« 稲取ツーリングその9 最終回 | トップページ | 真夏日の神通峡へ »

2013年5月27日 (月)

真夏日の神通峡(コメント)

朝起きたときも
行く気が萎えていなかったので
気が変わらないうちに行って来ました、神通峡。

山形県大江町、左沢から柳川温泉へ行き
そこから神通峡へ至る山道を入って行くと
「草木供養塔」の駐車場に着きます

Dscf4624

ここからスタート

「草木供養塔」から古寺砂防堰堤 間 4.1キロが
神通峡となり月布川を左に見てのハイキング。

道幅もあり、しっかり手入れをされている林道は
いつもジョギングしている仙台の県民の森よりも
歩きやすく
草木供養塔から歩くと、若干上り坂ではあるけど
気になるほどの勾配はなく
気持ちよく歩けました。

けっして登山でもトレッキングでもない
歩きやすさはハイキングそのもので
散歩と言ってもいいくらい

Dsc_0051
(画像クリックで拡大します)

月布川の岩を噛む流れが
常に耳に入ってきます。

ダイナミックな流れは
渓流釣りをやる身にはたまらない眺め

Dscf4607

深い山と緑を肌で感じるし
ブナの幹の太さ、仙台で見る野草の大きさなどを
目で見て実感します。

Dsc_0180

神通峡のこの道は
むかし、トロッコが走っていたそうです。

それにしても山形

暑い

30.9℃の真夏日・・・

帰りの車中
窓を全開にしても暑く
思わずエアコンのスイッチを入れそうになったけど
なんとか思いとどまった

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・

《しょうぢ》さん

>戦艦大和vsイージス艦の勝負

文庫本でも同じような意見ですね、さすがです。

異種な艦だけに「せーの」では戦うことが
できないのですね

もしやるとするなら
大和の主砲の射程距離内と
イージス艦の有利な距離での
ラウンド対決ということになるのでしょうが
これでは「勝負」ということにはなりませんものね

永遠の机上の戦い・・・というところでしょうか

個人的な意見としては
よくもまあ あんなデカくて重い船(大和と武蔵)を
造ったものなだナァと関心するばかり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Helen Reddy   Delta Dawn

« 稲取ツーリングその9 最終回 | トップページ | 真夏日の神通峡へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天気」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏日の神通峡(コメント):

« 稲取ツーリングその9 最終回 | トップページ | 真夏日の神通峡へ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト