« 神通峡の滝 | トップページ | さよならコロ »

2013年6月 2日 (日)

山の恵みは楽しく美味しいもの

先週の月曜日に歩いた
山形県大江町にある神通峡

山間で雪深い地であるので
春の訪れは遅く
我先に

植物は一斉に芽吹いてくるようです。

Dscf4610
雪解け後に芽を出すコゴミ

もう羽を広げるように成長して
山菜としてよりも
シダ類としての様相ですが
見るからに太くて立派なコゴミであることが
わかります

Dsc_0075
この程度のゼンマイなら
探さなくてもどこにでも生えていました。

Dsc_0139
オオバギボウシ

ウルイという名で有名な山菜ですね。
酢味噌やカラシマヨネーズで和えて食べるのが好き

Dsc_0126
タラの木もたくさんありました。

こうして芽が成長しているから幹が太く立派な
タラの木になるのですね。

里のタラの木は
芽をどんどん摘んでしまうので痩せっぽち。
 それは2番芽、3番芽までも採ってしまうからで
山菜の採り方を知らないからに他ならないのです

Dsc_0129
ウド

まだまだ採り頃と思われるウドが
たくさんありました。

このぐらいでも充分に山菜として美味しく
とくにキンピラが格別

気温が上昇していきている今は
グングンと成長して10日もすると
人間の背丈以上に伸びます。
「独活の大木」の所以はここにあるのですね

Dsc_0057
イタドリ 
別名スカンポ

ワタシは食べるというより
歩いているときにポキッと折って
香りを嗅ぐと、柑橘系のスッとした匂いに
疲れを癒してくれるものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういった山の「もの」の知識は
すべて渓流釣りを教わった方から伝授されたもので
ひとつひとつを覚えていくと
山行きがいっそう楽しいものになるのでした。

豊富な恵みの山は
まさに宝の山で、季節になると
暗いうちに山へ行き
岩魚釣りと山菜を採ってから
仕事へ行ったこともありました。

Dsc_0106

オオバキスミレ

山に咲く花の名は
覚えたとおもっても
すぐに忘れてしまいます。
とくに高山植物の名は・・・

もう7割以上は忘れてしまったかな

夢中で山遊びをしていた頃は
自分でも調理もしたけど
隣近所にあげる方が多かった。

なにもあんなにたっぷり採って来なくても・・・
と今は思うけど
目の前にあると採りたくなる。
 袋に食べきれないくらいの山菜を
採っている人を見ると
「なにもそんなに」と思うけど
その気持ちを理解できないわけではない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Joy To The World    Three Dog Night

« 神通峡の滝 | トップページ | さよならコロ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の恵みは楽しく美味しいもの:

« 神通峡の滝 | トップページ | さよならコロ »