« 伊豆稲取ツーリング その1 | トップページ | 伊豆稲取ツーリング その2 »

2012年5月15日 (火)

春から初夏へ

週末から気温が低く
肌寒さがありました。

それは仙台だけではなくて
関東方面もそうでした。
 でも、もともと関東は東北からみれば
気温が高いので
我々仙台に住む人間にとっては
それでも「暖かい」ということになります。
しかしそうは言っても
若葉は深みのある緑になりつつあり
それに降り注ぐような日差しが強調し
春から初夏という言葉になりつつあるのだなと。

高速道路を南下していくと
東京に近づていくごとに
道路の両サイドの木々の緑
濃さが増していくこと気づきました
 

里山やその麓では
まだ春であることを引きずっていて
春とその先にある夏が混在し
見た目に楽しめます

1205080034

里のお宅というのは
雪が解けると様々な花を絶やさぬよう
順繰りに咲かせているのがわかります。
 実に上手く、何故だか「さすがだなぁ」と
感心することしきり。
花は自分が見て満足するだけではなく
他人が見ても「きれいだな」と思うもの。
 その術を知っているようです

 
1205100014

タンポポの綿毛が風でたくさん飛んでいます。
ふわりふわりと風まかせ

1205140007

そしてすでにトンボ。
姿を見るのは自身、今年初のこと。
 チョウとは違い、メリハリのる飛び方に
鋭さと若さを見た気がしました。

1204280148

バイクのヘッドライトやヘルメットのシールドに虫が当り
汚れが目立ってきました。
もうそういう季節になったんだなと
頑固な汚れを拭き取りつつも感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dm0505aa

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Howard Jones   No One Is To Blame

« 伊豆稲取ツーリング その1 | トップページ | 伊豆稲取ツーリング その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春から初夏へ:

« 伊豆稲取ツーリング その1 | トップページ | 伊豆稲取ツーリング その2 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト