« まるで避暑地な仙台 | トップページ | いつもの古民家へ »

2013年7月13日 (土)

ひっそり田子倉駅

 松代ツーリング 7月9日

只見川に沿って延びるのは国道252号線と
会津若松から新潟の小出間を繋ぐ「只見線」

会津坂下から只見川沿いを走ること1時間ほど
ようやく田子倉ダムに到達します。
そこからは福島から新潟への山越え

その山の中に
「駅」という佇まいにはまったく見えない
建物が道端にあらわれます。
それが只見線の「田子倉駅」です

むろん無人駅

1c_2
田子倉駅と書かれていなければ
誰も駅とはおもわないであろう

1b_2

ホームへ行ってみよう、っと入り口にロープが張られ
進入禁止の札と駅長名で何やら書き込まれている。

2011年7月の豪雨で只見線は多大な被害を受け
現在も金山町の会津川口駅から
ここ田子倉駅の区間は不通になっているそうです。

入り口から中の様子を覗いて見た
1a_2
この下にホームがある。

冬、わざわざここで下車して
キャンプするツワモノガ居るそうな。

もちろん252号線は冬季閉鎖なので
車で来ることは出来ない。

1d

周囲の山々には
まだところどころに雪がまだらにこびり付いている

沢筋には立派なスノーブリッジが
走行中見え隠れしていて
本当に去年の冬は雪が多かったことを実感した。

《残りの画像は某掲示板にて>各仲間へ》
見たいという方はご連絡を。

駅の前で小休止

まわりの景色を眺めつつ
ドリンクホルダーからペットボトルのお茶をひと口

田子倉ダムから吹き上がってくる風が
なんともいえず心地がいい

この山越えの道は
田中角栄が肝いりで作り上げた道で
その碑が道端に残されています。

大変な道路工事であったろうことは
いまでも小規模ながらも土砂崩れなどで
慢性的に復旧工事が行われています

いくつもあるスノーシェッドを抜けて
「ようこそ新潟へ」

長いトンネルから、只見線が
再び252号線沿いに姿を見せます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Billy Joel    It's Still Rock And Roll To Me

« まるで避暑地な仙台 | トップページ | いつもの古民家へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オートバイツーリング」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひっそり田子倉駅:

« まるで避暑地な仙台 | トップページ | いつもの古民家へ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト