次ぎのルート集配を

していたとき、冷え冷えの営業車を

頻繁に出たり入ったりしたせいで

ひと夏中鼻声で風邪をひいた状態でした。

それからというものエアコン嫌いになって

しまったようなのです。

 この夏は暑いですが

毎日犬たちと歩いて

これでもかってくらい汗をかいているおかげで

暑さにヘコタレナイ体になって

今は体調すこぶる良好であるのでした

                          

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

                        

ここに来るとカメラを構えてしまいます

 竹林に囲まれた薄暗さの中に

灯った電灯が取り残されているようで

何か懐かしさを感じてしまうのです

110716002a

何から取り残されているのか

自分でもはっきりわからないけど

ここだけ世界が違うというのか

この道に入り込んだ途端に平成から

昭和へタイムスリップしたような・・・

電信柱の電灯=谷内六郎の絵という図式が

私の中にあるようです。

ペルセウス座流星群の13日未明に

救急車のサイレンで寝付いたばかりの

ところを叩き起こされたとき

また東の窓から空を眺めると

カシオペヤは高みにありそれを追って

ペルセウスが昇り、さらにぎょしゃが

それに続いていました。

ぎょしゃが見えているということは

すばると共におうし、そしてオリオンが

横たわった姿を見せているのでした。

 もうそこには秋の星座から冬の星座へと

移り変わっているのでした。

 まだ弱々しくではあったけど

秋の虫がリリリコロコロ鳴いていて

気分だけは「秋」を感じるのでした。

 このとき流星は現れてくれませんでしたが

瞬きをしない木星が冷たい輝きに見えるのでした。

110718000a

« しぶきにシットリウットリ | トップページ | ナナホシジャノメアブラにジゴク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強引に秋の気配:

« しぶきにシットリウットリ | トップページ | ナナホシジャノメアブラにジゴク »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト