« ボランティア保険の加入 | トップページ | ろーあんぐるフォト 撮影会 »

2012年4月22日 (日)

県森の震災

日中、10℃ちょっとしか気温が上らず
曇り空の下、咲いてる花も
どことなく震えてるように
縮こまり寒さに耐えている、そんな様子に
見えてきてしまいます。

県民の森の中でも
もっとも地震の被害が大きいのが
この現場でしょうか
1204220011
1204220012
利府-岩切線と富谷(石積)線の
交わるところです。
大規模な土砂崩れで
これでは通行止めも止む終えず・・・
 あれから1年以上が経つのに
なんでまだこれしか手をつけていないのだろうか

まあ、復旧工事の優先順位からすると
ココは後回しなのかな

ちなみに、岩切城址の上り口も
土砂崩れで上れないようでした。

1204220013
土砂崩れ現場の向こうにある老木の桜
短いながらも桜のトンネルになっていて
青空の下、満開のときには
得も言えぬほどの美しさがあります。
1204220015_2
「アオキの実」
葉はイチジクに似ていますが

アオキの葉は白くまだら模様
灰色の曇り空だからでしょうか
赤い実がすごく目立っていました。
1204220024
寒さに負けず健気に咲き誇っておりました

1204220027
1204220029
我が家の椿とモクレンが満開

椿はボトッ ボトッと落ちるように散り
根元が無残な様子になり
それがあまり好きになれない理由のひとつ。
でも、まるでダリヤのような見事な咲きっぷりは
レンズを向けないわけにはいかないほどキレイです

我が住宅地の桜も咲き出してはいるけど
この寒さで小康状態。
蕾は色づき、晴れて暖かくなれば
一斉に花開いてあっという間に満開になりそうです。
1203140086
北東北の桜はゴールデンウィークがバッチリ満開かな。

A4003
「フォトろーあんぐる まで」
注:宮城県内に限らせていただいております

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

T.REX   Get it On

« ボランティア保険の加入 | トップページ | ろーあんぐるフォト 撮影会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県森の震災:

« ボランティア保険の加入 | トップページ | ろーあんぐるフォト 撮影会 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト