« 夕焼け小焼けで陽が暮れる | トップページ | 里山のただしい朝 »

2013年7月16日 (火)

夜は更けて里山の星空

新潟県十日町市 松代 7月9日 夜

フラッシュの明滅のように
雷光が東の空で不穏な光りを放っているのを
お風呂に浸かりながら眺めてました。

脱衣所のわずかな明りだけで
風呂場の電気は消して
無音の雷光を飽きずに眺めてました。

耳を澄ましても音はまったく届かず
そのかわりに虫の音がピリリッと聞こえる

「こっちまで来るかのかなぁ」と
不安半分期待半分

窓ガラスにコツッ・・・コツッ
小さい虫が部屋の明りに誘われる

たまにそのコツッが気になって
単行本から目を反らして見る。

コツッの張本人はわからないけど
まだ雷光がパッパッパパッと光ってた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

眠気に単行本の文字が霞んでくる。
思考回路も電池切れ寸前

このまま読み進んでいくと
パタッと眠りに落ちてしまいそうなので
最後の力を振り絞り
敷いた布団ににじり寄って行き
そのままクタリ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何時頃か定かではないが
トイレに一度目が覚めた。

壁掛けの時計の秒針の音だけが聞こえる。

照明のスイッチは遠いので
枕元に置いたテレビのリモコンを手探りで掴み取って
テレビ画面の明りで部屋を照らす。

サンダルを突っ掛けて外に出てみたら
もう雷光の気配はどこにもなくて
そのかわりに星空が広がっていて
思わず「あれ?晴れてらあ」

Dsc_0137_2
(画像クリックで拡大します)

Dsc_0139
(画像クリックで拡大します)

頭上からやや西へ傾いた天の川が
カシオペヤから夏の大三角にかけて見えていました。

湿度が高いからだろうか
晴れてはいても
ちょっと輝きに精彩を欠いているようにも
感じられました
それでも眠気を覚ますには充分な星空。

夕方、あれだけうるさかった蚊も身を潜め
気兼ねなく夜空を満喫できたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に目を覚ましたとき
夜は明けていました。

Dsc_0140

里山の朝は早いです

近所の家からは
煙がふわりと上っていました。

風のない静寂な朝
まるで煙が生きているかのようで
人の気配を感じる唯一のものだと
感じ取れました。

Dscf5644

夜の星空が夢だったかな
晴れているものだと意識していたから
曇りの朝に意表をつかれた

そのかわりに
カッコウやウグイスが眠っている里山を
呼び覚まし活気を与えていました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Boston   Livin' for You

« 夕焼け小焼けで陽が暮れる | トップページ | 里山のただしい朝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オートバイツーリング」カテゴリの記事

宮城県仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜は更けて里山の星空:

« 夕焼け小焼けで陽が暮れる | トップページ | 里山のただしい朝 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト