« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

紅葉真っ盛り 山形へ

兼ねてからオフクロに
紅葉を見に連れて行け
と言われていたので
今日あたり見ごろだろうと行って来ました

鳴子-赤倉-河北-東根-作並経由で
グルリと巡ってみました

Dscf6094
Dscf6106
どこもちょうどイイ感じの紅葉

特に鳴子周辺と48号線作並峠は
思わず「わあ」とため息が漏れる見事さ

昼は河北町で肉そばを。
肉そばと言えば「冷たい肉そば」だけど
今回は久しぶりに「温かい肉そば」をいただく。

帰りは産直店に寄って野菜をごっそり

安さに逆上して山ほど買ってしまった。
 太い長ネギが10本230円は
仙台のスーパーではまずあり得ない

12ttt

予報では曇りだった山形も
雲が多かったものの概ね晴れで
紅葉が輝いておりました。

力を振り絞ってエネルギーを開放しているように
見える見事な紅葉
この後落葉して厳しい冬のあいだは
動物が冬眠するように木々も殻に閉じこもるようにして
ジッと春が来るのを待つのですね

Dsc_0010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Toto   Rosanna

2012年10月29日 (月)

松代ツーリング 田野倉の古民家で

10月15日 まつだい

ひとりで松代へ来るとき
西日本方面へツーリングへ行った帰り道に
中継地点として
松代は田野倉にある小ぶりな古民家に泊まります
Dscf5624

部屋数は3つ
囲炉裏のある板の間(二十畳はあるだろうか)と
畳の部屋九畳
そして二階に四畳半
これに長い長い土間
 広い風呂とトイレ、洗面台は
リフォームされて現代のもの。

Dscf5626

Dscf5627

今年は、2号棟もこの5号棟も
カメムシを見なかった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持ってきた文庫本も
ほとんど読むことなく
乾燥機でふかふかの布団に潜り込む

トイレに目が覚めた深夜
 窓越しに真っ暗で何も見えない中に
星の明りがちらほら

サンダルを引っ掛けて外に出て見上げてみると
そこには満天の星空が 「わあ・・・」
これほどの夜空は久しぶりだ

夕方から曇り、明日(10月16日)の新潟は
雨の予報も出ていたので
この星空には意表をつかれ
慌てて三脚を取り出す

Dsc_0428
(画像クリックで拡大します)

ほんの10秒ほどの露出で
これだけの星が写ってしまう

杉林の向こうからオリオン座が昇ってきているところ。
 木星が堂々の輝き
ふたご座のカストルとポルックが
立派な1等星に見えた

ぶるっ
体が冷えてきたことに気づき
後ろ髪ひかれつつ
温もりの残る布団の中に

来年もまた来よう・・・googoo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Daryl Hall & John Oates     Did It In A Minute

2012年10月28日 (日)

修復中の清水の棚田

松代ツーリング 10月15日

松代にある規模が大きくて
見応えのある棚田のひとつに
「清水」の棚田があります。

景観がよく好きな棚田のひとつですが
去年の東日本大震災の翌日 12日に発生した
震度6の地震によって崩壊してしまい
去年の6月に訪れたときに
その無残な姿を目の当たりにして
声がでないほどの驚きと無念さを
覚えました

110617005a1
去年の6月 無残な姿になってしまった清水の棚田

そして今
元の姿に戻すべく大規模な補修工事が
行なわれていました

Dsc_0295
重機を使って棚田を復活させていることに
なんとなく疑問が湧いてくることもなかったが
これだけの大規模崩壊は
場所によって深層崩壊とも呼べるほどのもののようで
これを元の姿に戻すには重機の力は当然と
いったところでしょう
Dsc_0294_2
(画像クリックで拡大します)

Dsc_0126
10年10月 田植えを終えた清水の棚田

また美しい姿が見れることを
今から楽しみです。

Dsc_0302
しばし この清水の棚田を見渡せる場所で休憩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Billy Ocean    Loverboy

2012年10月27日 (土)

松代 里山アートめぐり その2

松代ツーリング 10月15日

新しいアートではないけれど・・・

Dscf5590
Dscf5592
この中には
Dscf5591
Dscf5593
いくつもの雪だるまが

「現在を楽しめ」
なにをどう楽しんだらいいのだ

そんなことを悩んでは
現在を楽しめないのだろうね

凡人だから考え込んでしまうのだw

Dscf5594
Dscf5595
とにかく何でもいいから観測したくなった

Dscf5606

もうまるでスリックタイヤのようだ(汗

グリップしないところにきて
巨大なリアボックスでヘビーリア荷重

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

John Cougar:   Hurts so good

2012年10月26日 (金)

松代 里山アートめぐり

松代ツーリング 10月15日

いくつかの里山アートを

Dsc_0235
Dsc_0237
Dsc_0239
水はなかった
もし水が張ってあると
キラキラと光り輝いたプールになるのだろう

Dsc_0241
一見すると気味が悪いと思うかもしれない
 でも実際に目にすると
不思議なのものでほのぼのとした雰囲気なのです。

これは本物の人型で
しかもこの棚田の持ち主である家族の人型なのです
「いらっしゃい」「こんにちわ」と声を掛けられて
いるような気持ちになる

Dsc_0243
この時期にぴったりかな・・・赤とんぼ

Dsc_0302
ちょこまかと走ったり歩いたり
暖かい陽気の中、じわりと汗をかく心地よさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tracey Ullman   They Don't Know

2012年10月24日 (水)

紅葉にはまだ早く(松代)

松代ツーリング 10月15日

秋山郷から松代へ戻る途中にある
美人林に寄りました。
「キュロロ」の隣にあるブナの群生地です

太いブナが群生する「森」ではなく
ほっそりとスマートなブナの「林」です

Dsc_0247
この美人林を訪れるのは3度目

ブナの林立する中は
ブナにしかない独特の世界があります
 だから何度訪れても飽きることがないのでしょう。

今回は少しは紅葉しているかと期待したのですが
まだ早かった

Dsc_0258
Dsc_0263
ブナにかぎらず
雑木林のいいところは堆積した落ち葉。

歩くたび、乾いた音が足元から。

Dsc_0246

ブナの実はほとんど落ちたようです

小さい小さい栗のよう

Dscf5620

リアボックスが大きくて
後方視界が・・・

このボックスを使うときには
ステーの長いミラーに付け替えなくては。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Wang Chung    Dance Hall Days

2012年10月23日 (火)

ドヨ~ン な火曜日(コメント)

気温は高いけれど
肝心の天気がこれではな・・・

一日中 薄暗い様子で
いつまでたっても世が明けきっていないようだ

垂れ込めた雲は
バラバラと雨を降らせたり
ゴロゴロと雷鳴を響かせたり
強風で枯葉を吹っ飛ばしたり

Dscf5886
風に揺さぶられながらも動じず

12qqq
一定の距離まで近づくとまた離れていく

興味はあるけど勇気がない

12ewg
明日はこんな天気になればいいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手組みタイヤ交換のつづきをすこし。

1210190041
タイヤを組み終えたら
エアコンプレッサーで空気を注入

「ボンッ!」とビードが音をたてるまでガンガン注入

ワタシはしばらく高圧のまま放置します
その後指定の空気圧に戻します。
X4は前後とも2.5キロ

1210190043
そんな容量でリアタイヤも交換
リアはストックしていた中古タイヤ。

正直、タイヤの履き替え作業時間は
タイヤチェンジャーよりすこし遅いくらいだと思います。

素早くやれば一本4分といったところです。

タイヤ交換で面倒なのは
履き替えよりもなによりも
車体からホイールを外したり取り付けたりすること。

特にリアホイールは
シャフトを差し込んだりカラーを付けたり
チェーン調整したりと
雑に出来ないのでどうしても時間がかかります

こんなとき、ドライブシャフトだったらと
感じるときですね

・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・

《よっぴ》さん

松代ツーリング いつも美味しい料理を
作ってくださいましてありがとうございます。

いつかじっくりと里山アートを探訪しましょうね

もう忘年会の準備ですか・・・
 考えてみればあと1ヶ月少々で師走なんだなぁ

今年の12月は
関東に行く予定です。

遊びでないところがツライところですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Corey Hart    Sunglasses At Night

それではまた来年

・・・・ 松代ツーリング その8 ・・・・

松代駅前にて記念撮影

Dsc_0226_3
(画像クリックで拡大します)

バイクのジャンル、スタイル
どこをどうみても統一感がない・・・
それがかえっていいのではないか

「ではでは」
挨拶もそこそこに解散

駐車場にオレひとり・・・
仲間が居なくなると
きゅうに寂しさが込み上げてくる

オレは松代でもう一泊なのだ。

今年、十日町は3年に一度の
「大地の芸術祭」の行なわれた年で
新たな里山アートが点在しています
それを探訪してみようと。

その前に
秋山郷へ行ってみることに。

去年も一度、新緑の頃に訪れていますが
バイクでは初めてです

Dsc_0281

秋山郷は長野県の栄村になります
去年、東日本大震災直後
ここも震度6強の強い地震に見舞われ
被害が出ましたが
豪雪地帯である栄村の状況を
すぐには把握することができませんでした。

雪を被った民家が押しつぶされるように
崩れている様子は
いまもしっかり目に焼きついています。

405号、中津川沿いを高度を上げつつ奥へ奥へ
 狭い道路、ミスったら谷底・・・
そんな緊張感を強いられる部分もあります。

よくこんなところに人が住んでいるものだと
関心せずにはいられません

Dsc_0288
(画像クリックで拡大します)

対向車が来ないこと祈りつつも
山々の美しさに脇見しがちに

まだ紅葉には早くて残念でしたが
山の奥深さは十分に堪能できました。

松代、松之山から117号線を挟んで向かい側にあたり
時間的にも1時間かからない秋山郷

温泉もあちこちにあり
今度はみんなを連れて来たいと思いました

Dscf5609
バイクを止めて
カメラ片手に辺りをぶらぶら

この下は深い深い谷底
 下から豪快は渓流の音が上って聞こえてきます

Dscf5588
どうした
道端でジッとしているオオスズメバチ
 悠に5センチはありそう

力尽きたか
「無念」
そんな雰囲気に見えた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Oasis  Wonderwall

2012年10月22日 (月)

手組みタイヤ交換 その2

  ・・・・ たっぷり陽射し ・・・・ 

昨夜の22時がオリオン座流星群の
ピーク時間でしたが
まだ22時は、肝心のオリオン座が
低空で昇りってきっていないので
日本での22時はピークとは言いがたく
夜半を回ってからが条件的には適していました。

1時間で3個ほど見ることが出来ました。

今夜もまだ観望好機ではあるのですが
どうやらこの好天も下り坂のよう

Dscf5821
くう・・・
思わず手を合わせてしまう日の出

上空をハクチョウが鳴きながら飛んでいく

日中も好天がつづきました。
 20℃は越えただろうと思ったものの
じっさいには19.5℃どまり

Dscf5830
悪そうなカボチャだっちゃw

Dscf5834
(画像クリックで拡大します)

・・・・・・・・・・ タイヤ交換のつづき ・・・・・・・・・・・

新しいタイヤをホイールに組み込みます

1210190036
ホイールの向き(方向)と
タイヤの向きを合わせることを忘れずに。

まずタイヤの片面をホイールに収めますが
慣れてくるとタイヤレバーを使わなくても入れることが
出来るようになります。

1210190038
残りの片面は画像のように
まずは両足でグイグイとリムの内側に入れ込んで
しまいます。
これもタイヤの種類、夏場の高い気温のときであれば
最後まで足で収めることが出来ます。

今回は途中まで足でグイグイやったあと
残りをタイヤレバーで作業しましたが
このタイヤが硬いのでリムに喰いついてしまうので
必殺のコレ

1210190040
タイヤを万力で強制的に潰して
リムに空間を与えてやります。
こうするとひとりでも作業は容易になります。

万力は1個298円なり
残念なのはリアの190サイズでは
幅が足りずに使えません

1210190037
ホイールのエアバルブと
タイヤのK点(軽点)マークを合わせます。

更に厳密にバランスを取るなら
バランサーで調整を

つづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

INXS  Kiss the Dirt   

ただしい里山の朝{松代)

・・・・ 松代ツーリング その7 ・・・・

Dsc_0203
すっかり明けた古民家の朝

吹き抜けのような高い天井で
部屋の中は案外自然光で溢れてる

Dscf5557

正しい朝ごはんをかっ込んで身支度

Dscf5576

バイク談義に花が咲くひととき

そして
古民家を後にして
道の駅が併設されている松代駅でお土産タイム

Dscf5580 Dscf5581_2
お土産・・・          お土産・・・

Dscf5577
思わず買いそうになってしまうが
グッと堪えておもいとどまるw

Dscf5584
座敷わらしども
また来年会おう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エレクトリック ライト オーケストラ
「フォア リトル ダイアモンズ」

ELO    Four Little Diamonds

2012年10月21日 (日)

手組みによるタイヤ交換

・・・・ 虹がでたでた日曜日 ・・・・

昨夜のオリオン座流星群は
雲のない夜空で眺めるには絶好の
夜となりました。

合計すると2時間は観望していたでしょうか
 11個の流れ星を見ました。
そのうちの2つはオリオン群ではなく
輻射点が大きくずれていたので
散在流星でした

飛びぬけて明るく
痕を残すような流星はありませんでしたが
秋の夜、じゅうぶんに楽しませてくれました。

ポットにあっついコーヒーを入れて
それを啜りつつ眺める夜空はオツなものです。

っさ、つぎは11月17日の「しし座流星群」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして今日(日)も朝からいい天気

でも、山沿いは雨が降っていたのか
見事な虹が
西の空に長い時間見えていました

Dscf5813

陽が高くなった10時頃でもまだ見えていた虹は
半円ではなく、低い低い沈むような虹でした

12qqq
(画像クリックで拡大します)

いつもよりも遅いジョギング

・・・・・・・・・・ 手組みタイヤ交換 ・・・・・・・・・・・

もう10月も後半だから
今年、最初で最後のタイヤ交換になるでしょう

まずはフロントタイヤから
1210190030
初めて履くブリジストンBT023

17インチホイールだったら
シーズンオフのあいだは中古タイヤでいいんだけど
18インチの中古はまづほとんど出てこない

1210190020
手組みタイヤ交換の必需品の手作り台座

この上にホイールを置いて交換作業をします。
 ホイールにはブレーキディスクなどが付いているので
これで安定させます。
 台座は木製でゴムマットを張ってあるので
ホイールを傷めたりする心配がなく
安心して作業が出来るのです

1210190024
車体から外したホイール
 脱ぐタイヤのビードをビードブレーカーで落します。
もちろん左右両方とも。

1210190026
タイヤレバーを使ってリムからタイヤを外す作業。

タイヤレバーでめくり上げるようなかんじ

1210190027
このくらいタイヤをリムから外してしまえば
あとは手で脱げます
もちろん片面だけのはなし
 逆側も同じような要領で

つづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jan Hammer    Crockett's Theme

しっとりと夜が明ける

・・・・ 松代ツーリング その6 ・・・・

気がついたら12時半
 楽しい時間はあっという間

2階の廊下のいちばん奥の部屋
いつものこの部屋でけんじクンと二人
就寝

16人でも部屋数が多いので余裕だ

缶コーヒーやらウーロン茶やら
飲みすぎてトイレが異常に近い

夜中に3回もトイレに起きてしまった

眠ったら朝まで起きないのがふつうなので
相当に水分過多であったのだな

Dsc_0152_2

霧というか雲というか
そんな靄に包まれた朝の古民家

Dsc_0134

たっぷり夜露に濡れたバイク

タンクを指でなぞると
結露した窓ガラスのよう。

ぼちぼちと布団から抜け出し
目覚めの散歩をする者や
朝風呂に浸かる者
濡れたバイクをタオルで拭く者
ただただボーッとする者
いつまでも寝ている者

Dsc_0206

ボウズたち
さっさと起きろぉ

それにしろもげらも・・・

いつもいちばんに寝床にもぐり
いちばんに起きる4番清原さんは
ここのところ夜更かしで起床も遅くなった。

熱いコーヒーをズズッと啜りつつ
くすぶっている囲炉裏の炭をこづきつつ
そんなことを考えていたのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Bruce Springsteen     Dancing in the Dark

2012年10月20日 (土)

里山に笑い声が響いてる

・・・・ 松代ツーリング その5 ・・・・

Dsc_0113_2

里山の中にあって民家の灯りというのは
温かみと存在感に溢れていますね

余計な明りに満ちた街では
そういうものが打ち消されてしまっているよう気がする。
 じつに勿体無いはなしだ。

静かにとっぷりと暮れていく里の暮れ

Dsc_0396

皆、だいぶ出来上がってくる。
しかし、まだまだ序の口8時半
スタート時間が早かったため
時計を見て「まだ8時過ぎか」とビックリこいたw

Dscf5564

出される料理を次々にたいらげる。

 
 一方・・・外では

Dsc_0122

焼肉パーリーが始まっていた

Dsc_0123

タンカルビホルモンエビイカクリ
 栗?

Dscf5570
「アツイよお」 
焼かれるケンジくん

部屋に戻ると・・・

Dsc_0402

優しい炭火が心地いい

火をいぢったりしているだけで
秋の夜長、退屈しのぎになる

炭の火は、小さくても暖かさは大きく
 ときおり爆ぜる音を聞くと
田舎に来たな、という実感が湧いてくるのでした。

囲炉裏を囲んでの楽しい会話は尽きず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

John Waite    Missing You

2012年10月19日 (金)

到着 まつだい

・・・・ 松代ツーリング その4 ・・・・

なんと12時に松代到着の仙台組

朝5時出発で7時間
グループで走るとこれくらいはかかってしまう。

Dscf5551
(松代駅前のそば屋 善善にて昼食)

Dscf5555
そしていつもの古民家に。
ここは3度目の宿泊
腰を下おろすと戻ってきたなぁっという安堵感
 もうなんだか落ち着くわ

とにかくこんなに早い時間に着いたのは初めてである。

しかしこうしてはいられない
荷物を置いて
オレだけ十日町市内へ戻り
イオンにて関東組の買出しに合流

車での参加者がいたので
買出しはおおいに助かる

Dsc_0381
ということで「お疲れぇ」のプシュッ・・・ングッ・・・プハァ

ちなにみオレはウーロンね

だいたいみんな伊豆稲取以来、5ヶ月ぶり
4番清原さんとよっぴさんは
6月の大間崎ツーリング以来4ケ月ぶりの乾杯

みな元気で何より

Dsc_0396

チビたちは古民家の中を探検し
見た目は立派な大人たちは囲炉裏を囲み
すでに2本め3本め・・・

広い風呂に浸かって大きなため息をつく者や
宴会の準備をする女性陣などなど

Dsc_0105

秋の日はストーンと暮れてゆく

里山の日暮れは
町よりもはるかにはやい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Fixx   One Thing Leads to Another

2012年10月18日 (木)

国道252線ものがたり(コメント)

松代ツーリング その3

はなしは、そう簡単に進まない。
まだ松代に到着しないのだw

福島県・会津坂下から新潟県の小出へ抜ける
国道252号線は好きな道です。

大きく迂回するように走らなければならない
高速道路を往復するのは距離が長く
飽きるので
片道はかならずここを走る事にしています

っが、今回の252号線は災害復旧工事が
あちこちで行なわれているので
片側交互通行だったり、未舗装部分があったり
柳津、金山 只見と只見川沿いは
走りづらく、新潟へと抜ける山越えも
完全にウェット路面で走りづらく
おまけに我がX4の前後タイヤの
賞味期限がとっくに終わってしまい
見事にヌメヌメ滑る始末・・・

そんな国道252号線の画像を

Dscf5538

Imgp3749

柳津までは天気は良かったのに・・・

「みんなカッパ着てるねぇ」
「そうだねぇ」
B+COMの会話は
すれ違うライダーすべたがレインウェアを
着用していることに終始する

「やっぱり着てるねぇ」
「・・・」

Dsc_0043

田子倉ダム

ポツポツと雨が・・・

Dsc_0049

カッパ着よ

Dsc_0054

いざ山越え

もちろんこの峠は慢性的な土砂崩れがあり
工事箇所がいくつもある。

ビッシャリ塗れた路面にバイクをなだめる様に走る。
いつもだとスノーシェッド(トンネル)の中が
濡れているので嫌なんだけど
今回ばかりはシェッドの中の方がホッとした

Dsc_0060

そして無事に峠を越えて入広瀬で休憩

陽射しが戻り、温かさと安堵感で
心地いい疲労感あり

国道17号線は目前

あとはその17号で六日町、253号線で
十日町、信濃川を渡って目的地の松代だ。

・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・

《しろすけ》さん

今日中には終わらせます

無責任オトコよりwww

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Huey Lewis And The News    I Want A New Drug

2012年10月17日 (水)

天気が良くて進まぬ作業…

見よ、昨日(16日)の夕焼けを。

Dscf5658

ハア~~~~~~~ァ

ため息とまらず

・・・・・・・・・・・ そして本日(17日) ・・・・・・・・・・・・・

Dscf5670

まぶちい・・・

Dscf5662

ガマズミの実
朝日に照らされて赤色がさらに鮮やか
 銀玉鉄砲の代用玉だったガキのころ

今日もこの子の(わんっショット)
12qqq_2
すぐにお母さんの足元に隠れるんだから・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日といい今日といい
なんと天気の良いことか。

午前中から部屋にこもって頼まれ仕事をするも
外の陽気が気になってどうにもはかどらない

ダメ・・・もうダメ
ちょっとだけ ちょっとだけ出かけます
本当にごめんなさい
っと誰かさんの顔を思い出しつつ平に謝ってみる

今晩やるからね ぜったいに。

昨晩はあまりにも不甲斐ないサッカーの試合に
手が付かず

ふう もっとちゃんとした言い訳がほしいw

Dsc_0064

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1207180043

あれ 雨だ・・・

バチが当ったか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのストレイ キャッツの
ブライアン セッツァー 

Brian Setzer Orchestra - That Mellow Saxphone

雨を追いかけている・・・ような

松代ツーリングその2

ここ安達太良サービスエリアは
距離的に、いや、もはや条件反射で
寄ってしまうところになっている

Dsc_0012

給油と仲間たちへの土産などを買い
ちょっとばかり長めの休憩

熱めのコーヒーでもってホッ・・・

Imgp3739

400SMの恭ねえ
ビッグバイクの中にあってハンデがあるが
なんのなんのしっかりついて来る。

Imgp3742

常磐道もご覧のとおりの晴れ
 陽射しの暖かさを背中に感じ
しろもげらとの前向きな会話が弾む

がしかし、路面は濡れていて
どうやら朝方まで雨が降っていたようである。

・・・・ 会津坂下で下道に ・・・・・

1年ぶりの国道252号線へ。

ここは去年の夏の大雨によって
只見川は甚大な被害が出て
7月まで通行止めとなって
新潟へ抜けることが出来ず
ようやくの全線通行可能になりました

Dscf5535

国道252に入りすぐさま給油
 田子倉の山越え
どうも雲行きがあやしい

Dsc_0016

山越えの前にトイレ休憩をば

道の駅 柳津

去年の6月、ここで日本一周中の
愛媛の女性ライダーに会う

愛媛に是非と言われた。

去年の旅でバッテリー交換さえなければ
九州から愛媛に船で渡る段取りだったのに・・・

Dsc_0017

午前5時出発でペースは早い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

black crowes    she talks to angels

2012年10月16日 (火)

東北道で「発」日の出(コメント)

松代ツーリング その1

テレビをつけると日本とフランスの試合をやっていて
歯を磨きつつ見入ってしまう。

今のオレは、この時間に起きても
まったくふつう。
 いつもよりちょっと早いだけのことなのだ

以前の夜型人間であれば
当然のように徹夜で出発の午前5時

いつまでも見ているわけにはいかない
 コソコソと家を抜け出し
ゴソゴソとガレージからバイクを引っ張り出し
ヒタヒタと広い通りまでバイクを押し(乗って)
ボボボボッと始動

Dscf5531
「金星と月がピカリと輝いてた夜明け」

東北自動車道・泉インターから出発したのは
しろもげらとオレ
そして菅生パーキングまでお見送りのはなもげら。
 彼はざんねんながら泣く泣く不参加
我々も残念でならない

菅生パーキングまでは20分少々といったところ

まだ白み始めたばかり
 確かめるように丁寧に走ってみる
(暗いから見えないのだ)

Dsc_0010

菅生パーキングで仙台組全員集合

しろもげら、まひ夫婦、恭ねえ、にしさん
そしてオレの6人6台。

まひさんは久しぶりのこのツーリングの参加である

Imgp3730

しょうぢさんとの悲しい別れ・・・
 涙を拭いて東北道 安達太良サービスエリアまで。

途中、目の覚めるような日の出
 ご来光である。

今回もいいツーリングになるよう
ココロでもって手を合わせる。

手を合わせたいところだが
状況的にそういうわけにはいかない

何枚も着込み、首、袖など冷気の進入対策万全
 グリップヒーターの恩恵をたっぷり受けて
まったくの寒さ知らず

今回初導入の通信機器B+COM
 高速走行では多少ノイズがあるものの
常識的な速度においては聞き取れた。

ちなみにナビの音声だと
300キロ出しても聞き取れそうなほど
はっきり鮮明なクリアな音声。

これなら携帯の会話
音楽を聴くのも問題はないな

・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》さん

子供にとって
あの広い古民家は魅力的でしょう
 まさにトトロの世界ですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Queen   Play the Game

2012年10月15日 (月)

今年も松代へ

今年も行ってまいりました松代へ。

春 5月が伊豆・稲取ツーリング

そして秋、越後湯沢の宿泊地が手狭に
なったため2年前からは
同じく新潟県は十日町市の松代に
宿泊先を移しての恒例行事です

13名 子供3名があっちこっちから集まり
今回も楽しい松代となりました。

Dsc_0090_2
バタバタと座敷わらしが走り回り
いつになく賑やかで明るい古民家泊となりました。
 

Dsc_0372
みな無事(?)に到着
 なにはなくとも「乾杯」

次回からツーリングのお話しと画像を

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

QUEEN  KILLER QUEEN

2012年10月 8日 (月)

サインハウス B+COMの案配は如何に

バイク用通信機のB+COMを
いきなりツーリングで使用する前に試すべく
ちょっと走ってみました。

Dscf5371

その前日に携帯をブルートゥースで接続して
ワンセグテレビの音声を聞いてバイクを運転
 音声の聞き取り具合やボリュームを確認してみた

Dscf5373

まったく問題なく音質もいいかんじ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして肝心のバイク同士での会話はどうか

Dsc_0005

社外マフラーでそれなりに野太い排気音の
我がX4とかなりの高音量のドカティ・デスモセディッチ

結果的にいうと一般道ではほとんど問題なく
相手の声が聞き取れましたね。

スロットルを少しばかり元気に捻ると
スピーカーを通してドカのエンジンが耳につきますが
それ以外では問題なし

音量調整などもグローブをしたままでも
確実に行なうことができました

トランシーバーのような片方が喋り終わったら
切り替えてこっちが喋る
「○○です、どうぞ」というのとは違って
携帯電話のように同時に会話ができて
それだけでも違和感がなく快適と言えます。

とくにこのSB213EVOは品質が向上して
感度も良好、通話時間も長くなっているようです

これで今週末の松代ツーリングが
さらに楽しみになりました

Dsc_0003

ちなみに
このドカ
新車で850万なり

公道を走れる正真正銘のレーサーである
 それに保安部品を付けたバイク

何千万もするレーサーを
この値段で買えるなら
ある意味安いか・・・

12sdf

西日に当る飛行機が
音もなく南の空へ飛んでいく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Toms Diner [Long Version]  Suzanne Vega

2012年10月 7日 (日)

修理完了 マフラー交換

ガソリンの価格というのは
上ったり下がったり変動が忙しない。

レギュラー120円くらいで
手を打ってくれまいか・・・

Dscf5366

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の日曜日
新品のマフラーが届いたのでさっさと交換してしまう

Dscf5384
Dscf5385
Dscf5386
土曜日のうちに壊れたマフラーを外していたので
交換は20分ほど。
 車体の下に潜っての作業はちょっと面倒だけど
バイクの4気筒集合マフラーを交換するよりも
はるかに簡単。

メーカー純正ではないけど
もちろん車検対応品でガスケットやボルト類も
付属しているから
いちいち買い揃える必要がないので助かります。
 
金曜夜にネット注文して日曜午前中には
宅配便で届き交換し終えた。

運転できなかったのは昨日の午後だけ
 車屋さんに頼むより断然早いのだ。

試運転
篭る音が無くなって静かだわぁ

Dscf5368_2

ほぼ稲刈りは終わった仙台周辺です

田畑に人影がなくなるのは淋しい
 冬に向かっている実感が伝わってくるから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メリサ マンチェスター
「ドント クライ アウト ラウド」

Don't Cry Out Loud    Melissa Manchester

2012年10月 6日 (土)

マフラーぽっきり…車の

ついこないだバッテリーを交換したばかりなのに
今度はマフラーが逝ってしまった・・・
Dscf5352
触媒の後ろ、リアマフラーとを繋ぐ直線の
溶接部分が劣化してポキリ

1週間ほど前から
少しずつ排気音が変化してきたのは
知っていて意識はしていたのですがね・・・

まだ大丈夫だべ
っと思いつつ走ってました。

突如 「ブブゥー」から「ボボォー」と
勇ましい音とボリュームになり
「あっ 外れたな」っと・・・

帰宅してガレージで車の下にもぐり込み
マフラー(中間パイプ)を取り外してみる
Dscf5357
完全に取れてました

リアマフラーは前回の車検の際に交換済みなので
まったく問題なし。
 さっそくフロントマフラーを発注
部品が到着するまでこのまま放置

Dscf5360
新しく購入したジャッキで持ち上げてブロックでかさ上げ

やれやれ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12www
スポーツ秋
体を動かすのにはホントにいい季節

12hger
バイクに乗るにもいい季節

Dscf5128_2
秋の夜長、本を読むのもいい季節

もう何でもいいのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メン アット ワーク 「ノックは夜中に」

Men At Work   Who Can It Be Now

2012年10月 4日 (木)

京都から

朝は動きの速い雲の動きから
台風接近を意識し
風もありました。

Dscf5343

ここのところ、寝ているうちに雨が降って
朝起きてみると濡れているんだよな

Dscf5344

そんな濡れた路面をタッタッタ

12yyy

風は残っていたけど
昼になる頃には晴れてきました。

台風が遠ざかって行ったのでしょう。
 置き土産に24.9℃と
久しぶりの暖かさを置いていきました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついこのあいだのこのブログで
去年の旅でお世話になった京都 美山のNさんのことを
書いたのですが
今日、そのNさんからいきなり電話があって
一年ぶりの再会。

Dscf5346

山形に行ったあとに寄っていただきました。

お変わりなく元気な様子で
ワゴン車のキャンピング仕様で旅の途中でした。

お返しに
また京都へ行かねばならくなった。
いやはや困ったコマッタ・・・
(もちろんホントはウレシイ)

行ったらまた
ワンコの顔をグリグリせねば
111007002

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トト  「リブ フォー トゥディ」

TOTO Live For Today

2012年10月 3日 (水)

バイク用通信機 B+COMをば

昨日と似たいような天気の10月3日

間違って24時間寝てしまっても
空模様だけ見たら10月2日だと
勘違いしてしまうだろうな

Dsc_0352

Dscf5335

ひとっつも固有名詞がわからないキノコがいっぱい

Dscf5339

キンモクセイ
以前はあんまり好きになれなかった香りでした

毎年、この時期になると漂ってくるので
慣れてしまったのかな

Dscf5340

19.5℃ 熱い飲み物をズズズッ・・・

自動販売機も10月になり
ようやく「HOT」の選択もできるようになった。

ついこないだまで
熱いものなんか見るのも勘弁
そんな真夏日だったのにねえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf5338_2

そろそろよかろうと
サインハウスのB+COMの

SB213EVOペアユニットを
しろもげらさんと共同購入

これはバイク(ライダー)同士で
同時通話ができる通信機器

「そろそろよかろう」というのは
だいぶ性能が良くなってきたという意味で

スペック 会話時間、ノイズリダクションなどなど
それらが良くなってきたからです。

トランシーバーとはまったく違う代物で
ブルートゥースによる通信なので
電話のように会話ができ
携帯やナビ、オーディオ機器ともブルートゥースで
ペアリングすることが可能なのである。

残念なのは
通信エリア(通信可能距離)はさほど変わりがない
 これは電波法によりいたしかないか。

また、高速道路で飛ばすと
風切り音が酷いのはバイクの性か・・・

実際に試してみて本当に便利なものであれば
しょうぢさんにも勧めて
オプションのグループトークサーバーを追加して
複数で会話できるようにしたい。

グループトークサーバーは6台(推奨5人)まで
同時会話が可能らのしいので
サーバーをグループ買いしたいところ

賛同者求む

あとはそれに専用電源ケーブル
オーディオミクスチャー
デュアルトランスミッターが
個人的には欲しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エイジア  「オンリー タイム ウィル テル」

Asia  Only Time Will Tell

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト