« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

カギが…カギが…あった

午前10時頃に16.8℃
ちょうど「もみじ姉」さん、そして
スタッフSさんと宮城県動物愛護センターで
写真選びをしているとき
どんよりとした雲に覆われた天気でしたが
どこか台風が接近してくるときのような
湿った生ぬるい風が吹いているときが
本日の最高気温でした。
1203230025
愛護センターとは言っても
今日は土曜でセンターは休みだから
正確には愛護センターの前にて
写真の譲渡。

楽しい話、情報交換は尽きませんが
ポツリポツリと雨が落ちてきたので
「じゃ、また」ということで解散。
Dsc_7257
「椿の花が咲き始めた愛護センター」

午後からは別段することもなく
それじゃあ久しぶりに汚れたバイクの掃除やメンテを
 っと、壁に掛けてあるカギを・・・カギ・・・
が「ない」。
またやらかしてしまった。
前回は車のカギを玄関先の玉砂利の中に
埋もれそうになっているところを発見して
事なきを得ましたが
今回は更に困難を極めました。
ポケット、カバン、車内、ゴミ箱、引き出し、万年床にトイレ
どっこにもない・・・
これはもしかすると外で落とした可能性も
ゼロではないなと
近所の交番へ紛失届けを。
それでも心配の文字が頭から離れず
昨日の行動を辿りつつ
生協、コンビニ、利府界隈と捜索の範囲を広げるも
何の有効な手がかりを得られることなく帰宅。

もう一度、家宅捜査
まずは昨日着ていた「革じゃんだな」
Dscf5880
・・・・・・・・・・・・・・・ あった

 
「ポカ!ポカ!ポカ!」>自分で頭を叩く音

チクショー、オレの土曜日の午後を返せ!
1203240020
何をやってるんだ俺は・・・もうっ。
 最初に調べた革ジャンに
やっぱり入ってたとは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「宮城県被災動物保護センターの頃」

1110180021a

ジョン越しのラン
テツ越しのランは当たり前の風景かもしれないけど
ジョン越しは比較的珍しいか。

午後、ゴハンを食べた後は
ジョンもランもお昼寝タイム。
ジョンはハウスに入れるときまで
イビキをかいて寝ていて
なかなか起きなかったな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二人だけのデート / ベイ・シティ・ローラーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とあるワンコとのお散歩

昨日、金曜日の暖かさを一度でも味わってしまうと
平年より少し高いくらいの気温では
もう満足も納得もしない
そんなワガママな体になってしまうんです。
1203300064_2
ピカチュウも暖かくて気持ち良さげに
見えてるでしょ>やや強引
1203300057
マツボックリも心なしか春を感じるでしょ
>だいぶ強引

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203300006

定禅寺通り
夏はケヤキの緑、秋はジャズ、冬は光のページェント

観光客には、この「定禅寺通り」と「広瀬通り」
そして「青葉通り」は東西に平行に並ぶ「通り」なので
わかりづらいかもしれませんね。
そこに住んでいる者でさえ
こんがらがって名前が咄嗟に出てこないことがあるくらいで
この3つの通り以外にも「南町通り」「北目町通り」なんてのも
あるので要注意。
ひとつの目安として
仙台駅前の通りを「青葉通り」と覚えておけば
「広瀬」「定禅寺」が比較的わかりやすいかと。
1203300012
ダーッと走って来てダーッと停まってダーッと撮った一枚w
「お騒がせしました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知っている人は知っている

ここのところ時間があれば散歩させているワンコがいます。
事情という事情というわけではないのですが
詳細を明かしてしまうと迷惑がかかる恐れがありそうなので
伏せています。
「ごめんなさい」と先に謝ってしまいます。
だったら「書くな」と言われてしまうのを覚悟で「書きたい」
のです。
1203280029
「こんど散歩するときはこの向こうへ行ってみようぜ」
注:車両通行止めで人は入っても大丈夫らしい

ここはとある住宅地
ワンコとの散歩は緑の多い被災動物保護センターの
散歩コースしか歩いたことがなかっただけに
ワタシにとってはじつに新鮮。
散歩させている見ず知らずの飼い主さんと挨拶を
交わしたり、こないだも玄関先で井戸端会議中の
お母さんらが「カワイイわねぇ」とそこから会話が
始まったりしてね。

ワンコが居なかったら
カメラを持った怪しいヤツが徘徊してる
間違いなく要注意人物
そんな回覧板が町内で回るはずである。
でも、このワンコとワタシがリードで結ばれているかぎり
どこからどうみても「ステキなお兄さん」なのだ。
>微塵も強引さがない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南こうせつとかぐや姫  僕の胸でおやすみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

行き過ぎた春

今日は2枚しか着ていませんでした。
それでも十分な暖かさは
20.3℃と
仙台では5月も下旬の頃の気温になり
春を通り越して、そろそろ初夏の気配も
そんな頃の陽気になってしまいました。
1203300003
「青葉山」

今日、開通したばかりの「北山トンネル」を走りました。
 たしかに仙台中心部から泉パークタウン方面へは
広い道路がほぼ一直線的に伸びていて
時間的にじつに早く着くことを実感しました。
 これによって旧4号線(上杉―八乙女)の
混雑は解消されるでしょうね。
泉に住んでいるワタシにとっては実にありがたいことです

1203270013

間もなく4月
これからの時期、今日のように突然気温が上がる事が
あります。
フェーン現象により乾燥した空気が原因で
たびたび山火事を発生させます。
画像の石碑は、昭和58年4月27日に
県民の森で起きた大規模な山火事における
厄除けの碑であるようです。
あの時の火災のことは忘れる事のできない記憶と
なっています

1203300059

カサカサと音がして咄嗟に音のする方へ目をやると
そこにはキジが。
ボランティアでワンコと散歩中にも
ときどき見かけることがありました。

ワタシに気がつき
「クエーッ クエーッ」と鳴きつつ
森の中に飛び去っていきました。

特撮のウルトラセブンなどで
隊員らが森の中を彷徨っていると
必ずこのキジの鳴き声が聞こえてきて
怪しい雰囲気を醸し出してましたね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「宮城県被災動物保護センターの頃」

110815016a1

保護センター ではなく
この子らは動物愛護センターの譲渡対象のワンコ。

ボランティアのお世話で
時間の空いたときに愛護センターのワンコたちと
ふれ合ったりすることも度々ありました。

譲渡会は月に一度
定期的に行なわれており
平日にはワンちゃんだけでなく
様々な動物たちとふれあうことが出来ます。
春休みのいま、是非見に行ってはいかがでしょうか。
案外癒されるものですよ

● 明日土曜日 ボランティアのもみじ姉さんと
10時に動物愛護センターにて
写真をお渡しすることになりました。
写真はまだありますので
他のボランティアさんもよろしければ
いらして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スターダスト・レビュー 今夜だけきっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災という山

これは津波による瓦礫を集めたものであろうか。
山の中にうず高く積まれていたもので
遠くからみるとそれはもうひとつの「山」そのものでした。

1203280006
海からは遠く離れたところでも
津波被害の大きさを多少なりとも知ることができます。
瓦礫はここだけでなく
思いもよらないような場所で見かけることがあるのです。
ある意味においては、忘れてはならない震災の悲劇を
思い起こさせるようであり
一日も早い復興を願う墓標のようなものにも
見えてくるのでした。
「歴史を学ばないものは、同じ歴史を繰り返す」
この悲劇の山を見て、そんな言葉を思い起こすのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後からは雲行きが怪しくなり
明日にかけては雨になるようですが
19℃という意表をつくような高めの気温に
「こうしてはいられない」と焦る気持ちになるのは
どうしてだろう。
いつも布団から抜け出せないのに
休みの日にかぎり、目覚ましも、親の怒鳴り声が
なくても飛び起きる子供と同じ感覚なのかな。
だとすると相当ワタシの精神年齢は低い
いや、低すぎるか・・・w
体脂肪計では、「29歳」という年齢を叩き出しただけに
精神年齢若年化もあながちウソではあるまいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、宮城県動物愛護センターで散歩したお相手は
1203290012
ゴールデンの「あの」海チャンでした。

「お似合い」と呼ばれている仲なのである。
 愛護センターの職員さんまでが
「良かったねー」とか「バイバイうみ~」などと言われ
うみチャンも当のワタシも
その気になりかけて・・・

1203290014

自称「サンポマスター」としては
たしかに散歩のし甲斐がありそうなのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮城県被災動物保護センターの頃

1109190004
まだ残暑厳しい9月の頃

この子の様子を見るにつけ
哀れな感情を抱いてしまっていました。

1202270056_3
「人間でいうところの、肌つやが良くなったかんじ
 顔つきもキリリとした印象になりました」

しかし、里親さんのもとで暮らし
ほどなくして里帰り(遊びに)に来たとき
そんな感情を持っていた自分が
恥ずかしいと感じたほど
生き生きと若々しい姿に変身していることに
とにかく驚かされました。
飼い主さんの努力、つまりはこの子に対する愛情と
環境の適合がこれほどまでに変えてしまうんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サッカーの町「利府」
1203230003
1203230006
利府自動車学校近くの公園に鎮座する「機関車」
 う~だいぶ汚れちゃってるなぁ



Queen    Somebody To Love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

ちょっとした同窓会的集まりに(コメント)

・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・

《もみじ姉》さんへ

土曜日の13時に愛護センターでどうでしょうか。
無理であれば、都合の良い場所、時間を
教えてください。
もみじ画像はプリント済みですよ
その他、まだ画像ありますのでよろしければどうぞ。
もみじ姉さん以外のボランティアさんも
お時間があれば遠慮なく。

・・・・・・・・・・ 本    文 ・・・・・・・・・・

晴れ、風はあることはあったけど
これくらい気温があれば気になることもなくて快適。
明日は、さらにドーンと上って19℃の予報です。
それに負けずこちらもドーンと行きたいものです
ドーンとね。

1202110002
「滑ってみたいんだなぁ・・・ここの滑り台に」

っということで
午後、動物愛護センターへ。
ボランティアで同じYamanotererのSさん親子と
Nさん、そして○○さん(ゴメンなさい名前が思い出せず)
そして、愛護センターのNさんが移動になるということで
挨拶に来ていたスタッフKさんとお会いすることが
出来ました。

事務所とボランティアさんの休憩室は解体されて
あの場所はガランと・・・。
駐車場から見て、すぐにトイレが見えることに
妙な違和感を感じます。
しかし、春休み期間なので
ふれあい広場に遊びに来る家族が多く
寂しい気分を紛らわしてくれているようでした。

愛護センターNさんの計らいで
センターの一室をお借りして
「お久しぶり」の会話とプリントを自由に
選んでいただきました。

解散式からまだ10日ほどしか経っていないのに
なんか久しぶりに再会したような
ボランティア中のみなさんのスタイルと違うから
尚更そう感じてしまうのでしょうかね。

さらに
「散歩させます?」・・・とのお言葉に
ワタシは何もためらう理由はなく。

 
愛護センターのワンちゃんと散歩を

1203290011

フェンスの無くなった「下の広場」で15分ほどを散歩
 さあこの子の正体は次回のエントリーで。
>別に引っ張るほどのことでもないんだけどね

1203290021

うー気持ち良さそうな表情

1203290024

S○○○B○○Kのお父さんに似てる?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山下達郎    僕の中の少年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまだ片付かず・・・さあどうする

年度末、そして新年度の4月はもうそこまで来てます。
 ワタシのばやいですね年末進行でここまで遅れてしまった
部屋の大掃除
いやこれはもう「大片づけ」で
大切にしていた無用のガラクタを処分して
スペースを有効活用しなくてはならないという
もう限界が迫ってきての大掃除。

自分で言うのも何だけど
けっしてゴミ屋敷ではありません。
見た目は案外きれいにまとまっているのです
でも、でも、ふたを開けてみると
あら不思議、どうしたどうしたこれはと
あっさり馬脚を現してしまうのです。
これはぜったいに必要ない
そんな物が「いやいやいづれどこかで・・・」
 

船釣りをやらないオレが
40号のオモリを1コ、大切に引き出しの奥に
仕舞っておいてどうすんだ。
自分で自分に怒りが込み上げてくる
そんな物がゴロゴロと溢れ出てきます。
「あああ・・・何十年前のPHSだ・・・これは」w とか
 中身はもうとっくに無いのに、箱だけ取っておいて
どうするつもりなんだろう???
これは「鑑定団」が悪い、ネットオークションが
悪い影響をワタシに与えてしまっているのだ。
いわゆる「箱付きだったら…ねえ」

見ていろ
ゴールデンウィークまでに
夏までに
紅葉シーズンまでには
クッ・・・クリスマスまでに
ううう 年明けは阻止せねば

そんなことだけにはならないぞ
敢えてココで宣言しておくのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_0182

くりこま動物クリニック For エミリー DVD
その裏表紙画像です。

何とか春らしく見せるため
たっぷりと日差しを取り込み
被災動物保護センターでは使うことのなかった
望遠レンズを使い、遠めから
春らしい柔らかい雰囲気を
被写界深度を利用してボカシと
逆光気味の太陽光で表現してみました。
 惜しむらくは、青い道路標識と
冬物のアウターでしょうか
でも、「演出」ではなくあくまで「思い出」。 
「あの(撮影)とき、寒いのに脱げって言われた」
なんてそんな「思い出」にはしたくありませんからね。

東北の3月はまだまだ「初春」なのです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ん?
なんだこれ
1203200007
これは木肌なのですが
近づいてみると、なんだか虫食いのような模様に
なっていました。
実際、これは虫食いの跡かもしれませんが
とっても不思議模様で目を惹きました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img00028_2
 

バイクらしいバイク
国産らしいネイキッドバイク
後発らしい作りとヤマハらしい質感のバイクだった
XJR1200
発売から2年後のマイナーチェンジ後のXJRです。
通称「ヤマンボ」と言われたブレンボキャリパーと
オーリンズのリアショックが目新しいところ。
大きな欠点はフロントタイヤが
定番の120サイズではなく130サイズだったこと。
クイック感に乏しくスポーツ的な走りをスポイルしてました
なのでワタシは120サイズに変更してました。
 ノジマのマフラーは抜けが良く
点火磁気を5度変更していたこともあってか
高速域では気持ちの良いスムースさがありましたが
アイドリング時、キャブの同調にバラつきがではじめると
神経質なアイドリングと発進時にモタつき感は否めず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮城県被災動物保護センターの頃

1108250031

もうこの尻尾を見れば
「あーあの子ね」
とわかるはずですね。

申し訳ない言い方をすると
暑さでゼエゼエ言ってる表情というのは
どこか貧相に見えてしまうのですが
そこが逆にこの子らしさでもあり
何とも憎めないのでした。




矢野顕子/春咲小紅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

今シーズンの最高気温

思わず上着を脱ぎたくなった12.9℃。
 やっぱり暖かいというのは手放しで嬉しいです。
風が強めに吹き始めてからの最高気温は
ちょっとしたフェーン現象だったからでしょうか
1203280001
地元の人ならばご存知のこの道
 田んぼの中を突っ切る約3キロの直線は
正面に泉ヶ岳がドーンと。

こんな陽気でしたが買い物があったので
バイクには乗れず。
午後から、ボランティアSさんへ
アルバム「宮城県被災動物保護センターから」2冊を
お届けに住吉台入り口にあるコンビニ「サンクス」で
待ち合わせをして
無事にアルバムを引き渡すことが出来ました。
 アルバムとしては今のところ最後のご注文で
わずかながらも解散式などの集合写真を
感謝をこめてサービスさせていただきました。

 

そのまま帰るにはあまりにも惜しい陽気なので
ちょいと寄り道をば。
1203280005
七北田ダムの近くにある湧水。
手をつけると「ちべてっ」・・・冷たいの意

 

県民の森から比較的近いところにある「大黒苑」で

カメラ片手に散策
1203280013
午前中の天気は雷注意報が出るような
不穏な黒雲が気になる空模様でしたが
午後からは明るい陽射しに包まれました。

ここには、ウメ、サクラ、サルスベリ、ハナズオウなど
様々な木々が花を咲かせるので
これからが楽しみなところです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日、29日 木曜日に
動物愛護センター(被災動物保護センター)で
ボランティアのSさんとNさんと午後2時から
会うことになっています。
先日お話しした余った画像を貰ってもらうためで
休憩室に置いていた「L判たっぷり画像」からも
選んでいただいて差し上げるつもりです。
他のボランティアさんもよろしければいかがですか?
 都合さえ合えば違い日にちでも構いません
もちろん早い者勝ちになってしまいますので
ご了承ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Michael Jackson   Off The Wall

| | コメント (1) | トラックバック (0)

表紙に込める想い

ここのところの天候は
一日の中に「春」と「冬」が同居しているような
または「背中合わせ」のような
とにかく春と冬を忙しく行ったり来たり
「どちらにしようかな」と天秤に掛けているかのようです。
1203250037
ブルゾンでモコモコになって走っていた時期も
ようやく終わり、何とか革ジャンで走れるところまできた
そんな気温に。
今週は17℃の予報も出ていて
その数字を見ただけでニヤリとしてしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くりこま動物クリニック、エミリーちゃんのDVD

その表紙です

1203260138a
表紙画像の選択は思った以上に難しい作業でした。
 被災動物保護センターでのアルバム制作の場合には
長い時間、ワンちゃんたちと付き合い
画像も増えているし、アルバム作りに関して
考える時間がたっぷりあります。
そして自分の思いのままに作るので
プレッシャーなどより楽しい作業でした。
表情やセンターでの生活、ボランティアさんとのふれ合い
それを表現できる画像を中心に構成していくのが
あのアルバムの基本でありました。

しかし、あくまでも愛犬(愛猫)の「思い出」をテーマに
撮影し画像を選ぶのは、初めから考え方が違うので
撮影した画像を開いてしばらくは
「うーん・・・」と唸るばかりで作業が進まず。

撮影自体も、初対面のワンちゃんの性格も
わからないわけで、飼い主さん(先生)から
口答で教えてもらい
「はじめましてこんにちわ、よろしくぅ」
という程度のふれ合いそこそこに撮影開始。

もう最初は闇雲にパシャパシャ撮っていくだけです。

たとえば、保護センターに居たワンちゃんであれば
このあたりでオシッコをする。
名前を呼ぶと振り向くが、それは3回くらいまでで
あとは中々名前を呼んでも振り向かない。
えさ袋に手をやると立ち上がって欲しがる。
この子は「行き」は山側、帰りは車道側を
歩きたがる。
そんなことが頭に入っているから
前もってそれに合わせてカメラをセットできるのです。
毎日歩いて、陽射しの角度も木々の名前もわかって
いるのですから。

そして飼い主さんとワンちゃんとの散歩にご一緒していると
完全にワタシは第三者であるということを
痛切に感じました。
リードを持っていないとこんなに違う感覚になるのかと。
それは画像を見ても感じる大きな問題でした。

いくら接近してレンズを向けても
「外」から撮っていてけっして「中」から撮っていないのです
 ワンちゃんが居て飼い主さんが居てワタシが居る。
飼い主さんが居てワンちゃんが居てワタシが居る。
 常にワタシが3番目なのですね。

これはワタシにとっては大問題。
次回からは、ほんのわずかな時間でもいいから
リードを持たせてもらって撮影する
これしか解決方法はありません。

でも、それ以外では保護センターのときには
ぜったいに撮る事の出来ない
ワンちゃんと飼い主さんとの、流行の言葉では
ないけれど、誰にも立ち入ることのできない
深い「絆」というようなものを、細いリード一本からも
伝わってきました。
それがレンズを通して100%撮れたとは
言い切れませんが、いいカットは
少ないかもしれませんが、撮れた、つもりです。

表紙画像は、半日いっしょに居て
この子らしい顔に見えました。
写ってはいませんが、隣に飼い主さん(先生)が
寄り添っており、安心感とカメラに対して
物怖じしないいつもの表情はこんな感じなのかな
ということで表紙の画像に決めました。

そんなエミリーちゃんを見ていると
やっぱり「うみチャン」もいいかもなぁ・・・なんて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《宮城県被災動物保護センターの頃》

1107270041

№33(ミミ)
京都に貰われて看板犬になっていることでしょう。
 ちょうどツーリングで京都を離れて
入れ違いになってしまいました。
ざんねん、京都で散歩したかったなw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《ちょっと懐かし画像》

0154

ディオニューソスのツーリングに参加させて
もらったときの模様。
羽鳥湖畔のキャンプ場にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Boy George    Do You Really Want To Hurt Me

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

花山湖、羽休め中のハクチョウ(コメント)

 ・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・
《しろすけ》さんへ
22時ですか・・・>引越し
何ならお手伝いしたのに。
>須貝選手
>>ゼッケン8ですか、十分すばらしいですが
やはり目指すところはもっと上でしょうからね。
  

桜が満開の頃にでもいっしょに走りましょうよ。
うーむ「ダムツー」復活かw
ってゴールデンウィーク明けは伊豆稲取。
1203250025
  
        

《仙台のみみママ》
ホント、いつもいっしょにワンちゃんのお世話を
していたみなさんに合わなくなると
寂しいもんですね。
>DOGWOOD
>>行ってきたんですね
ワタシはまだ行った事がないのですが
一度は顔を出してみたいんですけど・・・

そうそう、いつかモモコちゃん
撮らせて下さいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨晩は夜更かしをして
くりこま動物クリニックで撮影した画像の編集整理
DVD制作をして
今日、さっそく出来上がったDVDをお届けに
ふたたび築館へ。

ただ届けるだけでは勿体無いから
その後、花山湖方面へ撮影がてら行ってみたのですが
山沿いは天気が悪く冷たい雨が降ったりやんだりで
雲が取れることはありませんでした。
1203270006
(伊豆沼には、もう白鳥の姿を見ることは
出来ませんでしたが、花山湖には羽を休めている
白鳥がまだいました)

1203270002

道の駅「はなやま」
自然薯という3文字に誘われて・・・

ネバネバ系は大好き、毎日欠かしていません。
  とりあえずお土産用の黒ゴマ饅頭とごぼう煎餅を。

肝心のネバネバは、時間が早くて食べられず

 

ここから道なりに池月へ「あ・ら・伊達な道の駅」
この道の駅は全国でも指折りの売り上げ高だそうで
いつ行ってもお客さんが多いですね
1203270012
(奥の細道湯けむりライン、池月駅付近の踏み切り)

ネバネバ同様に欠かさない豆腐を買ってご満悦
 さすがに山菜はまだ早く、栽培もののフキノトウのみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮城県被災動物保護センターの頃

110722005a1
懐かしいですね
この床下に這入り込む姿って。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Pat Benatar    We Belong

002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

くりこま動物クリニックへ

この時期にがっつり冬型の天気になり
晴れていても10分後には
見通しが利かなくなるほどの雪が降ってきます。
 それが強風の横殴りで
真っ向から受けると目を開けていられませんでした。
 しかしそんな雪もしばし我慢していると
あら不思議、今時のマジックのように
ウソでしょ、ってくらい晴れ上がってくるのでした。
そんな油断のならない3月26日でした
         

                    
それで今日は
「くりこま動物クリニック」の高橋先生の愛犬

ゴールデンの「エミリーちゃん」の撮影に
行って来ました。
        
              
                         
                

ボンランティアとして被災動物を撮影していたときの
心持ちとは違ってちょっとばかりの緊張感。
  毎日自由気ままに撮っていた保護センターの
ワンちゃんではなく
半日限りの一発撮り。
「楽しく撮ろう」を合言葉に不安定な天気の中で
エミリーちゃんにレンズを向けました。
     
撮影には向かない天気かと思いきや
晴れたり曇ったり雪が降ったり
目まぐるしい天候は逆に変化に富んだ写真が撮れて
好都合でした。

Dsc_0107_2
くりこま動物クリニック、高橋先生と愛犬エミリーちゃん
        

院内、日頃のお散歩コース
そして車に乗せて行く、お気に入りのお散歩コースを
3台のカメラを使って。
    
Dscf5713
お気に入りの伊豆沼にて。
 青空が広がりたっぷりの陽射しの下を。
        

詳しいお話はいづれしたいと思います。
                        

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Naked Eyes    Promises Promises

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱりいいんだな…バイクは

偶然、流れ星が撮れました。
「おとめ座」から「からす座」方向へ。

120324a0013_3
(画像クリックで拡大します)
残念ながら流星を撮る目的で撮影していた
わけではなかったので
カブリを防止するために絞っていたため
明るい流星ではあったけど
印象の薄い感じに写りこんでました。
  流れ星というのは、どの方角、どの位置に
現れるか、それは流星群であってもわからないので
レンズの視界に入るのは
本当に偶然中の偶然です。
 1月4日の「しぶんぎ座流星群}が終わると
4月後半の「みずがめ座流星群」までの間は
流星群らしい流星群もないのですが
ゴールデンウィークあたりから
様々な群がやってくるようになり
平地での観望では寒さを気にすることもなく
夜空に集中できて
流れ星を見る確率も高くなるのです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
庭のチューリップとスイセンが
ようやく顔を出しました。
我が家の庭は、あまり日当たり良好ではないので
他所よりも芽が出るのが遅く、よって開花も遅いです
 言い方を変えると「美味しいものは後に」
つまり最後まで花を楽しめる、ことは出来ますね。
1203250013

1203250014_2
いま、庭を彩っているのは
ホームセンターから買ってきた一年草の
お馴染み「パンジー」
1203250017

                                 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日はほんの一時間ほどでしたが
2台で走りました。
 目的なく、目的地も決めていないので
まあ、あっちへ30分行ったらあの辺だろうな。
とにかくバイクで「走ろう」
これが目的といえば目的
「面白いのか?」と問われれば
これはもうただ「はい」と言うしかない。
男の子はバカなんだ  「はい」
1203250038

1203250040
GSX1100S刀一筋ん十年
            
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「宮城県被災動物保護センターの頃」
いまだからお見せすることができる一枚
1201080039

もし、ワタシに相棒(ワン)が居たなら
こんな道をガシガシ歩きたいんだナァ
 そしてもうひとつの夢が
ワンコとタンデムでキャンプ道具満載して
旅に出たい。
本来なら後ろにステキな女性というのが
正しい姿なのだろうが
ザンネンながら・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Herb Alpert    Rotation

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

本日、やっぱり風強し

深夜、久しぶりにキレイな夜空でした。
キレイと言っても、この地域としては「キレイ」ということで
せいぜい3等星、方角によっては4等星くらいまで
見えているかな、くらいの星空です。
むかしは、住宅地であっても
天の川がしっかり見えたんですけどね
1203250007_2
(画像クリックで拡大します)
夏の代名詞、昇るさそり座。
 
 我が家から南の方角は、仙台市中心部の
街明りで絶望的な夜空ですが
威勢よく立ち上るサソリの姿が見えていました
1203250012
深夜でも煌々と・・・。
             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝は寝坊することなく
目覚まし時計が鳴る前にフガッと起きました。
1203250016
思ったよりも天気良く
風はやっぱり強くなってしまったけど
気持ちがイイのであまり文句もなく。
  モクレンのツボミがだいぶ膨らんできていました。
4月になれば真っ白い花で庭が華やかになります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午後、ご近所バイク仲間のしょうぢさんから
簡単明瞭な「走ろう」のメール。
それではとワタシも負けじと「よし走ろう」と
揺るぎのない返信
1203250032
大衡村は北部工業団地
万葉クリエイトパークまでひとっ走り。
 けっして「寒くない」とは言えないけど
「思ったほど寒くないね」と
お互い意見の一致をみる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   
「宮城県被災動物保護センターの頃」
1110170003
あの暑い夏、ハチとの散歩風景
伸びたワラビがいかにも・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
after the fire    rich boys 

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余った画像ですが、よかったら

アルバム「宮城県被災動物保護センターから」
の制作の際に使わなかった画像(プリント)
 試し焼き、印刷時の指定ミス、トリミングミスなどの
画像がずいぶんとあります。
正確には数えていませんがL判で100枚は
ありそうです(2L判もあります)

1203240002
1203240001
これらのプリントは持っていても
まず使うことはないと思われ・・・
そこで

ボランティアさんで欲しい方があれば
この中からチョイスしてもらって差し上げます。
 ワンちゃんメインですがボランティアさん
集合写真も含まれてます。

コメントかメールでお返事を下さい

masterfm@nifty.com)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またパソコンが吹っ飛ばないうちにと
画像を外部HDDとDVDに焼く作業をしていて
過去の旅画像などを見ているうちに
「出かけたい」という気持ちが沸いてきてしまいました。

 

  
 
 
  
「小京都」
そう呼ばれるところがいくつかありますが
東北では「角館」
春、夏、秋と訪れたことがありますが
どれも実に情緒があり雰囲気のいい町でした。
  小さくて落ち着いた大人な町
郡上八幡にしても、ワタシはそんな町が好きなようです

  仙台からだと十分「一日ドライブコース」。
今年も桜が満開になる頃に行こうと思っています
   
   

そうなると飛騨高山もはずすことはできません。
042hida27
高山も幾度となく行きましたが
知れば知るほどにもっともっと知りたくなる
訪れたくなる地。
042hida32z
042hida33z
ゆったりとした気分で時間を忘れて散策したくなりました。
裏道に入れば入るほど町の魅力が詰まっている
そんな高山を見るためにもう一度


  
  
  
    
   
そして「京都」
4年前は、ちょっと足を踏み入れた程度
去年は京都全体をこれでもかと。
1110060104
(嵐山駅)
そして次回は、京都市内を探検してみないことには

完結しない気分です。
もちろん一度や二度探検したからといって
そんな簡単には完結しないことは、二度訪れて
肌で歴史の重さを感じたのでわかっているつもり。
  行けばまた行きたくなる
それが人気の地でもあることの証明でもあるわけですね
   

    
  
   
「被災動物保護センターの頃」


1109190005
そぼ降る雨の日
ボランティアさんも少なく
ふれあい広場に遊びに来る家族もなく
どこか淋しさに包まれたような日の午後でした。
   
でもそんな日のワンちゃんたちは
リラックスしている風にも見えました。
  
  
記憶ではなく見えるものに残しておきませんか
 

    
     


  
  

 Billy Billy    After The Fire

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

冬のち春、ウグイスの発声練習

3月24日土曜日
雨から雪にかわった昨夜の雪は
積雪7センチと思ったよりも降りました。
でも、春先の雪は時期的に直ぐに解けてしまうので
雪かきはしないで放っておこうと決めて

布団に潜り込みました。
  それが気の緩みにつながったのだろうか
今日、目が覚めのは10:00をとっくに
回った時間で、時計を見たときに
「おやぁ」と我ながら呆れてしまうのでした。
 

仙台市内へ行く予定で
車を出したものの、将監トンネルを抜けた時点で
渋滞していたので行くのを諦めてしまいました。
1203240016

昼頃になると、予報どおり晴れてきて泉ヶ岳の稜線も
くっきりと、じつに鮮明に美しい姿を現して
ホームセンター・ムサシの屋上駐車場にて一枚。
  
1203240018
太陽が射すと、雪解けで濡れた路面から

ゆらゆらもわんもわんと湯気が立ち昇り
それが風で一斉に同じ方向に筋を描いたり
車が通り過ぎた直後は
怪しくうごめく不可思議気体に見えていました。
1203240013
(路面から浮き出るように立つ蒸気)
1203240010
県民の森、青麻神社側
 
人の侵入も許さぬ、という態度が目に見える
そんな立ち入り禁止のそれは
もうバリケードというかんじ・・・。

すると、ウグイスの鳴き声が。
「おお、今年は早いなぁ」
3月にウグイスの声を耳にするのはあまり経験が
なかったのでちょっと驚き新鮮でした。

ウグイスの「ホーホケキョッ」という鳴き声は
繁殖時期の春から夏場にかけての鳴き声で
縄張りの為の鳴き声でもあるらしいですね。
今日の鳴き声は、まだまだ下手っぴで
「ホーホーホーホー・・・ケキョケキョ」
こんな感じでした。

1203240022_2
暖気運転
こちらも白い湯気が出てました>始動直後だけ
1203120005
(まだ懐かしいというわけではないけど)

やんちゃなあの3匹はどうしてることやら
っま、相変わらず絡まってることでしょ 

ドゥービーブラザースのドラマー
マイケル・ホサックが亡くなったんですね
70年代の大御所が姿を消していくのは
淋しいかぎり
Patrick Simmons    So Wrong

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

営業ベタなものでして

ペット(動物)を撮るということは

ボランティアをするまでは

亡きみゅうをフィルムの残りで撮るくらいのもので

そもそもがあまり人物を撮ることもなく

ワタシのカメラの対象は山である自然であり

物言わぬ鉄の馬バイクでした。

 

しかし、そんなワタシが

この一年、多くのワンちゃんの様子をカメラに収め

たった1頭であっても喜怒哀楽の表情

感情を素直に表してくるワンちゃんが

これほど魅力的なものなのかと

感動すら覚えるものでした。

 

きれい事を敢えて言わしてもらえば

この経験を生かしてみたいと

ごく自然な流れとしてワタシの中で沸き起こりました

 

依頼があるかどうかはまったくわかりませんが

やるからにはググッと力んでがんばるつもりです。

ただ「仕事」として意識すると

まったく面白味が失せてしまう性分なので

やはり大好きな「こと」としてふんばります。

002

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなわけで

ここのところ被災動物保護センターでお世話していた

獣医師さん(動物病院)めぐりをしておりました。

 口下手なもので、10のことを2,3くらいしか

伝えられないのが辛いところでして

もうこういうことは誰かに丸投げして

お願いしたいくらいです。

でも、今回は病院にポスターやチラシなどを

置かしてもらうことが目的で

その最低限のことはどうにかやることができました。

 今後も定期的に病院に伺って

それらの補充などをして忘れられないように

顔つなぎはしなければと思っております。

そして今後は「飛び込み営業」もせねばならぬな

と・・・ふう。

 

そしてボランティアさんがたの愛犬も

よろしければ是非いかがですか

イイ写真が撮れるよう一所懸命やらせていただきます

サービスしますよ

C428_2

 

これを書いている今(午前0時)

みょうな静けさに外の様子をうかがうと・・・

Dsc_6505

「げっ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

def leppard  photograph

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

薄ぼんやりな金曜日

10.6℃まで上ったんですね

花曇りのわりには過ごしやすいなぁとは

思ったけど・・・

今日は花曇りで風が強めに吹いた時間も

ありました。

霞がかかったような眺めは

春らしさより黄砂でも飛んできたのかな?

そんなふうに思えるものでした。

1203230013

今日もペット撮影のための準備で

アチコチ走り回っておりましたが

震災によるものなのか、それとも

年度末やってまえ工事なのか

どこもかしこも工事工事で渋滞気味。

一般道も高速もです。

予算を持ち越せないから今月中に・・・

まったくバカげてる。

そんな街中から逃げ出すように里山へ

1203230016

出てましたフキノトウ

1203230042

今年は寒く雪が多かったから

まだ早いかなと思ったけど顔を出していました。

 

まだ小さくて数もわずかだったので

手ごろなものを4つ持ち帰ることに。

今晩のオカズには十分です。

旬を味わうもので山ほど食べるものではないですからね

1203230017

長谷倉川 光明の滝

雪解けによる豊富な水量で

ふだんの姿よりも迫力を増しているように見えました

岩魚が居そうだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1111290011_2

びっくりするくらいガソリンが高騰してますが

日ごとに上っていくかのごとく

下がるときは牛歩ってかんじなのに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203120016

ワタシ自身の登場

「自分撮り」は滅多にしないので貴重な一枚ですが

そんなのにかぎってボケる・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Police    Roxanne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつまでも大切な思い出として・・・

こんなサービスを始めてみました

Photo_4

 

 

被災したワンちゃんを撮り続け

それを糧に、皆さんが家族同様に可愛がっている

ワンちゃんやネコちゃんの日常の表情を

撮らせていただきます

 

一瞬を切取ることで、今まで気にしなかった仕草

表情が見えてきます。

それを一枚でも多く撮影して飼い主さまへ。

 

 

ご自分でプリントして、アルバムで、フォトフレームで

楽しみ方、思い出の表現は自由

もちろんこちらでプリントもアルバムも

お作りすることができますよ。

 

いかがですか

あの時撮っておいたら・・・

そんな後悔をしないために

( masterfm@nifty.com ) まで

 

○ お客様のご都合の良い時間に伺えます

   ただし、早朝や夕刻は光り不足のなる

   可能性がございます。

   フラッシュなどの人工光などは

   自然な雰囲気を逆に損なってしまったり

   ワンちゃんがビックリしてしまう恐れがあるので

   基本的に使いません。

○ 撮影日の天候が思わしくないときには

   あらためて後日、撮影する場合があります

○ (一日コース)は、「午前」と「午後」の撮影と

   「今日」と「明日」の2回、半日コースを2日間と

   することが出来ます。

   人見知りのはげしい子にはお勧めかと思います。

○  グループでのお申し込みももちろん

   その他、イベント撮影などもお引き受け致します。

○ 気軽に撮れるコンパクトカメラによる

  動物撮影、風景撮影、山野草、星空など

  撮影教室などもよろこんでお引き受けします

 

  まずはメールで masterfm@nifty.com

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

暖かく強い風寒くはないが(コメント)

・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・

これに関しては2つの理由がありました

ひとつは、撮影した画像の中でボランティアさんが写って

いるものは敢えてアップして画像を保存してもらうという

ことがありました。

それは今後、プリントすることもなくお蔵入りするからです。

せめてその方に所有してもらいたいと。

もうひとつは、多くの方々にボランティアの活動を

知ってもらうということでした。

しかし、それはあくまでもワタクシ個人の意見であり

思い上がりなのです。

それは重々承知していました。

でも、公の場で不特定多数の方に閲覧できることは

不快に思われても当然のことです

よって、100人に1人であっても

その方の意見を尊重するのが

この世界のルールでありマナーであると思いますので

今後は一切の顔出しをNGとし公開することを

やめる事にします。

また過去画像においてもすべての

ボランティアさんが写っている画像を削除いたしますので

どうかご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

毎度のことですが

この時期は強い風が吹きますね

東北地方では「春一番」という定義はありませんから

一番でも十八番でもないけど

せっかく12℃以上あったのに

この20メートル以上の強風では

相殺してもしきれません

1202280008_2

トンネルを抜けた途端、横からいきなり押されたような

突風に反対車線に飛び出しそうに・・・

これ、バイクだったら完全に真っ直ぐに走ることは

でいません。

風ほどバイクの面白さをスポイルする天候は

ありません、晴れているだけに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203220002

今日、動物愛護センターへ(被動保センター)

制作中の小冊子の最終校正。

ワタシはほとんど何もしていないのですが

ちょびっとでもお役に立てれば本望という気持ちであり

冊子が出来上がって

そこでワタシのボランティアとしての活動は終わりと

感じています。

 

覆っていた屋根はなくなりましたが

まだ事務所と休憩室は残ってました。

 

ボランティア解散式での集合写真を

動物愛護センターへ届けると

「寂しくなるね」と職員さん

「遊びに来ますよ」

 

スタッフ I さんともこれでお別れになるのかな。

そう思うと寂しくなるけど

ワタシでも出来ることがあればいつでも連絡をと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Neil Young   Heart Of Gold

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贅沢なんだなこれが

春の山は、まだ冬山そのもので

たっぷりの雪に覆われて行く手を阻み

冬山にはない危険が春の雪山にはあります。

 それは気温の上昇とともに

雪が緩くなることにつきます。

 雪崩れが危険の最たるものですが

ワタシが体験して背筋を凍らせたのは

「雪庇(せっぴ)」です。

無造作に川に近づくと

もうそこは川の上だったりするのです。

積もった雪が緩み傾きオーバーハング状態になっていて

それを知らずにいると徐に崩れ落ちてしまいます。

幸いワタシの場合は崩れることはなかったけど

「はっ」と気がついたらオーバーハング雪の上に居て

心臓がキュンとなり、息を止めて後退するのでした。

 川に立ち込めて竿を出していると

そんな崩れた雪の塊が上流から流れてきます。

小さい塊など当っても大丈夫だろうと思ったら

大間違いで、拳よりもちょっとばかり大きい塊でも

水流の力で流れてくるそれは

体のバランスを崩すほどのパワーを秘めています。

080309271

でも、春山のスバラシイのは

雪の林道を汗をかきつつ歩いていると

淡い淡い出たばかりの新芽若葉や鳥のさえずり

早朝の木々から差し込む日差しの眩しさであったり

じつに気分の良いもので

そんな中で腰を下ろして小休止

水分補給をしつつ大きなため息ついて

辺りの様子を見つつ、聞きつしている時間というのは

日頃街中に住んでいる身にはとっても贅沢な時間です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203190009

庭の百日紅(サルスベリ)の木

ツルリとした木肌から、木登りが得意な猿も滑る

ことからサルスベリという名になったのだと。

去年はこの木に巣を作ったスズメが居ました。

一昨年は、隣のモミジに巣を作りました。

サルスベリに巣作りを変更した理由は

ワタシの枝の選定が下手だから

そう言われてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203180006

雪が消えた南川ダム「花野果ひろば」駐車場

 お店はすでに今年の営業を始めています。

「今年もマイタケアイスだ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AEROSMITH    RAG DOLL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

OH! がぶ子「あらためモモ子」

20メートル近い強風が吹き

車を運転していていもハンドルを取られて

ふらつき気味で神経を使うからか

普段よりも疲れますね

1203200004

影が写って見た目以上に多く見える枝ぶり

 

今日は「宮城県被災動物保護センター」でセンター長を

努めた中川先生(もうイニシャルは使いません)の

花園動物病院へ伺ってきました。

 

1203210016

ジャーン!!!

ガブ子(もも子)ですよ。

 

ワタシを見るなり飛び付いてきました。

けっして襲おうとしたわけではありません

足にしがみ付きワタシの右手の平をベロベロしてくれました。

それはあたかも「ひさしぶりじゃないのよぉ」ってカンジ。

1203210014

そしてそのあと直ぐに「クルッ」と後ろ向きになり

得意の(背中)「かいてぇ」のポーズ。

ちょっとだけスリスリしてやりました>警戒しつつ。

  がぶ子は散歩へ行く直前に

水をよく飲みましたよね。

今日も散歩に行けると思ったのか

急に残っていたゴハンを食べ、水を飲み始めて

「準備OK」の表情でワタシを見上げる。

今日は無理だけど、近いうちに散歩に連れ出しますと

先生に了解をもらいました。

「楽しみに待ってろよ」

1203210020

オバァも居ましたよ

強風と寒さで今日は外へ出してやれず

大人しく眠っておりました。

 声をかけると、首をもたげて応えてくれました。

指で鼻先をツンツンしてやると

左右にイヤイヤ

明日は暖かくなるみたいだから

外でのびのびできそうだね

 

何はともあれ元気な姿を見れて

とても嬉しくなりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EPO う、ふ、ふ、ふ、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタシにとって3月は…

今年の3月は、長らくお世話していた

被災動物のボランティアが予定通り11日で終了

これが個人的一大ニュースになります。

他にも3月というのは、何か大きな事が起きる月で

親父の命日であったり、丈夫が取り柄だった愛猫の

みゅうが倒れたり、県森でバイクで転倒して骨折したり。

 

被災動物保護センターの閉所というのは

被災動物が譲渡されたりして頭数が減った結果

でもあるので「良かった」ということになるのですが

どうもそれ以外では・・・

これは

1年12ヶ月の中の厄年ならぬ「厄月」なのかもな

などと悪い方へ考えてしまうことがあります。

ん? そういえば山梨で捕まったのも3月だったかも…

運転に関しては

これは思うに、寒い冬が終わりを告げて

ようやく暖かくなった陽気に

気持ちが緩んだ挙句・・・間違いなく原因はこれですね。

 「春の交通安全」もありますし

みなさんくれぐれも気をつけて下さい。

Dsc_6381_2

昨晩は泉ヶ岳にあるスプリングバレースキー場の

ナイターの明りがきっちりと我が家から見えてました。

これくらいの透明度で、あの「天国へぶっ放せ」の

花火が上っていれば

どこまでも美しい花火が見えただろうに

 

0012

先日、廃品回収に電化製品を主に出しました。

そのうちのひとつに去年逝ったパソコンも。

7月頃までの被災犬の画像が

たっぷり詰まったままウントモスントモ云わなくなったPC

 もちろんHDDは外して廃品に出し

いづれは何とか中身を救出して

画像を表舞台に発表できたら。

 

待っていてください。

その折には、「幻のアルバム」として

発表します。

1203190001_2

5月には「金冠日食」があります

金冠は、皆既日食とは違い

地球と太陽の間に入り込む月が

完全に太陽を覆ってしまうのではなくて

太陽が少しはみ出します。

そのはみ出した輪っかが「金冠」

すなわち金色に輝くリングに見える

皆既日食よりもある意味では珍しい現象です。

もちろんワタシも見るのは初めて。

これが太平洋側の主要都市で見られるのですから

すごいことです。

しかし、仙台では、その金冠帯からズレているために

100%の金冠日食とはならないのが

とてもザンネンでなりません。

とはいえ、これを逃したら生きているうちには

もう見ることができないので

金冠帯である北関東あたりまで出向いて

見ようかと考えているところです。

早朝の時間に起きる日食になるので

夜のうちに天気予報とにらめっこして

移動することになるのでしょう。

 この金冠日食は皆既日食と違い

夜のように辺りが暗くなることはありません。

肉眼ではその様子を伺う事は難しいでしょうし

危険です。

キレイにその姿を見るには

やはり専用のサングラスが必要で

それを買う事をお勧めします

そして買うなら今のうち

店に行くとたっぷり置いてありますが

4月が終わる頃には品切れということに

なるとおもわれます

ちなみに値段は1500円ほどでした。

けっこう高い・・・

ちなみに、5月というのは

一年でもっとも「晴れ」る月です

 

「いっしょに行く」と言う人は

早めに手を上げてくださいね。

でないとバイクで行っちゃうから

0103

個人的な意見ですが

多くのバイクの場合、この斜め後方からの姿が

ワタシは好き。

だからこの角度で写した画像が多くなる 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KINGS AND QUEENS    AEROSMITH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

やっぱりお彼岸は寒い(コメント)

まだ朝の時間、こっそりと通行止めに

なっている県森の中を歩いてみようと

行ってみたのですが

祝日にもかかわらず、出入り口に警備員が居て

ザンネンながら行けず。

まあ遊歩道を通れば難なく入れるはずなので

次回は「うぐいすの森」を歩いて行ってみよう。

って何もそこまでしなくたって・・・。

1203200008

「青麻神社(あおそ)」

ここは枝垂桜がキレイに咲くところで

満開時には露店が出たりして

けっこう賑わうところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203200017

今日の天気は「晴れ後曇り」

不穏な雲の塊が頭上を横切って行きますが

雨にはあたらず

1203200020

「コンチワ」・・・

1203200030

向こうに天使の光りが射していた(天使の梯子)

1202220010

午前中はまずまずの天気

   ・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・

 

《仙台のみみママ》さんへ

>うぐいすの道

>>今朝、薄っすらと雪が積もったようですが

すぐに解けて消えてしまったでしょう。

雪の中をみみママさんとガブ子が

うぐいすの道を散歩させていたのを覚えてますよ。

>ワンちゃん

いやあ・・・ワンちゃん欲しいですぅ

スタッフKさんSさんはゴールデンの「うみ」が

いいんじゃないって言うし

個人的にはしっかり歩くガブ子サイズが

バイクにも乗れそうだし・・・

もも子散歩させに行っちゃおうかなぁ・・・

あの住宅地に友達が居るんで

散歩させてるの見たら驚くはずw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Glenn Frey   You Belong To The City

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5年目の春分の日

昨日、一日吹き荒れた冷たい風も

夜には落ち着きました。

ワンちゃんの散歩が出来なくなったので

晩飯を食べた後ちょっとばかり歩きました。

 少しでも歩かないと不安になる体になって

しまいましたw。

歩くと言ってもワタシの場合は

小走りなので、いづれジョギングに変わるかもしれません。

でも、夜の散歩というのはどうも面白味が感じられなくて

それは辺りの風景が見えないからで

まだワンちゃんとの散歩ならいざしらず

テクテク歩いていても、それは単なる散歩

目的のない「歩き」なのでダメだ

続きそうにない

1201100009

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この「ちょいとそこログ」も

今日で丸5年になりました。

2007年3月20日の記事は

『 2007年3月20日 (火) 仙台発

 
3月に入ってからというもの、思い出したかのように

寒い日が続いてます

 2月よりも3月の方が冬らしいというか…

しかし、ようやくここに来て暖かさが戻ってくるような気配 』

 

そんな書き出しからこのブログは始まりました。

まあ5年前も今も書いている内容は同じで

まったく成長が感じられないのが我ながら情けない。

始めた当初のアクセス数は三桁に至らず

止めようかと思いましたが

1人でも見ていてくれる奇特なかたが

いらっしゃなるなら、そのかたの為に続けてみようと

毎日毎日・・・という訳ではなくて

日付と時間指定投稿によって

毎日更新している、ように見えているだけです。

でも文章を書いていることにはかわりはないので

どうかお許し願いたく。

そんなわけで、現在は400、時には500を越える

アクセス数があり

アリガタヤアリガタヤと手を合わせるほどになりました。

そういう意味で「継続は力なり」を実感しているところです。

 これからも誤字脱字駄文汚文に

どうかお付き合い下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf5488

アルバム「宮城県被災動物保護センターから」№④

これとFINAL PHOTO版の注文をいただき

とりあず№④を作り上げました。

№④をお持ちの方なら「?」っと思ったかもしれませんね。

 本来 白台紙のアルバムを黒台紙にしてみました。

っまそれだけのことなのですが

それだけのことでも、何冊も同じアルバムを作っている

ワタシからすると実に新鮮な気持ちになります。

Dsc_0006_2

これはDVDのジャケット画像を正方形に

トリミングしただけの、ボランティアでお世話になった

獣医師さん、愛護センターの

方々へプレゼント用のもので

DVDに収めた画像もさして多くはありません。

あくまでもお世話になりましたという気持ちです。

が、並べている画像にはちょっと手を加えてあり

それは、同じ画像をモノクロと2枚並べてみたり

思い切りトリミングしたりしています。

その意図は、WINDOWSなどの「スライドショー」で

ご覧になると多少なりとも見応えが出るように

したものです。

はたして、そうやって見ていだいているかは

定かではありませんが

少ない枚数だからこそ手を加えることがでたものです。

 

「宮城県被災動物保護センターからDVD版」を

購入しれた方も

画像をご自身でコピーして再構成して

好みの曲をBGMにスライドショーなどで

あの時のことを思い起こしてみるのも

いいのではないでしょうか。

1203190008

すっかり雪の消えた県民の森「うぐいすの道」

 

熱いコーヒー沸かして飲もうかな

あのテーブルで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kansas  Dust in the wind

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

強風墓参り。あの46番(コメント)

 ・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・

《もみじ姉》さんへ

>ボンランティア

>>もみじ姉さんも、長い間本当にご苦労様でした。

>もみじ画像

>>あっ・・・渡し忘れてた・・・ごめんなさい。

って、プリントした画像、どこへいったんだろう

 どこかに紛れたか(汗)

 

ダックスに囲まれた画像のほか

計10枚プリントしたものがあります。

どうしましょう、都合の良い(日にち、時間)

指定してくだされば

どこかで待ち合わせますが。

たとえば愛護センターとか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「暑さ寒さも彼岸まで」って

6.6℃ってなんだよぉ。

瞬間風速25メートルって

なんなんだよぉ・・・寒いよぉ

 

お墓参り

葛岡墓地は日当たり良好の立地で

言い換えれば風当たりが良すぎ。

線香を焚くのに手間取るのですが

もう何度もそんな苦労を重ねてきているので

風避け用にペンキ用バケツを持参し

その中にロウソクを入れてチャッカマン。

1203190003

「葛岡から南方向を望む。 仙台富士、太白山が

顔を出してます。」

 

墓参り後、仙台宮城インターから東北道に乗り北上

古川ICで下りて「あ・ら・伊達な道の駅」へ。

地場産の野菜などを購入。

スーパーで買うよりはるかに安い野菜

高騰しているガソリンを消費して買うことを

考えると「損」か「得」か微妙だが

野菜そのものの出来がいいだけに「得」だと思う。

1203190011

一見すると春の霞という雰囲気に見えるけど

横殴りの雪が舞っていたりして

寒いのなんのって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方、ボランティアのMさんから注文を受けていた

DVDが出来上がったので自宅へお届けに行きました。

 なんと、我が家からMさんのお宅まで歩いて3分ほど・・・

そしてそこには

Dscf5485

あの#46 (マロちゃん)が。

Dscf5483_3

うーん、マロちゃんは変わらずあの時のままってかんじ。

 じつに大人しく、まったく吠えず

ワタシを覚えているのか遊び相手が来たと喜んでるのか

「ご近所さんだったのかぁ」とグリグリしてやると

尻尾を振りつつワタシの手をベロベロと舐め返して

くれました。

また会いに来るからね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Naked Eyes  Always Something There To Remind Me

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ため息と一抹の淋しさ、そしてはじめの一歩

解散式には多くのボランティアさんが

集まり賑やかな雰囲気に包まれました。


解散式、まずは保護センターを統括されていた

N先生の挨拶から。

先生は仕事の合間、センターに通われ

さぞ大変だったことでしょう

お疲れ様でした

1203180069_2

動物愛護センター所長の挨拶

そして乾杯の音頭。

 ボランティアさんを労わり和ませてくれました。

一見、軽い言葉に聞こえても

そこには人の上に立つ「長」としての

責任は俺が取る

そんな頼りがいを感じました。


メインスタッフⅠさん

的確な判断と行動

多くのことを学ばせていただきました。

動物の見方や接し方などが

変わりました。


もちろんこの二人のことを忘れるわけにはいきません。

 上と下の中間的立場に位置する彼女たちは

彼女たちにしかわからない辛さも

きっとあったはずなのに

その笑顔にワタシは癒されるばかりでした。


ボランティアさんへの感謝状授与

代表の栄誉を仰せつかった二人です。


記念撮影の瞬間をこうやって撮るやつは

ワタシくらいのものだろうナァ…w


ワタシはこの日も終始、撮影に徹しました。

というかそうしていないとダメなんです。

 

記念撮影後、後ろ髪が引かれる思いで帰りました。

 もっと別れを惜しみつつ・・・という方々が居たのですが

肝心なときに自分を素直に感情表現できないもので

これまでも、いつも、そうやって後悔し自己嫌悪に

陥りつつこの歳まで生きてきた人間ゆえ

薄情者などと思わず、どうかお許しを。

そしてどこかで見かけたならば

「ばーか」と声を掛けてください。

怒ったりはしませんよ・・・女性なら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この保護センターで多くのワンちゃんと接することが

出来たのは貴重な体験となったことに間違いありません。

 それまで、ペットとしてしか見ていなかったワンちゃんに

対し、カワイイとか、そういう外見的なことを抜きにして

どのワンちゃんにも平等にお世話することが

最後には出来たと自分勝手ながら思います。

ボランティアとして、それが最大の収穫であったと。

つまりそれは自分が成長したところなのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後も、このブログでは保護センターでの一年間を

画像を中心に語っていくつもりでいます。

暇なときにでも、「ちょいとそこログ」をクリックして

見てください。

「あのワンちゃんが見たい(画像)」

などのリクエストがありましたら

どうぞ何の遠慮もいりません

コメントしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日に合う曲は何がいいかと考えて

タイトルから、これがピッタリかな

Journey   Faithfully 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

宮城県被災動物保護センター解散式

本日、3月18日、日曜日

宮城県被災動物保護センターの

解散式が行なわれました。

 

ボランティアの1人として

「みなさん、大変お疲れ様でした」

 

とりあえず今回は

室内での集合写真をアップして

詳細は次回以降に

出し惜しみということで・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

走って歩いてたっぷりこの目で

18日、本日の予想最高気温は10℃

「おっ ずいぶん高いな」

と思ってはいけない

これがほぼ平年並みなのだから。

 日本海側をはじめ豪雪地帯といわれるところは

雪に慣れているとはいえ

「もう勘弁」と根を上げるほどの大雪で

大した雪の降らないところに住む人間にとっては

その辛さは100分の1もわからず

「アンタ 一度冬に来てごらん」

新緑の季節、山形、田麦俣の村人に

言われたことがあります。

一年のうちでもっとも良い季節に訪れたよそ者のワタシが

「ここはいいところですねぇ」などと

無邪気にほざいていたら、そう言い返された。

 冬の厳しさを心底味わっている者には

軽々しく言ってほしくない言葉かもしれません。

110518012a_2

去年訪れた「秋山郷」

ここも例年以上の豪雪だったそうで

人を寄せ付けないような自然の中で

暮らしていることに尊敬すら感じてしまいます。

 そして、栄村と隣接するところだけに

3月12日の地震の被害を少なからず受けていて

飯山から津南までの道のりは

宮城と同じく、道路は隆起し亀裂、陥没箇所が

随所で起きていました。

 でも秋山郷のダイナミックな自然は

見るに値するもので、車で奥山にだけにある

険しさを体感できるところです。

 今年も行けるならば

その自然と温泉と山菜をたっぷりと

味わってみたいところ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

110920004

「はあ・・・雨かあ・・・」とため息まじりの呟きが

聞こえてきそうな後姿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0171

いたづら猫に悩まされていた頃。

 タイヤにオシッコをかけたり

シートに飛び乗り足跡が・・・。

「どこのどいつだ」と汚れたシートを

見たときは怒るものの

どこか微笑ましかったり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GEORGE BENSON  JUST THE TWO OF US

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

ヘンなカンジなのだ

やっぱり予報どおり降り出した雨

 今日はいろいろと野暮用があって

車移動であるから別に雨だろうが雪だろうが

バットでもラケットでもふるのは構わないけど

せっかくの週末にドヨ~ンとした空模様は

単純につまらない。

1203170001

ホームセンターめぐり

 必要な物をアレコレ物色

 無い物、目当ての物が見つからなければ

次のホームセンターへ。

都合4箇所、100円ショップ3箇所をハシゴ。

 

途中、宮城県被災動物保護センターへ寄り道

「やっと行ったな」・・・っと思ったら

ガランと空いた休憩室に、まだおりましたダックストリオ。

1203170005

うーん、何をやっているのだ(引き取り)

飼い主さんは

1203170013

チョコとメロンは大ヒート中

 

お見送りは出来ず

20~30分ほどでおいとま。

1203170019a

午後遅く、雨は上りました。

春雨というにはまだ早いと感じる冷たい雨。

テントの雫

ついこの間まで、雪がテントを軋ませていたのに。

 

 そのかわりに気温は少しずつ上がりはじめ

夕方以降に最高気温が出そう

っにしても

今までワンちゃんたちのお世話をしていた時間

ウロウロしていることに

何だろう、違和感を感じる

0089

車に乗っていると、天候に神経をつかうことは

ないけど、バイクに乗っているときには

無神経ではいられません。

レインウェアがなく、濡れてしまえば

もう「どうにでもなれっ」と度胸もすわりますが

白線やマンホールは濡れていると

ツルツル滑るし、シールドが水滴で濡れると

視界が悪くなるので

慎重にならざるをえません。

でも、天候で辛い思いをしたときほど

記憶に残っているものです。

数年前、土砂降りの胎内でテントも張れず

宿も当って砕け散ったことは

今となっては「いい思いで」・・・でもないかw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Trouble Again  Karla Bonoff

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとつのきっかけ

去年の地震発生から2週間ほどが経ったとき

このブログにこんなコメントがありました。

 

『突然のMail失礼いたします。

 

 
私は、タイ国バンコク在住の者です。
このようなお願いをして良いのかしら?

 

 
何処からお話しして良いのやら、見も知らずの方に

 

途方に暮れている私にお力をお貸し頂けますでしょうか?

 

東日本大震災のニュースはタイでも毎日のように

 

流れております。

 

 
私は海外に住んでおりますが、少しでも被災地のお役に

 

立ちたくて、タイはバンコクに在りますルンアルン学校で

 

日本の被災地に向け義援金を贈るチャリティーを

 

致しました所、そこの先生よりお願いをされてしまいました。

 

 
仙台泉区紫山○丁目○-○に住まわれる○○○子さんの

 

ご友人だそうですが、震災の後何度か電話をご自宅に

 

掛けたそうですが、どうしても繋がらないそうで

 

心配は募るばかりのようです。

 

 
本日、私も○○さんのお宅に連絡を入れてみましたが

 

発信音のみで連絡が取れませんでした。

 

 
それで、震災後、泉区の様子をブログにUPされて

 

いらっしゃいます貴方様に辿り着いたのです。

 

 
こんなお願いは本当に心苦しいのですが

 

○○さんのご様子を調べて頂く事は可能でしょうか?

 

 
電話番号は022-○○○-○○○○です。

 

 
Mailでお返事頂けましたら、ルンアルン学校の先生に

 

お伝えする事が出来ます。

 

 
ご迷惑なお願いですが、宜しくお願い申し上げます。』

というものでした。

詳細な内容とこの状況からイタズラとは思えない

文面であったし、記してあった住所は

自宅から遠くないところでしたので

早速訪ね、無事であることが確認でき、メールにて

その旨をお伝えしたところ大変感謝され

学校の先生も喜ばれていたとのことでした。

 

日本国内でさえ、安否の確認がままならず

震源地域の我々よりも、他の地域の方のほうが

心痛ままならぬ状況に気が気でなく

ワタシの場合も東北に住むのは我が家だけで

あったため、親戚一同「死んだ」なと

後になって聞かされました。

 

それがまして海外だったらと思うと・・・。

 

そんなことから

ワタシ如きでもちょっとはお役に立てた

ということと

何かやらねばという矢先であったため

そのふたつががっちり重なり合い

ボランティアというカタチを選んだのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

懐かし画像

0008

「Dトラッカー1号機が大破し、ようやく2号機を

手に入れての最初の春」

1ヶ月後、我が住宅地の桜は

満開になっているかな。

0022

リオちゃん、まだ赤ん坊だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203120003

1203090122

Dscf4388
 

癒しの逸品  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Suzanne Vega    Luka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

これが本当に最後のお散歩かな(コメント)

・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・

《仙台のみみママ》さんへ

>ダックスたち

>>気になって午後に行ってみました。

相変わらずダックス同士、くんずほぐれつ

絡まって元気でした。

明日土曜にお迎えがありそうなので

午前中の早めの時間に行ってみようかと思ってます。

>冬の夜空

>>冬の花火は一段とキレイに見えるのと同じように

冬に見る星空は澄んでいると、キリッとした鋭さが

ありますね。

 みみママさんのお住まいのところだと

西南から北東にかけての空は「光害」が

少ないようなので特にキレイに見えるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は1ヶ月に一度、眼科での定期健診。

眼底検査をするため点眼薬で強制的に瞳孔を開くので

車や自転車の運転は禁物。

夜でもないのに瞳孔がパッカーンと開くので

眩しくて目を開けていられないのです。

カメラで言うところの「絞り開放」状態

 

明石、生協店裏にある眼科へてくてく歩いて。

 検査はもちろん異常なし

検査の度に、ワタシの目玉は更に良くなっていて

今日の視力検査は1.5なのだ・・・マイッタか

 なのに老眼だどッw

それと

「子供の頃からの花粉症ですけど

ここ10年くらいは症状が軽くて

病院へも通っていない」と先生に告げると

「アナタは花粉症ではありませんよ」と。

目玉を見れば直ぐにわかるらしく

「アレルギーの症状が見られない」

 

治ったのか「オレの花粉症」

 

1203160004

生協前の通り。

歩くには申し分のない天気でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後、宮城県被災動物保護センターへ行ってみると

まだ居ました

ダックストリオが。

「お散歩させます?」と言われ

もちろん快諾。

1203160019

「チョコ」

みんな必ずココの匂いを嗅ぎますよね。

1203160027

「チップ」

乾いた草つきの地面にゴロリと。

1203160043

「メロン」

チョコとチップの匂いを辿っているのか

まったく同じ道のりを・・・。

 

明日、お迎えが来れば

これが最後のお散歩です。

1203160090

そんなわけで

昨日の強風の寒さに比べれば

穏やかな陽気の金曜日でしたが

バイクはお預け

暖気してお仕舞い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Riddle   Nik Kershaw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の星座にふたつの惑星

本当に昨日は寒い一日で

薄着だったから尚更のこと。

 お風呂に入ってさっさと布団に潜り込もうと

するものの

アーダコーダとやらねばならぬことが

頭の中でぐるぐる走り回り

それに気を取られているうちに夜は更けて

読みたい本も中途半端な状態に。

ようやく栞を挟んだページを開いも

すっかり内容を忘れていて

けっきょく記憶を呼び起こすために

最初からパラパラと・・・。

 この冬はあまり本を読めていません。

読み進めること数ページ

すぐに眠くなってまなこがトロンと。

 

今読んでいる最中の

朝日ソノラマ発行、昭和61年初版

木俣滋郎著「なぐり込み艦隊」

これは太平洋戦争、「礼号作戦」の実録本なので

地名や人物名があやふやになってしまうと

もう何が何だかわからなくなってしまい

出来ることなら一気に読んでしまいたい・・・けれど。

Book002

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の被災動物保護センター閉所式でいただいた

感謝状を額に入れてみました。

1203150122

A-3 ジャストフレームしか手元になく

まづはガブ子の画像をプリントアウトして

いっしょに額に。

この額はシンプルなパステルカラーで

タイル壁に飾ると様になるのですが

我が家でタイルというと・・・風呂場だけ

 フヤケル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203090122

まだ居ます。ダックスたち。

でもお迎えは間もなくと

1203130157_2

いくら見ていても、この愛くるしさは飽きることが

ありません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203130003_2

王城寺原方面を望む

 

王城寺原と言えば陸上自衛隊の演習場です。

春になると、暖かい風に乗って

ドーン ドーンと演習の音が轟いてきて

まるで一定感覚で鳴る雷鳴のようです

 

王城寺原の北、峰を越えた向こうになる「保野川」で

竿を出していたとき

いきなり「 ドドーーンッ!!!」

脳天を打つような大音響に

まるでカメのように首がすくみました。

 渓流釣りは「忍者の釣り」と言われるほど

敏感な岩魚に悟られぬよう、静かに音を立てず

姿を隠して行なう釣り。

そこにドドーンは寿命が縮まるか思うほどでした

1203140085

気温を気にせずにバイクに乗れるようになるには

まだ少し先の話ですが

夜、見上げるそこには確実に春がやって来ていて

立ち上がるように昇るおおぐま座の北斗七星から

「春の大曲線」が南東方向へとつづいている姿が

望めるようになりました。

春の霞んだ夜空と華やかな冬の星座

豪快な夏の星座の狭間で頼りなさと

淋しさを感じるものですが

秋の星座とは違い、来たる夏への期待感というものが

春の夜空にはあります。

そんな春、南の空にからす座が姿を現すと

つづいておとめ座が昇り、いかにも春らしい

スピカの淡い光り、今年はそれに土星の

輝きが華を添えているかのように見えています。

 そして燃えるような火星の輝きは

どこかさそり座アンタレスの赤を彷彿とするかの

ようです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Shalamar   Dead Giveaway

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

被災動物保護センター 閉所式 (コメント)

3月15日(木)

晴れたり曇ったり、冷たい強風に

わずかに雪が混じってました。

 

本日、宮城県被災動物保護センターの閉所式が

同、動物愛護センター、ふれあい広場館内で

行なわれ

ボランティアの代表としてワタシが出席しました。

 っま「お世話の回数だけは多いから

アイツに出てもらえばいいべ」

そのくらいのものです。

1203150003

保護センター長として

これまで頑張ってこられたN先生

1203150007

動物愛護センターS所長

1203150011

関係各位に対し厳かに感謝状の授与

 

ボランティア代表として

ワタシがN先生から感謝状をいただきました。

000

近いうちにみなさん(ボランティア)の手元にも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1時間ほどで式は終了し

保護センター事務所前にて記念撮影「寒・・・っいぃぃぃ」

 その後は、しばし出席者と労をねぎらう井戸端会議



いつまでもみなさんと話していたいのだけれど

この寒さに我慢の限界

震災後、一度も風邪などひかずに

ここまでやってきたのに、閉所式の今日

熱など出したらいい笑い者ではないか

 

来賓の相手で忙しいスタッフ I さんにも挨拶できず

スタッフ K & S さんに

「孫に衣装」的視線を浴びつつ

体が震えてきたので早々に退散しました。

いずれきっちりとこの場で挨拶をしますが

まづは手短に

「動物愛護センター」「被災動物保護センター」の

みなさんと携わってこられた関係者の方々に

お礼を申し上げます

「ありがとうございました」

そして

「大変お疲れ様でした」

それでは18日に

  ・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・   

《もみじ姉》さんへ

コメントありがとうございます。

>もみじ

>>ダックスたちに囲まれたときの

固まり具合は笑ってしまいました。

たまらんですね

 その様子の画像と残りの画像を

18日に持って行きます

1203110001_2

「もみじ」

>ガブ子、おばあ

>>この子たちはボランティアさんみんな

気にかかるところでしょうが

まづはホッとしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山下達郎  アトムの子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜型人間もとにもどる

本腰を入れて被災動物のお世話をするように

なってからは「午後」をそれに費やしていたので

すべての所用は午前か夕方以降に

済ませていました。

店の開店10時直後に入店など

それまで滅多に経験のなかったことで

入り口を入って店員さんが並び

深々と頭を垂れて「いらっしゃいませ」

なんて言われると

ちょっと緊張してしまいます。

 

それまで夜が明けてから就寝していた男が

地震とボランティアですっかりベーシックな

昼型人間にもどりました。

地震は余計ですがボランティアのおかげです。

そもそも小学生のときからの夜型で

体内時計は完全に狂ってしまっていて

直ることはないだろうと思っていました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雪解けのピッチ早く

積もった雪はみるみる消えていくようになりました。

 濡れた路面が、高い陽射しに湯気をゆらゆらと

漂わせて蒸発していくのをこの時期になると

目にします。

これはひとつの「春告げ」で

このゆらゆらを見ると無条件で嬉しくなるのです

1203140065

雪解け水のことを地方によっては

「雪代(ユキシロ)」と呼びます。

この雪代が流れる渓流は白く濁り独特のものです。

 朝は平水でも、日中は積もった雪が一斉に

解け出し、渡れた川も渡れなくなってしまうので

あらかじめ注意が必要。

両岸にザイルを張ったままにしたり

浅い部分を調べておかなくてはなりません。

脚を取られて「ヒヤッ」としたことは

一度や二度ではありませんでした。

濁っているので川底の様子がまったく

わからず、目をつぶっているのと同じ。

1203140093

アスファルトに手の平を当ててみると

ほんわかと温かさが伝わってきます。

そしてタイヤ表面も温まっています。

バイクのタイヤは、冷えているときと

温まっているときでは目に見えてグリップ力に

差が出ます。

走り始めの転倒の多くは低温によるグリップ不足が

原因のひとつ。

2本のタイヤで走るバイクは、車と違い

常識的な速度であってもタイヤはシビアです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203140026

1203140096_2_4

今日の日の入りは

仙台) 17時43分  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Vanessa Williams    Save The Best For Last

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

元気でね、ガブ子とオバア

・・・・・・・・・・最後の散歩・・・・・・・・・・

3月14日(水)

今日は一日良い天気でした。

気温は6.8℃しかなく、午後になると

風が出てきたけど

暖かく感じるのは注ぐ陽射しの恩恵でしょう。

1203140035

午前中、DVDを届けに

宮城県被災動物保護センターを訪れると

一部のテントとフェンスとしていたネットの

撤去作業中でした。

形としてあるセンターが無くなっていく様子は

やはりどこか寂しさを感じるものです

1203140006

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼飯もそこそに

バイクに乗り換えて2箇所の用事をさっさと済ませて

再び保護センターへ。

上着のインナーを外し、3シーズン用グローブで

バイクに乗るも、さほどの寒さはありませんでした。

 

1203140063

ボランティアのNさんが様子を見にこられて

いました。

そしてダックスたちの散歩を。

ワタシはガブ子との散歩をさせてもらいました。

 
  

これが本当に最後の散歩になりそうです。

 

ガブ子とオバアはN先生のもとへ行くことに

なったからです

1203140058_2

これはこの2頭にとって最良の行き先でしょう。

1203140075

エリザベスを外したガブ子の姿

1203140077

1203140078

ここから目と鼻の先

会いに行くからね

元気でな

1203140059_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Missing You   John Waite

| | コメント (1) | トラックバック (0)

残すはアルバム1冊(コメント)

DVD版「宮城県被災動物保護センターから」の

注文をいただいたすべての制作を終えました。

30枚ほどのご依頼、誠にありがとうございました。

 もうほとんどがお手元に渡っていると思いますが

残りの6枚(獣医さんとVT‐Sさん)は15日と18日に

お渡しします。

そしてアルバム「FINAL PHOTO」が1冊。

プリントの出力は終えたのであとは貼るのみ。

 これも18日に。

とは言うものの、いつでもいつまでも随時

承りますので、その際にはこのブログの

コメントにどうぞ。

いづれ、アルバム「宮城県被災動物保護センターから」

については#1版から

構成や意図について書き込みます。

それを読んでいただいて、更にアルバムを開いたとき

新鮮な気持ちになればと思います。

1202190118_2

また、趣味とちょっとの実益を兼ねて

犬猫を対象にした撮影を行なおうかと

考えています。

お散歩や飼い主さんとのふれ合いなど

普段の生活の中から表情や仕草を切り取ります。

 考えている内容としては

一日、3時間程度の撮影時間を2日間

撮影した画像はすべて(200枚以上になるかと)

編集したのち、DVDやSDカードでお渡し。

もちろんL判からA4サイズまでプリント

などで お値段¥○○○○

 

きちんとしたチラシを作って

それを動物病院やペットショップに配布できたらと。

Cm000a2

(試作広告)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陽射しの強さは明らかに変わってきましたね。

影の濃さと短くなった影の長さ

1203130018

1203130153

動物愛護センターの「うみ」

「○○さんは(ワタシのこと)これくらいの

ワンちゃんがいいんじゃないんですかぁ」

とスタッフさんら。

ワタシの車に押し込もうと・・・

うーん、この子ならどこまでもワシワシ歩いて

くれそうだな

  ・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・

《仙台のみみママ》さん

>パークタウンの桜

>>長い沿道のあの桜、きれいですよね。

まあ車を停めても渋滞することもなさそうだし

ワタシも車やバイクを停めて散策しています。

1104240171

1273494681176l

>クロ

>>本当につくづく残念でなりません。

興味本位でクロの柵に入ったこと

 普段なら思いとどまるのに

何故かやってしまいました。

クロが何か伝えたかったのかな・・・

 あの画像を見直したら

仙台のみみママさんが言ったように

ワタシの姿がクロに見えた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Lighthouse Family - Ain't No Sunshine When She's Gone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

お寒い天気で

未明から朝にかけて降った雪は

昼までに解けましたが

6.9℃と平年以下で冷たく強い風が吹きました

1203130005

午前中、積乱雲のような不穏な雲に覆われて

雪、またはミゾレ、はたまた雨が

バタバタと降り、足早に通り過ぎていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別に隠すつもりはまったくなかったのですが

11日以降の昨日、今日と保護センターへ行ってました。

 ちょっとした用事もあったからなのですが

ガブ子も気になるところで・・・。

1203130092

保護センターには、ボランティアさんだった方が

様子を見に、愛犬愛猫を連れて遊びに来ていますよ

1203120066

1203130148_2

相変わらずやんちゃな連中です。

 

 

1203120070_3

この子は宮城県動物愛護センターの

もちろん譲渡予定のワンちゃん

雪の上で伏せている姿は

まるでもうアザラシの子ども。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いくら平年より寒いと言っても

1月2月の真冬の頃に比べれば、気温は高くて

陽射しも高い位置から照り付けているから

積もった雪がいつまでも解けずに残っていることは

ありません。

1203130162

17時を過ぎてもご覧のとおり

 もうすぐ春彼岸、春分です。

夜と日中の時間がほぼ半分ずつです

 もう半分までになるんだなア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久々のアップ

プカプカ  西岡恭蔵 大塚まさじ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は何処(コメント)

どうにもここにきて春めいた陽気が

影をひそめてしまい

去年の震災後と似たような天気になっていますね

 平年だとあと1ヶ月で桜が開花ですが

どうもこの寒さでは現実味がない・・・。

 

毎年「桜」はひとつの「ヨロコビのテーマ」で

バイクにカメラであちらこちらの桜を撮りに

行っていますが

去年は震災後ということと

開花が遅れたため、どうも開花と行動の

タイミングがずれてしまってイマイチでした。

今年は去年のぶんまで堪能したいところです。

08041613

泉パークタウン西端の沿道桜

まだ若い桜の小木で10年後20年後が楽しみです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日をもって終了した宮城県被災動物保護センター

 「ちょいとそこログ」としては未公開の画像がありますし

今後もセンターの話題を・・・というリクエストが

あるとかないとか。

なくても、画像は今後も定期的にアップしていこうと

思っています。

1203100088

1203100096_3

やんちゃなダックスたち

 まだ・・・お迎えが来ない・・・らしい


ご主人さまからのお小言を神妙に聞いている

ように見え・・・ます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

《konno》さん

>クロの件

>>まずはボランティアお疲れ様でした。

 

突然の訃報でした

非常に残念でなりませんが

起きてしまったことは事実なのでどうしようもなく

 

クロと関わってきた者として

それまでのクロを思い起こし手を合わせましょう

0009jpga

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1201080006

震災から丸々一年の間

走るだけ走らせて

ちょっと磨いたり、ちょっとメンテしたり

ちょっとちょっとで真剣に手を掛けてやれなかったので

もう少し暖かくなったら

たっぷりかまってやらねば

 バイクも生き物と同じで

放っておくと必ず駄々を起こすもんなんだね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Elton John   Believe

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

3月11日の午後

今日、3月12日の天気は

晴れてみたり雪が降ってみたり

分単位でめまぐるしく

まるで山の天気そのものでした。

 ゴールデンウィーク、山の中で

天候が激変して目の前が見えないくらいの

吹雪になり、竿を握ったまま身動きがとれず

うずくまってやリ過ごしたことがあります。

吹雪はものの20~30分でやみ

陽射しが戻ってきましたが

雪を払い周囲を見渡すと

冬に逆戻りしたような銀世界の雪山に

なっていたことを思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日11日の宮城県被災動物保護センターのつづき

 午後になると午前中の賑わいがウソのように

静まり返っていました。

別に夢は破れてなどいませんが

「夢のあと」まさにそんな雰囲気を感じる静けさでした。

1203110332

ガランとしたセンターです

1203110210

馬の姿がぼんやりと見えていました。

 


お迎えが遅いダックストリオをお散歩に。

のんびりとした雰囲気

1203110294_2

1203110297_2

意外に楽しそうな滑り台

 下でカメラを構えていたらぶつかった(カメラ異常なし)

 

最後の最後、5分もかからない

5頭のワンちゃんをハウス内に。

1203110333

あらためて「お疲れ様でした」

そして

震災で亡くなった動物たちに手を合わせました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ことあるごとに見直しては

気持ちを新たにさせてくれる大好きな映画です

Shawshank Redemption   Hope Theme

| | コメント (1) | トラックバック (0)

終わりであり始まりであり

最後にもういちど

最後を惜しむように

多くのボランティアさんが

被災動物保護センターに集まりました。

もちろんワタシもそのひとりです。

行きたくても来ることが出来なかった

ボランティアさんも多かったことでしょう。

そういう意味でも

最後の保護センターの様子を

画像でふり返ります。


ワンちゃんとの散歩風景

少なくなったワンちゃんをボランティアさんが

囲むように。

1203110023

ボランティアさんの愛犬「もみじ」をフリーズさせる

ダックストリオ。

1203110171

同じくVTさんの「仙台のみみママ」さんの愛犬「みみ」

 しばし、クロ、トムの居たところで大人しく?

繋がれていました


スタッフさん3人の「お疲れ様でしたの儀」を

厳かに執り行いました。

3人涙で・・・涙で・・・笑顔です


イブ君とお別れ

間もなく家が出来上がります

それまでおじいちゃん家へ。

「長い間ありがとうございました」と

丁寧にお礼をいただきこちらが恐縮。

飼い主さん、涙ぐんでおりました。

 

みなさんが帰られて

ワタシとkonnoさんが残って間もなく

#103のあの子が里帰り

1203110220

1203110233_2

みなさん覚えていらっしゃるでしょう

目の不自由なあの子です。

 

幸せで暮らしているということは

語らずも戻ってきたワンちゃんをひと目見ただけでも

わかるものですね。

チビといい、見違えるほど若々しい容姿

目が良くなっているのではないかと思うほど

元気に歩き回っていましたよ。

 みなさんにも再会してもらいたかったなぁ

   ・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・

《仙台のみみママ》さん

長い間お疲れ様でした。

そしてワタシにまで贈り物

ありがとうございました。

>花火

>>やっぱりそちらはキレイに見えましたか。

我が家はボンヤリでした。

 やるとわかっていれば

みなで押しかけたのにw 

 

《neko》さん

ボランティア大変お疲れ様でした。

>ガブ子

>>ガブ子も幸せになると

ワタシは信じていますよ。ぜったいに。

>東松島

>>野良ちゃんいっぱいいますか

ワタシも機会があれば

海岸線はしっかりとこの目で見たいと

考えています。

地震発生直後は「野次馬」になるぬよう

近づかないようにして来ましたが

仮設商店街なども出来て

復興というかたちであればと。

 

11日、午後の様子は次回に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Let It Be

この言葉の意味を

深く考える一年になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

3月11日

東日本大震災から丸一年が経ちました。

そしてボランティアとして関わっていた

「宮城県被災動物保護センター」が

本日で最終日となりました。

 

今日の詳細とコメントのお返事は

次回にさせていただき

とりあえずは数枚の画像をアップします。

午前中に集まったボランティアさんと

スタッフさんらとの記念撮影。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203110305

午後2時46分

黙とう後につかの間の青空を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203110330_3

ボランティアのみなさん

スタッフのみなさん

獣医師さんほか

保護センターに携われたみなさん

大変お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10日被災動物保護センターの午後

「天国へぶっ放せ」

まさかあの天気で打ち上げるとは思いませんでした。

我が家からかろうじて見えていましたが

遠くの人にまで見ることが出来る天気の良い日まで

延期してもよかったのではないかと

正直感じましたが

事情もあるだろうし、心意気は伝わった

そんな花火でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その土曜日の午後の被災動物保護センター

1203100036

トムやラン、テツを送ると

すっかりガランとしたセンター。

どことなく残っているワンちゃんも

それまでと違い、大人しくなったような・・・。

1203090058

1203090053_2

1203090047

午後のボランティアさんは4人

4人にワンちゃん5頭

ガブ以外小型犬だから5頭というより5匹という

単語のほうがいいような気がすますが

ほぼ1人1頭の散歩

でも通常の道のりを歩けるのはガブ子だけ・・・

ということで30~40分で終了。

ゴハンなどの作業も少ない数なのであっという間。


自然と井戸端会議も長くなり。

 

前々から

バリケンに入ってみたいな、と思っていました。

 バリケンはちょっと気が引けたので

大きい柵に入ってみました。

1203100131

けっして悪いことをして

スタッフに「入ってなさい!」と叱られたわけでは

ありません。

っま、たしかに「譲渡中」・・・ではあるけどww

でも、本当にどんな「感じ」なのか

 これで少しはワンちゃんの気持ちを

理解できたかな???

寂しい気分も紛れたでしょ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

救命病棟24時 「救命病棟24時 -main theme-」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

3月10日 宮城県被災動物保護センター(午前)

・・・・・・・・・ また会おうね ・・・・・・・・・・

薄っすらと積もった雪は雨にかわってからも

一日降り続きました。

 

明日、被災動物保護センター最後の日を前に

今日(土曜日)お別れのワンちゃんたちを

見送りに、午後からお世話するボランティアさんらも

朝からいらしていました。

 それだけ、今日でお別れするワンちゃんには

思い入れがあるのです。

 

7月26日、ジョンとともにセンターへ来た「トム」。

 普段は大人しい子で悪さをすることもないけど

「やるときはやるんだかんな」

そんな男気を感じ、いっしょに散歩をしていると

他の子にはない「男同士」というものを感じました。

 今だから話せますが

いちばん遠くまで散歩したのはトムで

雪が降り出す前の12月

はじめてウグイスの道を歩いたのも

トムが最初でした。

もっとすごい道も歩いたんだよね ( ̄b ̄) シーーッ!!

1203100009

「鼻の上の傷はキミの勲章だな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、ランとテツも

めでたく新しい住まいへ戻ることになりました。

 

10月1日にここに来たラン、テツ。

性格が異なるこの子たちは

トムとともにココのシンボル的存在。

 テツのやんちゃぶりに目をつぶり

度を越えると「コラッ」とテツを叱る様子を

目を細めて見ていました。

それにも動じず絡まっていくテツの快活ぶり。

 ありがとう ラン、テツ

1203100060

「さあ、行こうか」

 

みんなが好きでした

トムもランもテツも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボランティアのSさんと娘Ayumiちゃんは

午前中をもってここのお世話を一応の終了ですが

最後に「あそこに上りたい」とAyumiちゃん。

頼りないが案内役を買って出ました。

1203100039

「わあ、眺めがいいねー」とSさん親子


手を振って応えてます>スタッフさん
 

 

次回「午後の部」へとつづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この曲は、東日本大震災後、1ヶ月ほどだ経ってから

このブログでのユーチューブの音楽動画を再開しての

1曲目に選曲したものです。

ドラマの内容と曲のテーマが

当時の状況にマッチして

ココロの内に入ってくるメロディーでした

 

救命病棟24時 「生きる」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は「天国へぶっ放せ」 (コメント)

これは昨夜書いているから

実際には、今日、10日土曜日の天気は

わかりませんが

午後の降水確率は低くなります

でも天気そのものは「曇り」。

今日は「天国へぶっ放せ」と題した

2万発の花火が泉ヶ岳から打ち上げられます。

220699ac6443298bdbbb781e17ced267_2

我が家の2階の出窓からは

泉ヶ岳が一望でき

雲にさえ遮られなければ見られるはずなのですが・・・。

1202290041_2

「アンテナが邪魔だア」

 

動物愛護センターからも十分見ることが

出来るんですよね

1202230005

愛護センター周辺で鎮魂花火を見る

というのは、ここでボランティアをしたワタシとしては

何か「有終の美」みたいなものを感じます。

温かいコーヒー持って

ちょっと見に行ってみようかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           コメント

《konno》さん

土曜日にお迎えが来るワンちゃんが多いみたいです。

わずかですが日曜日まで、という子も。

ワタシは居ても居なくても「行く」んですけどね…w

1203090018

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょいと懐かし画像

0152

山形県寒河江市チェリーランド裏の河川敷

毎年恒例、バイク野郎の宴「かたぎや」

全国からここへやって来るバイク乗りたち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ASPHALT DANCER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

3月9日 宮城県被災動物保護センター

平日、最後の保護センターでのボランティアです。




明日の土曜日、ここを離れて行くワンちゃんが多く

実質的に今日が最後の散歩になります。

それをボランティアさんはわかっているので

どこか噛み締めて歩いているように見えてきます。

 

ワタシは、ダックスのチップとの散歩を早々に終わらせ

みなさんのそんな散歩をカメラに

収めさせていただきました。


気温7.6℃、曇り空ながら無風で

さほどの寒さは感じず。

その証拠に16時頃から、雪ではなく雨が

落ちてきました。

1203090116

みんな「えさ袋」におやつが入っていることを知っている。

(匂ってるんだろうけど)

「あとでこっそりあげるから」


午後3時30分、ゴハンの時間

これも最後の仕事になるのかな。


休憩

どことなくいつもよりも口数が少ないような・・・

1203090148

ここでの最後の晩になるワンちゃんたちが。

でも、飼い主さんの元へ戻る子

違う施設に移る子と

もっともっと環境の良いところへ移るんだと

思えば・・・ね

 

明日はお迎えのワンちゃんを見送るため

午前から保護センターへ行く予定でいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Fleetwood Mac    Dreams

| | コメント (1) | トラックバック (0)

歩みは牛歩、三寒四温

春は足踏み状態

今日は午後から雪が降る予報になっていますね。

1203080006

雪解けは牛柄模様。

木の根元から解けていく様は

まだら模様で白黒の牛柄に見えたりします。

それが春の訪れを告げるものでもあり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203080037

「あーそーぼーっ」

1203080038

「いーやぁーっ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛護センターのNさんも大変だな・・・(謎)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0177

ヨーロッパの小型車が大好きで乗り継ぎ

最後にこのMINI COOPERに。

車を買い替えるときに必ず脳裏を過ぎる車でした。

この97年式MINIは、電気系統を見直されて

トラブルらしいトラブルもなく。

 

ちっこいくせにインテリアはシックで

プリントの木目調ではなく本物の木目と

本皮を贅沢に使った内装は、プラスチックを

賢明に加工して高級に見せる国産3ナンバーよりも

オトナな雰囲気で、イタ車の明るいインテリアとは

まったく正反対の悪く言えば暗いイメージ・・・。

1300ccで見た目よりもトルクフル

坂道もグイグイ。

意外に雪道の走破性が良く

さすがモンテカルロラリーで連続優勝も

伊達じゃないと。

タイトコーナーのタックインは

はじめはビックリするけど

慣れるとビックリするくらい楽しく

ヒールアンドトゥとタックインで

下りの山道はけっこう速かった

0176

MINIでも山へ渓流釣りへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

080308351

渓流解禁の4月1日の山形県

寒河江ダムバックウォーターの寒河江川支流

大井沢川。

カンジキ履いての春釣りは、見晴らしが良く清々しい

連続する堰堤には、必ず足止めをくらった大型岩魚が

居ました。

特に本流からの第一堰堤には、遡上したと思われる

40センチオーバーのダム湖育ちのアメマス系

岩魚が・・・。

夏、この大井沢を遡上し2日をかけて障子ヶ岳を越え

聖地、八久和川へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Don Henley    My Thanksgiving

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

3月8日、宮城県被災動物保護センター

昨日までの暖かさはどこえやら>6.7℃

でも、風がなかったので

さほどの寒さを感じることはなくて

曇り空で放射冷却の影響がなかったのが

よかったのでしょうか。

1203080002

宮城スタジアムのあるグランディ21

今日は大きめのイベントがあるらしく

正門だけでなくすべての出入り口が開門されてました

 富谷側から利府側へ行く場合

この門が開いているか否かで、時間的に大きく違って

きます。

沢乙温泉前から入り、正門から抜けると

10分近く短縮されて助かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、3月8日(木)の

宮城県被災動物保護センターは

「トォームゥーッ!」

1203080028_2


元気で明るいJ先生の声から始まりました。

  トムは、ここに来る前までJ先生の病院で一時預かり

生活していたので

トムの想いはひとしおなのでしょう。

 トムもわかっているようです。

 

そのトムと散歩

1203080010

昨日は「下のコース」だったので

今日は「上のコース」を選びました。

  この散歩も数えるほど・・・と思うと

じっくりと噛み締めるように歩いてます。

ほかのボランティアさんの様子も

そう見えてきてしまいます。

 もしかすると

トムとの最後の散歩になったかもしれません。

1203080021

・・・そう考えてしまうと淋しいね

1203080036

夕方、ハウスに入る前のトムは

バリケンの中でぐっすり。

以前はバリケン嫌いで入ることはなかったのにね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203080003

ガレージのチェストを整理整頓。

使ったら使いっぱなし

子供の頃からずっと言われていたこと・・・

でも、注意されなくても整理するようになったのは

ちょっとは成長した証拠だろうか。

注意する者が居ないということも一理ある

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cyndi Lauper    Time After Time

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの時から放ったらかし

昨日、一昨日の陽気は

ワンちゃんたちにとっても一息つける暖かさだったのか

冬のあいだあまり見せない穏やかな雰囲気が

ありました。

まあ、冬でも「イヌはヨロコビ庭駆け回る」ので

むしろ突然の暖かさに「暑いってば」

と感じているのかもしれませんね。

1203070009

じつに気持ち良さそう

「寝てもいいよ」と言われたら本気で眠れそうなほどの

ハウス内。

1203070049

目が覚めると、いつものように歩き出す。

 

雪が解けた田んぼでエサ探しの昨日のカラス

1203070026

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえずご注文を受けたDVDを

昨日すべて仕上げました。

本当にありがとうございます。

 

ここでひとつ問題がありまして

DVDに収録している動画のうち

Nikon J1で撮影した動画を観ることが出来ない

かたがいらっしゃいました。

簡単に言うと、高画質動画とパソコンのスペックに

隔たりがあると問題が出てくるようです。

他の方で同じようなトラブルが発生している場合は

遠慮なく教えてください。

観られる、はずであろう動画をDVDに新たに焼いて

お渡しします(DVDには動画のみです)。

Dsc_4476

これはボランティアでお世話になった獣医師さんや

愛護センターのかたにお贈りするDVDです

内容的には画像が少々と動画がひとつ。

 まあプレゼントなので・・・

でも、獣医師さんの方からもDVDの

注文をいただいて大変ありがたい気持ちでいっぱいです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの地震から1年になろうとしています。

個人的には「もう一年か・・・」という思いです。

 

室内のあれこれが倒れたり壊れたりと

それなりに被害は受けています。

1203070077

壁に掛けていた額はすべて床に落ちました。

一年経っても壁に掛け直す気にならず

そのまんまで仕舞っていましたが

新たな画像が増えてきたので

新しい写真でも飾って気分も新たに

そんな気持ちになりはじめてきたこの頃です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Toto  Mama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

3月7日水曜日は

朝9時の時点で10℃もありました。

天気そのものは陽射しが弱かったものの

昨日より0.5℃ほど低い11.6℃

風があったのが惜しい

1203070004

車にするかバイクにするか自転車にするか

燃料がかからず、ヘルメットもいらない自転車に。

 

さて、終わりが迫ってきた宮城県被災動物保護センター

 

ボランティア3人、獣医師さん1人の4人でワンちゃんの散歩へ

1203070014

はな曇り、あまり暖かさを感じることはなかったけど

寒いと感じることもなく。

 みなさん、「上のコース」へ行かれたので

ワタシはランと「下のコース」へ。

雪もごく一部になり歩き易い歩道を

通称「明石街道」の突き当たりまで行き

その周辺をのんびりとうろつく。

 

「おっ ポチか 」

(愛護センターから譲渡されたワンちゃんのこと)

(ポチなら)「大きくなったなぁ」


《ボランティアさんではありません》

また勝手に撮ってしまった・・・

 


イブのリードが外れるが

ただちにとっ捕まえて騒動にはならず。

1203070061

相変わらずダックストリオは甘えたがりで「メンコイ」。

チップはゴロリと腹を見せ・・・

1203070069_2

愛護センターのゴールデン

ぷりっ

「 あっ  した 」

 

1203070076

最後のお仕事はワンちゃんをハウスに。

最後にトムを・・・

・・・ん?

・・・あれ?

・・・ガブ子

・・・忘れてる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Rich Girl  Hall & Oates

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月7日のちょいとつぶやき(コメント)

・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・

《仙台のみみママ》へ

コメントありがとうございます

そしてボランティアお疲れ様です。

>トム君の指名

>>いえいえお気遣いなく

たとえ散歩させるワンちゃんがいなかったとしても

カメラでみなさんを撮らせてもらっているので。

そして

コーヒーとお菓子があれば・・・w

あとデコポン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暖かくなっただけでネガティブな気持ちになるのは

「寒さ」という閉ざされた殻から

抜け出たような感覚があるからなのでしょう。

1203060124

春の陽射しをわざとらしく露出オーバーで

現してみました。

 

ここのところワンちゃん主体というより

ボランティアさんを狙った撮影が多くなってます。


ボランティアさんの共通点は

誰にも負けないくらい「ワンちゃん大好き」。



あれやこれやとあらゆる角度で撮ってます

1203040017_3

しばらくジッと見つめていたトム。

トムの目線の先には

震災瓦礫の山。

何かを感じるのだろうか 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203060017_4

保護センターでのワンちゃんが減ったためか

近所を散歩するワンちゃんに

思わずカメラを向けてしまうこの頃

新手のストーカーと思われるかもしれない。

「でへへへっ イイ子だイイ子だ・・・カシャッ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Dsc_0051_4

 

Dsc_0042_3

  

新潟県十日町松代、田野倉の古民家を

借りたときに見た6月の夕景。

蛙の合唱、その棚田に映る息を呑むような夕焼け空

 ひとりで見ていることが勿体無く

誰かにも見せたいとつくづく思いました。

 恐ろしいくらい満天の星空や背筋がゾクッとなるような

大流星。

見渡すかぎりの満開桜

萌えるような田植えシーズン

黄金色の稲尾垂れる頃の棚田

 ひとり旅では度々そう思うことがあります。

自然の美しさは四季折々、千変万化

圧倒的にこころの内に迫ってきます。

 

その反面

人間の力など自然の脅威からすると

アリ1匹ほどにも満たないのだということが

あの震災の凄まじい威力を見せ付けられ

嫌というほど味わいました。

 

「自然」は「自然」のままに

この言葉の意味を分かった気でいたけど

震災を経験してようやく理解できたようです。

経験しないとわからないところが愚か

そしてもっとも愚かなことは

どんな脅威も、年月とともに風化し

遠い遠いどこか他所の国の話のように

忘れ去られてしまうこと。

このことがもっとも怖く、人間のもっとも愚かな

ところかもしれません。

大震災は過去に幾度も繰り返し起きているのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Abba   SOS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

春うらら(3月6日)

昨日からの雨は、午前中いっぱい降り続きました。

そして午後になるとその雨はやみ

青空が広がってくると

柔らかい陽射しと頬も緩む暖かい空気に

包まれました>12.1℃

桜が開花するころの気温。

1203060006

《朝、暖かさで雪が蒸発して一面が煙っていました》

 

1203060023

《午後、明るい陽射しにつつまれました》

 

宮城県被災動物保護センター

雨と高い気温で、昨日の雪はすっかり姿を消して

その前に積もった固い雪だけが残っているだけに。

 

今日はボランティアさんが5人

どのワンちゃんと散歩するか「早いものがち」・・・

ボランティアKさんは、トム君を指名

まるで春本番の陽気、歩く姿も軽やかにみえます


大好きなランとすれ違い

テツ「行っちゃうの?」


「行っちゃうのぉ・・・」

 

何とか気を取り直して散歩再会

1203060041

めずらしい

散歩途中で一休みするテツなんて。

よほど気持ちがいいんだろうか

1203060044

一気に雪解けが進んで小川は音を立てて増水。

でも、その川音がなんとも「イイ音」

春の音です

1203060047

道路沿いに生えているタラの木は

まだまだ硬そう。

タラの芽は、このあたりでは

早くても4月後半。

タラの芽パーティー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Power Station - Some Like It Hot

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨の夜にあれこれ

これを書いている5日夜

やはり気温が上ってきていて

同じように風も強まってきています。

 この気温と風で雪が急速に解けているようで

あちこち雫の落ちる音が

窓を開けると耳に入ってきました。

明日、つまり今日6日の日中には

ほとんど解けてしまうかもしれませんね。

でも、気温が上るわりには

天気そのものは曇りという予報なのが惜しいな。

温かい陽射しを浴びたい


ワンちゃんも濡れたうえを歩くより

乾いたところを歩く方が気持ちがいいだろうに。

Xx0002

けっして泥濘を嫌ってハウスに上っているわけでは

ありません

あくまでも趣味ですw・・・(癖)

1203040054

やっぱりサラサラの土がいいんだよね。

 スタッフさんらが、少しでも良い環境をと

テント内に雨水が入り込まないように作業しています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《ちょっと懐かしい画像》

0dscf1323_2


「マグロッ!」で有名な大間崎での乾杯

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0172

《FIAT PANDA 4×4》

もう一度乗ってみたいと思うほど楽しかったパンダ。

日本車では考えられないようなインテリアデザインで

イタ車らしく元気な小型車でした。

屋根がキャンバストップのダブルサンルーフで開放的

カブリオレとは違のは、まったく風を巻き込まないことと

ヒーターの温風も直ぐには逃げないので

冬でもけっこう快適。

 

サンルーフから上半身を出し

流星群を眺めたことを思い出します。

うーむ、まさにGTロマン

 

 どんなときもネガティブな気持ちにさせてくれたパンダ

フルモデルチェンジしてまったく違う車に

なってしまったのがザンネンでなりません。

0178

《雪の林道なんのその。じつに頼もしかった》

 

パートタイム4WDはフランスの軍用車としても

採用されたことがありました。

国内ではおそらく、少なくともピレリジャパンでは

パンダ初のインチアップ(13インチから14インチへ)

P6の165-65/14とSSRホイール14・5.5Jで

スペーサーでオフセットを調整し試作で1本制作

マッチングを確かめてから4本を作ったのでした。

その後、車雑誌の広告の適合表には

パンダと表記されるようになりましたとさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

REMINISCING  The Little River Band

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

雪そして雨でした(3月5日)

3月を甘くみてはいけないと痛感する天候でした。

まさにボタボタとボタ雪が降り

今年の最高積雪になってしまいました>17センチ(仙台)

いやあ、朝起きて窓越しに外の様子を見たとき

「へぇ!?」と声にならない声をあげてしまいたね・・・

つまりこの「へぇ」はBingで翻訳すると「ウソでしょ」

ってことです>嘘

1203050004

(午前10時に17センチ)

予報で雪が降ることは知っていたけど

まさかこれほど降るとは思いもよらなかった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この雪は昼になると雨に変わりました。

気温は1℃ほどなので上空の湿度が高いのでしょう。

 

《3月5日(月)午後》

宮城県被災動物保護センター

 

先週土曜日に降った雪、そして今日の雪かきで

山盛りになっていた保護センター。

ボランティアはワタシ一人

聞くと午前の部も一人だったとか。

同じYamanotererのSさんですね>お疲れ様です。

 

この雨と道路上のビシャ雪でチビたちの散歩はなし。

テツ、ラン、トム、ガブ子の順で

いつもの半分以下の距離を散歩。

1203050005_2

1203050007

1203050012

1203050014

本降りの冷たい雨

ワンちゃんがいくら散歩に行きたいとせがんでも

無理はさせらません。

「今日はけっこうです」とは言いませんもんね。

 

午前中は0℃前後

午後は1℃前後の気温

リードを握っていた右手の感覚がなくなるほど冷えて

しばしストーブに手をかざし暖をとって生き返る「ふぅ」



コーヒーブラック、南部せんべい、チョコクッキー

それにデコポン・・・

 

この天気、この寒さ

でも明日は12℃の予報が出ていて

現に17時の気温は2.1℃まで上昇

どうやら今日の最高気温は夜に更新するかも。

1201080008

朝の雪かき、そして朝の暖気運転

マフラーから勢いよく白煙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dire Straits     Money For Nothing

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボランティアもあと1週間

被災動物のお世話も

残すところこの1週間となりました。

つまり

東日本大震災が発生した日から

ちょうど1年となる3月11日で

宮城県被災動物保護センターは役目を終え

閉所となります。

 

このことについては

終わってからしっかりと書き記そうと思います

 

その保護センターでのお世話では

ワンちゃんの数が減り、ボランティアさんの人数に

よるところから

お世話の時間よりも撮影の時間の方が

長くなっているかもしれません。

今、撮影している画像は

もうアルバムを作ることもDVDに収める

こともないので

このブログで紹介するくらいのものですが

最後の最後まで撮ることが

ここまでワンちゃんにカメラを

向けてきた者の責任であるのではないかと

まことに勝手ながらそう思うのです。

 

とはいうものの

近頃の被写体はワンちゃんよりも

ボランティアさんが・・・


高台から見下ろすとよーく見えます

 お世話の様子が。

 


これは飼い主さんに毛を梳いて(といて)

もらっている様子です。

お利口さんにしているところが

さすがご主人様。

ワタシではぜったいにこうはいかない。




愛犬ぷりんと散歩する時間が

いまはありますね。

ワタシにも飼っているワンちゃんがいれば

ぜったいに連れてくるなぁ




急斜面を駆け上る・・・





・・・が、やっぱり無理~ぃ

1203040011

ワンちゃんやボランティアさんを撮ることと

そして保護センター周辺の風景を撮ることも

ワタシにとっては大事なことであり楽しいこと。

 毎日おんなじ道を歩いているから

小さな変化も見えてきます。

 

今日はこんな所を掘ったのか・・・

っということもねw(テツ)

1203040083

まだ硬い蕾だけど

膨らみと色合いが出てきたように見え

それは目覚めと生気を感じとれるものです

1203030300_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと・・・

いや、だいぶ懐かしい画像

0160
 

初北海道、高校生3人10日間バイク旅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Beatles   Hey Jude

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

3月4日、日曜日の…

特に午前中の天気は快晴で

目の覚めるような青空が広がり

雪を被った奥羽山脈の山々が

くっきりと鋭い稜線を見せていました。

っとここでそんな画像をペタリ・・・

というのがパターンですが

またやらかしてしまいました>バッテリー未装着w

 

今日の最高気温は3.8℃ほどでしたが

体感的にはもっとあるような感覚でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日の保護センターのお世話

1203040001

ランが実に気持ち良さそうにゴロリ。

 でも、このあと飼い主さんがやって来たので

飛び上がって喜んだことだろうね。

1203040020

気温は低くても陽射しは明らかに強くなっていて

雪解けに拍車をかけています。

1203040014

トムと県森の「うぐいすの道」へ。

おやつのおねだりポーズです

1203040094

たっぷりじっくりの散歩から戻ると

もうみんな「ゴハンゴハン」と叫んでた。

 

1203040097

獣医師さんから差し入れの豚汁

ほんとうにいつもいつもすみません。

美味しくいただきました。

1203040107

ボランティアSさんの愛犬ぷりん

休憩室に入るなり「(豚汁)わっ!おいしそうな匂い」

ちょうだいよ、って全身全霊をかけてアピール

でも・・・ダメ

そのかわりにおやつね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Andy Gibb     I Just Want to Be Your Everything

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しいけど、けっこう大変なんだよ

今でこそワンちゃんの頭数が減り

お世話する時間も以前に比べると短く

申し訳ないくらい楽になり

14時から17時前に終わるお世話の間

そのうちの半分がお茶をしているような

時間になってしまいました。

でも、そんな時間であってもワンちゃんの

話題で盛り上がったり教わったり質問したり

これはこれで知識を得られるので

個人的にはありがたく。

こういうところから連帯感は深まっていくのですね。



そんな宮城県被災動物保護センターですが

炎天下の下、凍てつく中、ワンちゃんのお世話を

することはけっこう肉体的に辛いものがあります。

「犬の散歩」なんて言うと

呑気で楽しそうに思われるかもしれません

もちろん嫌なことはありません。

基本、好きでやっていることなのですから。

でも、1匹や2匹であればともかく

これが3匹、4匹、ときには5匹、6匹となると

けっこうキツイものになってきます。

おのれの体力的な問題もそうですが

犬種、ワンちゃんの体調、その日の天候によっても

散歩の仕方は変わってくるのです。

 今、ボランティアとしてお世話されている方々は

震災直後からのいわばベテランであり

日頃のお世話で

ワンちゃん個々の性格なども把握されていて

その日の体調以外、聞かれなくても

わかってらっしゃるのです。



ワンちゃんはみな歩き方が違います。

スタスタ歩く子もいれば、いちいちクンクン

嗅がないと気がすまない子。

ジグザグ歩き、ダダをこねる子

穴掘りに夢中になる子。

そういったワンちゃんたちを

あやしたり、時には強引に・・・


一般道に出ると、ワンちゃんたちにだけに

気配りするだけではなくて

行き交う車やトラックに注意を払ったり

犬同士の距離感、とくにワンちゃん同士が

すれ違うときはというのは、一触即発ということも

あり、唐突な行動を起こす可能性があります。

今までにないくらいのチカラで引っ張られると

こちらとしてもバランスを崩したり

リードを持った腕を痛めてしまうこともあるのです。


(お子さんは親同伴で、小さいワンコを

一般道へ出ない広場へ。でもこの子は

ベテランです。)

ワンちゃんの散歩は

運動不足解消ということだけではありません。

ウンチやオシッコをさせるための意味もあります。

だからその処理はきちんと

ぜったいに放置はしません。

ウンチの具合は散歩後スタッフさんに報告します。


ときには雪かきだって


昨日、一昨日は高台から撮影しました。

けっして興味本位で上ったわけではありません

とお断りを。

一昨日は雪降る中の保護センターの全景。

昨日は青空の保護センターの全景を

きっちりたっぷり時間をかけて撮影しました。

 この高台、桜が満開になったときに上ったら

きっと最高の眺めだろうなぁ

1203030085

090129131
 

足踏み状態

春は目の前まで来ているのだ

もうすこしの辛抱なのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Good for You   by Toto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

ボランティアさんを撮影

昨日から降り続いた雪は朝には止んで

10時ころには青空が広がり予報どおり。

湿った雪と陽射しがあったおかげで

積雪12センチの雪はとどまることなく

融け出して道路上には雪はなくなり

乾きだしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと1週間あまりとなった

宮城県被災動物保護センターでのボランティア。

 雪に反射した日差しがまぶしい明るい午後

1203030089

(雪原のむこうに泉ヶ岳を望む)

7人のボランティアさんが集まりました。

この人数だと散歩は、ほぼ「ひとり1頭」といったところ

そこでワタシは散歩を辞退して

撮影に専念

今日はワンちゃんではなく人間中心に焦点をあて

お世話の様子を記録してみました。





ご夫婦での散歩

その様子をモニター越しに見ていると

ちょっとうらやましく感じるのでした。


こちらも望遠で。

雪の中、じつに楽しそう

ワンちゃんも嬉しそうに飛び跳ねてました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回もボランティアの様子を画像にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Swing Out Sister    Breakout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の抵抗

例によってこのエントリーは夜に書き上げているので

明日、つまりこれがアップされる今日は

どうなっているのかわかりません。

天気予報を鵜呑みにすれば

降り続いた雪は朝にはやんで

パーッとまぶしい陽射しが降り注いでいる

そんな青空が広がっている・・・ことでしょう。

1203020001_2

(昨夜の様子)

湿った雪で電線に着雪

過去に鉄塔をもなぎ倒す湿った大雪を経験したことが

あります。

暖冬のときほど太平洋側では湿った大雪が降ります。

それは大陸からの季節風による典型的な冬型ではなくて

いわゆる太平洋から移動してくる南岸低気圧が

関東や東北の太平洋側でジトジトボタボタの雪が

降らせるのでした。

今年は記録的に寒い冬でしたが

3月ともなると末期の湿った雪がドンと。

それはまるで冬の「最後の抵抗」を見せているかのようで

去年の東日本大震災以降もそんな雪が降りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DVD制作も山場を越えてホッと一息、いちだんらく。

プリンターも結局何事もなく働いてくれています。

 

ここで正式にDVDのパッケージ画像を

Dvdtitle000

↑表面と ↓裏面

Dvdura001

ボランティアが終わったら

自分だけの一枚を

じっくり時間を掛けて作ってみようかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近所を自由にブラついている犬を

たまに見かけていたのですが・・・

1202250005

犯人見つけたり。

放し飼いはいかんよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ちょいと懐かしい画像」

040togakushi13z

これは07年の旅(晩夏のツーリングより)。

野尻湖から戸隠高原を抜け白馬方面へ

向かう途中。

快晴の戸隠から曇り空に変わり

レインウェアの準備をするも

白馬に入り、青木湖に着くころには

またまた快晴に。

あのときの真っ青な空と暑さは忘れない。

081008n9b4

この画像は08年

翌年に続いての再訪となる飛騨高山。

連日のテント泊でフカフカの布団が恋しくなり

宿をとりました。

翌日は偶然にも「高山祭」が。

しかし、リアタイヤがツンツルテン状態

タイヤの中のワイヤーまでもが顔を出して

ヤバイことになってしまったので一刻もタイヤ交換を

せねばと、その日はそろりそろりと長野へ下り

長野唯一の南海部品、上田店でタイヤ交換を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

っということで追記

朝08時です

先週土曜よりも1センチ少ない12センチの積雪となりました

Imgp3484

わっせわっせと1時間の雪かきでした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Eurythmics   Sweet Dreams

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

春のち冬に逆もどり

昨日の春の陽気から一転

今日、3月2日は、昼に5.3℃まで上ると

その後はゆっくりと下降

宮城県被災動物保護センターでのお世話が始まる

午後2時には、湿り気を帯びた雪が降ってきました。

1203020006

サラサラ雪はアウターから滑り落ちてしまいます

でも、今日のボタ雪はすぐに融けて塗れてしまうので

レインウェアを着込まないと

雨の日に傘をささずに歩いているのと同じことです。

1203020003

トムの背中もたちまち雪が積もってしまい

そのたびに身体をふるわせて背中の雪を払います。

 

1時間もかからずにお散歩終了

あったかい休憩室でおったかいコーヒーを。

1203020010

この子はボランティアさんのワンちゃん。

動物愛護センターの譲渡犬です。

1203020023

じつに大人しい


動物愛護センターのNさんを覚えているのか

ボランティアさんらとは明らかに違う反応を。

 

雪は止むことなく帰宅する時間には数センチの積雪。

 

1203010001

昨晩、駄々をこねた我がプリンター

今朝、試しに電源を入れてみると

いつもと変わりなく

ためしにプリントしてみると

素直にジーコジーコ・・・

いったい何だったのだ。

インクまみれになったのがバカらしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Toto  Carmen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インクカートリッジ…限界か

昨日1日の夕焼けは

久しぶりにキレイなものでした。

Dscf4051

部屋の中が茜色に染まった瞬間でもありました。

 その後、水星が見られそうだとカメラをセットするも

まったく姿を確認出来ず。

Dscf4088

木星、金星の延長線上、西の低空に

見えるはずだった水星は・・・。

 

昨晩は、同一時間帯ではないですが

水星、金星、木星、火星、そして土星と

5つの惑星が介する一夜でした。

まだ1週間ほどは見られるチャンスですが

明日からは天気が崩れ冬に逆戻りとか。

太平洋側からまた低気圧。

Dscf4080

泉ヶ岳、スプリングバレースキー場のナイター照明。

ぼちぼちスキーシーズンも終わりです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜、ジーコジーコといつものごとくプリンターをフル稼働

インクが切れたので詰め替えインクを補充し

再びセットすると

「インクカートリッジを認識しません」の警告

「むむっ」

いつもはこんな表示は出ないのに。

原因はふたつある黒インクのうちのひとつのカートリッジが

使用頻度の限界を越えたと思い

他メーカーのインクカートリッジに交換するも・・・ダメ。

すると7色全部が「~認識しません」と。

「ここにきてどうしたどうした」

撫でたり突っついたりしても動く気配なし。

この状態だとメンテナンスが出来ないことを知るw

 

インク残量警告を無効にしている状態で

この「認識しません」は

やはりカートリッジが限界に達しとしか考えられないか…

 今日、純正カートリッジを買って交換してみるしか

手段が見当たらないので

夜の作業は中途だが「無念これまで」。

直らなかったどうしよ(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと懐かしい画像

08022765

もう10年近く前になるだろうか

通称「ダムツーリング」

近場を中心にしたダム巡り。

 なんのことはないダム湖で休憩して

帰ってくるという朝の2,3時間を

みんなで走るというもの。

それぞれが忙しくて早朝にしか

時間がとれないのだ。

 

画像は、集合場所である大衡村「万葉の森」から

「惣の関ダム」へ向かう途中の「道の駅 大郷」で

ちょい休憩。

この日は3月、朝なので気温はまだまだ低く

熱い缶コーヒーをニギニギ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1203010084_2

昨日はポカポカ陽気で

ウトウトとするラン

っていつものことか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_3905

深夜になり靄が深くなっていました。

温んでいた空気が冷えてきたようです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Journey    Separate Ways

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

春爛漫の3月1日

3月に入った途端に春がやってきました。

朝から、今日は暖かくなる予感がする

そんな気配がありました>朝マイナス0.2℃

1203010043_3

結果、今日の最高気温は予報を上回る10.6℃

もちろん今年の最高気温でもありますね

1203010101


《宮城県被災動物保護センター》

まさに散歩の真っ最中だった14時40分に

最高気温が出ました。

ジワリと汗

こんな散歩は本当に久しぶりのこと。

1203010009

雪が音を立てて融けていくような陽気

 

田んぼの用水路、道路へ流れ出る雪解け水

1203010017

1203010031_2

道端には春一番

1203010053_2

暖かい陽射しを満喫

 何だかワンちゃんたちも気持ちが良さそう。

顔もほころぶ散歩でありました。

1203010100_3

今日は水星が見られるかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

China Grove   The Doobie Brothers

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥生三月、暦は春に

2月で「冬」は終わり

3月からは気象的にも「春」になります

 今日はそれに相応しい陽気になるようで

仙台での最高気温は10℃近い予報が出ています

「やれうれしや」

ちなみに今朝の日の出は(仙台)06:08で

あと1週間もすると5時台に突入です。

そして今日の日の入りは(仙台)17:29です。

 

この先、数日は

水星が見ごろ、観望の好機です。

好機とは言っても太陽に近い惑星なので

日没直後の低空で見つけづらいものです

 水星を見たことがないという天文学者も

めずらしくありません。

我が家からだと、ちょうど蔵王の上あたりに

見ることが出来ます。

1202290003

画像のライトは動体反応で点灯する例のアレです。

 反応距離は任意に調整が出来ます。

ワタシの場合は、防犯ということよりも

夜のガレージでの車庫入れで

明るく照らして車を入れやすくするということと

ちょっとスパナを取りに・・・そんな活用の仕方。

 たまに、感度を上げすぎて

道路の向こう側を歩いているのに

それに反応してピカリと

光っている家がありますね。

あれ、夜中でも車や人が通りかかるたびに

ピカリピカリとやられると「いいかげんにしろっ」

と近隣から苦情がこないのあろうか。

今の世の中、そんなことから事件に

なりかねないから気をつけねばならないのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DVD版のアルバムのこと

昨日は、複数枚を同時注文された場合

一枚のDVDにすべてを収めるというようなことを

書きましたが

それを訂正して、同時であっても

一枚ずつDVDに焼くことにしました。

やっぱり3枚分の画像、動画は

一枚のDVDには入りきりませんでした。

中身をカットして一枚に押し込むのは

本位ではないので

ちょっとばかり面倒ではありますが

そういうことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1201240007

ガブ子の「痒い痒い行動」を

LowangleからのBackShotで。

ちょっと盗撮っぽくて本人には申し訳ないが

普段見えないところが観察できて

興味深い画像になった

1111230029

保護センターで暮らしていたときのチビ。

スローシャッターで首振りの様子を再現。

1202270035

ローアングル好きは地面を舐めるように撮る。

カメラが低い位置にあると

モニターを見づらいけど

ファインダーに比べたら天国。

フィルム時代はローアングルファインダーを

使っていたことも。

フジのデジ一眼はモニターが可動したので

大変重宝しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Foreigner    Juke Box Hero 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »