« チリも積もれば積載量 | トップページ | ぽかぽかで私も猫もやれウレシヤ »

2013年3月 3日 (日)

3月3日の記憶

3月3日と言えば
もちろん「お雛さま」ですが
ワタシにとってのこの日は
ミュウが体の具合を悪くした日
その印象が強くある日です。

深夜のことであったので
不安な一夜を過ごしたことを
思い起こしますが
ミュウは何とか持ち直すことが出来て
それから1年3ヶ月
最後は老衰というかたちで亡くなるまで
無事に暮らすことが出来ました。

09041021
回復して1ヶ月が経ったときのミュウ
もうすぐ19歳になる4月

年老いて、足腰の頼りなさが見てとれます
 でも、このときオレは嬉しかった

0080
ミュウが亡くなる1ヶ月ほど前
2010年5月頃

まだ新しく新調したホットカーペットが手放せないミュウ

病気になってから亡くなるまでの1年以上のあいだ
2階のオレの部屋に、御飯はもちろんトイレもすべて
移して過ごしました。

足腰がおぼつかなくなって
1階へ下りることもなかったのに
亡くなる1,2週間前、何度か1階に下りたことが
ありました。

調子がいいのね
オフクロがそう言ったくらいでした。


お別れの見納めに来たのかね

亡くなったあとに
そんなことを言ったことを思い出します

日向ぼっこをした
日当たりの良い廊下や
オヤツをおねだりしたキッチンに
ヒンヤリとした玄関でゴロゴロしたこと
そんな思い出を刻んでいたのかもしれない

1qqq_2

昨日(2日)、荒れ狂っていた風も
日が暮れてくると納まっていることに気づきました。
それは、ふっと我に返るような感覚。
そして
今度はその静けさが気になって
窓を開けてみると
目の覚めるような冷気で
身が引き締まる。

オリオン座が西の空に傾いて
冬の星座も翳りが見えた

深夜3時半
再び吹き出した風の音で
強引に起こされて見ると
南の空に下弦の月を
夏のさそりが追いかけているところ

季節の移り変わりが
そこにはありました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Hall&Oates  Wait for Me

« チリも積もれば積載量 | トップページ | ぽかぽかで私も猫もやれウレシヤ »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月3日の記憶:

« チリも積もれば積載量 | トップページ | ぽかぽかで私も猫もやれウレシヤ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト