« 秋の影 | トップページ | 稲穂と蕎麦の花 秋空に飛行船 »

2011年9月13日 (火)

ボランティア七つ道具

110830003a

年齢的なものなのか

それとも食事制限などの健康管理に

よるものなのか

以前よりもはるかに早起きになりました。

 寝ていられないのです。

もし我家に飼い犬がいたら

早朝の犬の散歩をしたいくらいです。

でも犬はいないので

早朝バイクに乗ってそのへんを散歩。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮城県被災動物保護センターでの

被災犬のお世話、とくに散歩では

自分なりに必要な物を持ち歩いています

110907012a

手にはリードを握り

何かあればもう片方の空いた手が

必要となるので

ウエストバッグで手はフリーにしています。

110907014a

ウエストバッグの左には

500ccのペットボトルをぶら下げてます

 これはワンちゃんのオシッコ&ウンチの

処理後、このペットボトルの水でそこを洗い

流します。

そしてワンちゃんの飲料水として。

110907015a

右には処理したウンチを仕舞っておく巾着。

それにボランティアであることを証明する名札。

                      

バッグの外ポケットにはウンチ処理袋とデジカメ

 バッグの中身はタオルや帽子、手袋、塩飴

天気の様子では雨具も入れてあります。

 私の場合はこうすることで快適に散歩が出来

トイレの後始末もスピーディー

 日によっては4匹~5匹散歩させることがあり

そのくらいの数になると

さすがに最後の方は疲れてしまうので

そうなったときに段取り良く出来ると

その疲れも最小限に抑えられるし

犬と周囲に意識が集中できます。

 このスタイルはもう3ヶ月ほどになり

すっかり定着しているので

これなしでは何も出来ない体に

なってしまいましたw

 他のボランティアさんもウエストバッグを

使っているかたが多く

女性のボランティアさんは小さな手さげバッグを

持って散歩しているようです。

それぞれ独自のスタイルでお世話しています。

 

« 秋の影 | トップページ | 稲穂と蕎麦の花 秋空に飛行船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア七つ道具:

« 秋の影 | トップページ | 稲穂と蕎麦の花 秋空に飛行船 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト