« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

文句のつけようがない

朝からきっぱりと青空。
適度な湿度と気温。
それらをひっくるめると
今年一番と言い切ってしまうほどの好天に
何の文句もございません。

ただひとつだけ注文をつけるなら
平日であるのが惜しいでしょ

1205310004
東屋で発声練習のおじさん
 なかなかいい声だった。

1205310002
(画像クリックで拡大します)

差し込んでくる朝の日射しは
切れ味が鋭い

1205310007
1205310030
居たいた。

朝から日向ぼっこかい

1205310045

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pablo Cruise   I WANT YOU TONIGHT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう5月が…

ついこないだゴールデンウィークで
伊豆に行って
日食を見て
えっと・・・それから・・・あーうー・・・

そんなこんなで5月も今日で終わり。

1205270027
とんがり塔が青空に突き刺さってました

1205300021
震災以来、ますますガレてきている崩壊現場

1205300032
県内の田植えはほぼ終わり

1205300026
アカツメクサ

1205200005
シールド越しの風が心地よくなった

1205300008
もう帰るワ

1204210035
雑誌やコミックの整理

6月に一大処分をするのだ

ゴルフ、ランチャY10、フィアットパンダ、ルノー5バカラ
ミニ・クーパーと乗り継いでいた頃
大好きだった西風のコミック。
これは手元に置いておこうっと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Billy Idol    Shock To The System

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

里山行って街行って、ああヤレヤレ

然したる急を要する用件もない
ってことで里山へカメラ片手にぶらついていたら
携帯にやれ電話、やれメールだと
立て続けに着信があって
こうはしていられない状態になり
早々に戻ることになってしまった。

こういう状況ってキライだな・・・

1205300019

1205300015_2

1205300027

いつもどこかへ行く際にはカメラを欠かしませんが
ただ漠然と撮っているわけではなくて
目標やタイトルをあらかじめ決めて撮影しています。

本日は「マクロ(接写)とボカシ(被写界深度)」
 被写体よりもバックの背景をより意識して。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県森に居た猫
1205300007
何か見つけたのか
そっと草むらを覗き込んでました
1205300033
「知らない人には触らせないのよ」

そのくらいの警戒心で
ビックリしたり慌てて逃げることもなく
あの家の飼い猫だろうか

ミュウの前に飼っていた我が家のゴンに
似ていた猫ちゃんでした
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

里山から街中へ
1205300050
今日の天気は予報ほどには晴れず
たまに陽射しが出る程度の明るめの曇り

太陽が顔出すと眩しさと湿度の高さから
ちょっとムッとする陽気になるのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原田真二 キャンディ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 ショーシャンクの空に

今まで観た映画の中で
もっとも好きなお気に入りの映画が
「ショーシャンクの空に」です。

おそらく今後の3本の指に入る
個人的名作です。

何度観ても気持ちを新たにしてくれる
そんな映画
1204210040
公開時、評価は高かったのものの
その年のアカデミー賞では7部門に
ノミネートされながらフォレスト・ガンプなどの
映画により無冠に。
しかし、年々この映画のファンが増えた映画です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1110280003
きれいに整理整頓
眺めてうっとりしています。
でも一旦使い出すとあっという間に乱雑になり
今度は見てみぬふり・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ショーシャンクの空に

絶望のどん底でも
希望を持ち続けていく。
 仲間と絆、それが見事に描かれて
何度観てもラストの幸福感はかわらず

サウンドトラック メインテーマ(2曲目)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1205290043
独特の匂い
煎じて飲むと体によいと>ドクダミ

我が家ではただもう雑草のごとく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恐ろしい恐怖ミステリーを描かせたら右に出るものが
いないと作家スティーブン・キングの
「刑務所のリタ・ヘイワース」が原作。

シャイニング キャリー、IT、クリープショー
数え上げたらきりがないほどのホラー
そんな中に
スタンド・バイ・ミー、グリーン・マイルという
名作も多いキング

ショーシャンクの空に ホープ テーマ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_4485
キーホルダー
実はこれも工具のひとつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すべてのサントラが効果的で
曲を聴いただけでそのシーン
そのセリフが浮かんできます。

塀の中の灰色の空間
そしてエンディングの蒼い海

ショーシャンクの空に   Brook was here

「ブルックス、ここにありき」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

里山にはまだアブラナ(菜の花)
1205290008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

みな活き活きしてた

梅雨も近いしひと頃のような乾燥した空気も
一段落して山火事など火災の心配も
だいぶ薄れてきたからか
毎日行なわれていた防火パトロールも
終了したようです
1204240049
ご苦労様です

1205290001
今朝は濃い靄に包まれていましたが
太陽が射すと緞帳(どんちょう)が上るかのように
目に見えるほどの速さで
そのこってりとした濃い靄がはけていきました。

1205270007
グエッと鳴いた

1205290038
朝飯をゲットした

1205290012
この部落のワンコたちは放し飼いである。
 みな元気に走り、生きがいい

どっからともなく全力で走り寄り
いっしょに遊ぼうゼと言っているかのように
これまた全力で尻尾を振る。

山に囲まれた小さい地域だから
誰にも文句を言われないのだろう。

たまに行っては戯れているのだ。
 ここがどこなのかナイショだ
今でも当たり前のようにクマが出てくる所である。

だからこいつらは立派な番犬でもあるのだな

1205260040
先日、一年ぶりに泉ヶ岳に行ってみると
レストハウスが撤去され
スプリングバレーへの道は通行止めになっていました。

だから今、駐車場に停まっている車のほとんどが
登山客なのだろうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Disco apocalypse  Jackson Browne

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体内時計はどこへ

前回の「正しすぎるよ体内時計」と
タイトルをつけたのに
内容はまったくそのタイトルにかすることなく
無意味なものになってしまいました。

タイトルから先に書くか
それとも本文を書いてからタイトルを決めるか
日によってまちまちなのですが
昨日はタイトルから決めて
本文を書き始め、書き進めているうちに
タイトルのことが頭から跳んでしまいました。

ということで改めて
「正しすぎるよ体内時計」とは
ザックリ言うと
電波時計のように正確な我が体内時計が
ものすごく正しいので
このままだと陽が沈むと寝て
昇ると目覚めることになってしまいそう。
 そういうことを書こうと思っていたのでした。

1205280051
昨日、あんな天気だったのに
夕方にはしっかり晴れて
本日も見事な日没を
ゴルゴ13の渋い横長目線で見つめました。

1205270033
間もなく多湿の梅雨がやってくる。
 出来ればサラサラの世界へオサラバしたい

1205270059_4

1205270002_7
今日も会えるかな>散歩ワンコたち

1205280023_2

西野泰平 著 岩魚山脈

新聞記者である作者の
趣味の渓流釣りをとおして体験したエッセイ本
 もうこの本は20数年前に手に入れたもので
この本にかぎらず、以前買った本は
ときどき読み返しています。

今読み返してみると
当時はそそられなかった話しが
俄然面白かったりするのが
我ながらも面白く興味深いのです。

東海中部の山河の話しは
実際に旅で見たりしてきているので
書かれている内容がより深く理解できるから
古本屋に売らずに手元に置いてヨカッタヨカッタと。

この岩魚山脈では
「生まれし土地へ」と「村にあyってきた人」が
特に好きなはなしです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Eurythmics    Here Comes The Rain Again

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

正しすぎるよ体内時計

1205260044
先日の事
お気に入りのひとつである里山へ
カメラを持って出かけてみると
もうとっくに終わっているはずの田植えが
行なわれておりませんでした。
「あれぇ・・・どうして」
本来なら水田に稲が風に揺れている
そんな様子をカメラに撮ろうと思ったのに。

地震による被害が出ているのか
減反か
それとも稲作を辞めてしまったのだろうか

調べてみると
同地域で田植えを行なった田は
全体の7割にも満たない様子
 それも自宅で食べる分だけ作っているというような
規模に見えました。

残念で淋しい里山風景だった

1205270014

天気の具合が悪いのは承知で
オフクロを連れて薬來へ。

以前からウツギが見たいと言うので
渋々ではないが曇天の薬來山に入っていきました
1205280001
ウツギは種類が多く
ワタシにはよくわからないのだけれど
これは「タニウツギ」だろうか?
 

細い山道の両脇が
これでもかというくらいのウツギが群生しているところを
去年、薬來界隈をうろついているときに見つけていました

今日はまだ五分咲きといったところでした。
  ポツポツ降り出す中
土産センターにて山菜の「ミズ」「ウド」そして
もちろん地場産の納豆を買う。

刻んだネギといっしょにミズも刻み入れ
それを買った納豆や
冷奴に加えて食べるのだ。

ミズは正式にはウワバミソウと言い
地域によってはとろろ草と呼ばれるほど
噛むとトロミが出てくる山菜で
まったく灰汁がないので
ちょっと湯がくだけで食べられるお手軽山菜
おひたしでも十分美味しく
もっとも山で採った山菜です。

自然薯のムカゴのような
茶色い実が生り
それもまたじつに美味く肴に最高なのだ。

今晩は納豆とミズのネバネバ作戦
ネバネバは体にイイ

1205280004
昼前から雷鳴をともなったにわか雨
今日一日雨という予報がカーオーディオから
流れていたけど
夕方になると青空と陽射しが戻ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめ人間ギャートルズ エンディングテーマ

やつらの足音のバラード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お肌に良さげ

いつもだと午前中の記事は
前日夜に書き、アップ時間を
タイマー予約しているのですが
この記事はほぼリアルタイムです

08時アップ、朝の7時に書きました。

本を読んでいて
目が疲れうな垂れるように突っ伏したら
そのまま眠ってしまい
「ハレッ?」
気がついたら朝の5時だった…

ということなのです
Dscf1572
早朝の県森
肌寒さがありました。
水分のたっぷり詰まった森の中
肌にまとわり付いてくるような空気。
それは決して不快感はなくて
何か良さげなものが
体に取り込まれていくようです。

 

遅い夏毛に抜け変え中の柴ワンコに
今日は向こうからやって来た。

グイグイとリードを引っ張って
ワタシのところに寄って来て
愛想をふりまく姿に思わず
「いいやっちゃ」と頭をグリグリしてやる。

こっちもウレシイぞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の夕日はキレイだった
泉ヶ岳の頂までもう少し
というところまで移動してきた太陽。
もう夏至までわずか
Dscf1568
 

そして昨晩
今年初めてになるホトトギスの鳴き声を耳にしました。

夜鳴きのホトトギス
夜の静寂な住宅地に
「てっぺんかけたか」と遠くから聞こえてきました。

夏が来る
毎年そう感じる「てっぺんかけたか」
これはワタシの季語だ
1205270025
昨日は一年を通じて数えるほどの好天でしたが
今日は雨が降る予報
 

朝の占いで
ラッキーアイテムがつまようじだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガンバの冒険 主題歌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

あっちもこっちも布団干し

今日も予報を大幅に上回った23.8℃

朝から布団を引っ張り出して
ベランダに干し
滅多にやることのない掃除機なんかもかけてみたり。

日中はずっと窓を開けて
部屋の中は常にいい空気に包まれておりました

1205270053
「万作の池」
空を見上げなくても湖面を見下ろせば
そこにも快晴の青空。
 
画像の天地をひっくり返しても違和感がない。
1205270004
釣り師は朝が早い
1205270008
あれ、今日は独りかい

 
1205270054
(画像クリックで拡大します)
森の奥まで朝日が鋭く射し込んでくる様は
何か物語りの始まりであるような。

水族館の水槽の中を見ているようにもみえるかな

 
1205270009
柴のワンちゃんと飼い主さんと
会話しつつ歩く。

あっちにカタクリ、こっちにミズバショウと
飼い主さんは親切に教えてくた。

ワンちゃんは今、冬毛の抜け変え中。
歩きつつオレの顔を見上げてばかり

「ではここで」
住宅地へ通じる小道を下って行きました。

1205270042
明るい日曜日 気持ちいい日曜日 
干した布団はぬっくぬく
今日も快眠間違いなし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山下達郎 ラブランドアイランド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃厚な生き物の気配(コメント)

小さい小さい芋虫が
糸を垂らした先にブランブランと
揺れていました。
それはちょうど人の背丈くらいで
ブランブランしていて
気をつけて歩いていないと
知らないうちに体に触れてくっ付いてしまいます。

おそらくそれが芋虫の狙いで
まんまとその宙ぶらりん作戦に
引っ掛かってしまう間抜けなワタシです。

引っ付いて違う場所へ運んでもらうという
算段なのか
それともエサとなる小さな獲物が引っ掛かるのを
ただただブランブランして待っているのか。

そうやってブランブランしていたら
鳥にやられてしまいそうだけど
ブランブランしている方が生存率が高いのでしょう。
 そうやって子孫を絶やさぬように
今日までやってきたのだろうから。
1205260084
そうやって羽を休めていると
アリがちょっかいを出してくるので
ゆっくりとしていられず
飛び上がっては止まりまた飛び上がっては止まり
それを繰り返すばかり。
 「うざいな」とトンボ

1205260086
県森で一番多い生き物がこやつ(トカゲ)
遊歩道を歩いているとカサカサ…っと。

常に片手にカメラを持って歩いているのは
リスとご対面そしてカメラに収めたいからで
県森にはそのホンドリスが生息しています。

しかし今だ姿も見れず
いづれ必ずやカメラに。
1205260030
暗い森の中から明るい向こうを眺めるというのは
どこか華やいだイベントを
舞台の袖や客席の一番奥から客観的な
気持ちで見つめているという感覚と似ていました。

何でだろうかナァと考えても
大した答えは見つからないけれども
そうしている方が表に出て行くよりも
いろんなものが見えてくるような
気がするのと
額の向こうの「絵」
そんな見え方が悪くない
1205260061
遠目から顔が白っぽく
高齢であることがわかるゴールデンでした。

穏やかな目つきが印象的で
顔や背中を撫でてやっても
嫌がる素振りを見せることもなく
身を任せてくれたお散歩中のワンちゃん

・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・

《たけし)さん

三毛別には当時の建物が再現されているのですか
行って見たくなりますね

そのあたりでテント張って
そこでこの「羆嵐」を読んだら
相当に迫真に迫って何倍も怖くなりそう・・・
うう、想像しただけで背筋がゾワゾワする。

北の国からの倉本 聡さんが
この羆嵐を読んだあと
北海道へ移住した初日
ログハウスの電気が届かず
真っ暗な一晩を過ごしたそうですが
恐怖で一睡も出来ず
この本を読んだ事を後悔したと「あとがき」に
書いてありましたが
山中泊のキャンプでは読めないかなぁ
まだ稲川淳二の怪談話の方がましかも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Don Henley All She Wants To Do Is Dance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

夏日になった

今日26日土曜日
今年初の夏日になりました。

暑いっ
ということはなく
カラリ湿度で吹く風が心地イイ

もう相当に早い時間に起きてしまい
気がついたら県森だったww
まだ路面は深夜に降った雨で濡れていたので
舗装路をウォーキング

こんなまだ早い時間なのに
人の姿をぼちぼち見かけます。
 犬の散歩をしている親子が
ワタシを見つけて慌てて外していたリードを付けた。 
 オレは別に構わないが
熊と見間違う人がいるから…
1205260002
森を覆っていた朝靄が
陽が射しはじめると急速に解けていく
1205260014
水滴が輝く
1205210505
湖面も輝く
1205250003
今日も仲良く泳いでた
1205260072
じつに贅沢な時間を貰った。

あちこちからドンッドンッと打ち上げ花火
今日は予定どおり運動会だ
という合図だろうか

見晴らしのいいウッドデッキで休憩
 おにぎりとお茶でも持って来れば良かったな
1205260048
日中もそのまま好天
 布団干し
やけに輪郭のはっきりしたバイクのシルエットに
「夏だ」と感じるのでした
1205260099
一晩で読み終わってしまった。
面白い本は時間も忘れ眠気も起きない。

実話が元になっているだけに
恐怖がじわじわ伝わってきます。

作家、吉村昭氏の
「○○だと思う」ではなく
あくまでも「○○である」
という断定できるまで徹底的に取材し
調べ上げる緻密さと
それを小説として完成させ
北海道の大自然と想像を絶する羆の生態が
人間の無力さと孤立感を際立たせ
読んでいるこちらも絶望感に包まれるのでした。

早朝の爽やかな話のあとの熊話というのも
なんだかな…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

America    The border

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

重たく湿って冷たい空気

早い時間に睡魔の誘惑に布団に沈
 よって朝は相当に早く目覚め
二度寝も出来ぬままに起きるのが
ここのところの生活リズム

今日は起きて20分後には
県森をおめざのウォーキング。

朝のうちは陽射しの明るさがある空模様でしたが
日中は湿りがちで肌に触れると冷たさを感じる空気感で
ぽつりぽつりと雨粒が落ちてくるときがあり
一通りの用件を済ました夕方には
ドーッとにわか雨がありました。
1205100008
ちょっと息が上り
ヒンヤリした空気を吸い込むと喉元がスーッと「はぁ」
1205250002
カモがつがいで漂ってた
 右に左に寄り添うように泳ぐ姿は
じつに仲むつまぢく見えるのでした。
1205250010
何気に足元を見たら四葉のクローバー。
1205020014
明日は5月最後の週末
今月も6日あまりで終わりか・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1205250015_2
さっそく購入
 近場のブックオフを2軒ハシゴしても
なかったのでちゃんと本屋さんで買いました。

書棚で吉村 昭氏の並んでいる文庫本を見ると
見覚えのある本が一冊
氏の最後の著作である「ひとり旅」
これ読んでいました。

けっして旅エッセイ本ではなくて
過去の著作の裏側をご本人が綴ったものです。

1204270002_2
氏の一冊の本にかける取材によって
はじめて明かされる事実はひとつやふたつではなく
それは歴史的な発見といっても
大袈裟ではないと思います。
特に「戦艦陸奥」や「桜田門外の変」などの
戦争実話、幕府との争いの引き金となった出来事など
吉村氏の本がどの本よりも忠実に正確に
表されているのではないでしょうか。

そういうことからも
この「熊嵐」も専門家や関係者らの豊富な取材を
もとに書かれているだろうから
尚更に今から読むのが楽しみでなりません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

love will keep us alive  Eagles

| | コメント (1) | トラックバック (0)

脱ぎづらくなってきた(コメント)

あえて半袖の上に革ジャンを着て
走ってみると
ちょうど良い案配で
「気持ちいいナァ」と呟いてしまうほどでした。
ところが一旦バイクから降りてみたら
急速に汗ばんできて
革ジャンを脱ごうとしたら
腕が抜けづらくて閉口してしまいました

素肌の腕がじっとりして
革ジャンの裏地に張り付いてしまったのでした
1205200010

去年は6月に入った途端に梅雨入りしました。
そう考えると
もう10日足らずで梅雨・・・

湿度の低いカラッとした季節というのは
ほんとうに短いものです。

今日は久々のワンちゃん撮影
カラッと陽射しが出るといいんだけどな

1205230009

アジサイに似てる
えーと・・・名前が思い出せない

・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《たけし》さん

お久しぶりです

>羆嵐

おおっ タイトルだけは存じ上げております。
羆嵐なんてゾクゾクするようなタイトル

探し出して是非読んでみようと思います。

もう一冊
志茂田影樹の「黄色い牙」も面白いらしいので
読んでみたいです。

他に面白そうな本があれば教えて下さいね

今は「シャトゥーン羆の森」を読み終えて
震え上がった気持ちを静めるべく
一転、気持ちの安らぐ本を読んでます

1205210511_2
竹之内響介著 「見上げてごらん夜の星を」

「入道雲の夏空に、踏切の警報音が響いている」
この書き出しで読もうと決めた旧き良き昭和の
下町を綴った(たぶん)お話し・・・かと。

入道雲とか、夏の感じる言葉にイチコロです。
入道雲以外に、冷えたスイカ、線香花火
髪の長い女幽霊、夜中のプール、浴衣にうなじ
または浴衣にうちわ
そんな言葉にも弱いと思われ・・・。
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入道雲といえばやはりこれ
0164_2
(画像クリックで拡大します)

雷オタクだったときに撮影した
お気に入りの一枚

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイムマシンにおねがい -2006 Version-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

何もかも初夏ですね(コメント)

早朝から陽射しの強さは夏のそれで
緑のトンネル、木漏れ日が揺れて
目が眩みそうな感覚になりました
1205240005
ポンポンと頭を軽く撫でて
それが挨拶代わりになった時々会うワンちゃん。
1205240010
柏の葉
柏餅の柏ですね
1205240015
いつものカラス
だいたい同じところでウロウロしているから
きっといつものカラスに違いない
1205190008
(画像クリックで拡大します)
露の粒が昇ってきた陽射しに反射して
遠くからそのキラキラが見えました。
 生きている力強さがキラキラにはあった。

・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》さん

ろーあんぐる
>低いアングルで撮ると
生き物でもバイクであっても
大地にガシッと踏ん張ってるように見えて
逞しさを感じませんか?

逞しさ=力強さ
そんな写真を撮りたいという意味も込めて
「ろーあんぐる」としました
1110130045

090929041_2


ドッシリと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5183bnmbiwl
ワタシの中での好きな映画というのは
何度も繰り返し見たくなるものが「好きな映画」です。
 好きな映画の要素のひとつにサウンドトラックがあります。
いい映画はサントラもいい
これがワタシの勝手は持論です。

そんな好きな映画のひとつが「Das Boot」
日本語タイトル「U・ボート」
潜水艦物の中での傑作
潜水艦という閉所感の極限が描かれていると思います。

長編でありながら飽きさせず
衝撃的なラストが
何とも言えず複雑な後味で終わるところが
近頃の映画にはないところ。

そしてサントラが実にイイ。
よくテレビ番組などのBGMで使われているので
耳にしたことがあるはず

Uボートのサントラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淋しいよなぁ…

ビージーズのロビン・ギブが亡くなった。
 10年くらい前にバリー・ギブが亡くなり
もう完全にビージーズのあの歌声は
聞けなくなったのだなぁ。
ビートルズのジョン・レノン、ジョージ・ハリスンのときも
ロバート・プラントが亡くなったときも
そしてドゥービーブラザーズのマイケル・ホサック
ドナ・サマーと
夢中でラジオにかじりつき
レコードに針を落しては耳を傾けていた頃の記憶が
どんどん遠いものになっていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビージーズ  メロディ・フェア

Bee Gees   How Deep Is Your Love

Bee Gees, Staying alive

Bee Gees  Tragedy

Bee Gees   Too Much Heaven

1205200031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

微妙なライン

雨は上りました。

でも思ったよりも青空は広がらず
気温も上らず。

ちょうど宮城県は
「曇」か「晴れ」か
気温が「低い」か「高い」か
低気圧が北に行くか
それほどでもないか
ちょうどそのラインに位置してるようで
予報では気温は上がり晴れる・・・はずでしたが
低気圧はさほど上へ移動せず
そのぶんだけ雲が多くて気温は上って
くれなかったみたいです。

これからの時期は
表裏、丁か半か
○か×か
そんな天気が増えてきます。

 

オフクロを連れてアチコチと買い物
半日、運転手として拘束されてましたが
その思ったほどの陽気にならなかった午後からは
拘束は解かれ自由の身に。

1205230001
今日の失敗

デジカメのバッテリーを充電器に挿したままに。
 まだメモリーが無い方が
数枚だけでも撮影できるのでマシだ。

1205230004
仙台周辺は今、フジの花が見ごろに。

1205230008
我が家の朝顔は、早くも3枚葉が出てきました。
3枚葉 4枚葉が出るころは
気温も高くなって成長はスピードアップ

1205200040
冬に倒れた大きな杉の木を
ベンチにしてあり

遠慮なく使わせてもらいました

1205210513
増田俊也 著 「シャトゥーン ヒグマの森」

二日ほどで読んでしまった。
いやあ恐ろしくて面白かった

シャトゥーンとはロシア語で「穴持たず」の意味で
食い溜め出来ず冬眠せずに冬でも
食い物を求めて彷徨い歩く羆(ヒグマ)のこと。

小説ではあっても
実際に北海道で発生した過去の熊遭遇事故や
厳冬の大地の実態が紹介されて
今オレは温かい布団の中で良かったと
つくづくそう思うのでした。
そして、大袈裟に表現することをせず
克明に且つ冷淡に綴っているのが実に怖い

たとえば
  
  

破れた窓から聞こえてくるのは
骨を噛み砕くカリカリという音と
肉を租借(そしゃく)するガムを噛むような音
そして○○の呻き声だけだった。

生きたまま体を食われ続けた

ストーリーはフィクションだけど
実際の事件に基づいて描かれているところが
う~怖いよぉ

次に読む本は
心安らぐ本にしよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Scorpions   Wind of Change

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヘリコプターに狙われたぜぇ

たまに県森をウォーキングしています。
 早歩き、時には走ってみたりして
わざと心拍数を上げて体に負荷をかけることが
肝心と誰かが言っているのをテレビで聞いて
素直に実行しています。
 

ワタシは過去に右足の膝関節にある
軟骨を骨折していて
その欠けた軟骨が神経なんかに
触れたりすると痛みを伴うのです
 ちょっと無理をするとツーンとした
痛みが走ることがあるのですが
これを治すには手術しかなく
それが嫌なら、少しでも多く
膝に筋肉を付けてカバーするしかないと
医師に言われたことがあります。

筋肉で誤魔化すわけですね
簡単に言うと。

ワンちゃんのお散歩や
ここところの「走り歩き」
自転車に乗る事で
だいぶ具合が良くなってきたなと実感する
この頃ですが
気温が上ると体がほぐれて
そう錯覚することがあるので油断はできません。

県森で、片手に杖やストックを突きながらも
しっかりとした足取りで坂を登って行く
高齢の方を見かけます。
スゴイナァとつくづく感じます。

もう70歳にはなっているな
と思われるのですが
オレはあの歳でちゃんと歩けるのか
下手をするともうこの世に居ないかもな
そう切実な感想。
社会人野球からいづれプロに
そんな頑丈な親父が60歳そこそこで亡くなっているから
なおさらそう思ってしまうのかしれません。
1205190059
オレも野球とサッカーをやった体育会系でした。

若い頃にスポーツをバリバリやっている人間ほど
体を動かさなくなると急激に衰え
それに本人が気づかず若い頃のまま無理をしていると
しっぺ返しを喰うのですね
まさにワタシがそうで
特に骨折して1ヶ月間ギブスで固定し
治ってからは山へも行かなくなると
ほんの数年で目に見えて体は衰え
それはまさに雪崩れ式。
ダイナマイトキッドの叩きつけるような
ブレーンバスターもスゴイが
雪崩れ式ブレーンバスターは
一見すると地味に見えるけど
そのじつ相当に利くのだ(なんの話だ)

担当の医師に
アナタが幸運だったのは
お酒を飲まない、タバコを吸わない
そして何より血圧が平常値であること。
このひとつでも欠けていれば
内臓に問題が出ていたわよ。
と半ば脅されるように言われた。

でも今はその言葉どおりかもな・・・
そうだなきっと
と素直に納得しています。
1204300013
羽を広げたり閉じたり
そのたびに羽のブルーが
日差しに反射して
キラン キランと輝くのでした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1205210501

自衛隊ヘリかな

何度も繰り返し旋回していた。

すると突然ワタシの方へ向かってきたので

意味もなく走って逃げてみました

1205210508

低空で明らかにオレを狙ってたw

何故狙われるのかは謎だけど

ランボーの気持ちが少し味わえた

次からはランチャーを持ち歩くことにする

無限弾のな

1205200019

カラスがバーカと鳴いた

1205200034

今日は天気が回復して24℃になるって

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サクセス ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バンド

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

検査検査の日々なのだ

「オエッ…オエッ…」
二度吐きそうになった。

今は鼻から内視鏡を入れるのが
一般的になり
口からの方法は過去のものに
なりつつある。

 
マウスピースを咥えて涙ぐみつつ
ちょっとばかり後悔したが
もう既に遅い。
 でも喉元を過ぎたら吐き気をもよおすことは
なくなった。
そのかわり空気を入れていくので
妙な満腹感に包まれて
気分としてはよろしいわけがない状態。

これは胃カメラによる胃の検査のことです。

昨日はエコーにより
体内のすみずみまで調べた。

もちろん血液から尿から
抜けるもんはすべて抜いて検査した。

これらの検査のために
金環食の遠征は出来なかったのである。

ある数値が基準値を大きく下回っている
「要検査」の烙印を押されてから
検査日までの間の憂鬱な気持ちというのは
実際にそうなった人にしかわかるまい。

ブログで、やれ日食だのバイクだのと
能天気に遊んでいると思ったら大間違いで
 本当の自分のことなど絶対に書かない。
そんなことを書いたところで
読まされるほうが気の毒というもの。
だいいちハズカシイでしょう

でも、こうみえて小心者で
外的から打たれ弱く
過去に幾度も円形脱毛症になってるんです
こう見えても…

 
気の毒と思いつつ
これを書いているのは
結果的に何も問題がなかったからで
ワタシとしては久しぶりの開放感を味わって
「どうだマイッタかーッ!」と
嬉しくて叫びたい気分なのです

去年は大腸の内視鏡検査を行ない
「問題なし」のお墨付きをもらい
安心していましたが
大腸からその先、胃袋は見たことも開いたこともなく
過去には胃痙攣などを起し
だいぶ胃を酷使してきたので
そろそろダメージが表面化してもおかしくないぞ
ここらで覗いた方がいいぞと判断して
ベッドで胃カメラを呑み込んでいるということでした。

ここ一年
お世話になっている内科のK女性医師の検査結果は

胃も各内臓も良好と。

ウレシイことだが
そうなるとあの数値は何なのダ。

とにかく
大腸も胃袋も内視鏡で問題がなかったので
むこう3年間はそれらに関する大病はないだろうと
太鼓判を押されたのだ。

 

待合室は混んでいる

長い時間・・・

なにもしたくない
誰にも会いたくない
しゃべりたくない
野に咲く花のように
静かにひとりでいたい

しかし腹が減った
残念だが腹が減ってしまった

 

壁に貼ってある相田みつをの言葉を
覚えてしまったではないか。

ほんとうに腹が減ってきた
残念だが本当に減ってきたぞ

1205190022
今日は4月のときの気温で低く
雨も降り出して肌寒いです。

明日は天気も回復して24℃の予報が出ています。
午後から県森ウォーキングが出来たらいいな。

Dsc_0016_3
(画像クリックで拡大します)

細かい模様のクモの巣に露。
小さなビーズで飾ったようで
それが光り輝いてました。

  
1205200009
伊豆稲取往復でヘルメットも革も汚れた。

ほとんどが小さい虫
どうして飛び込んでくるかな
 

シールドはクリーナで
革は専用オイルでゴシゴシ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Eagles    Victim Of Love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウトウト…しつつ(コメント)

・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・

《4番清原》さん
そうかまだ結婚してなかったのね>さっちゃん

ってっきり・・・

雀踊り
>なんかいつの間にかに歴史ある踊り
になってました。

今は多くのグループが出来て
競っているようです
阿波踊りの「連」のように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビのニュース番組の中で
金冠日食の事を取り上げている中で
全国の様子を映し出し
どこかの子供が言った言葉が
とても印象的で残りました。

その子が日食メガネで
金冠の太陽を覗きながら

 
「ドーナッツになってるの」

「雲に食べられちゃう」と言ったのです。

これを聞いて
なんて汚い大人になってしまったのだオレは・・・
と子供の感性に咽び嫉妬さえ感じたのでした。

そんな薄汚れた大人はというと
1205200014
日食で早起きして寝不足を解消しようと
お気に入りの原っぱでゴロリ

元通りの太陽の強い陽射しと
プーンと漂う草の匂い
Gugugugu…
完全に日に焼けましたね

1205190036

来月の6月6日は金星の太陽面通過が見られる
珍しい現象で
これを逃すと次回は100年先になるそうである。
これまた世紀を越えた天文ショー
日食メガネはまだ捨てずに取っておいた方が
いいようだ。

そして8月には月の裏側に金星が隠れ
再び現れる「金星食」まで起こるのである。
忙しいなぁ…
これは14日
12日・13日がペルセウス座流星群のピークだから
寝ていられないではないか。
1205190026
(画像クリックで拡大します)

1205200007
6月には青森県の大間ツーリングがある。
 大間は3年ぶり
そのときは東北を反時計回りに1周
それ以来になります。

白神もまた行きたい
黒石市も散策してみたい
強風で断念した津軽の先っぽにも行きたい
 

ああ、あっちこっち行きたいところばかりなり

1205170071
映画「フィールド オフ ドリームス」を久しぶりに
観ました。

ラストシーンは何度見ても
必ず涙してしまう。

体育会系の男子なら誰でも泣けるのではないだろうか

Field Of Dreams サントラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

世紀を越えた…金冠日食

高速シャッターで撮影できるからと
三脚による固定で大丈夫だろうと
必要最小限のものだけを持って
金冠(部分)日食に望みました。

Dscf0119_2
(画像クリックで拡大します)

前もって「ココがイイ」と決めていた場所の
ベンチとテーブルを独占
360度見渡せるちょっとした高台で
日食観望には打ってつけです

朝、この時間帯はラッキーだった。
夏至間近のこの時期、真昼間の現象だと
太陽が頭上で首が疲れてしまうから。

Imgp3590_2
コンビニのサンドウィッチをコーヒーでかっ込みつつ
食開始を待ち受け
2009年5月の、雨の皆既日食以来
この日を待ち望んでいただけに気合が空回りしなよう
確実に丁寧に撮影
そして日食グラスを使って肉眼で欠けていく様子を
目に焼き付けました
本当に目玉が焼けないように・・・w

Q111_5
次回は18年後の北海道だけど・・・

海外へ出向けば皆既日食や金冠日食を
見れる機会はありますが
おそらくワタシにとっては人生最後の金冠日食と
なるでしょう。
そう思うと感慨深いものがあります。

Dscf1194
太陽が細くなればなるほどに
その太陽を覆うシルエットである月の存在を
意識することが出来ました。

   
残念ながらベイリービーズを見ることは
叶いませんでしたが
太陽、月、地球、それぞれの大きさ、距離 位置関係と
神様が創造したとしか思えないと
信心深くないワタシでも
奇跡的なバランスと神秘的な姿に
人間の科学や知能では計り知れない
何かがあるような気にさせる人間の単位ではなく
宇宙の単位という途方もない時空間というものに
触れることができたような日食でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   Boston    Don't Look Back

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金冠日食 930年ぶりの大天文ショー

仙台は部分日食でしたが
限りなく細い太陽の姿を見ることができました

Dsc_9494a
Dscf0136

朝の清々しい中
太陽と月と地球が一直線に並び
そこに自分が立ち会っているという
不思議な実感を味わえました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『宇宙のファンタジー』EW&F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

明日は金冠日食(コメント)

気持ちのイイ日曜日でした。
 わずかに23℃に届きませんでしたが
初夏を感じるには十分な日差しに陽気。

久々に県民の森をウォーキング
1205200016
(画像クリックで拡大します)

出会うみなさん
いい汗をかいている様子で
「おはようございます」の挨拶の
息が上っているのが伝わってきます。
1205190019
1205200017
さて 明日はいよいよ金冠日食
仙台は今日同様に好天という予報が出ています。

当初は金冠帯に入る南福島から北関東にかけての
どこかで観望しようかと思っていましたが
どうも南へ行けば行くほどに
雲が多そうなので
それならば金冠にはならずとも
仙台に留まってベイリービーズを見届けた方が
いいだろうと決めました。

それに当日の月曜と火曜に抜き差しならぬ用件があって
無理してまで遠くまで行くことは避けることにしました。

とにかく晴れの確立が高いところで見るのが肝心。
1205200027
県森で撮影予定
日食用サングラスが余ってます
欲しい方は県森までw

金環食は空が暗くなることはありません。
おそらくチラッと太陽を見ても
日食中であることはわからないでしょう。

そういう意味でも日食用サングラスは必携

あの数年前の皆既日食は散々でした
離島からの模様は
まるで台風中継だった・・・

・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・

《しょうぢ》さん
ありがとう、今年も楽しい稲取でした。

松代もよろしく

近場走りましょう
ここ数年お気に入りの薬來方面がいいな。
 月末は月初めあたり。
メールするね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Earth Wind and Fire   Can't Let Go

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の波

山の中にいると
耳が敏感になります。

研ぎ澄まされるというのでしょうか。

山は危険なところ
基本的にはそう考えてます
実際に危ないことも経験しています。
山遊びをしている人なら
誰だってひとつやふたつはあるでしょう

あのときのあれはまづかったな
あとで身震いするようなことは
いくらでもあります。
土壇場では適切な判断を欠いて
いるんです。

深い山へ幾程に
調子にのってはいけないと
つくづく感じてはいるんだけど。

そういうことからも
危険からいち早く察知するために
五感が鋭くなるのでしょうね。

力を抜いて生きていける普段の生活では
影を潜めるそれらの感覚が
少しずつではあっても戻ってくるのかも
しれません。

1205190005_2
(画像クリックで拡大します)

朝、空気がピタリと止まったように
静まり返り湖面は鏡

陽が高くなりはじめると
1205190053

山の向こうからザザザァ・・・
枝葉が激しく擦れ合う音が
遠くから聞こえ
それがこちらに近づいて目の前の湖面が
激しくざわめくと
ザワアァァァ
頭上を越え
反対側の山へ抜けていきます。

アニメ「となりのトトロ」でも
そんなシーンがありましたね

風は音でその存在がわかるもの
 

不思議なもので
何かが起こる寸前になると
それまで聞こえていた鳥のさえずり
カエルの鳴き声などが
一斉にピタッと止まったります。

「ん?」
それに気づいて足を止めて
気配をうかがうのですが
なかなかそれを感じることが
できません。

それが風なのか雨なのか
動物にはいち早く感づいても
五感が鈍いワタシなどは
耳に入ってくるまではわからないでいる。

実際に目にして耳にしてから行動に移すのは
第六感が失せた人間だけなのかも

夢中で岩魚釣りをしているときは
川の音も、鳥の声も木々のざわめきも
何も耳に入ってきません。
竿を握る右手と
テグスの目印に神経が集中しているのです。

そんなとき
後ろからふいに
「釣れた?」なんて声をかけられると
飛び上がらんばかりにビックリ
心臓がキュン

本当に勘弁してほしい

 
0165


渓流釣り、山中ひとりでキャンプ

夜鳴き鳥、虫の声などけっこう賑やかだったりするものです
 でもそれらが合図をしたかのようにピタリと止むときが
嫌なものです。
どうしたって見えない暗闇の向こうに意識を集中させて
しまいます。

薪をくべて火を大きくして
大きな声で歌うこと。
そうしないと闇に気持ちが押しつぶされそうになる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1204180010

入梅目前
この最高のバイクシーズン
例年だと松代で棚田とアート
蕎麦と囲炉裏と風呂を
満喫していました。
 さて今回はどうしようか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Steve Miller Band    Fly Like An Eagle 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

仙台青葉まつり(宵まつり)

布団に潜り込んだときには
もうすでに晴れて星が輝いていたので
明日は天気がいいぞおとニヤケつつ夢の中・・・

 

仙台市内へ行ってはじめて
今日、明日は「青葉まつり」だということに
気づきました。
1205190012
1205190042
1205190045
漆塗りの黒光り、朱色が晴天の下で鮮烈
1205190015
1205190014
1205190061
仙台 すずめ踊り

明日が本まつり

1205190050
そういえば今日からオリンピック最終予選

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12512inatori0006
23℃を越えた今日
ツーリングで汚れたバイクを磨く。

日差しの届かないガレージの中が
涼しくて気持ちがよかった。
そんな季節になってきたんだな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

REO Speedwagon   Keep On Loving You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆稲取ツーリング 最終話

一泊二日の宴会ツーリングに
6日も費やして記するところが
オレらしい・・・w

これならプラグ交換で3話くらいはいけそうww

伊東マリンパークで
西日本組の二人と別れ
関東組と仙台組で伊豆スカイラインへ、。

すでに料金所までで我がX4のステップはガリガリ
これは遺憾

富士山もカメラに収めたいので
肝心のスカイラインでは後方に。

12512inatori0163_2
(画像クリックで拡大します)
う~ ざんねんなり

雲に隠れてるぅ・・・
画像の山は位牌岳
右後方に富士山があるはず
12512inatori0162
それにしてもこの眺め清々しい
ハンググライダーが空を泳いでいた
12512inatori0164
下から吹き上がるような風に
スゥ・・・ハア
大きく深呼吸

っま、富士は見えねども
この風景が見れたからヨシ

12512inatori0166_2

12512inatori0169_3
伊豆スカ下りて
関東組の3人とはここでお別れ

12512inatori0172_2

12512inatori0175

12512inatori0176

小田原厚木道路の手前で
関東組、4番清原さん夫婦、サッちゃん夫婦と別れて
仙台組は高速で一路仙台へ

12512inatori0181

二日間、往復で1200キロ近い距離を走りました

仙台組、お疲れでした。
12512inatori0177

19時、思ったよりも早めに帰宅出来ました。
みんなありがとう 楽しいツーリングでした。

すでに秋の「十日町ツーリング」の古民家を押さえました。
 10月に新潟で再会しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Blues Brothers

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

伊豆稲取ツーリング その5(コメント)

「死んでないか」
そんな言葉が出てしまうほど
寝坊助が必ずいるけど
その日の朝はけっこう皆早起き。
  
朝飯後、グダグダしつつ「渇!」とテレビで言って
いるのを
ビールを呑みつつ・・・
いやいや、お茶を啜りつつ「あー」だの「うー」だの。
  

今回は案外テキパキと後片付けと身支度をととのえ
早めの出発
12512inatori0113
エンゼルグランディア伊豆稲取

12512inatori0134
(ホテルの前で記念撮影)

集まった仲間全員で「道の駅 伊東 マリンパーク」へ。

12512inatori0143

毎年この道の駅でお土産を物色することになってます

不思議なもので
来るたびに天気がよくて
降り注ぐ日差しが眩しいなぁといつも感じる伊東
そんな記憶しかありません。
本日も自称「雨女」が居たものの
「晴男」の面々が勝った模様

12512inatori0147
猿まわしを初めて見た
12512inatori0155
器用なものなのだなぁと関心
12512inatori0156
それを見る仲間たち
なぜに険しい表情なのだ

道の駅 伊東マリンパークでは
お約束のニューサマーオレンジ、干物
そしてお饅頭
このときばかりは
でっかいリアボックスを積んで来て「正解」とほくそ笑む。
 レインウェアがないから尚更余裕。

ツーリングでは
案外レインウェアが場所を取り重量もけっこう
あるのですね
 

あまりにココでまったりしていると
身もココロもダレてますます動きたくなくなり
それが仙台への帰宅時間に響いてくることに。
 

しかし、このまま海沿いを小田原までジリジリと
遅いペースで走るのもどうなんだ
ということで伊豆スカイライン経由で行こうと。
 天気もいいし、これは富士山をバックに写真を
撮れそうだとふたつ返事でオーケー

  ・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・

《なかた》くん
オレはいつも早起きだけど
キミはいつも遅いぞ

今回はテキパキとお手伝いしている姿に
意表をつかれた。
ご苦労さんでした。

ずーーーーっとこれからも頼む>一同

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Eagles   Learn To Be Still

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この夏も暑いのか

大気が不安定だった昨日の午後
ゴロゴロと鳴り出し雨が降って来ました。
でも先だってのようなヒョウや大粒の雨やら
いろんなものが空から落ちてくるような
そこまでの雷雨には至りませんでした。


ここ数年の暑さには参っちゃいますが
さらに暑さが長いことにも参っちゃってます。
 来たる夏も「暑くしてやるぞ」という気合を
ここのところの高めの気温から感じとれ
脅されているみたいで
こっちとしても「来るなら来てみろっ」と気合を入れては
いますが、いざ暑くなってみると
「うぅぅぅ」と舌を巻くことになるのかな・・・。

「寒い」か「暑い」か選ぶなら
断然「暑い」ですが
人間には限度というものがあるわけで
毎日毎日暑いんじゃ体がもたない

エアコンがあまり好きではなく
とくにここ数年はなるべく使わないように
心がけていました。
「どうしても」というときは
「暑い」ということより「じっとり」
湿度があまりにも高くて不快だから
除湿する
そういう意味でエアコンを使ってました。

暑さに我慢出来る仙台の暑さではあるのです。
ただ、夜の湿度の高さはどこにも負けないくらいなのが
大きなタマニキズ・・・

1205140021
雨が上ったときの県森からの眺め
石油コンビナートの向こう
海までも見えていました。

1205140005
県森中でもココがいちばんのお気に入り場所。

東屋もあるけど
この芝の上にゴロリと横になるのが最高
何もかも忘れさせてくれるほどの居心地の良さ

1205160015
暑い夏に向けて

勢いを増して成長している我が家の朝顔たち

 同じプランターが4つ
玄関前に出来上がる簾(すだれ)朝顔が
今から待ち遠しい。

この朝顔の木陰に吊るすに相応しい風鈴を物色中

1205040024
ツーリングで汚れたのでちょっとお掃除 
 なあに、潤滑剤で拭いただけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Bob Welch    Ebony Eyes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

伊豆稲取ツーリング その4

サカナを喰い
肉を喰い
カレーまで喰い
野菜をこれでもかと喰い
持ち寄った土産までも喰い
もっもう・・・ダメ
ダメだってば

 

みな走り疲れと呑み疲れ食い倒れ

最後にお約束のマンゴープリン
これだけは絶対に外せない。

その理由を問われても答えられないけど
稲取でも越後湯沢でも欠かした事がないから
いまさらやめられないのだ

インディー500の優勝者が
チェッカー後にミルクを飲み干すことと
いっしょなのである

4番清原さんよりも早く
仙台組はずぶずぶと布団に潜り込んでいました・・・

ちょうど日の出頃に目覚めWC
 みなイビキ、歯軋り、死んでるように
静かに寝てる者いろいろ

  
障子を開けて見ると

12512inatori0093_2
(画像クリックで拡大します)
目の覚めるような相模の夜明け
12512inatori0099
本日(13日)も穏やかで
伊豆大島の姿がやわらかい

「目が覚めるような」とは言ったものの
またずぶっと眠りについてしまうわけで
次に起きたときには
12512inatori0104
太陽は海面を照らすまでの高さになって
その反射した光りで
今度はほんとに目が覚めた

さすがに三度寝は出来ず
ひとり風呂に浸かったあと「稲取散歩」
12512inatori0126
伊豆は柑橘系の果物が多いところ。
ニューサマーオレンジかな
12512inatori0115
ベランダから見えたオレンジの木を
間近で見たくて歩き周ってみたものの辿り着けず
山沿いから海を見渡せる方へ歩き直し
12512inatori0116
(画像クリックで拡大します)

いやあ海風浴びてじつに気持ちがイイ

海っぷちまで行きたくなったけど
冷静に「遠いな」と感づき
即却下して部屋に戻るのでした。

帰り道、美人な女性と多くすれ違い
そのたびに笑顔で「おはようございます、うふっ」
と挨拶されて気分は益々上々になる

今日のこの件は
誰も知らないだろう
寝てたからね

早起きは一文の得

・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・

《しろすけ》さん
お疲れでした

河童なしでたどり着けて最高!
けんじクンの自己紹介最高!!
苗字初めて知ったw最高!!!

ETC最高!!!!(爆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Don't Bring Me Down   ELO

女性とはすれ違っていなかった

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カラリと暑くなりました(コメント)

昨日は昼ころから晴れ上がり
それを待ってましたとばかりに
気温もグンッと上昇し24℃になりました。
ただひとつだけ反比例して下がったのが湿度。

27%になりました
これはもうカラッカラッ
山火事注意の低湿度です。

1205140009
1205070033
1205070013
一昨日は雨だったので体を動かせず
一日部屋の中で過ごしていたので
時間の空いた午後も遅めの時間に県森へ。

いつもの防火パトロールの方としばし。

あの熊騒動は
やはり犬、またはこの辺りに多く棲むハクビシンを
見間違えたのではないかと。

熊と比べればさほど大きくはないハクビシンでも
薄暗い下草の茂る中でガサゴソ音を立て
丸い背中が見え隠れしていたら
ビックリして熊だと勘違いする人もいるかもしれないと。

特にハクビシンは夜行性で
日中は滅多に姿をあらわさないだけに
熊騒動の張本人である可能性がある。

登り道を歩いていると
ジワリと汗
雨上がりの林の中はジメッとした蒸し暑さがありました

そのかわりに
山の中を駆け抜け木々を揺さぶる風が
体を吹き抜けていくので
汗をかいた肌を冷ましてくれて快感
1205140008
ヤマユリの成長が著しい
このあたりでは6月後半から開花

1205070011
もう目の前が住宅地
そこから散策に来る人がけっこう居ます。

夫婦で散策していたり、犬の散歩をしたりしているのを
見ていると
じつに羨ましい
何気ないことだが実は贅沢な様子であるなぁと。
 意外に出来そうで出来ないことだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》さん
カッパを着たのは
仙台の奥さん だけ・・・
オレは持って行かなかったし
しょうぢさんは滅多に着ないし・・・

  
12512inatori0003
単調な高速道路
必ず睡魔が襲ってくる
そんなときの眠気覚ましは
ガムでもない、アメでもない
大声で歌うこと
もっとレパートリーを増やさねば。
落語を暗記して独り噺もいいかも
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cheap Trick  Dream Police

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

伊豆稲取ツーリング その3

というわけで仙台組も
ここエンゼルリゾート伊豆稲取に無事到着

13階からの眺め
相模灘が
「ようこそ、いらっしゃい」と
穏やかに迎えてくれたのだ

12512inatori0058
午後6時半、夕暮れ間近
 伊豆大島の姿がやさしく見えた

「やあやあどうもどうも」と今年も再会できた喜びの挨拶
っもそこそこに
道中の疲れを温泉に浸って「う~~ぅ」
12512inatori0122
革ジャン着たままテニスでもやってみるか

 
ワイルドだろう・・・

 

今年は総勢15名が集合
北から仙台、栃木、千葉、神奈川、名古屋、兵庫から
全員バイクで

12512inatori0069
そして宴会の始まり 
4番清原さんの音頭で「かんぱーい!」
12512inatori0085
毎回恒例?の自己紹介??
見慣れた連中も実は本名を知らなかったりして・・・

本日のGOOD自己紹介はけんじクンにきまり
12512inatori0090
乾杯は繰り返し行なわれるのである。

アルコールが足りなくなり
タクシーを呼んで買出しに。
すこぶる元気に呑み、食べました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The break up song  Greg kihn band

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

伊豆稲取ツーリング その2

伊豆にはまだまだ辿り着かないのだ。

12512inatori0016

東北自動車道 佐野SAにてケンジくんと無事合流。

川口JCTを経て首都高速へ。
この荒川沿いの首都高速川口線から
完成した東京スカイツリーが足元まで良く見える。

スカイツリー建設中から
あそこからの眺めがいいね
と皆思っていたので
今回ひそかに楽しみにはしていた。
 ここにPAでもあればな
12512inatori0021
ということでスカイツリーから最も近い
首都高、駒形PAにて一枚

上部しか見えないが・・・

1005080252
(2010年 同じ駒形PAから見た建設中の
東京スカイツリー)

ゴールデンウィーク明けの翌週末ということから
比較的交通量が少なくて
毎年渋滞にはまることなく都心を通過できているのは
ありがたい。

海老名SAで軽めの遅い昼食をとり
今回は2009年以来の沼津、天城を越えて河津に至り
稲取へと遠回りのルートを選択。

一般的な小田原からの東伊豆ルートは
帰路で走るので同じところをなるべくなら
走りたくない。

海老名から沼津まで一気に・・・
途中、大井松田の先にある東名高速の
「左」「右」ルートでけんじガンマだけ左ルートへ。
どちらにしてもまた合流するので問題はないのだが・・・

沼津ICを降りると市内の道は相変わらずというか
やっぱり混んでいた。
最後の給油を済ませ
いざ天城越え

問題はどうも雲行きが怪しい
高速道路上でもポツポツあり
天城の山は黒雲に覆われている。

レインウェアは・・・ないw

朝、東北から関東、静岡の天気を
くまなく調べたが「雨」の文字も
「にわか雨」の一言もなかったから
あえてリアボックスから放り出して出発したのに
やっぱり裏目に出たか

141号線、ちょっと降ってきたが
さっきまでは本降りだったようで
路面はびっしゃり、大きな水溜りも。

 先頭を走るしょうぢさん
たまらずコンビニに立ち寄る。

誰もがレインウェア着用
かと思ったのもつかのま
「居ない」
「けんじクンが居ない」

まあいつものことといえばそれまでなのだが
あのとき(東名高速)から居ないのは
ちょっと時間が立ち過ぎている。
先を走っているか、まだ後ろか
それとも違うルートか
12512inatori0035
けんじクンへメールの図

12512inatori0048_2
(画像クリックで拡大します)

雨雲は我々より先へ先へと先行しているようで
それ以上降りだすことなく
空は明るさが戻って
天城、ループ橋を駆け下り
下田街道から河津に出たときには
路面もすっかりと乾いていて
オレは「勝った」と思ったw
12512inatori0055
けんじクンとも再度合流でき
稲取まではあとわずか

 ・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・
《4番清原》さん
今回もお世話になりました。
アジアの奥さんと宮城野の奥さんの
中間の「仙台の奥さん」に落ち着いたのですなw

《なべ》ちゃん
お疲れ様でした
 ご夫婦でバイク乗りというのは
実に羨ましいかぎり。
秋も是非ご一緒に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YMO  COSMIC SURFIN

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春から初夏へ

週末から気温が低く
肌寒さがありました。

それは仙台だけではなくて
関東方面もそうでした。
 でも、もともと関東は東北からみれば
気温が高いので
我々仙台に住む人間にとっては
それでも「暖かい」ということになります。
しかしそうは言っても
若葉は深みのある緑になりつつあり
それに降り注ぐような日差しが強調し
春から初夏という言葉になりつつあるのだなと。

高速道路を南下していくと
東京に近づていくごとに
道路の両サイドの木々の緑
濃さが増していくこと気づきました
 

里山やその麓では
まだ春であることを引きずっていて
春とその先にある夏が混在し
見た目に楽しめます

1205080034

里のお宅というのは
雪が解けると様々な花を絶やさぬよう
順繰りに咲かせているのがわかります。
 実に上手く、何故だか「さすがだなぁ」と
感心することしきり。
花は自分が見て満足するだけではなく
他人が見ても「きれいだな」と思うもの。
 その術を知っているようです

 
1205100014

タンポポの綿毛が風でたくさん飛んでいます。
ふわりふわりと風まかせ

1205140007

そしてすでにトンボ。
姿を見るのは自身、今年初のこと。
 チョウとは違い、メリハリのる飛び方に
鋭さと若さを見た気がしました。

1204280148

バイクのヘッドライトやヘルメットのシールドに虫が当り
汚れが目立ってきました。
もうそういう季節になったんだなと
頑固な汚れを拭き取りつつも感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dm0505aa

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Howard Jones   No One Is To Blame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

伊豆稲取ツーリング その1

去年は東日本大震災のために自粛した
伊豆稲取ツーリングですが
今年はそのぶんまでたっぷりと楽しみました。

関東組、西日本組、仙台組と
大まかに3つのグループが
静岡県は伊豆半島の稲取に集まります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12512inatori0002
まずは(うつみFZR1000)(しょうぢGSX1100Sカタナ)
とオレ(いいじまX-4)の3人で出発し
東北自動車道を走って早々の菅生PAにて
ナベちゃん夫婦と合流
12512inatori0027_2
12512inatori0004
なべちゃんGPZ1100 恭ネエDRZ400

最後に栃木の佐野SAで(ケンジγガンマ400)と
待ち合わせ6人6台で伊豆へ。

この日は気温が低く
走り出したときは10℃を下回っていたと思われ
薄着ではちょっと厳しく
フリースを着こんで走りましたが
強風が行く手を阻むように吹きつけました。

一日強風の土曜でした
でも、南下するほどに気温は高くなり
佐野SAあたりになり寒さは気にならなくなりました。

ライダーもバイクもまずは皆快調なり。

関東組、兵庫、名古屋の西日本組は
10時に沼津あたりに集合して鯛丼だと。

仙台組すでに昼を回ってもなお東北道
 なあにいつものこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Steely Dan   Peg

1205050319
(masterfm@nifty.com)まで

| | コメント (3) | トラックバック (0)

行って来ました伊豆稲取(コメント)

とりあえず無事に帰宅したことを報告。

毎年行なわれる伊豆稲取ツーリングに
あえてタイトルをつけると
「駆け足の稲取」
時間的に9時間から10時間の距離です

体力的にきつくなってきているけど
見る、食べる、伊豆でしか味わえないものが
多くあり
今年もみんなに会えるヨロコビというものも
増してきています。

今回もそんなステキなツーリングでありました

Dscf0634
(画像クリックで拡大します)

伊豆の海は穏やかでした

 ・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・

《若葉のマミィ~》さん
お久しぶりです、コメントありがとうございます。

ももこ(ガブ子)
心配な面もなきにしもあらずですね。
でもマミ~さんが言われるように
幸せに過ごしてくれると信じています。

そして、もちろんうめこも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Wilson Bros   Another Night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

ゴールデンウィークのワンちゃんたち

ゴールデンウィークは
ビーグル犬のバロンちゃん
撮影会での、もみじちゃん、ぷりんちゃん
そしてみみちゃんを撮影しましたが
公開NGのワンちゃんが一頭と
お孫さんの撮影依頼が一件ありました。

連休に家族が揃うので
そのときに撮影をという依頼です

本当にありがたく
自分なりに一生懸命撮影させていただきました。

お孫さんの撮影では室内でレフ板を持ち込んでの撮影や
鯉のぼりをバックに撮影したり
3世帯揃い踏みの集合写真と
ワンちゃん撮影では出来ないような撮影も行ないました。
 CD制作の他にA4サイズのプリント数枚と
アルバム依頼制作とツーリング前に無事にお渡し出来ました

公開できないワンちゃんは
老犬で実に大人しいミックス犬で
歩き方もゆったりと走ることもありませんでした。

目もだいぶ衰えているのか
飼い主さんを探すような仕草が
切なくも微笑ましく見えるのでした。

この場を借りて改めて
目に入れても痛くないほど可愛いお孫さん
家族同様に可愛がられているわんちゃんを
撮影させていただき誠にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_0163
まだまだ元気なバロンちゃんと飼い主さん
1205050155_2
グリグリされて「ギモジイイヨォ」のみみちゃん
1205050167_2
遊びに来ていた見ず知らずの親子にナデナデされても
動じない もみじちゃん
1205050652
疲れたのかな? 眩しいのかな? ぷりんちゃん
1204180012
図体ばかりでっかい我が愛犬(愛車)どすこいX4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Steely Dan   FM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

南川ダム てくてくウォーク

ゴールデンウィーク後半の早朝に
仙台から北部に位置する南川ダムへ行き
ぐるりとダム湖を廻ってみました。

車、バイクでは何度も通っている道も
歩くといろいろ見えなかった部分が見えて
新しい発見と新鮮な気持ちが味わえました。
1205080012
花曇りの空模様がかえって春の穏やかさを
醸し出して柔らかい景色に見えていました
1205080008
1205080013
里では田植えの真っ最中
朝も早くから活気のある姿が見られました
1205080017
もうフキが田んぼの土手に
1205080026
かと思うと菜の花が満開だったり・・・。
1205080022

約2時間ほどで一周。
9千歩のてくてく歩きでした。
次回はどこを歩いてみようかな
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただいま伊豆稲取へツーリング中
 いまごろ宴会真っ盛りかな
1204280140
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12050502101
固まってる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Howard Jones    New Song

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初のロングツーリング、伊豆稲取へ

昨日は日が暮れてからバイクの整備。

 今日、土曜日から明日、日曜日の1泊2日で
毎年行なわれる静岡県伊豆半島稲取へ
ツーリングに出かけるのでそのための
一応のメンテナンスです

1205110051
(画像クリックで拡大します)

日中の風もおさまり
穏やかな夕暮れ空
木星がギランっと西の空に。

1205110052_3

キャリパーのメンテ、タイヤの空気圧を若干高めにし
荷物を詰め込んで明日に備えます

1205110055

その後、明日ご一緒するしょうぢ@カタナが来て
キャリパーのメンテ。

ブレーキダストを取り除き
要所にシリコングリスを塗布して
動作を滑らかに。

仙台からは5人が稲取へ
ではでは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

beverly hills cop   the heat is on

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

何はなくともアクセルアシスト

雨は早々にやみ青空ものぞく天気までに回復
でも、風が強くて気温も上らず肌寒さがありました

相変わらず何やかやとやることはあるけど
段取りの悪さがわざわいして
どうもモタついていて自分でイライラすることアリ・・・。

頭を冷やす意味と運動を兼ねて
午後も遅めの時間に県民の森へ。

今日は無理せずウォーキング
1205110001
アゲハチョウ(違うような気がする)
今年になって初のアゲハ。

昨日会った防火パトロール中の消防隊員と
今日も遭遇して
昨日の熊騒動について聞いたが
真相はわからず仕舞いであると。

5年ほど前にも熊目撃の一報があり
そのときは「黒い犬」の見間違いだったそうで
もしかすると今回も・・・

でも、100%そうとも言い切れないので
2箇所に「熊出没、注意」の看板を立てて
注意を促すそうである。

やれやれ・・・
1205110003
そんな県民の森
散策や山菜採りの方々を多く見ました。

すれ違いざま、追い越す際に
「こんにちわ」と挨拶は欠かしませんが
「熊騒動」については口にしませんでした。

驚かすつもりもないし
バカにされてもイヤなので
 それに存じているなら怖がって来ないだろうし
そちらから熊騒動話をふってくるのではと思いました。

とにもかくにも清々しい1時間ほどの散策でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1205090050

アクセルグリップに付いてるベロのようなものは
「アクセルアシスト」
長距離を走っているとグリップを握る手の握力が
衰えてきて痺れたり感覚が無くなってきたりします。

それを防止してくれる逸品がアクセルアシストです。

旅に出るときには必ず取り付けてます。

とにかくあるのとないのとでは大きな違いがあり
大変助かってます

握るというよりも手の平に添えるという操作になるので
握力低下は皆無

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12050500291

きれいにカットされて見た目に
スッキリな印象のもみじちゃんです。

耳の形から
まるでショートボブってかんじに見えてカワイイ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BOB SEGER    Shakedown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルグル写真でちょっと味付け

昨日の「県森クマ騒動」はどうなったのか
気になるところですが
県内トピックにも反応がないのでわからずじまい。

ワタシはしっかりとした対応を取っていれば
クマとの危険な遭遇は防げるものと信じて
行動しています。
それでなければ山形の山中で
とっくに頭をかじられていたでしょう。
それでも毎回無事に下山出来たのは
ばったり鉢合わせしないよう
こちらの存在をクマに知らせていたからです。
 

熊避け鈴では効き目が薄いだろうと思って
音の大きな南部鉄器の風鈴にしてみたり
クマの糞や足跡の多いところ
ハエがたくさん湧いていたり

進む方向の風下に居るときなど
定期的に爆竹を鳴らしたりしていました。
 そのためかクマとのご対面は
ただの一度もありません。
これだけ手を尽くしても頭をかじられるなら
それはそれで納得ですw
好きなだけかじってもらいたい

オレはクマよりヘビがダメ
大嫌い
見るのもイヤッ

0193
山形県大井沢 クマのような3人
たっぷり雪が残る年のゴールデンウィーク直前
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単に出来る「オモシロ技」 THE 回転

1205020005
1205100011
殺風景でも回せば何かが変わって見えてきますかね

 

1205070040
紫外線の強さは、真夏並みであると聞きます。

たしかに日差しそのものもだいぶ強烈になってきました
 湖面に反射する光りは直視することができず
目が眩んでしまいます。

この日、とうとう目がむず痒くなりました。
ブタ草の花粉によるものでしょうか
目にゴミが入ってしまったときのような
ゴロゴロムズムズ感。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1205050080
もうイヤッ
地べたにペッタリのぷりんちゃん。

うしろで「やれやれマイッタナァ」と飼い主さんの図
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1205100019
1泊のツーリングでこのリアボックスは大袈裟
 バッグひとつで十分なんだけど
大は小を兼ねるで楽なんですね。
土産のフルーツも名物の干物も
たっぷり入るんだもんね
1205050319
お問い合わせは(masterfm@nifty.com)まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yes   Hour of Need

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

県民の森、くま騒動(コメント)

猫ひろし オリンピック出場取り消し

彼にとって残念なことですが
正直オレは取り消しが全うなことだと思った。

そもそもがおかしいことではないか。
オリンピックや各ワールドカップというのは
国別対抗戦の最たるもので
だからこそ世界中の人々が一喜一憂する。
「出場するため」「勝つため」
そのような理由で一時的にも
国籍をその国に変えて出場するなど
明らかに間違っているし
そんなことをされては我々見ている側は
面白くも何ともないのだ。

特に金持ちの国というのは
有力選手を金にものをいわせることが
ここのことろ目立っていて
これはまったくスポーツの面白さを
スポイルしてしまっている。
読売巨人軍がいくら強かろうが
大金積んで有名選手を引き抜いてきて
ホームランを何本も打とうが
そこに至るまでの過程を抜きにしては喜べない
目の肥えたファンを甘くみている>ナ○○ネ

話しが少し反れてしまったけど
そう言う事なのだ

この国籍変更問題は
もっともっと大きな事として扱ってほしい。
これはドーピング同様に重大だと思うから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「熊が出ましたよ」
「はやぶさの道」に入ろうとしたとき
男性から声をかけられたので
「えっ いま熊って言った?」
と聞き返してしまいました。

ここから西数百メートル行ったところで
熊が出たと。

男性は少し興奮気味に話すので
オレを騙そうとウソ八百を言っているとは
思えなかったが

「ココに熊が出たんですかぁ?」と
また疑うように言った。
「気をつけてください」と言うので
わかりましたと応えては「はやぶさの道」へ
改めて歩いて行こうとすると
「行くんですか?」とちょっと強い口調で言うので
「ええ」と。

熊が出たというのに
アンタは何を考えているんだ。
行ったら危ないじゃないか

ということを言いたいのだろう

1205100016

県森に熊なんて今の今まで聞いた事もない。
ここに棲んでいるなら
もう何人もの人が遭遇していても不思議ではない
それくらい狭い範囲だし人も多い。
ただ「ぜったいに居ない」とは言い切れないのは
地震以降通行止めで車などの通行がなく
四方を住宅地で囲まれているとはいえ
大郷方向から来れないこともないかもしれない。
 

歩きつつそんなことを考えていると
常勤パトロールの消防の方が居たので
熊の件を聞いてみると
「熊? 初耳だな」と。
その方も県森で熊目撃は初めて聞いたようで
首をかしげる。

誰もいないと散歩に来た人が犬のリードを外す人が
居るのを何度か見たことがあるが・・・
大方そんなことではないかとオレも思った。

1時間ほど山の中の遊歩道を歩き舗装路に出て
道路工事をしている作業員に
熊について訪ねてみると
あの男性から聞いたらしく知っていた。
「女性が逃げたらしい」
そんなことを聞いたという。
1205100017
はたして真相は如何に
本当に熊が居たとしても
襲われた人が居なければニュースにはならないかな
1205100005
熊よりもトトロに出てきてもらう方がいいなぁ
1205100002
クマバチがツヅジの蜜に夢中だった。

クマバチはちょっかいを出さなければ
襲ってきたりすることはまずない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1205100018_2

伊豆稲取にむけ
ツーリングボックスを取り付ける。

  ・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》さん

そちらではここ数日雷が発生しているようですね。
 ちょっと週末は気温が、特に仙台は低いみたいで
寒さ対策万全で挑みます。
一応マンゴープリンをよろしくとしずもげらに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

judas priest - diamonds and rust acoustic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷オタク危機一髪

とおに桜の花は散って
葉桜になってしまいましたので
「今さら」という気もしないでもありませんが
撮った画像をお蔵入りにするのは惜しいから
昨日のつづき「洞雲寺の桜」を一枚
1204280182

1204280200
ここの鐘は自由に突いてもいい?
1204280206
「座禅窟」
子供の頃、ここに入って遊びました。
アリ地獄の巣がいっぱいあった記憶があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話はガラリ

ここのところの不安定な天気で
落雷による事故が起きているから
不謹慎なことは言えないのですが
ワタシは、今で言う 雷「オタク」。

特に以前は雷、つまり稲妻を撮ることに凝っていました。

 
入道雲が湧き雷鳴が聞こえてくると
慌てて家の中に逃げ込む・・・のではなくて
居ても立っても居られなくなり
カメラと三脚を手に外に飛び出したものでした。
 

稲妻の撮影は夜が最適です
それは長時間露出が可能なので
稲妻を撮りやすいわけです
1205080093

この稲妻を撮影したとき

いつものように近づいてくる稲妻を
捕らえようと撮影を始めました。

まだまだ(稲妻)が遠いなぁと思った矢先
数百メートル手前の電信柱にドドガガーン!
 閃光の眩しさと耳をつんざく轟音に
自然と身を伏せていました。

そして我に返るとカメラを放り出したまま
一目散に逃げましたね・・・いやはや

今は外に出てまで撮ることはないけど
窓を開けて・・・ということはあります。

いつまで経ってもバカが治ることはない
1205060004
1205060010
(いまーいゼファー750)

オトコの子の趣味というのは
「スリル」というスパイスが加わらないと
面白くないのではないか。
 特にワタシの場合はそう
スリルのないものは直ぐに飽きている。

カメラは・・・
ある意味においてスリルがあるか。
 もう趣味の域を越えてしまったか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PULP FICTION 『Misirlou』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

ろーあんぐるフォト 撮影会のパッケージ

5月5日のこどもの日に撮影したワンちゃんの
DVD(画像)が出来上がり
今日(9日)、撮影させていただいた飼い主さんへ
お渡ししました。

Aaa0011

今回のDVD用パッケージは
今までとは違い、3頭のワンちゃんを収めたものなので
表紙画像もワンちゃんそれぞれを選択して配置。
 タイトルは単純に「SPRING」春としました
それは「夏」バージョン、「秋」バージョンも「ありますよ」
という布石・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

裏表紙は飼い主さんほか集まった方々と
ワンちゃんが触れ合っている画像を
大胆にトリミング
6分割して一枚に仕上げてみました。

ワンちゃんの「目」
飼い主さんの「目」
どれも眼差し(表情)がいいでしょ

やっぱり「目」なんですよ。

 授業で「目を見なさい、目にピントを合わせなさい」と
言われた先生の意味がようやくわかってきた・・・かな。

人の顔は目鼻立ちで出っ張ったり引っ込んだりして
クローズアップ撮影するときは
凸凹している顔の中で「目」に焦点を合わせない
という意味なのですが
それだけではなくて
「目」が生きているかそうでないかで「決まるよ」
という意味も含まれていたんですね

ボンランティアで被災犬を撮影をした当初
「目」よりも「動き」ばかりを追いかけてました。
 それはそれでいいのですが
「目」が写っているもの、「目」が生きているものは
何はどうあれ
伝わってくるものがあるんですね。
こっちの思い込みであっても
感じるものがある写真(ワンちゃん)は
何度見ても飽きないのです。

1205090056

ぷりんちゃんは歩いて来れる距離なので
お散歩しつつ我が家まで来てくれて
DVDを差し上げました。

以前のときみたいに
後ずさってしまうことはなかったけど
ちょっと目がきょどってたかな>ぷりんちゃん。
地べたに這いつくばっちゃうところが
何とも言えずカワイイ

 
Sさん親子(Ayumiちゃん)ぷりんちゃん
ありがとうございました。

仙台みみママさんともみじ姉さんとは
某ホームセンターで待ち合わせて。

次回は梅雨明け後の
「夏編」の撮影会をよろしくお願いしますね

Dm0505aa

東北大地震 never 「 田園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洞雲寺の桜

今週末は恒例、伊豆、稲取ツーリングなので
ちょっとその準備を。
1205080040
ETCと
1205080041
ナビゲーションの取り付け

と言っても、バイクに常設したシガーソケット電源に
各電源プラグを差し込んで
その配線を整理するだけだから
時間は15分ほど。

最後に動作確認。
とくにETCは電源が入らないと意味がないし
面倒なことになるので
カードを挿して正常に作動していることを確認します。

今回のツーリングでは行程のほとんどが高速で
下道も1本道のようなもの
何度も走っているからナビはさほど必要性は
感じないけど
いろいろ話しかけてくれるから眠気覚ましに。

もしかしたら
ナビからレーダーに変更するかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桜満開の先週のこと
近所の「洞雲寺」へ桜を見に行きました。
1204280183
戦時中に大火で消失した洞雲寺ですが
再建され、その後も建替えで現在に至り
親しまれているところです
1204280192
立派な桜の幹の太さは迫力があり
枝ぶり、満開の見事さは見応え十分です。

その日は多くの人たちが花見で賑わいがありました。

つづく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1205050182
ぷりんちゃん

降り注ぐ日差しを浴びて。

 
広々とした公園の広さを
ワンちゃんと障害物のない真っ青な空で
表現したつもり。

今回の撮影したCDが出来上がった。
CDを収めるパッケージ用画像は
今までのものとは違い
3頭のワンちゃんと飼い主さんを含む5名を
取り入れるため
今までとは違った意味で難しく
やり甲斐のある楽しい作業でした。

これからは編集した画像を
ろーあんぐるフォトの宣伝用として
大切に使わせていただきます。
 今はそのための画像選択と
文字入れのためのコピーライトに
頭を捻り潰しているところですw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

晩飯に採ってきたタラの芽を。

美味いうまいとパクつき
満たされたお腹をすりすりしつつ
ニュースを見ていると
大崎のタラの芽などから
国の基準値を越えるセシウムが検出されました
と・・・。

ふーん
  

美味しかったし
まあいいかw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Rainbow   All Night Long

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

芋虫の冒険(コメント)

早起きをして色麻(しかま)町の
船形山、登山道を徘徊しました。
 ここには南から「保野川」
「青野川」「大滝川」が流れ
目をつぶって歩けるほど岩魚釣りをして
遊んだところです。
1205080025
雪解けの「雪代」も落ち着いたようで
水量は落ち着き、濁りのない渓水。

山菜採り、渓流釣りで入渓しているようで
ちらほらと車や籐を背負った人を見かけます。
朝5時半だというのに・・・。

ワタシはタラの芽の生る場所へ一目散
以前は知られていない場所でしたが
鈴を鳴らして藪をこぎ、小さいながらも開けた斜面に
タラの木がたくさん生えています。
今年は寒く雪が多かったとはいえ
若干採りに来るのが遅かったため
だいぶ採り尽されていました。
それでもいくつか採りこぼしのタラの芽をゲットして
8時過ぎには帰宅
1205080038
大きめのものを10コほど
晩のオカズにはそれで十分。

1205080009
平野部では田植えも一段落といったところですが
里では今まさに田植えシーズン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この時期になると
必ず目にするのがこれ
1205080016
茶色いイモムシ

道路をモコモコモコモコ・・・横断している姿を
たくさん見かけます。
踏んづけたくないから
注意しつつ運転していますが
イモムシらは何故に危険を冒してまで横断するのか。

道路の向こうはイイ草が生えているな・・・
イモムシにも
「隣の庭は良く見える」のものなのか

何も無理をして渡らなくてもいいんでないかい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年も朝顔が芽を出した
1205080044
この朝顔は
もう5代目くらいになるか。

種を撒いて芽が出て成長し花を咲かせて種が成る。
その種を翌年撒いて芽が出て成長し花を咲かせて
種が成る。
その種を・・・
というように繰り返し、代々受け継いでいる朝顔なのです。

今年は撒いてからコンスタントに20℃の気温が続いたので
芽が出るのが早かったです。

夏はまた
朝顔の簾(すだれ)と風鈴
桶のスイカに枝豆とキンキンのビールw
と風流にいきたいもんだ
  

1204280136

・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・

《仙台みみママ》さん
《もみじ姉》さん
>ガブ子(ももこ)
>>手を焼いた子ほど印象が強かったりしますね。

なんだかんだ言っても
みんなに人気のあったガブ子。

幸せになりますよゼッタイに
1204160046
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山下達郎    SPARKLE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年5月 7日 (月)

汗ばむ陽気に

ゴールデンウィーク最終日の昨日は
各地で雷雨、関東北部では竜巻が発生して
甚大な被害が出てしまいました。
1205060001a
ヒョウが降り出したときは
気味が悪いほど暗くなりました。
 積乱雲の厚みで太陽の光りが遮断されたためですが
それだけ分厚い雲だったわけですね。

一夜明けてみると
真っ青な空と陽射しが充満した朝になっていました。
1205070022
朝7時、活動開始前、県森にて体を動かす。

撮影したワンちゃんの画像の整理、編集で
夜更かしして寝不足気味なので
ジョギングとウォーキングで強引に目を覚まします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、ガブ子(現モモコ)は
兼ねてからガブ子を気に入られていた方のところへ
引き取られて行ったそうです。
看護師さんには
「ヨカッタヨカッタ・・・ちょっと淋しいけどね」と。
1204040062
幾度かガブ子とは住宅地を散歩しました。

保護センターでお世話していたときよりも
明るく元気になったように感じました。

相変わらず、散歩中に落ちている物を咥えてしまうので
注意していましたが
とてもいいウンチになったことに驚きました。
 ときには一度の散歩で3回も・・・。

譲渡先では
さらに幸せになってくれることだろう。

本当にヨカッタヨカッタ
ちょっと淋しいけど・・・ね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大滝詠一  君は天然色

Dm0505aa

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

明るい朝、真っ暗な午後(コメント)

午後になり「ゴロゴロ」と雷鳴が聞こえてきて
午前中の明るい日差しはかき消されました。

13時過ぎ、風雲急を告げるように
あたりが一段と真っ暗になり
街灯が灯り、ヘッドライトを点けた方が
いいかなと思うほどに。
そしてバラバラと大粒のヒョウが
Dscf0264
1205060011
大きいものだと直径2センチはあったヒョウ。

そして土砂降りの雨
1205060013
竜巻注意報が出ました。
竜巻が発生してもおかしくはないな
本当にそう感じた

1時間ほどの一大スペクタクルな天気でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前中は・・・
仲間の「いまーい」クンに遭遇
1205060005
久しぶりの再会
缶コーヒーを飲みつつ
ここのところの近況など
1205060008
30分ほどの井戸端会議でした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ―――― コメント ――――

《仙台みみママ》さん
昨日の撮影会お疲れ様でした
撮影した画像は
大切に使わせていただきます。
CD写真集鋭利作業中ですので
しばしお待ちくださいね。

(みみ)も(もみじ)も(ぷりん)も
それぞれ好対照な性格が
画像から伝わってきますよ。

また次回もよろしくお願いします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dm0505aa

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魔法の黄色い靴  TULIP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろーあんぐるフォト ワンちゃんいっぱい

ゴールデンウィーク最終日
 朝のうちはまずまずの天気ですが
 午後からは雷雨なんて予報まで
出ています。
1204280116
昨日は多くのバイクが走っていました。
 

1205010022
この数日ですっかり緑に包まれて
新緑がまさに匂い立つようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は宮床ダムでワンちゃんの撮影を行ないました。
 ボランティアで知り合った方々の愛犬を
思う存分撮らせていただき
大変感謝です。
 

宮床ダムの公園には多くの方が足を運ばれていて
お弁当を広げたり、子供が遊びまわったり
とても賑やかでした。
そして多くのワンちゃんが
広い公園の中を飼い主さんとお散歩。

そんな中での撮影でした。
1205050221
同時に複数のワンちゃんを撮影するのは久しぶり。
 歩き回る3頭のワンちゃんの撮影というのは
被災犬のボランティアのときを含めても
初めての経験かも。    
1205050381
でも、障害物のない広い芝の公園なので
自由自在に動き回れ、アングル、逆光
「なんでもござれ」なので
そういう点では不都合はなく
楽しく無我夢中で撮影に集中できました
1205050425
大はしゃぎ、興味津々、後ずさり・・・
ワンちゃんそれぞれの個性が
いっしょに撮影すると顕著に表れ見えてきます。

今回のぷりん、みみ、もみじ
3頭のワンちゃんは何度か面識があったので
犬種や大きさ、だいたいの性格は把握していたから
撮影はスムースに始めることができました。

いつどんな仕草や表情を見せるか
それを逃すまいとちょっと必死でしたが
人間でも動物でも
相手(被写体)にそんな感じが伝わると
なかなか本来の姿や意外性は
出てこないかもしれません。
 ということで、ファインダーから目を離し
もう一度、撫でたり声をかけてスキンシップ。

すると後半には尻尾を振って応えてくれるように
なりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Abba   Dancing Queen

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ろーあんぐるフォト 撮影会

思ったよりも雲が多いナァと感じた朝でした
 軽く県森の中を歩いたりジョギングしたり。
Dscf6883
雨水をたっぷり浴びたコケが活き活きとしていました。
 日差しが当ると輝くな
そう思いつつ太陽が顔を出すのを待ってみたものの
上手い具合にはいかず・・・。

そして午後からはワンちゃんの撮影会を行ないました。

(仙台みみママさん&みみ)
(もみじ姉さん&もみじ)
(Sさん親子&ぷりん)

たっぷりいい写真が撮れました。
本当にご協力ありがとうございました。

写真の編集と整理に時間がかかりそうなので
撮影会の詳細は明日以降にして
とりあえず画像を3枚

Dsc_0053
(みみ)

Dsc_0003
(もみじ)
Dsc_01261
(ぷりん&Ayumiちゃん)

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽっかりお月さん

昨日4日、夜、窓を開けてみると
シャキーンと輪郭がはっきりとした月が出てました。

夕方になって雨が降り出していたので
晴れ上がっていることにちょっと驚きました。

「ぽっかり」と浮いている
というより、夜空に張り付いてるように
見えた月
春らしからぬ様子でした
Dscf6841_2
【画像クリックで拡大します】
今やコンパクトカメラで
しかも手持ち撮影でもこの程度の月が撮れてしまうことに
正直驚いてしまいます
【1/600秒、F5.3 感度400 焦点距離92ミリ
スポット測光、ホワイトバランス オート】

Dscf6852

夜景もきっちりと鮮明な夜でした

1205010007
大雨の前日
桜の花びらが道路に降り積もっていました。
 車が走り過ぎると散った花びらが舞い上がり
轍(わだち)が出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨後、透明度の高い鮮明な視界は
新鮮な気持ちにもなったりしますが
これからもっと気温が高くなってくると
湿度の高さが生活の中で快適か否か
大きく左右されてきます。

梅雨入りまでは
いくら暑くなってもカラッとした日が多いので
快適なものですが
入梅した途端、洗濯物も乾いてくれない
じっとりの日々が・・・
そんな時期がもう1ヶ月もすると
やってきます

 

長い旅になればなるほど
持って行く荷物が厳選されます。

衣類は三日分とワタシは決めているので
よって旅の途中から「洗濯」という作業が
欠かせなくなってきます。

設備の整っているキャンプ場であれば
洗濯機、乾燥機まで完備されているところもあり
便利この上もなく
有料ではあっても助かります。
090929079
青森県、下北半島佐井村、がんかけ公園キャンプ場
サイト内誰も居ないので遠慮なく
屋根のある炊事場で乾かします。
部屋があれば夜露の心配もなし
090930059
青森県鯵ヶ沢、白神キャンプ場にて
やっぱり利用客ゼロ
ここでも遠慮なく。
物干し用というわけではないのですが
登山用のザイル、5メートルほどを
毎回持参していて
結局のところ用途としては物干しロープに・・・
 悪い輩に襲われたときに縛り上げるためなのだがw

091001046
秋田県由利本荘 南由利原高原キャンプ場
たまにはバンガローを借りて
111010023
郡上八幡町リバーウッドキャンプ場にて。
溜まった衣類、シュラフを天日干し。

洗うのが面倒になってくると
Tシャツは汚れたバイクを磨くためのウェスに・・・
シャツやパンツは100円ショップで買っちゃえばいい。

いまや、100金、ニトリ、しまぬきは全国区なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Fixx    Saved By Zero

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

緑がワッ!

目が覚めると激しい雨は去って
垂れ込めている雲は
晴れることはなくても
きっちりくっきりきっぱりと
透明度の高い
どこまでも見渡せるような空模様に
なっていました
1205040003
横顔までわかる中山の観音さま
そしてさらに向こうには
残雪のまだら模様が印象的な蔵王。

昨日は生憎の天気だったから
部屋でグータラ過ごして
体が鈍ってしまったので
朝起きて直ぐに県森へ。
 みなさんも雨上がりの清々しい中を
ジョギングしたり散策したり。
1205040013
すっかり上達したウグイスの谷渡り。
 そろそろホトトギスも鳴き出す頃です
1205040016
たっぷりの雨の後は23.1℃、今年の最高気温。
急に緑が勢いを増してきたような・・・

1204280209
紫のモクレン

周辺の桜は葉桜に。

1205040025
こちらは同じ紫でもきめ細かい花>ハナズオウ

1205040028
我が家の生垣として植えられているドウダンツヅジも
スズランのような花を咲かせ
これからが見ごろに。
1204280181
近寄りたいけど勇気が・・・

1205040023

午後からエンジン周りのメンテナンスを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・A4002
masterfm@nifty.com)までお気軽に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Bronski beat - Smalltown boy (12 extended)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラのGPS機能

ここ数年のツーリングでは
カーナビゲーションが不可欠になっています。
 分県地図でも事足りているんだけど
一旦使ってしまうと、もう手放せません。
やっぱり「楽」なんですね
特に行ったことのない土地の特定の場所へ
ピンポイントで行く場合には
何の不安もなくナビに任せてしまいえば
いいのですから
これほど安楽なことはありません
090930016
1110030034

近頃のデジタルカメラには
そのGPS機能が搭載されているものが多くなってきました

ただカーナビのように道先案内人的ではなく
撮影した画像周辺のランドマーク表示と
その方角と距離を測位
Dscf0026

ツーリング時には移動履歴などを記録し
測位情報入ったファイル(画像)は
パソコンに転送後、グーグルマップ上で
撮影場所などを表示出来るので
ツーリング後の整理では助かる機能ではあります

Dscf0025

【マップ上で個々の画像の撮影場所に画像がアップ
されます】

ただこれらの機能はあくまで私的には「遊び」で
ワンちゃんの撮影にはまったく不必要なので
GPSを使う事はありません。

それにツーリングであっても
GPS機能の欠点であるバッテリーの消費が激しく
「電源オン時のみ測位」の設定でも
ある程度の消費はやむを得ず
また、室内や車内であっても
なかなか測位できないことがあるので
使い勝手としてはもう一歩といったところです。

ペンタックスのWG-1や2では
GPS搭載モデルと非搭載モデルと
両方が用意されているので
あえてGPS非搭載モデルを購入した方が
いいような気もしないではありません。
安く浮いた分をオプションのリモコンなどを
足した方が実質的であると。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

降り続いた雨は夜明け前に峠は越えたようです。
 昨夜19時頃の1時間、仙台の降水量は22ミリで
この時期としては相当高い数値。
仙台北部に位置する大和町では
河川が危険水位を越えたため避難勧告が出ました。

こんな土砂降りの雨が降ると
あのときのことを思い起こしてしまいます。

091002047
山形から新潟へもう一歩というところで
滝雨に遭遇。レインウェアを通してバラバラと
走っていて雨粒が痛いとさえ感じるような激しい雨でした

胎内で雨の中を呆然自失
ホテル、民宿、すべて門前払い
「よーし、そうかそうかそれならば
この雨の中、キャンプでも何でもしてやろうではないか」
と言わば逆ギレ状態で見つけたのが聖籠新発田の
紫雲寺公園キャンプ場 

   
オレの姿を見て哀れに感じたのだろう
親切な管理人さんは
こんな天気では他に誰も来ないだろうからと
東屋の中にテントを張ることを薦めてくれました。

濡れた衣服を脱ぎ捨てて
まっぱで高らかに笑いましたね

09年10月
2016年夏季オリンピック候補地に
日本が負けリオデジャネイロに決まった日のことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Der Kommissar    After the Fire

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

ありとあらゆる警報注意報

今日は一日中雨が降り続き
明日午前中まで雨は残るようです。

現在、宮城県内あらゆる警報や
注意報が発令され
災害警戒情報も発表されています。

夕方になって
更に雨脚は強まってきて
窓を打つ雨粒に激しさが出てきたように
感じられます。

この時期にこんな大雨はあまり経験のない
ことかもしれません。
過去を振り返ってみても記憶にありません。

そんな天気なもので
午前中、ちょっと車で出かけたのみで
あとは畳んだ布団を背もたれ代わりに
本を読んで過ごしてました。

本を読んでは途中でウトウトし
また本を読んではウトウト・・・

外の様子が気になって
ときどき雨で濡れた窓ガラス越しに
様子を伺ってはため息まじりに
「降ってるなぁ」と当たり前のことを呟いては
また本に中に没頭

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数日前のこと
バイクのクラッチ側グリップが緩み動くので直しました。

グリップヒーターの熱が最大の原因なのか
その熱でボンドが溶けるとか
グリップ自体が熱で内径が若干広がってしまったのか
ハンドルに対してグリップが緩め

1204280216

ということでハンドルにテープをひと巻きして
径を太らせてから
グリップボンドをぬりぬりして
グリップをはめ込んでやりました
1204280217

グリップボンドが乾燥する前
ためしにグリップを握ってギュッと捻る動作をしても
グリップがヌメっと回転するようなことは
なくなりました。
あっさりと一件落着。

1205020020
「快調」
車でもそうだけど
特にバイクというのは
何か気にかかることがあると
気になってしまって走りに集中できません。
ある意味、バイクはライダーの動作に
ダイレクトに反応し
またライダーに返ってきます。
その反応の循環がスムースに行かないと
気持ち良くないのです。

具体的に言うと
チェンジペダルのカチッとした操作感
ブレーキレバーを握ったときの感覚
駆動がチェーンに伝わったときのスムースさ。
ハンドルから手に伝わる路面の状況など
とにかく挙げればたくさんあります。

それはバイクだけではなく
グローブがしっくりこないとか
シールドの汚れなんていうのもそうです

1205020031a

着ているものでも(精神的)に大きな違いがあります。

車は裸で運転しようと思えば真冬でも出来るが
バイクは薄着で走っているだけで不安。
普段、革ジャンなどで走っていると尚更
 革は「恰好」だけではなく
体を守ってくれるものなのです。
 革ジャンを着ていたから助かった
そんなヤツがたくさん居ます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Motorhead   Enter Sandman 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろーあんぐるフォト ビーグルのバロンちゃん

年齢を感じさせない元気なバロンちゃん。 
 降り注ぐ春の日差しの下での撮影

Dsc_0067

Dsc_0179

バロンちゃんも飼い主さんも
そしてワタシも気持ちの良い撮影が出来ました。

撮影した晩
いつものようにCDを収めるパッケージに使用する
表紙画像一枚を決定するのに
長い時間がかかりました。

どの画像がバロンちゃんらしいか。
どれが飼い主さんに喜んでもらえるか。
最終的には撮影したワタシの主観のみで
決定しているようなものなのですが・・・

夜書いたラブレターを翌朝読み返してみると
とても恥ずかしくて読めたもんじゃないと
丸めてゴミ箱にポイ

そこまで大袈裟ではないですけど
「これにしよっ」と決めた画像も
朝になって見ると
「やっぱりどうもなぁ」と
おのれの優柔不断さが露呈されてしまうのでした。

あきらかに狙ったものや
そうではなくても手を加えられたようなポーズというのは
ワタシは嫌いなのですね。
そういうのものはスタジオでいくらでも撮ってもらえば
いいことで
なるべく自然なものが個人的にはベストショット。

そんな想いを込めて
今回表紙画像として採用したものがこれです

Barondvd001

うつむき加減の画像を表紙に使用するのは初めてですが
ビーグル犬特有の垂れた大きな耳の揺れ具合と
少しだけ見えている尻尾
 「何かないかなぁ」と探し歩いているような
そんな姿を連想させてくれる一枚。
 

この画像はカメラを向けたときから
表紙として採用出来ればと狙ったものです。

被写体(バロンちゃん)の前と後を
この強い太陽光を最大限に利用し
被写界深度を極端に大きくボカシ
 ボケた部分に文字を書き入れようと
想定しての画像です。

「なんだ狙った画像じゃないか」と言われるかもしれませんが
写っているバロンちゃんのその姿は
狙いも何もないバロンちゃんそのものの姿であると。

まだまだステキな画像がありますが
それは追々ご紹介できればと思います

 

ちなみに、裏表紙は
バロンちゃんを間に
飼い主さんご夫婦が写っている画像です

002

シェリーに口づけ(訳詞付) - ミシェル・ポルナレフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

体を動かした一日

ここのところ予報よりも高い気温になっています
今日は21.6℃
日中は日差しのある曇り空といったところで
強めに風が吹いても
生温い空気でシャツに革ジャンでも
何ら問題なく走ることができました。

霧雨の早朝にジョギング半分ウォーキング半分
1205020010
煙ったような眺めは、これはこれでウツクシカッタ

1205020027
午後、雨の心配はなさそうなので
バイクで用事を済ませてから
いつもの「山神様」の祠にお参り

革ジャンチャップスの黒ずくめのバイク野郎が
神妙に手を合わせているのを
ちょっと異様なものでも見るような表情で行き交う
トレッカーや山菜採り。

1205020011
サギが口ばしを盛んについばみ
何回かに一度、カエルだろうか
咥えては呑み込んでた。

1205020039

帰り道、泉パークタウン内を走行中の反対車線
 車の自損事故だろうか
大破していて、歩道には同乗していた子供たちだろうか
座り込んでいた。
警察と救急車を待っている状態。
 まさか歩行者ではないと思うが
たくさんの人が集まり介護しているようだったので
そのまま通り過ぎて帰宅。

ここのところ自動車事故
では済まされない死亡事故が多いだけに
気になる事故現場でした。

最後の最後
窓からタバコの灰をポンポン落とすドライバーが居て
ムカつく。
こういうマナーの悪いやつが未だに居るんだな
がっかりだよ、その横浜ナンバー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ACDC   Highway To Hell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろーあんぐるフォト(バロンちゃん)

  ― 飼い主さんの許可を得て ― 

ゴールデンウィークは数件の撮影依頼を
いただいており
中にはお孫さんの撮影も。

帰省して家族が揃う際に撮影をしたい
というお客様が多いようです。

その中で今回ご紹介するワンちゃんは
ビーグルの「バロンちゃん」13歳。

ワタシは撮影依頼を受けると
撮影前にいちど、ワンちゃん(飼い主さん)と
面会することにしています。

初対面でいきなりの撮影よりも
こちらとしてはワンちゃんの性格
を把握しておきたいこと
ワンちゃんもワタシの顔を知っておいて
もらったほうがいいだろうと・・・たぶん。
そしてお住まいの周辺の雰囲気も掴んで
おきたいからです。
 交通量、太陽の方角etc


電話で「13歳」と聞いて
すこしばかり不安がありました。
それは、散歩の距離や行動です。
 どうしても高齢なワンちゃんは
散歩もそこそこ、動きもそこそこ
ということが多々あり
いざ撮影してみると、人間でいうところの
「喜怒哀楽」的な表情や仕草(行動)が
単一で表現が乏しくなり
何枚撮っても、アングルを変化させてみても
写っている「顔」はみな同じ
ということがあるからです。

でもお宅でバロンちゃんを拝見したときに
そんな不安は解消しました
Dsc_8746x
撮影が始まって直ぐは
「何だコイツ(ワタシのこと)は」
というような訝しげな
いつもの散歩とは違うな
という雰囲気がみてとれました。
でも、いつもの公園に着く頃には・・・
B1204290029
ご覧のとおり
13歳という年齢をまったく感じさせないハツラツぶり

嬉しさを全身で表すかのように飛び跳ねていました。

Dsc_0035

この日は撮影日和
顔が白いワンちゃんの撮影では
顔が露出オーバー気味(白とび)になってしまい
それにばかりが気になってしまいそうで
途中からブラケティング撮影や連写を多様
 望遠にスポット測光で白い顔をピンポイントで
狙って撮影するも
活発に動き回るバロンちゃんが逆に恨めしい
 

次回につづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Men Without Hats    Safety Dance

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

大好きな5月

半袖でも何ら問題もない暖かい陽気
 6月の頃の気温になった仙台です>22℃

このくらいの天候が
いちばん過ごしやすいですね
暑くもなく寒くもなくってやつです。

湿度がちょうどいい

夜も朝も楽チン

1204280141

5月になりました。
仙台の日没は
日の出) 04時39分
日の入) 18時28分

いつの間にかこんなに日が長くなっていたんだなぁ
 もう来月6月は夏至か・・・
ボランティアが終わって暗い夜道を帰っていたのが
ついこないだのような気がする

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなに天気がいいのに
やらねばならぬことがちょっとばかり溜まっていて
それらはチャッチャッと片付けられない作業だけに
時間がかかります。
「あ~バイクに乗りてぇ」と呟きつつ
パソコンとプリンターをフル稼働。

そんなことを一日中やっていられる忍耐力が
欠如しているオレ
午後も遅くなってから体を動かしに県森散策。
1205010019
【日当たりのよい南斜面ではツツジが咲き出してきました】

1205010027_3
【画像クリックで拡大します】
県森の南側は目の前が松稜ニュータウン。
屋根に反射する陽射しが眩しく光り
まるで別世界が林の向こうに
広がっているようでした。
1205010029
【画像クリックで拡大します】
こんなところに池があったんだと
思わぬ発見。
鯉でも居るのか
ユラリと水中がうごめき水面に波紋。

今日はずいぶんと人が居た県森
そのほとんどが山菜採りのようです。

遊歩道をガーッ!必死で駆け上がって上り詰め
ハアハア・・・と中腰で息を整えていたら
タラァ・・・

鼻血だ

1205010004
風で桜の花がハラハラと散リ出してます

Dscf6566
いま、冬毛の抜け変え中で
飼い主さんがクシで梳いてやると
嫌がっていました。

「いつもは嫌がることはないんだけど」と飼い主さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yes  Leave It

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »