« 琵琶湖、湖西をあっちへこっちへ | トップページ | 訪れるほどに京都 »

2013年2月14日 (木)

ライフワーク まつだい(松代)

ここ5、6年、新潟県十日町市の「松代」が
お気に入りで、年に二度、三度出かけては
古民家に連泊
カメラを手に
日中はゆったりと里山アートをバイクで巡り
夜は囲炉裏を囲んでまったり寛ぐという
心身ともに癒される贅沢な時間を過ごしています

1qqq
松代参りは
富山からの帰り道、濃霧の中を迷い
彷徨ったことからはじまりました。

1ttt

1www
豪雪の雪も消えて、棚田の田植えも一段落
春は足早に過ぎ
時間を取り戻すかのように初夏が来る

Dsc_0051
里山の夕景はじつにダイナミックで
迫力さえも感じられるほどです。

蛙の声と山を越えてくる風が
木々と苗を揺らす

暮れると蛍が乱舞する7月

1yyy
(去年、車のCMで登場しましたね、ココ)

里山のいたるところ
世界中のアーティストたちの作品が点在。
 奇抜な作品も不思議と里山に溶け込んでいるのです

Dsc_0099
キュロロの森駐車場にて

隣には「美人林」という名のブナ林
 手軽に森林浴が楽しめます

Dsc_0220
秋には各地の仲間たちが集まります

Dsc_0134
蒲生、星峠、そして清水の棚田と
里山風景に欠かせない風景が
いたるところに。

Dsc_0074
秋、ぼやぼやしていると
ひたひたと夕暮れが迫ってきます。

里山の暮れるのは想像以上に早いもの

Dsc_0085
広い古民家を探検する座敷童子たち

子供でなくても楽しい

Dsc_0169
「乾杯」、」囲炉裏」に「鍋」
「酔い」と「笑い」いつまでも。
  
古民家の夜は深けていきます

Dsc_0183
夜明け。静寂がどんなものかを
身をもって教えてくれます。

Dsc_0232
(バイクフォトコンテストに出品して見事入選した一枚)

土産と呑み疲れの重みを背負って・・・

それぞれの家路に着きます

また来年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sarah Mclachan   Angel

« 琵琶湖、湖西をあっちへこっちへ | トップページ | 訪れるほどに京都 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オートバイツーリング」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライフワーク まつだい(松代):

« 琵琶湖、湖西をあっちへこっちへ | トップページ | 訪れるほどに京都 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト