« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

走って走って走りまくり

気合を入れるために
おのれの体をいぢめる。

何に対して気合を入れねばならぬのか
追求されると困ってしまうけど
横になってせんべえを食べたこととか
挙げればきりがないのだ。

Dscf5388

栗の花が咲いている。

白い花が栗の木全体を覆い
遠くからでも栗の木であることがわかるので
「あんなところに大きな栗の木があったのか」と。

秋口の栗拾いに
大いに参考になるのでした

Dscf5394

真っ赤な落ち葉が
遠くから見ると毒々しいキノコに見えてしまう

Dscf5397

県森から場所を移して南川ダムへ。

ダム湖周回で約7キロのジョギング。

他に走っている人はいなかったが
自転車はたくさんすれ違った。

ダムの中央を横断する橋の街灯に
トンビが居た。

右に左に頭を振って
辺りの様子をうかがっている。

延々とつづくダラダラ坂道が堪えるが
おもったよりも快調に走りきる。

あとは帰宅してシャワーを浴びて・・・
と思ったものの
まだ物足りなさからか
体がくすぶっているので
「よーし、もう一丁」
っとふたたび県森へ。

さすがにちょっと辛かったw

久々の2万歩、16キロを走って満足

6月最後をがっつり締めくくる

ふう、太ももが心地いい筋肉痛

Dscf5404

キュウリの花がいっぱい咲き出す

Dscf5408

ムンズッ パキッと折ってハムッ
歯ごたえ抜群

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Chris Rea    Set Me Free

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月最後の撮って出し

「やっぱり梅雨だな」
梅雨であることを認識させられた
ここ数日の天気です
これが6月の本当の姿なのだ

その6月も今日、日曜日でおしまいで
どこぞのスーパーで言うところの「晦日」

12月31日は一年の最後の日だから
晦日に「大」が付いて「大晦日」なんだね、へへっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去画像から

1c_2

死ぬほどいぢりたおした2台目Dトラッカー07年式

HIDの威力
それはもうカメハメ波なみ!?

1d_3

とんがり塔で休憩

この下に住んでいた有名人はお引越ししました

1b_2

ちっちゃくて何の変哲もない滝も
長時間露出で撮影すると
流れの筋が際立って写ります

これでシャッタスピード1秒くらいかな

1a_2

小さいワンちゃんは
うっかりすると踏んづけちゃいそうで
目が離せない

1r

森の中、階段を上りきると
開けた踊り場のようなところに出る。

「ふう・・・今日は誰もいないな」
そういうところなんです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Wang Chung    Let's Go

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

保湿効果過剰(コメント)

足元がジワリと濡れるのを嫌って
朝のジョギングは住宅地1周に。

霧雨がサワサワと二の腕を舐める

前方にランニングの中学生2人
「追いついたるっ」
気合を入れて追いかけるも
離されて行くばかり
ゼエゼエゼエ・・・

「今回はこんくらいにしといてやるわ」汗

1e

遅ればせながら庭のアジサイが色づき始める

1d_2

プランターのアサガオも
そをそろ蔓が伸びてきそうなので
場所を玄関前に移動しようか。

去年よりも若干成長が遅いみたいだ

1c

県森から見る仙台市中心部も
今日はガスがかかって薄っすらとしたシルエット

強いて言うなら左に見える鉄塔はスカイツリーw

1b

本日、土曜日も20℃にとどかず>19.2℃

汗をかいた体が冷えてくるので
ヒーターを入れて車を運転。

午後、本を読んでいたら
いつの間にかに眠ってしまい
気づいたら2時間も・・・

寝すぎて頭がボーッとする。

その眠気頭で
いま、これを書いているので誤字脱字が激しいかも
しれないのでしたたらず

1a

・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《よっぴ》さん

>家の下娘。南に向け出発しました。
まだ梅雨明けもしていないのに・・・。

10日ぐらいブラブラしてくるらしいです。

・・・KSRに乗って!

>>やりますね

北に来れば歓待したのに。

TZRでなくて一安心?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Chris Rea   Loving You Again

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音のない雨

今日も天気が悪いのかな
土曜日なのに・・・

朝から霧雨
このくらいなら傘は要らない
でもいつのまにか濡れている・・・

1a_2

画像だけでもパッといきたい

1d_2

1r

1f

いつものジョギングコース(黒線)

毎日同じ道を走っていても
日々雰囲気が違います。

季節による違いはもちろん
天候、時間帯、曜日によっても変わってきます。

そして自分の気持ち次第でも大きく変化して
くるようです

かりに、目に入ってくるものは同じであっても
耳に入ってくる音が変化するだけで
それはもうその日だけの景色

同じ場所で撮った写真も
翌日撮るとぜんぜん雰囲気が違って見えたりして。

だからこそ
飽きずにジョギングが出来るし
また明日が楽しみになるのです

1b_2

7月になったらちょっとだけでも遠出したいよナァ

1c_3

遊びに来てネ って言われた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

U2  Beautiful Day

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

寒みぃよぉ

なあに今日は

北海道を除いた日本の中で
いちばん低い気温になったのではないか

なんと17.5℃

最低気温ではない最高気温なのである

火鉢の上で餅でも焼いて
醤油をタラリでパリパリ海苔を巻いて
すかさずハムッ・・・

部屋の中であっても
Tシャツ姿では風邪をひいてしまいそう

天気も天気で
シャレた言い方をするとミストシャワーのような
雨がさわさわと肌にまとわりついてくるようです

真夏の日射しの照りつける中でのミストは
天国だけど
17℃の曇り空の下ではコノヤロだ・・・

1b

1c

ウェアが濡れているのは
汗なのか雨のせいなのか。

ボツボツと雨粒が落ちてくる。

それは雨なのか
葉にたまった雫なのか

1a

遊歩道のあちらこちらにキノコの姿を
見かけるようになった。

梅雨の湿気で
見る間に成長する姿に目を見張ります

さすがに今日の県民の森は
常連さんの姿のみ。

こんな天気の中で行き会うと
連帯感を強く感じてしまうのでした。

1d

暑くなったら読も

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

D R I V E (Lyrics) - The Cars

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月28日の撮って出し(コメント)

金星が夕暮れの西の空にピカリ

1a

沈む太陽を追いかけるように泉ヶ岳の向こうへ
急ぎ足で落っこちて行く。
でも、日ごとにその距離を延ばし
天頂を目指していきます

ぜったいに届かないけど・・・

金星を望遠鏡で覗くと
月と同じように満ち欠けているのが見えます。
三日月だったり半月だったり

あっ三日金、半金って言うのか、ははっ

1e_2

ハグロトンボ

まるで4枚の羽が独立して
一枚一枚勝手にパタパタやっているように見えました。

1b_2

たしかに瀬音は耳に気持ちがイイ

そういえば、まだセミの鳴き声を聞いてないな
今年はセミの当たり年なのか否か


1d_2

1g

6月も終わってしまうナァ

今年も半分が終わるということか
はえぇ(早いの意)・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・

《しょうぢ》さん
>ワタクシも以前はジョギングなるものは嫌いでしたが、
何となく始めたら意外と癖になってしまってます(笑
毎日は無理なのですが、
週に2~3回近所の交番の周りを夜な夜な
周回しております。
見掛けたらよろしく(謎

>>すばらしいなオレたち(笑

あの走り終わったときの
心地いい疲れと
いかにも、体にイイことやったった
という達成感と優越感と自己満足が
癖になるのでしょうねぇ

見かけたら背後から
「うおぉぉぉ」と叫びながら追いかけやります(爆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岡村孝子 夢をあきらめないで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

思いのほかイイ天気

夜は雨が降っていたから
明日のお天気は望めないな
っと思って眠りにつき
目が覚めてみると
雨は上ってはいましたが
曇り空だったので
予報どおり「曇り」の一日と
1b
雨上がりの湿気たっぷりのひんやり感

水分たっぷりの芝は
踏んだ足下からジュッ。

絞っていないフキンみたいだった。

1c

ところが予想に反して陽が射して
あたりはパアッと別世界に

1d

日中も晴れ 26.6℃の夏日
日射しは強いけど風が涼しくて相殺

湿度は高そうだから
夜になると不快になるかも

1e
画像クリックで拡大します

水中撮影
岩の周囲にたくさんの魚が泳いでいるのが
わかるでしょうか。

ハヤか鮎か

1z

敵意剥き出し
いまだ慣れてくれず・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トランザム ああ青春

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもアリガト…ワンッ

Cocolog_oekaki_2013_06_26_19_11

ジョギング中に雨

1a_2

でも大丈夫

1c_2

緑の傘が雨から守ってくれるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1r

ジョギング中の楽しみのひとつは
ワンコたちに会えること。

いつも相手にしてくれて
バイバイのかわりにアリガトまたね

1d_2

ボーダーコリーの関わりはけっこう多いです。

喜怒哀楽が画像からよく伝わってる犬種かもしれない

撮影していてそう思います。

撮る側としては
行動、表情が豊かななので助かります。

体格や毛並みによる部分もあるかもしれません。

1z

近々、東京までニャン子の撮影に行くことになった。

ついでにポスティングもして来ようかw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CREATION  スピニング・トー・ホールド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

ふくらはぎは第二の心臓らしい

惜しい
夏日に0.1℃とどかず。

日中は久しぶりの曇り空

午後には強めの風が吹き
肌寒さをかんじて
窓を閉めた。

早く寝ただけ早く目が覚め
めざましテレビを見ているのもどーかと
早いジョギングに出かける

軽い準備運動が功を奏したのか
妙に走りが軽快

いつもは
体が目覚めておらず
呼吸は乱れていないのに
体がきついことが多いのに
呼吸が乱れるほど
体が前へ前へと進んで行く。

1b

足首、膝、腿、すべてに力が入り
いつもの階段をすべて駆け上がることができた

1c

長い階段は脇の斜面を駆け上がる

ウリャアッ!

なんだ坂こんだ坂
そんな気合が朝からみなぎっていた。

こんなことは滅多にない

この調子でポスティングだ

ああ、午後になると睡魔が襲ってきそう・・・w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

糖尿病と診断されてから2年あまり

インスリンなどの注射や投与もなく
食事と歩くこと、走ることで
すべての数値を基準値に下げ
先生には「稀にみる完治かもしれない」と
言われた。

なんせ血糖値が300だったのだから・・・

太ったら、まだ数値は上るかもしれないが
太る気はないし
一日一回、走らないと気持ちが悪い今
病気うんぬんではなく
ウォーキング、ジョギングそのものが楽しい

むしろ歩いて体が良くなるのなら
一石二鳥ではないか
一粒で二度美味しいではないか
棚からぼた餅ではないか
そんな気持ちなのです

1d

そもそもが、ワンちゃんの散歩(ボランティア)から
歩くようになったので
今あるのはワンちゃんのおかげでもある。

歩くことはもちろん
走るなんてことは自分の辞書には
存在しなかったw
マラソン大会をどうサボるか
目の前にあるコンビニに
冷えたエンジンをしっかり5分暖気して
30秒運転して行ったほどなのだから・・・

1f
(画像クリックで拡大します)

ツゲの木がワサワサ動いていたので
ズーミングしてカメラを待ち構えていると
案の定顔を出した。
その瞬間をパチリ

1a

ぼちぼちオイル交換をしてやらねば

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_0136

ご存知、イーグルスのメインボーカル&ドラマーの
ドン・ヘンリー

Don Henley   The Boys of Summer

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初物にご満悦

赤く実った2コのミニトマトを収穫

今年の初物である

1コをパクッ

うまっ

張りのある皮に歯を当てると
パンと弾けて果肉の新鮮な酸味が
口の中にパッと広がる

たまらないのだ

1f

1b_2

キュウリもそろそろなのだ

梅雨なのに
好天つづきで野菜の成長が著しい

1e

1d_3

今週、松代へ行こうと急遽計画するも
用事がつぎつぎと重なり
呆気なく絵に書いた餅となってしまった。

まあいい
慌てることはないのだ

また天気と相談して次の機会に

1a_2
(画像クリックで拡大します)

明るい雑木林の中
乾いた風が抜けていく

たまりません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井上陽水 クレイジーラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

県森にギンリョウソウ

昨日以上に夏の気配が充満していた仙台

でも、不快感はなかったから
本来ある夏の蒸し暑さは感じられず
日陰に居ると涼しい

1a

朝のうちは雲に覆われていたけど
時間が経つにつれ
青空が広がっていきました。

1b

県民の森で「ギンリョウソウ」を見つけました。

しかも、遊歩道の階段の隙間で。

全身真っ白なその姿は
別名「ユウレイ草」

小さいながらも存在感があります。

ブナ林でよく見かけるギンリョウソウですが
こんなところで見つけたことに
ちょっと驚き

1c

このくらいの暑さでもオーバーヒートの
兆候すらみられず。

もう安心かな

1d_2
(画像クリックで拡大します)

山の向こうから湧いてくる雲に
夏の気配を強く感じます

これでひと雨あるといいんだけどね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

矢沢永吉  さめた肌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月25日の撮って出し(コメント)

遭難し無事に帰還した辛坊さん。

ほんとに無事で何よりでした。
ほんとにそうおもいました。

そして、いつかまた
太平洋横断にチャレンジしてほしいと
ほんとにそうおもいます。

でないと、彼の人生で悔いを残してしまうから。

無茶や無鉄砲なチャレンジで失敗して死ぬのは
自業自得の4文字で片付けられるが
計画を練った上でのチャレンジであれば
失敗しても納得がいく
生きて戻って来たら、それはそれで勇者であり
価値のある経験であることに変わりはない。

外国では
遭難し生還すると英雄として称えられる。

冒険には失敗しても
生死の境から戻って来れたことは
誰にでも出来ることではないのだから。

そんな失敗に税金を使うことに異論はない

むしろこんなことで賛否を問うのは
日本くらいのものだろう。

是非、こんどはガッツポーズで太平洋を横断して
ゴールしてもらいたいな。

1e

バイクに惹かれる理由はいろいろあるけれど
最終的には「危うい」ところではないだろうか。

車とバイクの違いはこの「危うい」度合いだと思う

2輪であるバイクは
言い換えると「転ぶ」ものです。

転んで当たり前とも言えるかもしれません。

そうならないように気をつけて運転する。
それが楽しいし
そんな危うさに惹かれる。

速く走れるようになりたい
あの峠を誰よりも速く越えてみたい
これも突き詰めれば「危うさ」であるとおもう

車の運転は慣れればそれまでだが
バイクは通勤であっても
日々修練であるとかんじるのです

バイクは常に危険と隣り合わせ
それを回避する能力を持っていなければいけない。

危うさがなければ
とっくの昔にバイクになんか飽きてるだろう。

惹かれるものって
かならずどこか「危うさ」があるのではないだろうか。

その危うさを敬遠するようになったとき
男として終わったときではないのかな

バイク乗りの言葉にこんなものがある

「ようこそ、こちらの世界へ」

1b

さて、本日の天気はどうだろうか

1c

F_2

頭上をバタバタうるさいので
いかにも「撮って」と言っているようだったので
カシャッと一枚

防災ヘリかと思ったら
東北電力のヘリのようだ

電気料金値上げ反対!

1d_2

羽を盛んにバタつかせていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《4番清原)
>山田悠介
最近少し読んだわ
若い人が書いたのってスピード感がありますわなぁ
って感想

>>スピード感ってわかります

山田雄介さんの作品は
初めてだったので
言われて納得

面白い内容だと
そのスピード感に惹きこまれていきますね

その逆だとまったくついて行けず
早々に本棚に・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマン時代
接待する側の定番だったカラオケ

ウケがよかったのだ

すごい男の唄  三好鉄生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

夏ばしり

1a

梅雨の晴れ間にしては
あまりにも良すぎる好天

Dscf5221
昨夕の紅

満月だったその夜の月は
見かけ上大きく見えるスーパームーン。

だからといって
実際に目で見て「わっ 大きいっ」
とビックリするほどの違いがわかることはない。

「大きい月」と言われると
そう見えてしまうのだけれど
月を常に見えている人は
「大きい」とわかるかもしれない

そして今朝
Dscf5223

360度、どこを向いても雲ひとつない
正真正銘の快晴でした。

梅雨の最中、しかも月曜日にモッタイナイ・・・

Dscf5232

池に映りこむ緑が
まるで水中の水草のように見えました。

その様子がとても気持ちがいいので
しばし足を止めて休憩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西空、山の上から雲が沸いてくるも
好天であることには変わりなくて
その様子はじつに夏らしい。

思わずスイカでも買ってかじりつきたい衝動に
かられたけど
27℃ほどの気温のわりには
湿度が低くてとても快適

乾いた風でかいた汗がたちどころにひいて
肌がサラッと心地いいのだ

「夏ばしり」そんな言葉はないけど
夏のはしりを感じさせてくれた月曜日でした

Dscf5258

バイクで犬のお散歩へ

このワンコはバイクの音を聞くと
尻尾を振って「待ってたよお」とはしゃぐ
注)バイクで走りながら犬を引っ張っているわけでは
なく、ワンコのお宅へバイクで行くという意味

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひこうき雲  荒井由実

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書の梅雨ですけどなにか

むかし、マンガ本を読みながら
歩いている小学生とかいましたね

いまは携帯をゴニョゴニョやりながら
うつむき歩く人をたくさん見かけます。

あれ、非常に見っともないので
やめた方がいい。

病院の受付けでも
携帯依存症の輩がかならず居る

かっこ悪いったらない

ちょっと例えは違うけど
県森をジョギングしているとき
イヤホンからカシャカシャと
音楽が派手に漏れている男性が
歩いていた。

コイツは何しに県森に来ているのだろうか
と頭をかしげてしまった。

鳥の声、風の音、イイ音に包まれているのに。

外部の音が聞こえないから
挨拶をしてもその声は届かず
追い抜くときに
派手に驚いているのである。

住宅地を歩いてなさい

1c

ただしい夏の入道雲

まだまだ積乱雲というには物足りない
積雲どまりの雲だけど
真夏を連想するにじゅうぶんな形でありました。

やっぱり形よねぇ
けっして大きさにはこだわらない・・・ん?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

枕元、机上、トイレ、車内
かならず本を置いていつでも読めるようにしている。

病院嫌いが
長い待ち時間を我慢できているのは本のおかげに
ほかならない

1a

その病院や車内で読む本は
次にいつ読めるかわからないので
途中でも読みきれるエッセイや短編小説がいい。

寝床で読む本はきっちりと長編
日中ゴロリと横になって読むなら旅やドキュメント
そんな読みわけをしています

1f

ソロツーリングでは
ジーンズのポケットに単行本を押し込み
昼飯などの店に入るようにして
時間を潰せるようにしている。

キャンプ旅では持って行く本は厳選。
シュラフに潜り込みながら
面白い本に夢中になれたら
一人旅の夜も淋しいことはない。

厳選とはいっても
読む気になるかどうかは
実際にキャンプ地に行ってみないことには
わからないのが
ある意味賭けなのだ

半月ほどの旅では
途中で本が欠乏するので
本屋を見つけて物色します。

っま、こうなると携帯ゴニョゴニョも
本ペラペラもどっちもどっちといったところだろうかw

1b

近頃では
本が置いてある数だけ
老眼鏡も置いてあったりして・・・

1d

年がら年中、朝も夕もヒヨドリが鳴いている

その騒ぎっぷりは迷惑でもあり可愛くもあり

1e

ああ どこかへ行きたくなってきた。

また松代でだらしない古民家生活をしたくなってきた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一度は耳にしているのでは「サンデーソングブック」の

山下達郎 ONLY WITH YOU

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

ああ…ねむい

メキシコ戦を見るために4時起床

Dscf5195

もうまもなく陽が昇る、そしてホイッスル

そのメキシコ戦も
後半に2点目を決められたところでジョギングへ。
「んもうっ・・・」

Dscf5203

まだ寝ぼけているみたいなカモ
足湯状態・・・

起きてから時間が経っているので
足のぬくみも取れて快適に走れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅してからのテレビニュースで
あの後に1点取り返したことを知る。

P6230010

朝の涼しい中を
こんどはバイクでひとっ走り

P6230017

ドカのお兄ちゃんとしばし会話

帰宅してもまだ10時前。

昼に再び県森ジョギングで
コンニャロメと体をいぢめる。

早起きと2度のジョギングでクタクタ・・・

どうにもならず
久しぶりに昼寝というものを1時間

復活!
まったく単純な己の体

今晩眠れるかなぁw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョンクーガー&メレンキャンプ

John Mellencamp   Jack and Diane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産の意義ってば

富士山が世界遺産に登録されましたね。

ヨカッタヨカッタ

まづはオメデトウと手放しで喜んでみる

っが
はたして何を喜んでいるのか
オレにはいまいちよくわからない。

登録されてバンザーイということなのだろうけど
登録されて何かイイことがあるのだろうか。

「バカだなオマエは
登録されれば世界中から観光客が
押し寄せて来るんだよ
お金をいっぱい落としてくれるから
地元は潤うのだよ」

これが本音ならガッカリだ。

本来、世界遺産というのは
後世まで残し伝える価値のあるものだと
認められての登録である。

何百年、何千年とその姿を留めるために
これから大変な努力が必要になってくる。

そもそも日本の世界遺産というのは
どうも「観光目的」という臭いがプンプンする。

富士山は世界遺産に相応しいことは
異存はまったくない。
まっさきに登録されるべきものだとおもうけど
今回、登録されたのは
世界「文化」遺産としてだ

前回、世界「自然」遺産としての
登録は却下されたことを忘れてはいけない。

なぜ登録できなかったか
それはひと言「ゴミ」の山であったからである。

富士山とその周辺の
あまりにも多いゴミに視察団が
問答無用で「NO」と言ったのだ。

登録されたものは立派でも
そこを訪れる人間の資質が
これからは問われ
大きな問題になってくるだろう。

それに対処できるかどうかが
登録されて喜んでいる地元の方々であり
責任なのである。

「お客さん いらっしゃーい」と
おいでおいでしてばかりでなく
時には「お断り」を言える勇気と判断が
必要になってくるのだ。

世界中の遺産を見習ってほしい

自然は自然のままにしておくことが
遺産なのであって
どうか間違っても
土産物屋や道の駅など作ってほしくない。

こんな話しがある
 ある景勝地に立派なホテルが出来た。
そこからみる景色はため息が漏れるほど
すばらしい。
しかし、そのホテル意外から見る景色は
ホテルが出来る前より悪くなった。

それはホテルが景観を損なってしまったから。

こんな本末転倒なことにだけには
ならないでほしいと願うのでした。

1d

富士山頂の測候所の歴史も
遺産のひとつにしてほしいとおもう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1a

1b

1c

久々にあの峠を走った。

アスファルトはきれいになり
震災の被害は跡形もない

そしてパトカーが居た・・・

クワバラクワバラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Loverboy   working for the weekend

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

朝と昼のタッタッタッ

たまに住宅地の内をジョギングします。

それが今日の朝でした。

家を出たらすぐに走れるのが
手軽でいいけど
道のりが単調で走っていて
どうもつまらない
だからたまにしか走らないんだけど。

でも、土曜日は通勤の車が少ないから
走りに集中することは出来た。

住宅地をグルリと1周するも
県民の森よりも歩数では500歩ほど少なく
そのぶん距離も短く
物足りなさがあったので
やっぱり県森をタッタッタッ

空は見えるけど雲が多く日射しは稀
 風が清々しく
暑くもなく寒くもなく
東屋よりもベンチで寛げる陽気

Dscf5173

そうしたら、怪しい雲が・・・そしてザッと雨

やっぱり東屋のほうがいいかw

通り雨であることは雲行きで判断できたので
気にせずジョギング。

Dscf5178

木々の緑に落ちる雨の「ザーッ」という雨音が
案外いいもんで清涼感がたっぷり
きついアップダウンの道も気が紛れました

Dscf5180

その雨音が遠ざかっていくかわりに
陽がビシッと射してきて
そのコントラストが実に目に鮮やかに映りました。

Dscf5184_2

ガソリンは常に満タン。

走って帰ってきたら
次回のために携行缶から給油しておきます。

準備万端なれど本日走れず・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Boz Scaggs  You Can Have Me Anytime

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月22日の撮って出し

天気予報では「くもり午後から雨」の仙台だけど
きっと晴れ間もあるだろうな・・・たぶん。

だってそういう天気が近頃多いから。

1d_2
1e_2

なんか居ないかナァ
っと覗いてみても暗くてわかんない。

子供のころ
こんな穴に針を挿し込みツンツンやると
「イテテテッ、なにしやんでぇ」
怒りつつ七色に輝く玉虫が顔を出し
そこをすかさずゲットしたものでした。

夏日と湿気
昆虫の気配がでてきた県森

1b_2

おやつが欲しくてぷるぷるしている図

1c_2

晴れるといいな

暑いといいな

土曜日なんだし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

025

小柴大造&エレファント  テル・ミー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

走った歩いた配った

思いのほかイイ天気

雲は多いのだけれど
常に日射しがあって
青空も見えていました

台風は熱帯低気圧に格下げになるも
雨の勢いが変わることはなく
各地で大雨に警戒と
ニュースで呼びかけていました。

1b

1c

暮れなずむと月が輝いた

コペルニクスなどの大きなクレーターは
視力の利く人だと肉眼でも見えるはず

1d

タッタッタッと足音を察知すると
ガーガーと警戒する鳴き声を発しつつ
「ヨイショッ」と池へ泳ぎ出す。

「今日は居ないなぁ」と思いつつ
派手な音を立てると
「ガーガー」と鳴くので
隠れていてもバレるのだ

ジョギングで5千歩、ポスティングで5千歩
市内を歩き回って5千歩、その他1千歩
なんだかんだで1万6千歩
距離にして14キロ

プリントしたDMが一気にはけた
 週末はなにもしないぞ
そう決めたんだオレは

1e

この夏のジブリ映画の題材になったおはなし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Little River Band   Blind Eyes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は夏至

Cocolog_oekaki_2013_06_20_18_44

一年のうちで
陽が出ている時間がもっとも長い日
とされています。

仙台での日の出は04時12分でした。
 明日から04時13分と
日の出は冬至に向けて遅くなります。

日の入りは19時04分でした。

Dscf5149

日の入りは冬至にむけて・・・
そんなふうに考えると淋しい

まだ真夏にもなっていないのだから。

P6200001
(ブタナ?)
図鑑を見てもイマイチわからん

P6200006

これはツユクサ
小さい花

薄青の花びらが2枚
白い花びらが1枚

Dsc_0054

特に夏場は
エンジンの熱気が足元から伝わってきます。

オーバーヒートしただけに
今はその熱気が気になってしまう

でも今のところはまったく問題なくて
オーバーヒートの兆候はみられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時代・大吟醸 中島みゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

わずかな梅雨晴れ

いつもより早起きして
コンフェデのテレビ観戦に備える。

Dscf5119

久しぶりに晴れ上がった朝

もう清々しいのひと言
日本代表もこの空のようにスカッといきたかった。

ザンネンと言えば残念だけど
最後の1点は余計だったよなぁ・・・

押せ押せだっただけにホントにザンネンだ

そして今晩はなでしこジャパン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来客に対応しているあいだに
雲が多くなってきて
昼にはすっかり雲ってしまった。

予報よりも
前線の南下がさほどでもなかったのかな

Dscf5132

まだ雪が残っている。

たいした高い標高でもないのに
6月も後半になっても
この雪はめずらしい。

Dsc_0046

アザミがあちこち咲き出したスプリングバレー周辺

Dsc_0024

明日も日射しは出るかな

出るといいな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Eagles   Peaceful Easy Feeling

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっ 日本代表…

昼になると晴れても
また夜になると雲るので
星空らしい星空を見ていない

昨日の夜
雲間から半月を越えた「9日月」くらいの
月が浮かんでた。
とうに新月を過ぎていたんだなぁ…
そう感じてしまうほどに
曇ってばかり

Dsc_0005

今日は貴重な青空になると
お天気お姉さんが伝えてましたよ

布団を干そう

1c

1d_2

一昨日梅雨入りしてから降った雨で
見た目に水位が上ったのがわかりました。

地域によっては、日照りから一転
集中豪雨による被害が出たところもあるようです。

近頃の天候は「塩梅」という言葉を忘れたか
メリハリを通り越して度が過ぎる。

1b_2

キックオフ!

これがアップされるときには>8時30分
後半を戦っているところかな>コンフェデ(イタリア戦)

2対1で前半を終え
果たしてこのままいけるか

1a_3

ヘルメットのインナーも干そうかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨明後にアップ予定だった曲を前倒して。

Dsc_0126

我が心のピンボール/大滝詠一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

梅雨らしく雨雨・・・晴れ

屋根を打つ雨音で目が覚めたのが
午前3時ころだったか

朝、目が覚めたときも
しっかり降っていた。
朝、ジョギングが出来なかったのは
いつぶりのことだろう
思い出せないほど記憶にない。

ということで
午前中は部屋にこもって
新しいデザインのDM作りと印刷。

インクが切れて
某○マ○電機にインクを買いに行き
店内から出てみると
雨はやんでいて空が明るくなっていた。

Dscf5098

「こうしてはいられない」そんな気持ちが抑えきれず
着替えを済ませ県森ジョギング

道路から蒸気がゆらゆら湧いてきた

Dscf5101

梅雨空の合間の青空というのは格別

森の中から見上げる空は
山へ登ったときの天気を連想させます

Dscf5112

大きい葉っぱをかざすと
光りに透けて
血管のような指紋のような
細かい葉脈の模様がきれいに見えた

Dscf5108

雨宿り中のジャノメチョウ

さすがに今日の県民の森は人が居ない。
動物も気兼ねなく歩き回っているのか
目の前をトットッとキジが横断して行った。

1a

明日は朝7時からイタリア戦がある

試合に勝って
空も気分もパッと晴れてほしいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sade    The Sweetest Taboo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遭難「記念」碑

Cocolog_oekaki_2013_06_18_20_25

久しぶりに描いてみました
梅雨入り記念ということで・・・はい

1d_2

ミニトマトが色づきはじめた

1e_2

キュウリの実が大きくなってきた

1b_2

やっぱり生では酸っぱいな>キイチゴ

1c_2

夜、ガレージの中は
湿気でひんやり

1a_2

大正時代、長野県伊那市(箕輪)の
尋常小学校で起きた、駒ケ岳修学登山で
多くの生徒、それに引率の教師が遭難し
犠牲になったはなし。

おふくろの実家が伊那なので
この遭難のことを知っているか聞くと
子供のころによく聞かされたと。

語り継がれるほどの出来事だったことが
わかりました。

長野は日本の尾根と呼ばれる南北中央アルプスに
周囲を囲まれた山岳県

いまも山とは切っても切れない存在

この遭難事件後も
学生登山が続けられているのは
そういった山との結びつきと
当時の教師たちの苦労があったからに他ならない

駒ケ岳頂上には、このとき遭難の記憶をとどめた
石碑が建てられている
遭難でありながら「記念碑」として。
 その意味がこれを読むとわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宇宙飛行士のウェイクアップコールで
リクエストの多い曲

Roberta Flack  The First Time Ever I Saw Your Face

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

1週間遅れの梅雨入り

ようやく梅雨入りの仙台です。

ああ、これからシトシトと雨が続くのか
っと思うも
1週間前からすでにそんな天気になっているので
気分的には平年どおりに
梅雨入りしたようなかんじでいます

1b

ここのところ朝の県森は霧の中

1c

湿度が上るとすかさずキノコが生えてくる。

仙台の湿度は半端ないのだ。
これだけは熊谷も多治見も適うまい
って自慢出来ることではないか・・・

1d

濡れてる葉っぱは滑るのか
慎重な動作に笑ってしまった。

1e

曇り空の下での画像は見た目に地味なので
ツヅジの画像を一枚

1a

泉霊園にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Bruce Springsteen    Brilliant Disguise

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日の撮って出し

左足の中指が紫色に腫れた。
 触ってもさほど痛みはないけど
歩くと違和感がある。

ジョギング禁止令を無視した罰か・・・

1a_2

1e

今日は蒸し暑くなるって
曇りだけど・・・

「しまった」
今ごろそう思っているのではないだろうか>気象台
  
もう梅雨入りしてるって

1b_2

どうも走っていると水温計(TEMP)が気になって
やたらちらちら見てしまう。

絶対に大丈夫
そう認識するまではチラ見の癖はなおりそうもない

1d

絵柄がカワイイ気がする

誰が見てもオソロシイと感じる絵の方が
効果があるんじゃない

実際には熊が出没していないのに
看板を掲げている地域があるのは
人の山に無断で入り荒らす人間を
脅す役目を担っているものもあるから。

1c

魚をさばくためのフィレナイフ

同じもので
これよりも小さいフィレナイフもあったのに
見つからない。

ケースは発見したのに

これはとことん物置を掃除するしかない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョニー大倉が元気に復帰することを祈って

キャロル   ファンキーモンキーベイビー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

梅雨時間、夏時間(コメント)

曇っている午前中は涼しくて
晴れてくる昼ころになると暑くなってくるので
ふたつの季節が時間帯によって
振り分けられているみたいです

1a

森の中に入り込んでくる明りが
空気中の湿気で拡散してきます。

1v

すっかり緑に覆われて鬱蒼としてきました。

近頃、耳慣れない鳥の鳴き声を聞くようになりました
 まったく名前がわからないのが惜しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、どうにか戻ってきた我がX4

あえてオーバーヒートするような走り方をしてみました

1z

まずは長時間アイドリング状態に。

水温計のインジケーターランプの4つ目が点灯すると
ブゥーンとファンが回り出した>合格

ファンが作動してしばらくすると
インジケーターランプが4つ目からひとつ減り
3つ目に下がる>合格

その間、クーラントはこれっぽっちの
フローもなく>合格

つぎはSTOP&GOを繰り返してみる>合格

最後、時速20キロ以下の低速で
南川ダムを1周してみる>合格

えーじゃないかえーじゃないか

1b

1ヵ月間、バイクに乗れなかった穴埋めを
するかのようにそこら辺りを
たっぷり走りこみました

もう大丈夫かなぁ・・・オーバーヒート

・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《しょうぢ》さん

>まずは良かったね。 南川ダムで乾杯しましょう(笑)
>> ええ、まづは無事に戻って来たので
    そこらへんを走りましょう

《しろもげら》さん

>直って良かったデスね!
オラのも早く直ると良いなw
>>引き上げにいかれたのかな。
  松代には間に合うようにしたいですね

稲取では、心配と迷惑をかけてしまいましたが
またいづれ心配と迷惑をかけるかもしれませんので
見捨てないで下さいね(笑

《4番清原》

>丈夫なだけが取り柄の俺のTRX
今朝は何故かエンジンのかかりがすごく悪かった
何故だ、冷却水漏れは今は収まっている
>>とりあえずプラグ交換してみてわ。
 プラグがちゃんと発火しているか調べてみましょう。

あとはデスビの接触不良とコイル不良

ガスの臭いが鼻についたらキャブかも

長距離(大間)を走った後なので
エアクリもメンテしてみわ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

George Benson   Turn Your Love Around

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病み上がりのX4

昨日、県森ジョギング中に
バイク屋さんから「修理完了」の電話。

天気が回復したので
さっそく引き取りに行って来た

1c_2

1ヶ月ぶりにガレージにご帰還。

1d_2

原因の究明と部品調達に時間が掛かってしまった。

大きな原因は
電動ファンが作動していないことが判明。

バラしてみたところ
モーターとファンとを固定している円盤状の
アルミ板とプラスチックのファンが
何らかの理由で融けて
ファンとアルミ板が分離し
モーターに固定されているアルミ板だけが
空回りしてい
たようです

クーラントがオーバーフローしたあのとき
タンクの下辺りから妙な音が聞こえたのは
アルミ板が空回りしてた異音だったかもしれない

ファンの現物を見ると
見事に解けていた

ただ、バイク屋で調べているときには
モーターは作動しなくなっていた。

それではと
電動ファンをアセンブリ交換
のはずがメーカー欠品・・・

次回の部品供給は8月になるというではないか

それでは夏が終わってしまうので
中古パーツを探すことになり
そしてようやく手に入り今に至ったのでした。

問題はこれでオーバーヒートが解決したのかどうか
100%解決したわけではないので
まずはこの状態で様子をみるとになりました。

何故、アルミ板がプラスチックを融かすほどの
高温になったのか。
(もしかすると、前日の燃料漏れが
関係しているか)

バイク屋の主人も
こういうケースは初めてであると。

電動ファン取り付け後は
正常にファンが作動して
水温計のメモリが4つ目になるとブーン・・・

たっぷりアイドリングしてもレッドゾーンに
振れることはなくなったそうなので

あとはストップ&ゴーで
問題がなければ一安心かなと。

とりあずはヨカッタヨカッタ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1b_2

ギョロリ

1a_2

失礼して股の間からカシャッ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イーグルスのメンバーになる前のヒット曲

Joe Walsh    Life's Been Good

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

梅雨入りしてないか

午前中のシトシト雨は
もうまるで梅雨を思わせるものでした

でも、なんなんでしょう
午後になると日射しが射してくるのは。

ジメジメに暑さが加わって蒸し暑くなってくるのでした

1b

早朝のジョギングだけでは物足りず
雨が上った昼過ぎに県森へ。

1c

県森のところどころで
花びらが絨毯のように
たくさん散って遊歩道を敷き詰めています。

1d

この絨毯の上から「ウワーン」と微かに羽音が聞こえ
見上げてみると
たくさんのハチが花に群がってました。

1a

昨日は紅く染まる夕暮れが印象的でした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Mr. Mister    Broken Wings

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不甲斐ないぞ日本代表

引き分けたら万々歳
しかしそれもアマちゃんの考えだったな。

日本代表の実力見たり

これが同じ地球人なのだろうか
大袈裟に言うとそうかんじた

世界のトップとの差を
90分間見せつけられただけで
正直日本の良いところは・・・

本田選手の言った
日本のストロングポイント「チーム力」でさえ
ブラジルのほうがはるかに上だった

むしろ3点で済んで良かったと・・・。

シュートの精度
得点の時間的タイミング
どれをとっても
相手ながら「さすが」とため息が漏れた

日本が相手でじゃ勝てねえや
アジアでそのくらいのレベルにならければ
適わないよなあ

つぎの試合はガツンといってほしい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たった一匹の蚊にイラつく

あまりのしつこさに怒り心頭
ありったけのキンチョールを
部屋中にぶちまける
「これでもくらえええっ ブシューーーーーーッ」

「ぐぅわはははは、どうだまいったか
 ブシューッ ブシューッ」

目に染みつつ
ようやく安楽の睡眠へ・・・ポリポリ

1a

多年草のマツバギクは
放っておいても増えていく

1b

こちらもワッサワッサ生えてくるドクダミソウ

1c

去年の今ごろの写真

定禅寺通り
まだ交通量の少ない朝5時ごろに
サッと停めてサッと撮影

1d

お気に入りの竹林の中で。

はやくバイク戻って来ないかなぁ・・・

1e

夕涼みの屋根の上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チューリップ   銀の指輪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

雨の隙間にタッタッタ

雲行きが怪しかった早朝のジョギング
 たっぷりと水分を含んだ空気を
吸い込むと喉でスーッと湿気を感じられました

帰宅途中、雨が降ったようで
道路の轍が水溜りになっていました。

しかし、またしばらく行くと
路面は乾いていて降った様子は微塵もない。

すると・・・

Dscf5032

おおっ 正面から雨が向かってきた

濡れた路面が近づいてきて
バラバラバラッとフロントガラスに雨粒

今日はこんな天気の繰り返し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前中は
恵みとなるだろう本降りの雨も
長くつづくことはなく。

ひさしぶりにいい雨でした

Dscf5046

シオカラトンボが羽休め 

Dscf5043

雨が止んでいる隙に今日2度目のジョギング

汗をたっぷりかいた

まだ手探り状態のジョギングだけど
夏日になったジメジメ陽気で
歩くだけでも汗が出ます

Dscf5054

今日は早めに寝て
コンフェデレーションカップの
ブラジル戦に備えるのだ

実はコンフェデでブラジルに負けたことがないのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_0057_2

REO Speedwagon    Keep on loving you

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の夕涼み

昨日からちょっと湿気が気になり
寝苦しさがあります

予報していなかったのに晴れた昨日
 今日も曇りの予報だけど
さてどうだろうか

1a

昨日は自転車に乗ってポスティング
今日は何もしないぞ、そう決めたんだオレは。
1b

1c
ングング・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりに隣りのニャン子を見た

Dsc_0005
(画像クリックで拡大します)

3年ほど前
ワンコが亡くなり、そのあとにやって来たこの
ニャン子は家猫で
滅多に外に出ることがなく
ゆえに顔を合わせることがありません。

どうしたことかこの日は屋根でゆったり。

ふつうの運動神経の持ち主ならば
屋根から屋根に飛び移って我が家に来れるので
「おいでおいで」と呼んでみるも
こっちを見て耳をそば立てているだけ

緩い風に
自慢の茶毛をなびかせていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ザ・モップス たどりついたらいつも雨ふり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

日射しドバッと(コメント)

降るような降らないような
今日もそんな朝でしたが

予想外にも
その後晴れました。

久しぶりに青空を拝んだような・・・

Dscf4999

森が我に返ったように生き生き

それが目に見えるかのようです

Dscf5002

走りたい気持ちを抑えるのが大変だった。

「ウソっぽい競歩」または「進まないランニング」
そんな早歩き

Dscf4994

陸に上って暑くないのかい?

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》

>なぜそこから逆転を許すのだ
ホークスに交流戦優勝さらわれちまったじゃーん

>>まったく何をやってるんだか・・・

昨日、一昨日と同じような逆転負け

引継ぎのピッチャーが抑えきれないんだもの。

いやあ よく飛ぶは 今年のボールってばw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マクセルのテープのコマーシャルを思い出すナァ

Stevie Wonder    Do I Do

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恥ずかしい言い訳

このブログでは、あまり世の中のアレコレを
アーダコーダ言いたくない。

趣味や日常をオモシロオカシク
写真とともに適当に言える気軽さで
やっているブログだし
それがここを見ている方々にとっても
「バカ(オレのこと)が今日も何かやってるな」
その程度のことでいい

役に立たないブログでいいのだ
それがブログを続けていけることでもあるのかな

っが、ときどきハラワタが煮えくり返ることがある。
 いや、ここのところ煮えくり返ることが
あまりにも多すぎて
ゴクたまに
このブログ上において
その煮えくり返ることに対して
自分なりの意見を通り越して
文句を書き殴ってしまう。

今回もだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの国の
なんとかいうスポーツの
コミッショナーの言い訳に
怒りが頂点に達したね。

「知らなかった」そうである。

バカか
そんな言い訳が通用する世界がどこにある。

1万歩譲って本当に知らなかったとしても
組織の長が「知らなかった」とは
ぜったいに口走ってはいけない言葉だ。

「不祥事ではない」だと

これが不祥事でなくて何が不祥事というのか。

「知らなかった」のなら
その知らなかったことが大問題だ。  
上司に報告もせずに
これほどの事がまかり通ってしまうんだから。

しかもコミッショナーが肝いりで決定したという
統一球を、勝手に部下が変更したというのかい
それを知らなかったというのかい
だとしたら誠にマヌケなはなしだ

貴方の名前入りのボールを
勝手に変更されたんだからね、部下に。

この前代未聞の不祥事の責任を取るのは
当然のことである。
地位にしがみつくのはやめなさい
見っともないからね。

知らなかったとしても、部下の起こした問題は
上司が責任を取るのが世の中の一般常識

そうか
天下りの人間にはわからないことなのかな???

ワタツネに「辞めろ」と言われないと
辞めないのかな(大笑)

みっともねえな加藤良三

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふう・・・
少しはスッキリした

1a

各地、水不足解消とはいかなかった台風

雨は嫌だけど
もうそうは言っていられない

梅雨に雨が降らないと
この夏は干からびてしまう

1b

1c

これってヒマワリの仲間なのかな

1d

早歩き程度のウォーキングを1万歩あまり。

いまのところ治療した目に異常なし

レーザーの跡が消えれば
以前よりも視力が若干でも回復(良くなる)するかも
しれませんよと言われた

へえ、そうなんだ

「知らなかった」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドラマティック・レイン  稲垣潤一

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

うう・・・酸っぱッ

ほんのわずか
申し訳程度の日射しがありました。

そのとき
湿った地面から水蒸気が立ちこめて
足元からムッとした暑さ

Dscf4955
(画像クリックで拡大します)

その暑さは
むせ返るような濃い緑の匂いを充満させました

Dscf4959

静かな湖面に一点だけ波紋を広げていて
見るとそれは大きな鯉が
背中を怪しくくねらせているのでした。

お医者さんの言うことを素直に聞き
今日はウォーキングで1万歩越え

23.2℃、南よりの湿った風で
歩いていても汗が出て来ました。

Dscf4978
ヘビイチゴ

P6130007
キイチゴ(木苺)

少し口に含んでみると
青い酸っぱさが口に広がりました
 食べるにはまだ早い・・・

P6130009_2
(画像クリックで拡大します)

もうすっかり濃緑の森の中

街に隣接する県森
そんな手ごろな場所でも
気持ちのいい深呼吸ができる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井上陽水    森花処女林

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒されているのはどっち

ぼちぼち梅雨入りではないか

今日の仙台は3日連続になる
雨をともなった曇り空になるようです

でも、2日も何もしていないので
体が鈍ってきたから
雨でも雪でもジョギング・・・
・・・いや、ジョギングはお医者さんから「ダメ」
っと2週間の禁止令が出ているので
たっぷり歩きたい。

1c_2

緑が茂ってきたから
鳥の鳴き声はいっぱい耳に入ってくるのに
その姿を見つけることがむづかしい

1b_2
(もちろんこれはスズメ)

我が家の町内では
夕暮れになるとコウモリが飛んでいる
 間違いなくそれはコウモリ

もう何年も前から夏になると
その姿を見ています。

どこにねぐらがあるのか
  
夕闇迫る空をパタパタと忙しなく羽ばたかせている
姿を見つけると
ああ、今年も飛んでるな
そう想う初夏なのである。

1d_2

動物愛護センターのヤギ元気だね

1a

「どうしたの?」 そう問いかけずには
いられないそんな眼差しがたまらない。

人を見るとき
こういう目つきをするワンコがいる。

「目は口ほどにものを言う」
その言葉どおり
目は何かを訴えてるとワタシは信じています

人でもペットでも
目を撮るように心がけているのは

たとえそれがつまらない写真でも
目がちゃんと写っていると
その目からいろいろと想像を掻き立てられるから。

ワンちゃんの撮影では
そんな画像を多く採用して
飼い主さんにとっても
想いを巡らすことのできるDVDアルバムになるよう
心掛けています

1e_2

目を輝かせ全力で喜びを表現してくる

長年にわたり猫と暮らしてきて
猫も甘えたがりであることがわかりました。

普段は無関心を決め込んでいても
急に、我に返ったかのように
擦り寄って来てはニャンゴロ

黙って膝の上に乗り
顔を見上げてニャア

このときは
飼い主冥利に尽きる
そんなひと時でした。

犬は目で訴え
猫は声色で訴えているように
思いませんか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Natalie Cole    Pink Cadillac

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

県民防災の日の水曜日

今日も朝は雨でした

そんな雨に携帯が緊急速報を知らせて
一瞬ドキリとしましたが
これは試験速報であった。

そう、昨日は東日本大震災が発生した「11日」
そして今日、6月12日は
宮城県沖地震が発生した日です。

初めて大きな地震を経験したのが
この地震でした。

県内では「防災訓練」が行われて
災害に備える一日でした。

まだ余震なのか
ときどき揺れます。
不思議なもので、ひとつ地震が起きると
立て続けて発生したりするので
まだまだ油断なりません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョギングが出来ないかわりに
歩くか自転車で行動しようかと
思っただけで
「雨なら車」と即断即決

1c

先月、せっせと塗装した屋根は
ワックス効果が効いていて
水滴が気持ちよく流れ落ちていく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の治療の経過は
今日の検査で良好ということで一安心

帰宅しようと車を走らせると・・・ん?
「おかしい」

明らかなに1気筒死んでる

クッ、今度は車かよぉ

1d

トットットッ

イソガシイイソガシイ

1b

面倒くさいので
コンプレッサーで床のホコリを吹き飛ばす

1e

台風は直角に方向をかえ
日本への上陸はなく
熱帯手気圧に格下げになるって。

関東から東北南部の太平洋岸だけが
気温が上らず
仙台は昨日と同様の20℃程度

梅雨寒む
そんなかんじの天候です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Motels   Only The Lonely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月12日の撮って出し(コメント)

昨日の網膜剥離のレーザー治療後
「ジョギングはダメ」と念を押されてしまった。

「ウォーキングなら」と

2週間ほどはジョギング禁止。

にっ、2週間ですと・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風の接近によるものか
ぐずつついた天気です。

平年だと東北南部は今ごろが梅雨入り。

1c

1d

キュウリの花とともに実がつきだした

1b

はっきりしない天気はきらい

雨なら雨
晴れなら晴れ
まづいならまづい
ないならない
ん?

スカッといきたいものだ

1a

遊ぼ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》

>ここのブログの内容でツーリングちうの出来事が
分かるのね
実は、大間の朝俺のバイクの冷却水が漏れてて
そん時は皆からずいぶん心配されてたのです

>>TRXの冷却水もオーバーフローしましたか。

漏れた量の大小にかかわらず
漏れるということはおかしいことですので
要注意ですよ。

オイル交換と同じで
冷却液の入れ替えは一度
しておいたほうがいいですよ

あちこち垢が溜まり
それが原因でサーモスタットやウォーターポンプが
逝かれてしまいます
動脈硬化ですな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MEN AT WORK    IT'S A MISTAKE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

大袈裟に言うと手術

「今のうちに治療しておけば安心」

そう眼科の先生に言われていました。

「網膜剥離」

まだ剥離はしてないけど
網膜が薄くなっている部分があるから
将来、そこが剥離する可能性が大きい
っということで治療してしまうことにした。

麻酔をしたのち
目玉を取り出し
メスでツー・・・

なんていうのは真っ赤なウソで

レーザーを照射するだけの
治療時間5分ほど。

拍子抜けするほどあっという間だった。

治療経過の診断はあるものの
継続治療はない

一応これでも「手術」になるらしいので
保険が適用される

ワンちゃんの撮影など
カメラにたずさわっているから
目に関してはことさら敏感。
これでしばらくは安心かな

目が見えなくなると
バイクに乗ることも、本を読むことも
ぜんぶ失ってしまうからね

Dscf4947

治療時間5分なれど
待ち時間などに2時間・・・

1冊あらかた読み終わってしまう。

病院嫌いのいちばんの理由は
この待ち時間の長さだ

Dscf4948

台風が近づきつつある日本列島
 被害が出るのは御免だが
水不足につき恵みの雨にはなってほしいところ

Dscf4949

順調に成長しているアサガオたち。

もう間もなくするとツルが伸びてくる

Dsc_0222
(神通峡より)

今朝は雨が降っていたのでジョギング出来ず。

日中は曇りで20℃の気温
肌寒さがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ray Parker jr   The Other woman

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月11日の撮って出し(コメント)

大間ツーリングより無事に
自宅の横浜に帰宅の4番清原さん
1e
こんな青空の大間の朝は経験がないな>オレ

ガレージ上の花壇を撤去して3年
塗装がやれてきた
1c_2
オシャレにパラソルを置いてみようか

眠ろうとすると隣のワンコが邪魔をする
1a_2
もう眠くて眠くて・・・

ゴールデンウィークに植えたナスの苗
1b_3
はやくも実が膨らんできた。ナス大好き

自転車の前輪
1d_2
乗るときにサッとフレームに取り付けられる自転車
 このお手軽さが便利

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・

《しろもげら》

すべにおいて「恐るべし」セディッチ

16日 オレも行こうかなぁ・・・w

《しょうぢ》

これもバイクの醍醐味でしょうかね。

トラブルがちだったカタナが
頼もしくなってきたなあ

1306080001

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Bhillscop01

Patti Labelle    Stir it up

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

早い夜明けに宵の明星

朝、曇り 日中、晴れ
午後、薄曇り、夕方、本格的曇り

そんな空模様の仙台

気温はぴったり25℃で
二日続けての夏日になりました。

昨日より3℃ほど低い気温だったけど
湿度は今日のほうが高く
ジメッと感は勝っていました。

1d

体力的、精神的ともに精彩を欠き
昨日からどうもジョギングが辛く
半分を歩いた県森ジョギングでした。

走るエネルギーが欠乏しているのか
気だるさは夏風邪の一歩手前なのか
はたまた寝不足によるものなのか

とにかく朝飯と昼飯を
いつも以上にしっかりとる

午後遅く、今日2回目のジョギングをおそるおそる

すると、本調子ではないまでも
最後までまあまあのペースを維持して走れたので
素直にうれしかった

1c

「だいじょーぶ?」と心配してくれた・・・ような

1a
しろもげら写メより
大間ツーリングのひとコマ

おっ コージ君の姿が・・・ひさしぶりだ

1b_2

日が沈んだあと19時30分ころの西空の低空に
金星が輝いてた。

長らく明けの明星として東の空で姿を見せていたけど
夕刻に移動してきました。

これからの夕空は金星が目立った存在になりますね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jackson Browne   Running on Empty

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆け足の人生

1a

またひとり
バイクで知り合った人間が亡くなった。

41歳

胃がんで逝った

彼自身と家族と
ともに闘った1年と数ヶ月

手を合わせ
掛けてやる言葉は
「お疲れ様」だった

1b

40歳でも80歳でも
人生は駆け足だとおもうな

Eagles   Life In The Fast lane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

たっぷりの日射しに汗もドバッ

「暑い」という言葉を口走っても
まったく違和感のない日曜日になりました。

27.8℃の仙台

二階の部屋の温度計は30.0℃に。

湿度が低いからエアコンをつけることは
なかったけど
日中の日射しはギラギラ眩しく
夏の気配ムンムン

Dscf4923

快晴の朝

まさに「早起きは三文の徳」という言葉は
今日のためにあったのだ。

Dscf4930

階段を駆け上がると・・・あっ 居た居た。

オレがしゃがむと
寄って来てお尻をピタッとくっ付けてきた。

もうすっかり気を許してくれた証かな

その状態で
体を摩ってやる。

P6090017

まんさく堤

普段はたっぷりと水で溢れているのに
池の半分は干上がってきました。

全体的に水位が下がって
巨鯉の姿が見え隠れしている

P6090002_2

磨くバイクがないので
自転車のスポークとハブを磨いて茶を濁す・・・

Dsc_0527

大間帰りの仲間は
飲み疲れと暑さからグロッキー

青森にバイクを放置して
帰って来た者ひとり・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Eric Clapton    I've Got A Rock N'roll Heart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑くなるって

天気予報を見てびっくり

27℃になるって。

ホントかな

にわかには信じられない

ああ、疑い深いな・・・オレ

1f_2
(画像クリックで拡大します)

昨日の昼
無事に青森は野辺地の「道の駅よこはま」に
到着した様子
「画像提供しろもげら」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1b

熊出没の注意書きがあちこちに>県森

この目で見るまで
にわかには信じがたい

1a

本当に熊と遭遇したのなら
もっと大騒ぎになったっていいのではないか

ニュースになったっておかしくないではないか・・・

ときどき「見た」という情報が流れるのに
襲われたという話しは聞かない

これだけ多くの人で賑わう場所で。

1c

ここのところ富士山の噴火が話題になっているので
タイトルを見て買ってみました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

U2   Still Haven't Found

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

お湿りの土曜

気温のわりににわか雨が降ったためか
ジメッとした肌にまとわりつくような空気感。

蒸し暑さはなかったけれど
こういう感覚になったのは久しぶり

Dscf4911

昼ころにかけて降った雨

この程度では恵みの雨には遠く及ばないな

Dscf4913

遠雷が聞こえる中をジョギング

こんな天気のなかを
すき好んで県森をうろつくやつなんて
オレくらいなものだろう

途中で雨が降ってきたけど
緑の中ではずぶ濡れになることもない
 そもそも、すでに汗で濡れてるし

こんな空模様の中を走るのも
いつもの雰囲気とは違って悪くないな

たまになら。

Dscf4904

久しぶりにトレッキングシューズを履いて
県森ジョギング。

ランニングシューズに慣れた今は
トレッキングシューズでは走りづらいものだと
今さらになって実感した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仲間は大間ツーリングへ出発

北へ行けば行くほどに天気はいいことだろう

Dsc_0517
(しろもげらの写メールより)

この薄ら笑いは・・・謎

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Howard Jones    No One Is To Blame

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月8日の撮って出し

今日の天気も曇りということ。

梅雨入り?
いえいえ、明日からはまた晴れつづきだって。

1b

アクセサリーとしてのカラビナではなくて
本物のカラビナ

物置を掃除していたら数個出てきた

これ、高圧線などの鉄塔で作業するときに
使用しているもので
その仕事に従事している方からいただいたもの。

登攀で使いには
逆に重くて・・・

1c

もう抱き上げてさらっていくところだったw

1a

そろそろバイクの乗り方を忘れそう・・・

1d

これまた物置から出てきた単行本

読んだ記憶がまったくないんだよなぁ

「上」巻しかないし・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Outfield    Your Love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

さよならコロ

今朝はしっかりとした曇り空で
日中、雲間から薄日が射すこともあったけど
基本曇り空の一日でした

1bbb


1aaa

いつもワンコと散歩している飼い主さんが
ここのところ独りだったので
おかしいな
っと思って話しかけて聞くと
亡くなったと。

毎日元気に散歩していたのに
異変をかんじて病院で診ると
腫瘍が見つかり
それからはあっという間だったそうある。

1x

13歳のコロ

いっつも行き会うと
左右にブンブン尻尾を振って抱きついてきた。

県森でジョギングをするようになって
いちばん最初に仲良くなったコロ

ありがとう

1ccc

足元にキラリと光り動く何ものかが。

調べたら「アオオサムシ」というらしい
 たまに見かけますね
  
マイマイかとおもってた。

1fff

久しぶりに宮城県動物愛護センターに寄ってみました

今月譲渡予定の子犬のうちの1ぴき

みんなカワイイよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Eagles  Love Will Keep Us Alive

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水不足雨大歓迎

日本全国水不足

記録的早さで梅雨入りしたものの
雨らしい雨は降らず
「梅雨入り宣言」はちょっとばかり
早まったか・・・

梅雨入りしていない東北、仙台も
やはり雨は少なくて
5月、そして6月に入ってからも
「恵みの雨」というほどの雨は降っておらず
それでなくとも
田んぼに水を引いて少ない状況の貯水池の水位は
例年になく少ない状況です

そろそろ鯉が酸欠でパクパク喘ぎだしそう

そして本日は
にわか雨の予報が出ていますが
お湿り程度なのかな・・・

滅多に洗車しない車が
あんまり汚れないのは助かる

1d

そういえば
雨でジョギングが出来なかったことって
1回か2回か・・・はて?
記憶にない

 

1c

昨日、刈った庭木

滑らかに丸くカットするのはムズカシイ

高枝切りバサミって腕が疲れる

1aaa
ムギュッ  グッ・・・グルジイ 

1b

源流釣りで背負っていたザック

ICI石井スポーツのザッグで
自分の背中とザックの面がしっくりきて
長時間背負っても背中の居心地の悪さがなく
ゆえに疲れも少なかった。

もちろん形状だけではなく
どんな順番でザックに物を納めるか
これがとても重要ですね

ザックのトップを入れると80リットル容量で
カメラ道具、釣り道具、キャンプ道具に食料を
押し込んでワッセワッセと沢登り

服装は登山のそれではなく
サーファーと同じウェットスーツの上下で
渓谷を遡行します。

河を渡るのは当然のこと
深いところは泳がなければならないので
渓流用のウェットスーツ着用です

ザックを背負っていないと
場違いなスタイル・・・

今年は登りたい山がひとつある。
久しぶりにこのザックを背負うかな

Dscf4532

「本の雑誌」というネーミングがいいですよねえ

昔はときどき買って読んでましたが今は・・・

でもこの本の雑誌から
多くの著名人が出ました

さすが椎名誠
タイトルやネーミングは
そのへんのコピーライターよりもオモシロオカシくて
好き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Johnny Hates Jazz    Shattered Dreams

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

とっぷり霧の中(コメント)

昨夜からの霧は
朝になっても濃厚に森を包み込んでいました

Dscf4839

この霧が朝の喧騒を遮断して
なんだかいつもよりも早い時間にかんじるほどの
静寂な朝でした。

Dscf4837

晴れてくるだろうことは
わかっているので
その様子をジッと眺めているのもいいなと。

霧が濃ければ濃いほど
ダイナミックな空の変化をカメラに
納められるはず。

Dscf4845

まあコーヒーでも啜りつつ
なんてことが出来れば眺めているのも
わるくはないけど
そんなココロの余裕がないワタクシ・・・

思うだけでサッさとタッタッタッ

そして日射しが。

Dscf4851

使ったら使いっぱなしな正確を改善すべく整理整頓

さあいつまでこの状態が保てるかなァ

Dscf4853

カナゲッチョ
これトカゲのことw

お隣さんにご迷惑をかけている我が家の
伸び放題の庭木をバッサバッサと切った

植木鉢を移動すると
カナゲッチョが逃げ惑う

・・・・・・・・・・・・・・・・ コメント ・・・・・・・・・・・・・・・・・

《4番清原》

>すんません
明日からいやってほどバイクに乗ってきます
>>たっぷり楽しんできてください

無事を呪ってます
ちがう、祈ってますだったw

>ぶっちぎりTEAM26 こちらもすんません
>>今年のマリンズはつええ(強いの意)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランチの女王 挿入歌 Joy To The World

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月6日の撮って出し

ここのところキレイな夕日

1aaa_2

ここのところ毎日おはよう

1bbb

ここのところ一人ぼっち

1ccc

ここのところバイクに乗れず

1eee
1ddd

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Bangles   Walk Like An Egyptian

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

はやくも皮剥けたっちゃね

7時半くらいになってからだったかな
パーッと晴れてきましたね

夏の仙台でよくある
海風による空模様でした

Dscf4828_2

ショートカットしてほんの少しだけ近道。
 夜露に濡れた草が足に触れてヒンヤリ

でもその冷たさが気持ちよく感じられる

P6050005
P6050006

最高気温は22.8℃

弱く吹く風が爽やかでした。

ここ数日聞こえてきた王城寺原演習も
今日は音沙汰ナシ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう皮が剝けてきてしまった

Dscf4833

先月、屋根のペンキ塗りで日に焼けたのが
ご覧のとおり
お風呂でヒリヒリ

今夏、もう一度剝けそう・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1aaa

読んだ気がするんだよなぁ
っと思いつつも購入

奥付を見ると
新装改訂2011年とある

新装・・・

これ単行本で読んでたわ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Robbie Nevil   C'est La Vie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫の匂いにヒクッ

梅雨に入り、じめじめと
暑さで
むしむししてくると
それはまさに虫の季節

雑木林、あの独特の匂い
よく言われるスイカとかキュウリとか
そんな匂いに似てるといいますね

あの匂いを嗅ぐと
虫(昆虫)気配ありあり

正しいガキの時代を過ごした男の子であれば
経験していることでしょう

そんな子供のときは
裏山へ行けばカブトの1匹や2匹
ノコギリやコクワの2,3匹は
簡単に捕らえることができたものです
それが朝だろうが真昼間だろうが・・・

いまの住宅地に越して来た頃も
木製の電信柱にカブトが引っ付いていることが
たまにありました。
朝のラジオ体操のときは
電信柱が気になってばかりいました

電柱の手の届かないところに居るのを見つけ
足で思い切り電柱を蹴っ飛ばす。
すると、あら不思議
あたかも気絶したかのように
ポトリと落っこちてくるので
すかさず捕らえる

夜、街灯にやけにデカイ羽音をさせて
クルクル飛び回り
時にはカンッと電灯に当ったりしているので
手で叩き落とすと
それがカブトだったりしたものでした。

また
お隣の富谷町にある
現在の「かえで建築工房」は
むかし、木材加工工場で木を削ったチップが
山と積まれていました。
それはカブトムシの宝の山。

スコップでその高く詰まれた山の一角を掘り起こすと
「うわあっ」と感嘆の声を漏らすほどの
カブトの成虫、幼虫、さなぎが
これでもかと溢れ
何十匹と獲れるので
有り難味に欠けるほどでした。

そんな良き時代
 いまは夢物語のようです

Dscf4807

去年、この木にノコギリカミキリがいた

Dscf4811

樹液で溢れていたこの木には
カナブンやスズメバチがたくさんいました。

そのほかに、去年はメスのクワガタを2匹
ゴマダラカミキリを1匹
 昆虫と呼べるのはこの程度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生5年と6年のとき
同級生と遠刈田の貸し別荘に
1週間も泊まったことがありました。
 そこにはクワガタがたっくさん居ました。

大きいミヤマで歓声を挙げ
ノコギリはもう飽きた、などと
贅沢な文句を言い
カブトのメスはいらないと目もくれず。

ほんとうに夢のような時間だった

この夏はオスのクワガタを1匹
是が非でも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf4818

ゴーヤの苗がイマイチ元気がない

もっと暖かいところに置いてやったほうがいいのか

1ccc_2

今週末は大間ツーリングがある
がいまだバイクが修理中につき
ざんねんだけど辞退することに。

レッツ4!ではな・・・w
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

INXS   What you need

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

中途半端な時間

いつものようにジョギングに出かけようとしたが
なんだかんだあって行く気が失せた。
 ああもう・・・
朝から腹がモヤモヤするような
イライラするような嫌~な事ばかりなり・・・

こんなに天気がいいのに
こんな日もあるさ

しかし、時間が立つにつれて
うおおおおっと叫びつつ
全力で汗かいて忘れたくなったので

県森にて「うおおおおっ」w

Dscf4796

太陽はすっかり昇り
池の水面は日向と影の半分づつ
>10時のまんさく堤

Dscf4810

早朝よりもはるかに人は多いけど
犬の散歩をしている人は
まったく見かけなかった

Dscf4821

ようやくアヤメが咲いた。

ツボミが白くなってきた
っと思ったら数日で咲いた

アヤメは、ショウブやカキツバタと類似しているので
これがアヤメがどうかな確かではない・・・

1aaa

さあ、今晩はいよいよワールドカップ出場が決まる
大事な一戦。

そんな試合が初めて国内で行われるのである

今回ばかりは
どんなことがあっても負けてはいけない戦いなのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜はサヨナラ勝ちのイーグルス

絶好調だ

このまま突っ走ってくれないかなぁ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Simply Red   Holding Back The Years

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルを抜けると大井沢

大江町、左沢の奥にある柳川温泉
さらに奥にあるのが神通峡ですが
柳川温泉を過ぎてそのまま道なりに
山道を上って行くと
向こうへと通じるトンネルがあります
それが「大井沢トンネル」です。
大井沢トンネルを抜けると
寒河江ダムが出来る前までは
「陸の孤島」と呼ばれた「大井沢」集落が
寒河江川沿いに点在しています。

牧歌的で風光明媚なところですが
ひとたび雪が降れば
5メートル近い積雪によって
長く厳しい閉ざされた冬になります。

それだけに遅い春の訪れは
集落の人々にとっては
待ちに待った季節なのではないでしょうか

Dscf4625
トンネル開通によって
大井沢の峠越えは容易になりました。

Dscf4641
大井沢から夏スキーのメッカ月山を望む

初夏のこの時期
毎年訪れる地で
バイクで、車で、カメラを持って風景を満喫し
帰りには河北で冷たい肉そばに満足して
仙台へ帰ります

Dsc_0015
(画像クリックで拡大します)

もう21時頃にもなると
夏の星座が、一斉に東の空から昇ってきます。

南東の空から夏を代表する赤い星「アンタレス」が
目を惹きます。

今年はさそり座のアンタレスの前方
おとめ座のスピカの後ろに土星が輝いていて
いつも見慣れた夜空とはちがったものになっています

土星はちょうど
春と夏とを区切っているかのようです。

東の空に目をうつすと
夏一番の輝星、こと座の「ベガ」が
もうあんな高さまでに・・・

「ここまで夏が来ているのだなぁ」と。

アンタレスとは対照的に
若く青々と瞬いているのが印象的なベガです。

Dscf4793

下りを行けば上り道が待っている
上り道を行けば下りが待っている

今日はどっちへ行く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Extreme    Hole Hearted

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

5月3日の撮って出し

住宅街は晴れていたけど
県森はまだ霧の中でした。

Dscf4786

最低気温10.3℃

吐く息が白かった

Dscf4787

湿地になっているここには
もうシオカラトンボが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無風
霧は流れていくというより
太陽の熱で薄氷が解けていくよう

Dscf4792

陽が射し込んできました

Dscf4789_2

蜘蛛の巣の模様が輝いた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Wilsonbros01

Wilson Bros    Another Night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気持ちがいい本

夕方前になり日射しが戻ってきた昨日は
4月中旬の陽気で肌寒さがありましたが
今日は何とか平年なみの気温に
戻るらしいです。

1aaa_2

夕方、ヒヨドリが鳴いた

1bbb

宮城県動物愛護センター入り口の近いところに
真新しい看板が・・・
あり得ない

何かの見間違いだろう
 近いうちに聞きに行ってみよう

ワタシは、ここで
熊のかわりに道路を横断するリスを
ついこないだ見たばかり

1ccc_2

今週も会えるかな
ブンッ  ダッシュ  ポイッ だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オレは小説から戦争もの、山岳系、エッセイから
面白そうな本を節操なく適当に読むので
読んだ内容が良いか悪いかという
比較、評価が出来ないし
まして本というのは読む側の好みがあるから
個人的評価はできません。

歌でも映画でも批評家というものを
まったく信用しないし、まして素人の言うことなど
あてになどしならないから
オレも批評はしない。

でも、面白かったものは素直に「良かったな」
と言いたい。

1ddd_2
「虹色ほたる 永遠の夏休み」上・下 川口雅幸 著

ちょうど1年ほど前、アニメで映画化されています。

これは去年の10月に手に入れた文庫本です。
 内容が「夏」を舞台にしているものなので
時期が過ぎてしまい読むきっかけをなくしてしまい
今に至っていたものですが
いち日で読み終えてしまいました。

面白い本というのは
読み進めるごとに、その先が気になって
気になって時間も忘れて頁を捲っていくものですよね

まさにこの本はそうでした。


少年たちの夏の出来事
そんな感じのものが好きで
「夏の庭」「僕の行く道」「自転車旅」
「つぶやき岩の秘密」「ぼくらは海へ」
「ぼくらのバス」「旅のおわりは」などなど
ここ1年で、少年のひと夏、そういう題材のものを
好んで読みました。

この「虹色ほたる」
夏休みの読書感想文に
ぜひ小学生に読んでもらいたい。

上・下巻で2冊だけど
読み進めていくうちに夢中になるはず

暑い暑い夏休みが終わるとき
ひとつ成長できるかもしれませんね

もしかすると
本来は大人が読むべきものなのかもしれないとも
かんじました。
だからこそ、こうしてオッサンのオレが
「美味しい本だったな」と読み終えた後
素直にそう感じることができたんだもの。

オレはガキンチョなのかなw

っま、つまり子供でも大人でもバイク乗りでも
読める内容ではないかと。

実写版として映画化されても面白そう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大船渡より、虹色ほたる(主題歌/松任谷由実)

虹色ほたる 永遠の夏休み 60秒スポット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

お調子者、バテる

晴れてきた午後遅く
16時すぎに16℃に
なんとかここまで上ったという天気でした

まあ体を動かすには
このくらいの気温でもいいけど
6月なんだからサア・・・

1aaa

今日の県森は
何故か30代とおぼしき夫婦が数組
散策している姿を見かけました。

「すごーい」
女性の声が、通り過ぎた直後に聞こえた。

何が「すごーい」のかはまったくわからないが
こういうところを走っていることに「すごーい」と
言ったのだと勝手に都合よく判断する単細胞。

お調子者のオレは気を良くして
これまで出したことのないペースでタタタッ

そして案の定バテる・・・ヒイヒイヒイ

タタタッではなく
やっぱりタッタッタッでいいのだ、反省

1ccc

鼻を近づけると
あの独特の匂いのドクダミ。

白い花を付けるころには
辺りに居るだけでわかるほどの
強い匂いです

1ddd
(画像クリックで拡大します)

白と黒と極端なコントラストのワンコは
露出設定がむづかしい

白い部分に露出を合わせると
黒毛がつぶれて目が写らないし
逆だと白毛が露出オーバーで真っ白け

1eee

プランターのアサガオ
 撒いた種はほぼ芽が出ました。

たくさんの種から自分なりに選りすぐったものから
ちゃんと芽が出てくると
これがけっこうウレシイものなんですな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にしても、今日の王城寺原の自衛隊演習は
派手だったですね

家が振動するほどのドンッ!の連発

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魔女の宅急便 やさしさに包まれたなら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の恵みは楽しく美味しいもの

先週の月曜日に歩いた
山形県大江町にある神通峡

山間で雪深い地であるので
春の訪れは遅く
我先に

植物は一斉に芽吹いてくるようです。

Dscf4610
雪解け後に芽を出すコゴミ

もう羽を広げるように成長して
山菜としてよりも
シダ類としての様相ですが
見るからに太くて立派なコゴミであることが
わかります

Dsc_0075
この程度のゼンマイなら
探さなくてもどこにでも生えていました。

Dsc_0139
オオバギボウシ

ウルイという名で有名な山菜ですね。
酢味噌やカラシマヨネーズで和えて食べるのが好き

Dsc_0126
タラの木もたくさんありました。

こうして芽が成長しているから幹が太く立派な
タラの木になるのですね。

里のタラの木は
芽をどんどん摘んでしまうので痩せっぽち。
 それは2番芽、3番芽までも採ってしまうからで
山菜の採り方を知らないからに他ならないのです

Dsc_0129
ウド

まだまだ採り頃と思われるウドが
たくさんありました。

このぐらいでも充分に山菜として美味しく
とくにキンピラが格別

気温が上昇していきている今は
グングンと成長して10日もすると
人間の背丈以上に伸びます。
「独活の大木」の所以はここにあるのですね

Dsc_0057
イタドリ 
別名スカンポ

ワタシは食べるというより
歩いているときにポキッと折って
香りを嗅ぐと、柑橘系のスッとした匂いに
疲れを癒してくれるものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった山の「もの」の知識は
すべて渓流釣りを教わった方から伝授されたもので
ひとつひとつを覚えていくと
山行きがいっそう楽しいものになるのでした。

豊富な恵みの山は
まさに宝の山で、季節になると
暗いうちに山へ行き
岩魚釣りと山菜を採ってから
仕事へ行ったこともありました。

Dsc_0106

オオバキスミレ

山に咲く花の名は
覚えたとおもっても
すぐに忘れてしまいます。
とくに高山植物の名は・・・

もう7割以上は忘れてしまったかな

夢中で山遊びをしていた頃は
自分でも調理もしたけど
隣近所にあげる方が多かった。

なにもあんなにたっぷり採って来なくても・・・
と今は思うけど
目の前にあると採りたくなる。
 袋に食べきれないくらいの山菜を
採っている人を見ると
「なにもそんなに」と思うけど
その気持ちを理解できないわけではない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Joy To The World    Three Dog Night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

爽やかな6月入り

思ったより天気が良かった土曜日です。

気温そのものは、なんとか20℃まで
上った程度で風がとっても爽やか

Dscf4738

霧に包まれていた朝でした

今日はこのまま曇り空なのかな
そうおもいつつ走り始めて
間もなくすると
霧の向こうから唐突に陽が射してきました。

あとは見る見るうちに霧が流れて

Dscf4739

初夏の日射しに包まれた
 これ、ほんの5分間ほどの出来事

すると、待ってましたとばかりに
ウグイスにヒヨドリ、そしてホトトギスと
鳥達がいっせいに鳴き出し
山全体に活気が出てきたことを
ひしひしと実感。

Dscf4743

キミはまだ寝てる
 寝坊助だなぁ

Dscf4737

わずかに茶色が混じるこの子は
間もなく10歳になります。

飼い主さんが冗談めかして「三毛犬」というw

ボーダーは活発なイメージがあるけど
この子は年齢的なものなのか
行動はあくまでゆったりで
温和な仕草

でも、顔や体を摺り寄せると
大型犬らしいグイグイとした力強さがある

背中に幼児を乗せても
平気で歩き出しそうな頼もしさを感じるのでした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Supertramp   Take the long way home

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の6月

6月にはいった

東北北海道をのぞく地域では
すでに梅雨入りしているので
こちら仙台も間もなくなのだろう

平年は6月の10日くらいが
梅雨入りなので
それよりかは早いような気がしますね

1aaa
1ccc

日射しはもう夏同様
影の濃さを実感

とてもメリハリがある

緑も日、いち日と深みを増し
まとまった雨が降れば
一層の濃緑になるのだろうな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月といえば

1年でもっとも陽の出ている時間が長い時

ちなみに今日の仙台は
日の出 04時14分  日没 18時54分

6月21日の夏至では
日の出 04時12分  日没 19位04分

もっとも長い夏至時間まであと数分

1bbb

どっちへ行こうか

実際に見る道は
画像で見るよりも広く

右へ行くと階段が
左の道は、狭まり林道気分。

下草が伸びてきた今は
左の道を歩くと朝露で足が濡れる
 でもそれが冷たくて心地が良かったり。

でも、ともに数分で管理車道へ出てしまいます。

1ddd

これからは、汗をぶっかく季節になるから
タオルが必需品になるな。

でも、ジョギングを始めてからは
汗をかく量が減ってきました。

真夏であっても
ジョギング中に水分補給をすることもなく
辛いともかんじないし
脱水症状に陥るような気配もない。

いちおう飴ちゃんは持参している

Dscf2318

6月中にバイクが治るだろうか・・・

バイクのない生活は
大袈裟に言うと
ココロにポッカリと穴があいたようだ
  

これまですべてのトラブルは
自分で修理していたので
かならず手元にバイクはあったから。

今回の冷却系トラブルは
いちど、専門家に診てもらって
原因をはっきりさせておいたほうが
良いだろうと思ったからです。

そのほうが返って安上がりかもしれないし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢伝説  スターダスト・レビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »