« 稲取ツーリングその9 最終回 | トップページ | みんな笑顔だった »

2013年5月22日 (水)

快晴のペンキ塗り(コメント)

寝不足と慣れない屋根のペンキ塗りからか
風呂に入ってから本を手にした途端に
もうダメ
眠くて眠くてどうしようもない

バタンキュウ
コドモのように21時に寝てしまった・・・
 バタンキュウという言葉が
妙に懐かしいな

それでもって
バカなオレは、いちども目を覚ますことなく
たっぷり9時間完全熟睡

こんなに寝てしまって
いやあハズカシイ・・・ 

今朝もたっぷり夜露が降りたので
屋根が乾燥するまでジョギング

Dscf4498

夜露にクモの巣が濡れてキレイだった。

そういえば
一年前の昨日、つまり2012年の5月21日は
皆既日食でしたが
あのときも今日のような天気で
あちこちにあったクモの巣が
夜露で白い綿のように見えたのを
思い出しました。

Dscf4501

今日はおひとりなんですね

湖面に映る姿で、2羽居るように
見えなくもないけど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、残りの2階屋根の塗装を。

Dscf4504
(小学校のむこうにシェルドーム)


昨日ほど暑くはなく
風も吹いたので比較的作業は快適に出来た。

最高気温は22.4℃まで上ったけど
午前中は18℃ほど。

ふう・・・と作業の手を止めて一休み
屋根の上で冷たいウーロン茶をゴクゴクッ

ボトルに氷を詰めたウーロン茶が
喉もとから胃袋に下っていく・・・快感

Dscf4508

その上空に飛行船が。

そういえば昨日も飛んでた
いや、浮かんでたと言った方が似合うね
飛行船は。

毎年見かける、保険会社のロゴと
スヌーピーが描かれた飛行船。

あれはおそらく大衡村の仙台北部工業団地から
離陸してきたのだろう

いちどでいいから乗ってみたい

Dscf4510

やっぱり2階の屋根の上は高くて
ちょっとコワイな。

道路からだと3階建ての高さがある。

屋根の縁に行くと緊張してへっぴり腰・・・

1階の屋根から掛けたハシゴから屋根に上るとき
下りる際ハシゴに取り付くとき
そのハシゴがバランスを崩さないよう慎重になる。

でも高みからの眺めは爽快だった

昼過ぎ、刷毛とローラーでちゃっちゃと塗って3日間の
屋根のペンキ塗りも完了

ペンキ塗り、安く請け負います
ただし屋根の傾斜が5度以下www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《よっぴ》さん
>いや~ お疲れ様でした。
でも楽しいひと時でした。
また松代で”おかえりなさい!”ですね。
いろいろなところから集まった人達がちょっとの時間
同じ時を過ごし同じ思い出を持ち
またそれぞれの生活に戻っていく…  不思議ですね。

>>こちらこそ、とっても楽しかったですよ。
「それぞれの生活に戻っていく」
この感覚がまんざらでもなくて
また味わいたくなるんですね

>プロモーションDVD見出来上がりが楽しみです。

>>今回は適当に納めたものなので
次回はしっかり吟味して制作致します。

《しょうぢ》
>無事に帰る事ができたので良しとしましょう。
佐野から上河内の区間で
ロスした時間を何とか稼いだって感じでしょうか。

>>いいペースでした

時間に余裕があったらあったで
ウダウダしてかえって遅くなったり
するんでしょうかね

>修理代、心中お察しします。

>>水冷の宿命ってことで仕方がない。
年式的にボチボチ
メンテが必要になっていく我がX4
それも望むところではあるけど
他所の土地でのトラブルは勘弁願いたいもの
です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井上陽水  月の砂漠

|

« 稲取ツーリングその9 最終回 | トップページ | みんな笑顔だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/303882/51730803

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴のペンキ塗り(コメント):

« 稲取ツーリングその9 最終回 | トップページ | みんな笑顔だった »