« 無事に帰宅しました | トップページ | 出発は雨とガス欠とバッテリー »

2011年10月17日 (月)

X-4 ツーリング (コメント)

【11’月がでたでたどこどこいくよ】

1110060007_22

これからしばらくは

この旅のお話がつづくことを

このブログをご覧のみなさんには

覚悟していただきたいと

のっけから言ってしまうのでした。

                   

話はじわじわ進んで行くので

旅の後半の模様は

もしかすると12月にずれ込んで

当の本人も記憶が曖昧になり

挙句ありもしない事をでっちあげ

そしてそのウソがあっさりと露呈して炎上

責任感(?)の強い管理人(ワタシのこと)が

首を吊るという惨事にならぬよう

毎晩テントの中、手帳に「今日の出来事」

をカリカリ書きなぐって

退化しつつある記憶能力をサポートしておりました

 問題は自分でも解読できるかどうかという

おそろしく汚い文字・・・

                         

このあたりの文章表現というのは

作家の椎名誠さんのエッセイをたっぷり

読んでその影響を強くうけて

いますのであしからず

1110060072

さて

まづは旅の話の前に

2週間という旅仕様の我がバイク(X-4)を。

1110070030_22

少しでも安楽快適キャンプ生活を

送るために「あれもこれも」と詰め込むと

毎回こうなってしまいますね。

ダレきった肉体と精神を旅で鍛え直すのだ!

と力強く言い放つわりには

電気毛布を持って行こうかと

毎回出かける前に本気で考えている始末

まったく見っとも無いったらない。

ただ、衣類に関しては2週間分を

持って行くことは出来ないので

途中で洗濯することになるのだけれど

問題としては何日分のパンツや靴下や

シャツを詰め込むかで

悩んだ結果3日分としました(いつもだいたい3日分)

今はキャンプ場に洗濯機が設置してあるところも

多くなってきているし

ナビでコインランドリーを一発検索出来ますしね。

 それに100円ショップで買っちゃうのも

いまどきの旅の「手」かもしれません。

07,08年の旅ではそうしてました

100円では売ってなかったけど。

まあ最終的な手段としては

「履き続ける」である。←ウソですよウソ

                

そんなわけで自分なりの

必要不可欠な道具が

リアボックスには詰め込まれています。

特に忘れてはならないのが

ラジオと文庫本とマグライト。

これさえあれば秋の夜長

雨が降ろうが熊が騒ごうが

幽霊が笑おうが

とりあえずテントの中で幸せに

時間をつぶせるのです

                

それでは次回から旅は本格スタートです

タイトルは

「出発は雨、ガス欠、バッテリー」

  ・・・・・・・・・コメント・・・・・・・・・

《4番清原》さん

松代ツーリングお疲れ様でした。

みな無事に帰宅されたようで何よりです。

 星峠のおっちゃんは

解説オジサンでしたか。

 もっと早く来てくれればよかったのにねえ。

               

松代の記事は

ネタが古くなる前に

UPしたほうがいいかな?

|

« 無事に帰宅しました | トップページ | 出発は雨とガス欠とバッテリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303882/42554145

この記事へのトラックバック一覧です: X-4 ツーリング (コメント):

« 無事に帰宅しました | トップページ | 出発は雨とガス欠とバッテリー »